Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  進撃の巨人 >  リヴァイ「おい」ハンジ「ん?」

リヴァイ「おい」ハンジ「ん?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 13:53:28 ID:q06+yU2f0

※ハンジ♀


リヴァイ「茶入れろ」

ハンジ「えー、悪いけど他の人に頼んでよ、私これから資料整理しなきゃいけないし」

リヴァイ「何の資料だ」

ハンジ「え?なになに、もしかして興味あり!?聞きたいのか!!」

リヴァイ「興味なんかねえよ死ねクソメガネ」

ハンジ「なんだよー、そんなつれないこと言うなよー」

リヴァイ「てめぇのリアクションから察するに巨人観察の考察とかそんなんだろ」

ハンジ「おー、よく分かったね大正解だよ、褒めてあげよう」

リヴァイ「嬉しくねえな」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 13:54:11 ID:q06+yU2f0

ハンジ「まあ、正確には巨人ではないんだけど」

リヴァイ「……エレンか」

ハンジ「そそ。いやあ、まだまだ分かんないことも多いけどね、面白いよ~」

リヴァイ「……」

ハンジ「彼のお蔭で私の研究も飛躍的に進歩しそうだし、これからが楽しみで仕方ないよ!」

リヴァイ「……」

ハンジ「……」

リヴァイ「……」

ハンジ「あれ、寝た?」

リヴァイ「んなわけねえだろ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 13:55:07 ID:q06+yU2f0

ハンジ「とにかく、そういう訳で私は忙しいんだよ」

ハンジ「資料整理の後にエレンと実験の約束も取り付けてるし、一秒も無駄には出来ないからね」

リヴァイ「……」

ハンジ「というわけで、ここ失礼するよ」ドサッ

リヴァイ「……は?」

ハンジ「ん?」

リヴァイ「……ここでやんのか」

ハンジ「だって私の部屋散らかっててスペースないし」

リヴァイ「片付けろ」

ハンジ「いやでもこれ早く仕上げないt」

リヴァイ「片 付 け ろ」

ハンジ「サーセン」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 13:56:11 ID:q06+yU2f0

――ハンジの部屋

ハンジ「いやー悪いねー手伝わせちゃって」

リヴァイ「てめぇ一人じゃどうせ片付けねえだろ」

ハンジ「よく分かってるじゃないの」

リヴァイ「チッ……いいからさっさとてめぇはそっちの山を片付けろ」

ハンジ「へーい」

リヴァイ「……」

リヴァイ(なんだこの汚部屋は……)

リヴァイ(これが仮にも女の部屋とは思えねえ)

リヴァイ(俺に言われなかったらいつまでもこのままだったんじゃねえだろうな……)

リヴァイ(脱いだ下着もそのままになってやがる)

リヴァイ(汚ねぇな……)

ハンジ「お、なんだいリヴァイ、その下着欲しいの?www」

リヴァイ「死ね」

ハンジ「おおう……目が怖いよ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 13:57:53 ID:q06+yU2f0

数時間後――

ハンジ「いやー!すっかり綺麗になったね!」

リヴァイ「そうだな」

ハンジ「ほんとにすっきりすっきr……あれ?」

リヴァイ「どうした」

ハンジ「いや……枕元にあったソニーとビーンの写真集知らない?可愛いやつ」

リヴァイ「今頃焼却炉で燃えてんだろ」

ハンジ「」

リヴァイ「んなことはどうでもいい、さっさと仕事再会しろ」

ハンジ「」

リヴァイ「……おい?聞いてんのかクソメガネ」

ハンジ「」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 13:59:28 ID:q06+yU2f0

リヴァイ「……悪かったって言ってんだろ」

ハンジ「うっ、ぐ……ぐすっ」

リヴァイ「ほら、茶入れてやったから飲め」

ハンジ「……ぐすっ……」ゴクゴク

リヴァイ「そもそもそんな大事なもんならその辺に放っとくんじゃねえよ……」

ハンジ「ぐすっ……だ、だって……いつも、ね、寝る前に見てたから……うう」

リヴァイ(だから枕元にあったのか)

リヴァイ「また今度巨人生け捕りにしてやるから、それでいいだろ」

ハンジ「ほんとに!!?」ガシッ

リヴァイ「」ビクッ

ハンジ「いやーありがとうリヴァイ!!君ならそう言ってくれると信じてたよ!」

ハンジ「丁度エレンと普通の巨人の違いを比べたかったところなんだよね!!本当に助かるよ!!」

ハンジ「あ、そうだ出来ればエレンと同じ15mかそれ以下ぐらいの大きさで頼mゴファ」

リヴァイ「調子に乗るな」

ハンジ「ぐ、グーパンは痛い……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:00:47 ID:q06+yU2f0

ハンジ「さてと、部屋もきれいになったことだし資料整理を再開するかね」

ハンジ「早く終わらせないとエレンが待ちぼうけしちゃうし……」

リヴァイ「その必要なら無いぞ」

ハンジ「え?なんで?」

リヴァイ「さっき茶入れに行ったときにエレンに会って――」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:01:52 ID:q06+yU2f0

――――

エレン『あ、兵長!ハンジ分隊長知りませんか?』

リヴァイ『あのクソメガネがどうした』

エレン『いえ……色々と実験したいから付き合ってって言われたんですが、いつまで経っても来なくって……』

リヴァイ『あいつなら今仕事中だ。時間かかるだろうから実験とやらはまた今度だな』

エレン『あ、そうですか……』

リヴァイ『お前はオルオ達と鍛錬でもしてろ』

エレン『はい!』

――――


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:03:00 ID:q06+yU2f0

リヴァイ「――ということがあってだな」

ハンジ「ちょっと何勝手に人の約束取り消してんの!?」ガタッ

ハンジ「ていうか私明日から別件の仕事が入ってるから今日にしたのに!!」

ハンジ「暫くエレンとスケジュール合わないじゃん!!!」

リヴァイ「それは残念だったな」

ハンジ「あああああああああもうリヴァイの馬鹿あああああああああ!!」

リヴァイ「うるせえ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:04:18 ID:q06+yU2f0

ハンジ「しょうがない……また今度のお楽しみにしておこう……」ショボン

リヴァイ「……大体テメェ、エレンに構いすぎだ」

ハンジ「何それ嫉妬?」

リヴァイ「自意識過剰すんなクソメガネ」

ハンジ「でもまあ、ほら、時間の合う時にやれることやっとかなきゃだし」

リヴァイ「……あんまり弄ってたら、そのうち死ぬぞ。あっちが」

ハンジ「えー大丈夫だって!私が今まで被検体殺したことなんt」

リヴァイ「殺したことしかねえだろうが」

ハンジ「ソニーとビーンは違うもん!」

リヴァイ「もん!じゃねえよ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:05:24 ID:q06+yU2f0

ハンジ「っていうかリヴァイいつまでここに居る気?」

リヴァイ「あ?」

ハンジ「もう掃除も済んだし、私作業に集中したいんだけど……」

リヴァイ「……」

ハンジ「……」

リヴァイ「……」

ハンジ「……」

リヴァイ「……テメェがまた部屋を汚さないようにだな」

ハンジ「今ちょっと理由考えたでしょwwwwwww」

リヴァイ「うるせえ削ぐぞ」

ハンジ(なんだこのオッサン可愛いな)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:07:29 ID:q06+yU2f0

