Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  男女 >  男「オナニーしてるの見られた…」

男「オナニーしてるの見られた…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 20:42:41.83 ID:w3+Qpr8m0

【生意気な妹編】
妹「うわ、キモッ…」

妹「なにオナニーなんかしてるの?気持ち悪いんだけど」

妹「あーもう別にやめなくてもいいから、そのままシコってれば?」

妹「毎日毎日オナニーとかよく飽きないね」

妹「部屋に閉じこもって毎日一人でシコシコシコシコ…馬鹿じゃないの?」

妹「そんなに気持ちいいですか~?オナニー気持よくてたまらないですか~?」

妹「そのまま一生シコってろ変態」
5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 20:47:38.49 ID:w3+Qpr8m0

妹「え?なにもうイクの?さすがに早過ぎでしょ…」

妹「短小のくせに早漏とか…救いようがないね」

妹「イキそう?もう我慢できない?」

妹「実の妹にオナニー見られて興奮してるの~?…この変態」

妹「童貞…短小…包茎…粗チン…」

妹「…ねぇハァハァ息荒くしないでくれるかなぁ変態さん」

妹「うわー手の動きが速くなった…気持ち悪い」

妹「え?イッても良いかって?そんなの知らないよ勝手に一人でイッてれば?」

妹「…気持ち悪い」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 21:00:10.96 ID:w3+Qpr8m0

【ソフトSなお姉ちゃん編】

「おねぇちゃん前から心配だったんだよねぇ~」

「○○ももう高校生なんだし彼女の一人くらい作ればいいのにいつまで立っても作らないんだもんねぇ」

「女の子に興味がないのかなぁ…とか少しおもっちゃってたよ」

「あははでもビックリしたよ~まさかドアをあけたら○○がティッシュ片手にハァハァしてるんだもの」

「おまけに私のパンツまで持ち出しててさ、ほんとビックリしたよぉ」

「ねぇねぇ、おねぇちゃんの事想像してシコシコしてたの?気持ちよかった?」

「あはは、顔が赤くなってるって事はそういうことかな」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 21:07:52.38 ID:w3+Qpr8m0

「いいよそのままオナニー続けて」

「おねぇちゃんが最後までみててあげる」

「…どう気持ちいい?ならよかった!」

「にしても実の姉を前にしてもくもくとオナニーだなんて…○○って変態だね」

「ん?今ビクッとしたよ?」

「もしかして○○って…マゾ?」


「あはは、やっぱりそうなんだぁ~へぇ~」

「…変態」

「実のおねぇちゃんを前にしてセンズリなんかこいてて気持ちいいのぉ~」

「とんだ変態野郎だね!」

「…ふふっさっきからここビクビクしてる。おねぇちゃんになじられて嬉しそうだね!」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 21:24:38.14 ID:w3+Qpr8m0

言い忘れたけどこのスレはオナニーしてる所を女の子達に見られたことによる凌辱とその言葉攻めに悶えるマゾ野郎のためのスレだから

男の会話なしでキャラはみんなS(もしくはドS)だから
ノーマルとSよりのやつは帰ってくれ

え?逆転?俺の辞書にそんなもんは(ry



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 21:28:16.11 ID:d9VDk6XG0

畜生なんてこった!!


どうぞ、続けてください
需要は多いにある



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 21:37:19.61 ID:w3+Qpr8m0

【Sな後輩編】
「最低です見損ないました」

「いつも後片付けを一人で率先していたのはこんな理由があったんですね」

「先輩の事をそこそこ尊敬していたというのに…心底気持ち悪いです」

「ここって女の子達の汗の匂いが充満してますもんね。変態さんには最高の場所でしょうね」

「いつも私たちの方みていやらしい事想像してたんですか?…気持ち悪い」

「先輩は人望がある頼れる人だって後輩達の間では評判ですよ」

「それが裏では女子部員の匂いだけで興奮できる真性の変態野郎だなんて。きっとみんながっかりするでしょうね」

「…え?お願いだからやめてくれ?やめるのはあなたの変態行為のほうでしょう」

「さっさとその粗末なものをしまってくださいよ」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 21:52:33.94 ID:w3+Qpr8m0

