Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  名探偵コナン >  阿笠「ワシのケツマンコを舐めるんじゃ、哀君!!!」

阿笠「ワシのケツマンコを舐めるんじゃ、哀君!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 20:55:26 ID:t0T2O5apI

某時刻、阿笠邸にて

灰原「な、何を言ってるの博士!?」

阿笠「いいからさっさと舐めんか!!!」

灰原「イヤよ!!!警察に突き出すわよ、博士!!!」

阿笠「ほぅ…歩美君がどうなってもよいんじゃな?」ニヤニヤ

灰原「ど、どういうこと!?」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 20:59:56 ID:t0T2O5apI

阿笠「ワシのくっさいくっさいケツマンコを舐めんと歩美君はワシにレイプされてしまうんじゃ。」ニヤニヤ

灰原「な、なんですって!?」

阿笠「大切な歩美君がワシに陵辱されてよいのかな?…賢い君ならどうすればよいか分かるじゃろ?」

灰原「くっ…この外道…」

阿笠「ホッホッホ…何とでも言うがよい。」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 21:04:31 ID:t0T2O5apI

灰原「…」

阿笠「ああ、それと…新一を頼っても無駄じゃぞ。」

灰原「えっ!?」

阿笠「くっくっく…奴はワシの協力者だからな。今頃、歩美君を捕らえに行っているじゃろ。」

灰原「そ、そんな…」


服部「大変なこっちゃやで…」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 21:10:56 ID:t0T2O5apI

服部「あのじいさん、とんでもないやっちゃな…それに工藤…見損なったで…」

服部「こうはしてられへんな…先ずは工藤を止めへんと。」


阿笠「…この家にネズミがおるようじゃな。」

灰原「!?」

服部「!?(ば、ばれたか…)」

阿笠「それもたちの悪いネズミがのぅ…」スタスタ

服部「(や、やばい…ばれとる…)」

阿笠「そこか!!!」ガチャ!

光彦「ひぃぃぃー!!??」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 21:16:08 ID:t0T2O5apI

灰原「つ、円谷君!?ど、どうして、そこに!?」

光彦「お、お二人が話していたので…隠れてたんですよ…ははは…」

服部「(助かったわ…あのソバカスもいとったのか…)」

阿笠「君はそんなんじゃからみんなに嫌われるんじゃよ、ソバカス君。」

光彦「な、なんのことです!?」

阿笠「盗み聞きしおって…お仕置きが必要じゃな。」シュピーン!

光彦「うっ!?」プスッ!

灰原「つ、円谷君!?」

光彦「…あひゃ…ほへ…」バタン!


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 21:20:49 ID:t0T2O5apI

灰原「は、博士!円谷君は盗み聞きしていただけだわ!彼が何をしたっていうの!」

阿笠「したな!ワシの計画を邪魔したんじゃ!」

灰原「で、でも…」

阿笠「なんじゃ…それなら、ワシのケツマンコを舐めれば光彦君のチンポを切断するにとどめるぞ。」ニヤニヤ

灰原「ど、どうかしてる…」

阿笠「くっくっく…ワシを見くびるでないぞ。」

服部「(じいさい…あんた、すごいで。)」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 21:24:31 ID:t0T2O5apI

阿笠「さて…光彦君には何をしようかのぅ!」

阿笠「ワシのウンコを食べさせるのもよいな、ウピピピピィィィィィーーー!!!!!」

灰原「…」ゾッ

阿笠「それとも…肛門に大根でも突っ込んでやろうかのぅ、うひゃひゃひゃーーー!!!」

服部「そ、それやで、じいさん!!!」

灰原「!?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 21:29:16 ID:t0T2O5apI

阿笠「平次君…君もワシの邪魔しにきたのかね?」

服部「ちゃうわ!わいはじいさんの味方やで!」

灰原「そ、そんな…」

服部「こういう時には力のある方に従うのが一番や!世渡りはそういうもんやで、姉ちゃん!」

阿笠「ホッホッホ…君はよくわかっておるわい。」

灰原「あ、あなた達…狂ってる。」

服部「おおきに…さて、そのソバカスはわいに任せるんや、じいさん!」

阿笠「何をするんじゃ?」

服部「わいの大根をソバカスのアナルにぶち込むでんがな!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 21:34:51 ID:t0T2O5apI

阿笠「それは名案じゃ…ソバカスのアナルをガバガバにするんじゃぞ、平次君!」

平次「分かってるわ!めちゃめちゃにしてやるわ、はっはっはー!!!」

灰原「(だ、誰も頼る人が…)」

阿笠「光彦君の方は平次君に任せておいて…哀君!!!どうするんじゃ!!!」

灰原「(な、舐めるしか…ない、か…)…わ、分かったわ。舐めるわ。」

阿笠「フォッフォッフォッフォッーーーー!!!!!」カチャカチャ!


