Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  名探偵コナン >  コナン「光彦が死なねえ……」

コナン「光彦が死なねえ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:09:06 ID:ncLKhMLX0

コナン(キック力増強シューズの出力を最大にして──)カリカリ…

コナン(光彦の首の後ろにサッカーボールを叩き込む!)バチバチ…

コナン(喰らえッ!)

ドゴンッ!

ドシュウゥゥゥゥゥッ!

ボゴォッ! ベキィッ!

コナン(よし、首の骨が折れた音だ!)
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:13:36 ID:ncLKhMLX0

光彦「あ、コナン君じゃないですか」

コナン「!?」

光彦「ひどいじゃないですか~いきなりボールをぶつけるなんて」

コナン「お前……今のでなんともねえのか!?」

光彦「当たり前じゃないですか!」

コナン(バカな!)

コナン(たしかに手応えはあった!)

コナン(くそっ、こうなりゃ別の手だ!)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:16:41 ID:ncLKhMLX0

コナン(腕時計型麻酔銃の針に、猛毒を塗った……)

コナン(ハワイで入手した、アフリカゾウですら一かすりで即死するシロモノだ)

コナン(小学一年生の光彦なら、まちがいなくやれるはず!)

コナン(喰らえッ!)

パシュッ!

チクッ

コナン(首筋にヒット! やった!)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:19:34 ID:ncLKhMLX0

光彦「今、首筋がチクリとしましたねえ」

光彦「虫でしょうか?」

コナン「!?」

光彦「コナン君、この辺りに虫が飛んでいませんでしたか?」

コナン「え!? あ、ああ……もしかしたら蚊じゃねえか?」

コナン「ほら、夏だしよ……」

光彦「…………」ニヤッ

コナン「!」

コナン(今の笑み……明らかに俺に向けていた!)

コナン(ヤロウ……!)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:22:08 ID:ncLKhMLX0

コナン(どうもボールだの麻酔針だのの飛び道具じゃ、効果がねえみたいだ)

コナン(だったら、あまり気は進まねえが──)

コナン(直接攻撃でやってやる!)

コナン(スケボーのヘリにカミソリをつけて……)

コナン(光彦のノドをかっ切ってやる!)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:25:25 ID:ncLKhMLX0

光彦「あ、コナン君、スケボーに乗ってどこかにお出かけですか?」

コナン「どこかに逝くのはオメーだよ、光彦!」

ギュンッ!

光彦「え!?」

コナン「あばよ、光彦!」ギュアッ

ザンッ!

コナン(よし、ノドと頸動脈を同時に切り裂いた!)

光彦「…………」ブシュウウウ…


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:29:20 ID:ncLKhMLX0

光彦「刃物をつけたスケボーに乗るなんて、危ないじゃないですか!」ブシュウウ…

コナン「!?」

光彦「もう少しで、ボクの首が飛んじゃうところでしたよ」ブシュウウ…

コナン(スケボーのカミソリはたしかに光彦の首を切り裂いてる……)

コナン(なのに──)

コナン「光彦が死なねえ……」

光彦「さて、次はどうするんですか? コナン君?」ニヤッ

コナン「!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:32:19 ID:ncLKhMLX0

コナン「だったらよ……」

コナン「出力マックスのキック力増強シューズで」

コナン「オメーがくたばるまで蹴りまくってやらぁ!」バリバリ…

光彦「どうぞどうぞ」

コナン「うおおおおっ!」ダダダッ

コナン(狙いはもちろん、頭だっ!)バッ

ドゴォッ!!!


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:36:16 ID:ncLKhMLX0

コナン(光彦の頭が砕け散った……今度こそ!)

光彦「フフフ、大したキックじゃありませんでしたね」ドロ…

コナン「!?」

コナン「だったら次は胸だ! 心臓をぶっ壊す!」

ズドォッ!!!

コナン(胸骨もろとも心臓が破裂する感触があった!)

光彦「こんなものですか? コナン君」ボロ…


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:39:33 ID:ncLKhMLX0

コナン「腰!」

ドガァッ!!!

コナン「肩!」

バゴォッ!!!

コナン「首!」

ベキィッ!!!

コナン「腹!」

ガゴォッ!!!


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:41:43 ID:ncLKhMLX0

コナン「金的!」

ブチュァッ!!!

コナン「みぞおち!」

ドムゥッ!!!

コナン「肝臓!!!」

メキィッ!!!

コナン「肛門!!!」

ザクゥッ!!!


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:45:33 ID:ncLKhMLX0

コナン「ハァ……ハァ……」

コナン「いくらなんでもこれだけキックを浴びせりゃ……」ニッ

シュゥゥゥ……

光彦「フフフ……」

コナン「!?」ギョッ

光彦「今、なにかしましたか?」

コナン「なんでだ……なんで死なねえ!?」

コナン「うっ、うおおおおおおおおおおっ!!!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:47:42 ID:ncLKhMLX0

ズガァッ!!! ボグゥッ!!! ドゴンッ!!!

メキャアッ!!! ガゴッ!!! ズギャッ!!!

ドグァッ!!! ベゴンッ!!! ドムァッ!!!

バキャアッ!!! ズムッ!!! ボゴンッ!!!

ガキィッ!!! メリィッ!!! ボギャアッ!!!

ザシュゥッ!!! ズガァッ!!! ゴガッ!!!

ドズォッ!!! ミシィッ!!! ズンッ!!!


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:50:31 ID:ncLKhMLX0

「オラオラァッ!」 「くたばれやァ!」 「オラァーッ!」

モクモクモクモク……

元太「くそっ、煙で全然見えねえぞ!」

歩美「コナン君の叫び声しか聞こえてこないよ!」

光彦「煙の中では、いったいなにが起こってるんでしょうか!?」

灰原「私たちも中に入った方がいいかもしれないわね」スッ…

阿笠「いや待て! 蔵馬君が出てきよったぞ!」

ザッ……

光彦「あの──」

蔵馬「もう終わった」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 01:56:16 ID:ncLKhMLX0

歩美「終わった?」

元太「じゃあコナンはいったい誰と戦ってるんだよ?」

「うおりゃあッ!」 「ウラァーッ!」 「キエァーッ!」

サァァ……

灰原「蔵馬さんが撒いた煙幕が晴れてきたわね……」

元太「あ!」

光彦「こ、これは──」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 02:00:20 ID:ncLKhMLX0

歩美「コナン君が、オバケみたいな木に捕まってる!」



コナン「なぜだァ~~~~~!」

コナン「なぜ死なねェ~~~~~!」

コナン「光彦ォ~~~~~!」



灰原「蔵馬さん、江戸川君を捕えているあの植物は?」

蔵馬「“邪念樹”」

蔵馬「エサに幻覚を見せ、おびきよせて寄生する」

蔵馬「最初に江戸川と出会った時、すでに種を植えこんでおいた」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 02:04:14 ID:ncLKhMLX0

阿笠「なるほど!」

阿笠「ばら撒いた煙幕は、目をくらますためではなく」

阿笠「邪念樹の幻覚物質が外にもれないためのシールドだったというわけじゃな!」

阿笠「ワシらや君自身が巻き込まれないために!」

蔵馬「ええ、そういうことです」

光彦「さすが蔵馬さん、すごい頭脳プレーですね!」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 02:08:43 ID:ncLKhMLX0

コナン「くそォォォォォ!」

コナン「なぜだァァァァァ!」

コナン「なぜくたばらねぇ~~~~~!」



蔵馬「邪念樹はエサが死ぬまで離さない」

蔵馬「しかし、いつまでもチンタラと黒の組織を追い続ける江戸川は」

蔵馬「死ぬことすらできない」

蔵馬「永遠に光彦君の幻影と戦い続けるがいい」



うおおおおおおおおお……!



蔵馬「お前は“死”にすら値しない」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 02:11:14 ID:ncLKhMLX0

うおおおおおおおおお……!

阿笠「いや~さすが蔵馬君!」

阿笠「あの新一君をこうもあっさりやっつけるとはのう!」

灰原「これで、米花町の治安は大幅に回復するでしょうね」

元太「でもよ、コナンの代わりはどうすんだ?」

光彦「そうですね。仮にも彼はボクたちの中心人物だったんですから……」

光彦「だれか代わりがいないと──」

蔵馬「それならすでに、俺がうってつけの人選をしておいた」

阿笠「いったいだれじゃ?」

うおおおおおおおおお……!


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 02:15:25 ID:ncLKhMLX0

うおおおおおおおおお……!

ムクロ「オレだ」ザッ

ムクロ「これからはオレが、“名探偵ムクロ”としてお前たちとともに事件を解決する」

阿笠「ほう、これまたキレイな女性じゃのう」

歩美「それに、声がコナン君に似てるね!」

元太「あ、ホントだ! 声がコナンにそっくりだ!」

灰原「頭も工藤君に負けず劣らず切れそうだし、文句のない人選だわ」

蔵馬「そういってもらえると、彼女を連れてきた俺としても鼻が高いよ」

うおおおおおおおおお……!


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 02:19:21 ID:ncLKhMLX0

うおおおおおおおおお……!

光彦「でも、ちょっと気になる点があるんですが」

ムクロ「なんだ?」

光彦「あなたは魔界では三大勢力の一角を担うほど」

光彦「妖力も兵力もずば抜けていました」

光彦「そんな人が、どうしてボクらみたいな小学生に協力してくれるんですか?」

ムクロ「オレがお前たちに協力する理由か? そうだな……」

うおおおおおおおおお……!


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 02:22:25 ID:ncLKhMLX0

うおおおおおおおおお……!

ムクロ「この外見から想像はつくと思うが」

ムクロ「オレの半生は決して幸せだといえるものではなかった」

ムクロ「だが、ある男の計らいによってオレの中の呪い──」

ムクロ「いや、迷いは消し去られた」

ムクロ「それで、今までにやったことのない、新しいことをやってみたくなってな」

ムクロ「この蔵馬の誘いに乗ることにした」

うおおおおおおおおお……!


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 02:25:29 ID:ncLKhMLX0

うおおおおおおおおお……!

阿笠「なんとも泣かせる話じゃのォ……」

灰原「探偵業は色々な仕事があるし、新しく始めることとしてはうってつけだしね」

元太「へへへ、よろしくな!」

歩美「歩美も先輩として色々教えるからね!」

ムクロ「ああ、よろしく頼む」

うおおおおおおおおお……!


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 02:30:03 ID:ncLKhMLX0

うおおおおおおおおお……!

光彦「ああ、そういえば!」

光彦「あなたは元々、奴隷商人痴皇の玩具奴隷だったんですよね!」ニッ

ムクロ「!」

光彦「で、誕生日に自分から酸をかぶって、奴隷から解放されたらしいですね!」

光彦「いやぁ~ムチャなことをする人ですねぇ」

蔵馬「み、光彦君……」

うおおおおおおおおお……!


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 02:35:16 ID:ncLKhMLX0

うおおおおおおおおお……!

ムクロ「もう……終わったことだ。奴はすでにこの手で殺した」

蔵馬「光彦君、その話は止め──」

光彦「なんでも痴皇によって、ニセの楽しい記憶をインプットされてて」

光彦「実力では負けるはずのない相手なのに、なかなか殺せなかったとか!」

光彦「そんな無駄な葛藤を繰り返しながら、あなたは強くなっていったんですね!」

光彦「いやぁ~ホントあなたって哀れな人ですよね!」

ムクロ「…………」

うおおおおおおおおお……!


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/11 02:40:20 ID:ncLKhMLX0

うおおおおおおおおお……!

ムクロ「…………」ザッ

光彦「ん、どうしたんです?」

光彦「そんな怖い顔をしないで下さい。ボクは真実を話してるだけじゃないですか!」

光彦「探偵たるもの、真実を追究するのが務めなんですから!」

ムクロ「…………」

光彦「ボクらの合言葉は、真実はいつもひと──」


ズギャ!!!!!





おわり
関連記事


損切り