「え?大きくなりすぎてズボンにしまえない?…何を言ってるんですか…」

「…はぁもういいです分かりました」

「私がそばで見ていてあげますから存分に発散してください」

「先輩の性欲は動物並です」

「これ以上発情されても困りますので私がなんとかしましょう」

「これからは私が先輩の性欲の処理を手伝ってあげます」

「…は?手でしてくれるのかって?」

「する訳がないでしょう気持ち悪い」

「『私がそばで見ていてあげます』それ以上の事をする気は微塵もありませんよ」

「直接触れるだなんて想像するだけで吐き気がします」

「…どうしてさっきから更に興奮してるんですか」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 22:07:28.55 ID:w3+Qpr8m0

「さっさとイッて下さいよ」

「…え?もっとなじってくれ?」

「しかたないですね…」

後輩にオナニー見られるってどんな気分ですか気持ちいいですかまぁ気持ちいいに決まってますよね
だって先輩は変態さんですもんね匂いだけで興奮できる真性の変態ですもんね
さっきから手のスピードが早くなってきてますよ?そんなに気持ちいいですか?後輩になじられるのがそんなに気持ちいいですか?
いいんですか先輩?先輩は今倉庫で後輩になじられながらオナニーしちゃってるんですよ?もしもこんな所他の人に見られちゃったらどうしますか?やめた方がよくありませんか?
ふふやめませんよねぇだって先輩はなじられながらシコシコするのが大好きな変態さんですもんねぇ
あれ?いきそうなんですか?ならさっさとイッてくださいよ気持ち悪い豚野郎のゴミ屑が
いけ!逝け!イケ!


後輩「…あれ?あまりの気持ち良さに失神しちゃいましたか…?」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 22:33:00.55 ID:w3+Qpr8m0

【ツンツン生徒会長編】
生徒会長「ものすごく不潔ね」

生徒会長「まさか生徒会室でオナニーするだなんて」

生徒会長「私のカバンに君がその汚らしい
汚物をハァハァこすりつけてるんだもの」

生徒会長「思わず警察に通報するところだったわ」

生徒会長「私をおかずにしてするオナニーはそんなに気持ちよかったかしら?」

生徒会長「まるで盛りのついた犬ね」

生徒会長「ほらワンちゃんオナニーは気持ちよかったですか~?発情しちゃいましたか~?」

生徒会長「…どうして更に興奮してるのよ」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 22:38:42.67 ID:w3+Qpr8m0

生徒会長「犬…そう犬ね」

生徒会長「決めたわあなたは今日から私の犬ね」

生徒会長「ちょうど小間使いが欲しかったところだしちょうどいいわ」

生徒会長「あなたは犬並の性欲を持ってるから犬よ」

生徒会長「犬、そうよ私の可愛いワンちゃん」

生徒会長「あら、嬉しいそうね」

生徒会長「じゃあさっさとしてくれないかしら?」

生徒会長「あら?何を…って決まってるじゃない」

生徒会長「犬に服は要らないでしょう?さっさと脱ぎなさい」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 22:42:56.12 ID:w3+Qpr8m0

「うふふそうよ、よくできたわね」

「あら?恥ずかしいだなんて…あなたは犬何だから裸で当然でしょ?」

「それと返事は『ワン』ね」

「当たり前でしょう?犬は言葉を喋らないものよ」

「ほら『ワン』とおなきワンちゃん」

「そうそう、よく言えたわねぇ」

「えらいえらい、よしよししてあげる」

「『お手』 『おかわり』 『伏せ』 」

「そうそう上出来よ」

「…あら?」

「ふふっ…なぁにこれ?」

「女の子にこんな恥ずかしい事されて興奮しちゃったの?」

「えっちなワンちゃんね」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 22:51:04.68 ID:w3+Qpr8m0

「じゃあそこでオナニーしなさい」

「ご主人様の前でいやらしく発情してだらしなくハァハァしながらオナニーしなさい」

「そうそう…えらいえらい」

「ご褒美に頭撫でてあげる…うふふ」

「気持ちいい?気持ちいいに決まってるわよね」

「大好きなご主人様の前でえっちな事してるんだもんね」

「ふふっ…必死にシゴいてる…かわいいわよ」

「あらもうイキそう?なら…」

「そうねあのゴミ箱に向かってしなさい」

「雄が雌と交尾するみたいに、あのゴミ箱に跨って出しちゃいなさい」

「そうそう!賢いワンちゃんね」


「…うふふ気持ちよく出せたようね」

「えらいえらい」



36:くずもち ◆w66sYQ3lW6 :2013/08/18(日) 22:55:51.43 ID:a53gR64Ci

なんだこのスレ俺得すぎる



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 23:03:40.80 ID:bRk7AKvu0

このスレは一生落ちないで欲しい



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 23:10:40.68 ID:w3+Qpr8m0

【ソフトSな幼馴染編】

「なんでこんな事したの?」

「私もさ別に怒ってる訳じゃないんだよ?
だから正直に答えて欲しいかなって…」

「そりゃ部屋を勝手に開けた私が悪いよ?」

「私たちは昔から兄妹同然に育てられてずっとこんな関係だったとはいえさ…お互いのプライバシーがちょっとなくなってたかもなって」

「でも…だからってさ」

「私の下着を…え、えっちな事に使うだなんてさ…」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 23:21:55.07 ID:w3+Qpr8m0