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 21:39:37 ID:t0T2O5apI

阿笠「…ほれ!スボンを脱いだぞ、哀君!」

灰原「…くっ。」

阿笠「ワシの年季の入ったケツマンコはどうじゃ!!!」

チングリ返しをし、灰原にアナルを見せつける、阿笠!

服部「ウンコだらけやないか、じいさん!!!ごっつ臭そうやでー!!!」

阿笠「哀君に舐めさせたくて洗ってないんじゃよ!」

灰原「(こ、こんな汚い所…舐められないわ…)」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 21:51:04 ID:t0T2O5apI

阿笠「もっと顔を近づけんか、哀君!!!」

灰原「…」スッ

阿笠「そうじゃ。先ずはワシのケツマンコをじっくり見るんじゃ。」

服部「変態や…」ニヤニヤ

阿笠「意外といい形をしとるじゃろ?」ニヤニヤ

灰原「…」

阿笠「返事をせんかい!!!!!」

灰原「は、はい…いい形…してるわ…」

阿笠「ホッホッホ…流石は哀君。よく分かっておる。」

服部「鬼やで。」ニヤニヤ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 21:55:00 ID:t0T2O5apI

阿笠「では…ワシのケツマンコを触ってみなさい。」

灰原「…」

阿笠「プニプニしていてかわいいぞ?」ニヤニヤ

灰原「や、やだ…」

阿笠「な、なんじゃと?」シャイニング眼鏡!

灰原「…さ、触りたくない。」

阿笠「ふんっ!!!!!」ブゥゥゥゥゥーーーーブッブッブッーーー!!!!!

灰原「く、くさっ!!!???」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 22:01:07 ID:t0T2O5apI

服部「くっさ~!!!こっちまで臭ってきたでー、じいさん!あんた、何食ってるんや!おぇ!」

阿笠「フッフッフ…なんとも心地よい匂いではないか。」ニヤニヤ

灰原「な、なんて臭いなの…オェ…」

阿笠「哀君…また逆らったら屁ではすまんぞ?ワシのビチクソをその可愛い顔にぶっかけるぞ!!!」

灰原「ヒッ!?」

阿笠「そうされたくないんじゃら…触るんじゃ。」

灰原「は、はい…」スゥー

阿笠のアナルに人差し指を伸ばした、灰原!

そして!

灰原「…」スッ

阿笠「ひゃっ!!!!????」ビクビク!


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 22:05:19 ID:t0T2O5apI

灰原「か、感じてるの…博士?」

阿笠「あぁぁ…そ、そうじゃ…んっ…そのまま指をいれたまえ、哀君!」

服部「ちょっと待った!」

阿笠「な、なんだね…あひゃ…平次君?」

服部「ローション塗った方がもっと気持ちよくなるんやないか?」

阿笠「そ、それもそうじゃな…悪いが平次君、そこの引き出しからローションを取ってくれんかのぅ?」

服部「これやな。」スッ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 22:08:40 ID:t0T2O5apI

阿笠「悪いのぅ、平次君…では、哀君。ワシのケツマンコに塗りたくってくれ。」

灰原「は、はい…」トロ~ン

阿笠「丁寧に塗るんじゃぞ?」

灰原「い、いくわよ、博士。」ヌチャ

阿笠「!!!!!!!!!!」ビクビクビクビク!!!

服部「じいさんのコナンも反り返っとるわ。」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 22:14:35 ID:t0T2O5apI

阿笠「こ、この感触…た、たまらんわい…んっ…では、哀君。指をツッコミたまえ。」

灰原「え、ええ…」ズブリ!

阿笠「あひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃーーーーー!!!!!?????」

服部「こりゃ、傑作や!ちっさい姉ちゃんのこぶしがじいさんのアナルにスッポリ入ったで!どんだけ緩々なんや!」

阿笠「そ、そのまま…あん!…グーパーグーパーしたまえ、哀くぅ~~ん!!!」

灰原「こ、こう?」グーパーグーパー!

阿笠「らめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーー!!!???」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 22:20:16 ID:t0T2O5apI

灰原「じ、人体って…すごいわね…」グーパーグーパー!

阿笠「きもてