Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  涼宮ハルヒの憂鬱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キョン「悪いがハルヒ、このゲームは四人用なんだ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/28(月) 16:28:54.48 ID:SX+VfmNb0

キョン「古泉、週末暇か?」 

古泉「ええ。それがどうかしたのですか?」 

キョン「久しぶりにウチでスマブラXをやろうと思うんだ」 

古泉「おや、いいですね。最近またXにハマりだしたんですよ」 

キョン「今度新しいやつが発売されるからな。予習ってわけじゃないが、久しぶりにやってみたら俺もハマってな。で、来れるのか?」 

古泉「ええ、もちろん。僕に断る理由はありませんよ。むしろ大歓迎です」 

キョン「歓迎するのは俺の方だがな。そうだ、朝比奈さんもどうですか?」 

朝比奈「えー?でもわたし凄く弱いですよぉ><」 

キョン「気にしませんよ。二人よりも多い方が楽しいですし。長門も来るよな」 

長門「行かせてもらう」 

キョン「よし、週末は久しぶりに四人で盛り上がるか」 

朝比奈「楽しみですぅ^^;」 

ハルヒ「」

スポンサーサイト

佐々木「キョン、僕は・・・」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/27(日) 19:53:42.82 ID:FS+nnHng0

佐々木「僕は今お腹がすいている」 

キョン「出会い頭に何を言っているんだお前は」 

佐々木「ふふ、久しぶりの再会を懐かしむ間も与えずすまなかったね」 

キョン「珍しいな。お前が一人でこんなとこにいるなんて」 

佐々木「おや、僕が街を一人歩きしているのがそんなに珍しいかい?」 

キョン「や、なんというか…そういうイメージがなかったものでな」 

佐々木「くくっ…そうかい。ところでキョン。僕は今お腹がすいている」 

キョン「…それはさっき聞いたが」 

佐々木「…わざとやっているのかい?」 

キョン「ん…?なにがだ?」 

佐々木「ふふ、まぁいい…キョン、ちょうどいいところにカフェがあるね。一緒にお昼にしないかい?」 

長門「涼宮ハルヒが男たちにさらわれた」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 04:24:35.77 ID:JzQG+hMu0

キョン「ハルヒが?」 

長門「そう」 

キョン「どこにいったかわかるか?」 

長門「わかる、こっちに来て欲しい」 

キョン「よし」 




長門「この倉庫の中」 

キョン「誰もいないぞ…」 

長門「…涼宮ハルヒがさらわれたというのは嘘」 

キョン「何?」 

長門「あなたと二人っきりになりたかった」 

キョン「長門…お前どうして裸になってるんだよ!」

キョン「朝倉が俺のことを好き?」長門「そう」

1 : 次は落さないようにいくぞ :2013/09/30(月) 19:55:15.40 ID:r5c3yMBV0
キョン「…実際は?」 

長門「ジョーク」 

キョン「だろうな…帰るか」 

3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/30(月) 19:56:41.37 ID:r5c3yMBV0
朝倉「長門さん、本当に彼に言っちゃったの?」 

長門「……」コクリ 

朝倉「もう、勝手に言うなんて……でも、それで……えっと、キョンくんは、どんな感じだったの?」 

長門「残念そうにしていた」 

朝倉「え」 

4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/30(月) 19:57:27.64 ID:FSw5+mTA0
ペロペロ(^ω^)

佐々木「キョン、ここにサインを頼む」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05 13:02:03 ID:ybaNtVId0

キョン「サインするのは構わんが、どうしてサイン欄以外を見せては貰えんか?佐々木よ」 

佐々木「それは出来ない相談だよ」 

キョン「だが、実態を知らない物にサインするのは流石に軽率じゃないか?」 

佐々木「くっくっくっ、そうかも知れないな。だけど、今回だけは僕を信じてくれないかい、親友としてさ」



損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。