「し、仕方ないよね!○○だって男の子だもんね!」

「えっちな気分になってしまう事だってあるよね」

「…つ、続きしてもいいよ?」

「私が手伝ってあげるから」

「触るのはやだけど…そばで見ててあげるから!」

「い、いっぱいシコシコしていいから!」

~~~~~~~~~~~~~~~~

「…え?思いっきりなじってくれ…?」

「俺はMだから苛めてくれ…?い、虐めるってどうやって…?」


「…へ、変態! 変態! 変態! 」

「あ…ビクビクしてる…?こ、こういう事?」

「え…これを言えばいいの?う、うん分かった」

変態!包茎!マゾ!かわかむりのダメダメ短小の粗ちんやろー!

「こ、こんな感じでいいの?」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 23:29:34.54 ID:w3+Qpr8m0

「うわ…手が早くなってる…」

「気持ちいい…んだよね…?」

「え?な、なに?」

「い、イキそう!?いっちゃうの!?」

「えーと…えーっと…」

「こ、ここに出して!」

「ティッシュでだなんて無理だよ!だからここ!ゴミ箱にそのまま出して!」

「ゴミ箱持っててあげるからそのまま!」


「うっ……で、でた…?」

「うっ…臭い…」

「いつもより多く出た…?そ、そうなら良かった!」

「じゃあもういいよね!帰るよ!」


「…ねぇなんでさっきだしたのにまだこんなに硬くなってるの?」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 23:47:30.68 ID:w3+Qpr8m0

【ドSなお嬢様編】

「まったくどうしようも無い変態ですわね」

「放課後忘れ物を取りに戻ってきたらあなたが私の机にアレをこすりつけているんですもの」

「ハァハァと喘ぎながら発情してるあなたの顔…とても情けなかったですわね」

「呆れて何も言えませんわ」

「さてこの机は処分してもらうとして今すぐ職員室へ」

「あら?泣きながら謝っても無駄ですわよ?こんな危険人物を放っておけるわけないでしょう?」

「何でもするからやめてくれ?そういわれましてもねぇ…」


「ならいいですわあなた今日から私の奴隷になって下さらない?」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 23:48:47.38 ID:w3+Qpr8m0

「学校では執事を連れて行くことができなから困っていたのですわ」

「なら私が公表しない代わりにあなたは私の奴隷になるという事で」

「『私のいう事は絶対』いいですわね」

「…なら結構ですわ」

「そうねならまず手始めに…ここで自慰しなさい」

「あら?どうして不思議そうな顔するのかしら、当然じゃない」

「もしも発情したあなたに襲われたらどうするのよ」

「だからここで自慰をして精子を空っぽにしてしまいなさい」

「理解したならさっさと服を脱いで始めなさい」


「それと私のモノに少しでも触れたら即豚箱へ送り込みますわよ」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/18(日) 23:57:13.74 ID:w3+Qpr8m0

~~~~~~~~~~~~~~
「これで三発目ですわね」

「そろそろいいかしら…あらあら?」

「まだたつ余裕があるだなんて飽きれた性欲ですわ」

「ならば四回目をしなさい、今ここで」

「…あら?もうできません?でもまだ立ってるじゃありませんか」

「忘れたのかしら?『私のいう事は絶対』…ふふわかったのなら続きをしなさい」

「はい?オカズをくれ?」

「冗談は顔だけにしてほしいですわね」

「私があなたに対して何かしてあげるとでも?」

「あなたは私の奴隷。奴隷は一方的に忠義を尽くすだけですわ」

「さぁさっさとその下卑た性欲を処理してしまいなさい」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 01:04:35.45 ID:GCl/TkAM0

