Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  きんいろモザイク >  シノ「コケニー気持ちいいですぅ~♪」アリス「し、シノ!」

シノ「コケニー気持ちいいですぅ~♪」アリス「し、シノ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:07:44 ID:3YgF+j9m0

シノの部屋、AM2:00

シノ「うわぁ! あ、アリス!? 起きてたんですか!?」

アリス「お、起きてたよ!」

シノ「うう、恥ずかしいです……こんな……こんなコケシでオナニーをしてるところ見られるなんて……」

アリス「……」

シノ「あ、アリス……あの……その」

アリス「シノ……毎日してるでしょ? 一ヶ月前ぐらいから……」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:13:06 ID:3YgF+j9m0

シノ「ええっ!? ぜ、全部聞いてたんですか!?」

アリス「そうだよ! 今日は……」

シノ「そんなっ……! 一ヶ月も私の恥ずかしい声を!?」

アリス「え、あ……そ、そうだよ……///」

シノ「恥ずかしいです!恥ずかしいです!もうお嫁にいけませ~ん!!」

アリス「///……あっ、そ、そうじゃなくて! 言いたいことがあるの! 」

シノ「……そ、そうですよね……私のせいで寝不足アリスですよね……」

アリス「えっと、私のことはいいんだけどね、シノのことが心配で……シノ、一ヶ月前から体調がずっと優れないでしょ?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:19:05 ID:3YgF+j9m0

シノ「え? そう見えますか?」

アリス「そうだよ、コケニーのことは伝えてないけど、勇姉も陽子達も心配してたよ」

アリス「毎日してたら体調崩しちゃうのは当たり前だよ」

シノ「私自身はそうは思わないのですが……逆にコケニーしないと落ち着かなくて寝れないんです」

アリス(そんなはずないよ……こんなのおかしいよ。シノのために、ガツンと言わなくちゃ……)

アリス「と、とにかく! シノが良くてもダメだよ! やめるって約束して欲しい!」

シノ「や、やめる!? そ、それは……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:24:40 ID:3YgF+j9m0

アリス(うぅ……ごめんね、シノ……シノのためだから……)

アリス「シノ! は、はっきり言って……めめめ迷惑なの! お願い、やめて!」

シノ「め、迷惑っ……!」

アリス「ぅ……シノッ!」ジッ

シノ「……わかりました。 私も、アリスに迷惑かけたくありませんから」ニコッ

アリス「ほ、ホント!?」

シノ「はい、ホントです!約束です!今までごめんなさい!」ペコリ

アリス「いいんだよ、シノ!よかった~。それじゃあ、寝よっか」

シノ「はい、おやすみなさい♪」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:28:57 ID:3YgF+j9m0







1時間後

アリス「……」

シノ「んっ……気持ちいいですぅ~♪」

アリス(!)

アリス(……シノ……)









20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:33:36 ID:3YgF+j9m0

翌日の朝

チュンチュン

アリス「ふわぁ……シノ、おは……よ!?」

シノ「ほへ……」グッタリ

アリス「し、シノ! 救急車、救急車なの!?」

シノ「いえ、ちょっと風邪を引いてしまったみたいで……ご心配には及びません、休めば……」

アリス(こ、コケニーするからだよシノ……)

アリス(約束したのに……約束したのに……)グスッ

シノ「アリス……? 私は大丈夫ですから、泣くほど心配しなくても」

アリス「わ、わかった…ゆっくり休んでね」

アリス(……こうなったら……ごめんねシノ……)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:38:05 ID:3YgF+j9m0

学校


陽子「コケニー!? コケシでオナニーしてコケニー!? だから最近体調悪そうだったのか!?」

カレン「オナニーって聞いたことあるデス。masturbation?」

陽子「ナイス発音!」

アリス「それでね、あのね……」

綾「ちょっと二人とも! アリスの話を聞きなさい!」

アリス「あ、ありがと、あy」

綾「オナニーを笑うなんて最低よ!誰でもすることだもの!」

陽子カレンアリス「え?」

綾「あっ……///」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:43:01 ID:3YgF+j9m0

陽子「いやぁ、誰でもはしないと思うなぁ~」

カレン「デスね」

綾「そ、そんなことよりっ! アリス、まだ続きがあるんでしょう!?///」

アリス「そ、そうだよ! 今朝休んだのだって、コケニーのせいなんだよ? もう私、見ていられなくて……」

カレン「それは由々しき問題デスね。シノがいないとつまらないデス」

アリス「約束したのに、止まらなかったんだよ? シノは、簡単に約束を破る人じゃないよ。 私、悲しくて……」ウルウル

綾「仕方ないわよ。オナニーだもの」

陽子「綾……」

アリス「私は止めたいの!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:49:27 ID:3YgF+j9m0

陽子「うーん……アリスは迷惑してるのか?」

アリス「迷惑とかじゃないけど、体調を崩してるし……」

アリス「それに、コケニーしている時のシノは私が理解できない世界にいるような気がして……怖くて……」

カレン「コケシを隠しちゃえばいいデス!」

アリス「え?」

カレン「コケシを隠せばコケニーできないデス!簡単デス!」

綾「そうね。お気に入りの道具、オカズが無ければ萎えてしまうものよ」

陽子「綾……」

アリス「でも、いいのかな? 勝手にそんなこと」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:54:35 ID:3YgF+j9m0

陽子「いやぁでも、それしかないと思うなー。アリスの言うとおり、シノが約束を破ってまでするなんて普通じゃないし」

アリス「そ、そうだよね」

綾「でも、それが出来るのは一番近くにいるアリスよ。 できるの?」

アリス「……」

アリス(わたし……シノが大好きだよ。シノが約束を破ってまでするんだから、本当に気持ちいいんだと思う。だから大切にしてあげたい)

アリス(でもね、こんなの間違ってるよ。コケシで体調崩すなんておかしいよ。だから、シノ……ごめんね)

アリス「……私、やるよ!シノを救って見せる!」キッ

カレン「Oh! アリスかっこいいデス!私からもお願いするデス!がんばってクダサイ!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:57:59 ID:3YgF+j9m0

陽子「アリス……泣ける! 頑張れ、頑張れ!」

綾「……気をつけてね……何かあったら電話して。姉さんに助けを求めてもいいし。深夜だからって気にすることないわ」

アリス「うん、ありがとう! 私、頑張るよ!」




アリス(シノ……私が助けるからね。待っててね)







38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:01:13 ID:3YgF+j9m0

シノの部屋、PM4:30

ガチャ

アリス「……」

シノ「……」スースー

アリス「よし……確か、昨夜はここに……あった!」

アリス「これを……ど、どうしよう」

アリス「私のカバンの中に……んしょ」

アリス「……」

アリス(大丈夫だよね……私達、友達だもんね……)








40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:07:48 ID:3YgF+j9m0





シノの部屋、AM1:30

シノ「……」スースー

アリス(……ご飯の時も、普通の可愛いシノだった)

アリス(体調もよくなった。おねがい、どうか起きないで……)

シノ「……」ムクッ

アリス「!」

シノ「……ごめんなさいアリス……でも、バレなければ、誰も傷つきません」ボソッ

シノ「……心配なんか、何もないです……」ゴソゴソ

アリス(……)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:11:56 ID:3YgF+j9m0

アリス(また……この感覚)


アリス(ごめんなさい、シノ……気づいたよ)


アリス(……シノが体調を崩して欲しくないっていうのもあるけど)


アリス(知らないシノがどんどん増えていくのが嫌なの。離れて行って欲しくない)


アリス(私、卑怯な子……でも……)





シノ「……あれ、ないです……コケシが……」ゴソゴソ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:14:57 ID:3YgF+j9m0

シノ「ないです、ないです、確かにここに……」

アリス「……っ!」フルフル

シノ「なんで、なんでですか。コケシ、私のコケシ」

アリス「……ぅぅ……っ」

シノ「!……アリスっ!?」

アリス「!!」

シノ「起きてたんですか!? 私のコケシ知らないですか!?ないんです、ないんです~!!!!!」

アリス「っ……そうなんだ。でも、約束したから、いらないよ?」

シノ「!」

アリス「そうだよね?」

シノ「隠したんですか」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:17:39 ID:3YgF+j9m0

アリス「約束したよ! 私とシノで!」

シノ「隠したんですか」

アリス「もう、しないって! 私のためにやめるって!」

シノ「隠したんですか。どこですか?」

アリス「シノ!私の目を見て!」

シノ「待っててください。見つけますね」

アリス「シノ!」

シノ「怒ってないですよ。大丈夫、大丈夫です……お姉ちゃん、起きてしまいますよ?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:22:53 ID:3YgF+j9m0

アリス「……」ササッ

シノ「……アリス? いま、何か隠しましたね? カバンですか?」

アリス「な、なんでもないよ!なんでもない!」

シノ「失礼しますね」ガシッ

アリス「し、シノ!」

シノ「……」バッ

アリス「あ……」

シノ「……えーと……あっ、ありました~!」

アリス「あ……あ……」ウルウル

シノ「さてと……」

アリス「……うわぁぁ~!! シノ~!!」ポロポロ


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:25:23 ID:3YgF+j9m0

シノ「……アリス?」

アリス「シノっ! シノっ……!」ポロポロ

シノ「あ、あの……」

アリス「シノぉ~~~!!!」ポロポロ

シノ「あ、あの、落ち着いてください。と、取り上げだけで、もうしないですから!」

アリス「シノのうそつき! 昨日だってしてたくせに!」

シノ「っ……ばれて、ましたか……」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:29:09 ID:3YgF+j9m0

アリス「私、もう嫌なの! 」

アリス「知らないシノが増えて欲しくない! 体調を崩すシノなんて見たくない!」

シノ「アリス……」

アリス「私との約束を破るシノは、私の知らないシノだよ! そんなシノ、私が許さないから!」

シノ「……」

アリス「……私とコケニー……どっちが大事なの……?」グスッ

シノ「……アリスの知らない私は……たくさんたくさんアリスを傷つけてしまったのですね……」

シノ「わかりました……もう、本当に、これで終わりです。コケニーは、もう終わりです」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:36:23 ID:3YgF+j9m0

アリス「シノ……本当にホント?」

シノ「はい、本当にホントです」

アリス「本当にホントなの?」グスッ

シノ「……最初からシンプルに考えればよかったんです。アリスとコケニー、どっちが大切なのか」

アリス「……私、シノが大好きだよ? 大好きな友達を疑うなんて、もう嫌だよ?」

シノ「はい、大丈夫です! アリスの知らない私は、もういません!」

アリス「……ぁああ~~! シノ~~!!!」ギュッ

シノ「アリス……こんなに泣いて……本当にごめんなさい」ナデナデ


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:39:36 ID:3YgF+j9m0

シノ「今日は、一緒のベッドで寝ましょうか?」ニコッ

アリス「! うん、そうする!一緒に寝よう!」

シノ「こうすれば、安心ですね」

アリス「もう、疑ってないよ?」

シノ「……ありがとうございます。 もう遅いから、寝ましょうか」

アリス「うん! 明日は一緒に学校いこうね!」

シノ「もちろんです!」









64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:42:58 ID:3YgF+j9m0




アリス「……」スースー

シノ(……とは言ったものの、ちょっと自信ないですね。でも、アリスのため……)

シノ(……こんなこと考えてる時点で、私最低ですね……)

シノ「……なんで私、こうなっちゃったんでしょう」ボソッ

シノ「……」








66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:44:20 ID:3YgF+j9m0

シノ「……」



~~~~






その日、忍は夢を見た。







~~~~





シノ「……んっ……ここは?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:47:38 ID:3YgF+j9m0

シノ(……森?)

シノ「んしょ……」ムクッ

シノ「……なんか輝いてる……?」

シノ「湖……ですか……?」

シノ「湖のそばに誰か……わ、私!?」

シノ「もう一人の私!?」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:50:00 ID:3YgF+j9m0

綾「……」パァァ

シノ「綾ちゃんまで!?」




綾「あなたが落としたのは、この金のこけしですか?それとも」

綾「金のアリスですか?」

Anotherシノ「……」




シノ「なんですかあれ……」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:52:17 ID:3YgF+j9m0

Anotherシノ「もちろん、金のこけしです」

シノ「!……な、なんでですか!」

綾「ならば、金のアリスは……」

アリス「しのっ、シノッ!!」

綾「没収です」

アリス「シノ!!!私だよ!シノ!!」


シノ「アリス!!! 」ダッ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:54:59 ID:3YgF+j9m0

シノは、怒った。人生で初めて本気で怒った。

怒りのままにAnotherシノを湖に叩き落とすと、綾からアリスを取り上げ、抱きしめた。

アリス「シノ……」

シノ「アリス……」









75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 21:59:08 ID:3YgF+j9m0








シノ「アリス……アリス……」ギュウウウ

アリス「し……のっ……苦し……シノ!」

シノ「!……うわぁ!アリス!? どうしたんですか、そんなに苦しんで!」

アリス「い、いや……なんでもない……なんでもないよ……気にしないで……」ゼーゼー

アリス(暖かかった……)

シノ「……なんでしょう……」

アリス「?」

シノ「アリスがとっても愛おしいです~!」ギュウウウ

アリス「ふわぁっ!? し、シノ!?」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 22:00:51 ID:3YgF+j9m0

シノ「アリス、アリス~♪」ギュウウ

アリス「あははっ、苦しいよシノ~」

アリス(……こういうの、久しぶりかも)

アリス(シノ……おかえり)









79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 22:07:34 ID:3YgF+j9m0






一週間後、学校

陽子「……で、もう大丈夫なのか?」

シノ「はい、この通りです!あのあと、なぜか性欲も湧かなくて!」

綾「信じられナス……」

カレン「あやや、変態さんデスね~♪」

綾「……私も、やめられるかな……」ボソ

陽子「綾……」

アリス(……いつもの、日常……)

アリス「……あははっ」







81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 22:12:46 ID:3YgF+j9m0






~アリスの日記~
××月○○日△曜日

シノが、こけしを捨ててくれました。
私はいいって言ったけど、捨ててくれました。
実は嬉しかったのは内緒です。
そのあと、シノは私を抱きしめてくれました。
暖かかったです。

あ、あと、今日の朝、なぜか陽子が無くしてた体操服が返ってきてたみたいです。よかったです。


シノ「ほほえま~」

アリス「シノッ!?」






おわり
関連記事


損切り