ハンジ「まあ別にいてもいいけどね、邪魔はしないでよ」

リヴァイ「……ああ」

リヴァイ「……」

ハンジ「……」カリカリ

リヴァイ「……」

ハンジ「……」カリカリ

リヴァイ「……」

ハンジ「……」カリカリ

リヴァイ(暇だ)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:08:29 ID:q06+yU2f0

コンコン ガチャ

エレン「失礼しまーす……って兵長!」

リヴァイ「どうした」

ハンジ「いらっしゃーい」

エレン「いえ……ハンジ分隊長に次回の実験の予定を聞こうかと思って……」

ハンジ「ごめんねーこのチビが勝手に今日の約束取り消しちゃって―」

リヴァイ「おい今なんつった」

エレン「えっ!?あれ嘘だったんですか!?」

ハンジ「いや、嘘ってわけではないんだけどさー、リヴァイに言われて部屋の掃除してたら時間かかっちゃって」

リヴァイ「話聞いてんのか」

エレン「ああ……通りで部屋が綺麗になってますね」

ハンジ「あー、それで次の予定だっけ?申し訳ないんだけど私しばらく時間無くってー……」

リヴァイ「無視すんじゃねえコラ」

ハンジ「ちょっとリヴァイうるさい黙ってて」

リヴァイ「……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:09:23 ID:q06+yU2f0

エレン「それじゃあ一週間は先ってことですね」

ハンジ「そういうことで」

エレン「それじゃあ失礼しました」パタン

リヴァイ「……」

ハンジ「ふー、明日っから予定キッツいなー」

リヴァイ「……」

ハンジ「せめてこれが無ければもう少し楽なんだけどねー」

リヴァイ「……」

ハンジ「あ、もう喋ってもいいよ」

リヴァイ「誰がチビだクソメガネ」

ハンジ「そこからやんのかよwwwwwwww」

リヴァイ「笑うな」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:10:53 ID:q06+yU2f0

リヴァイ「……おい」

ハンジ「ん?」

リヴァイ「お前にとってエレンはどういう存在だ」

ハンジ「エレン?」

ハンジ「そうだねー、やっぱり被検体っていうのが一番だよね」

ハンジ「でも、彼すっごく優しくていい子だし、なんか可愛がってあげたくなるかなー」

リヴァイ「そうか」

ハンジ「っていうか急に何?なんか気持ち悪いねwwww」

リヴァイ「死ね」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:11:36 ID:q06+yU2f0

ハンジ「やっぱ妬いてるんでしょ、ん?んん?」

リヴァイ「誰が妬くか」

ハンジ「安心しなって!人類の中で一番好きなのはリヴァイだから!」

リヴァイ「そうか、俺もお前が巨人の中で一番嫌いだ」

ハンジ「なにそれリヴァイ風のツンデレ?」

リヴァイ「違ぇ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:12:59 ID:q06+yU2f0

ハンジ「……」カリカリ

リヴァイ「……」

ハンジ「……」カリカリ

リヴァイ「……」

ハンジ「……ふー」

リヴァイ「資料整理は終わったのか」

ハンジ「粗方ねーあとはモブリットに任せるよ」

リヴァイ「そうか」

ハンジ「うん」

リヴァイ「……」

ハンジ「……」

ハンジ「やることないし外に出よっか」

リヴァイ「ああ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:13:41 ID:q06+yU2f0

ガチャ

ペトラ「わわっ、兵長にハンジさん!」

エルド「やべっ、怒られるぞ……!」

グンタ「だから言ったんだ、やめとけって」

エレン「あ、いや兵長これはですね……!」

オルオ「へ、兵長!俺はたまたま通りかかっただけで……」


リヴァイ「……何やってんだお前ら」

ハンジ「あれー皆さんお揃いじゃん」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:14:59 ID:q06+yU2f0

ペトラ「エレンに兵長とハンジさんが二人っきりって聞いて……」

エルド「まあ……興味本位で……盗み聞きを……」

グンタ「言っておきますが一番乗り気だったのはオルオですよ」

オルオ「!?」

ハンジ「あっははwwwwwリヴァイの班の子たち面白いねwww」

エレン「あ、あの!兵長!」

リヴァイ「なんだ」

エレン「お、俺は、ハンジ分隊長のことは尊敬する上司として見てるので!!」

リヴァイ「だったらなんだ」

ペトラ「ハ、ハンジさん!」

ハンジ「ん?なになに?」

ペトラ「ハンジさんだったら!私……ま、負けても構いません!」

ハンジ「……何の話かな?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:17:12 ID:q06+yU2f0

エルド「そういうことなんで!俺たち何も聞いてないんで!」

グンタ「さあ、さっさと夕飯の準備だな」

オルオ「俺は!本当に!たまたま通りかかっただけです!!」

エレン「すいませんでした!」

ペトラ「ほら早く行って!」

ドタバタドタバタ

ハンジ「……なんだったんだろ」

リヴァイ「……さあな」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:18:18 ID:q06+yU2f0

リヴァイ(チッ、めんどくさそうことになりやがった)

ハンジ(なんか変な噂でも流れそうな予感がするなあ)

リヴァイ(まあ、こいつとなら)

ハンジ(面白そうだし)

リヴァハン((別にいいか))


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/16 14:19:23 ID:q06+yU2f0

リヴァイとハンジが二人でただ普通にしてるだけの話が書きたかったんだが上手くいかなかった\(^O^)/

すっげえgdgdだし描きためのくせにオチもなんにも思いつかなかったんで適当でサーセン

ここまで呼んでくれた人が居たらありがとう
関連記事


損切り