【ドSな僕っ子編】

「ふふっまさか君が…ねぇ」

「前々から僕の私物がなくなっていた事には気付いてはいたがまさか犯人が君だったとは」

「しかも放課後の教室で僕の机にむかって腰をふってなすりつけているとは…角オナニーというやつかな?」

「あんな姿とてもじゃないが他の人達には見せられないね」

「おぉっと動かないでくれよ。君の情事はすでに一部始終録画済みだ」

「これで君は僕に何もできない」

「まるでおもちゃ同然に無力だ」

「ん?おもちゃか…ふむ…」

「よし決めたよ君には今日から僕のおもちゃになってもらおう」

「そんなに対したことではないさ」

「僕の好奇心を満たすちょっとした玩具になってくれればいい」

「逆らったら…この動画をばらまいてあげよう」

「ふふっ理解したかい?それでいい。やはりおもちゃは持ち主に素直でないとね」

「ではおもちゃ君まずは服を脱いでくれ」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 01:06:58.63 ID:yTR6QCm+0

やっぱりぼくっ子は至高だな…
http://www.amazon.co.jp/dp/4829139250/



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 01:19:55.41 ID:GCl/TkAM0

「ふふっよくできたね」
「え?褒めてくれないのかって?」

「おもちゃなんだからいうことを聞くのは当然さ。そうだろう」

「さてその哀れなおもちゃ君にどんな命令をしようかね」
「ふむ…ではまずは勃起させて貰おうかな」

「そうだよ勃起だ。簡単だろう?」

「なに?さっき抜いたばかりだからもうたたない?」

「なんてだらしないおもちゃだろうね…」

「でもそれを何とかしてもらわなきゃ僕がおもちゃで遊ぶ事もできないよ」

「では最初の命令だ『二分以内にペニスを勃起させろ』」

「もちろん、できなければこの動画は世界中に配信さ」
「よぉーい…始め」

「くくっ…あっはっはっはっは!」

「どうにか勃たせようとしてる君のその間抜けな姿!実に傑作だ!」

「ほらほらどうした!もう三十秒が経過したよ!」

「早くしないと君の情けない姿が全世界に晒されてしまうよ!」

「あはは!あっはっはっはっはっは!!」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 01:31:23.55 ID:GCl/TkAM0

「二分経過…ははっちゃんと勃起できたじゃないか」

「はぁー…笑いすぎてお腹が痛いよ」

「君はおもちゃとして実に優秀だね」

「持ち主である僕をこんなにも楽しませてくれるんだもの」

「さて…次はどうしようか」

「ここで『自慰行為をしろ』と命令するのは簡単だがそれでは少し味気ないしね」

「では次は…ふむ…」

「決まったよ次は腕を後ろに組んで仁王立ちしてくれ」

「そうそこで…そうそれで良い」

「ふふっこれから何をすると思う?」

「きっと君も気にいるはずさ」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 01:41:24.64 ID:GCl/TkAM0

「ふふっいきなり握られて驚いたかい」

「そう僕は今君のペニスを握っているのさ」

「両手でふんわりと包み込んでいるといったほうが正しいかな?」

「あっはっは僕にシゴいて貰えるとでも思ったかい」

「残念だが違うよ。僕はもう手を動かさない」

「動かすのは君の方さ」

「くくっ理解してきたようだね。その通りだよ」

「これ以上気持ちよくなりたいなら君自身が腰をふるしかないという事さ」

「さぁおもちゃ君気持ちよくなりたいなら存分に腰を降りたまえ」


「くくっ!あっはっは!」

「いいね君のその表情」

「女の子の手に一生懸命腰を降り続けるその情けない姿」

「実に滑稽だね。くっく」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 01:44:32.15 ID:GCl/TkAM0

「ん?もうイキそうなのかい?ならそのまま僕の手のひらにでも出してくれ」

「楽しませてくれたおもちゃへのお礼だよくくっ」

「んっ…ふぅ…」

「ずいぶんとたくさん出たじゃないか」

「そんなに僕の手のひらは気持ち良かったかい?くっく」


「では今日はそろそろ帰るとしよう」

「今日はとても楽しかったよおもちゃ君」


「君がいるとしばらく退屈しないで済みそうだ」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 01:47:31.55 ID:GCl/TkAM0

終わりでござる

書いていて何かが俺の脳内に降りかかってきた
エロ神様が微笑んでくれたとしか思えない
自分でいうのもなんだがこれは…ふぅ

僕っ子って素晴らしいな!



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 01:49:28.78 ID:45AKnyOO0

>>87




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 01:53:40.21 ID:yTR6QCm+0

堂々の乙!
関連記事


損切り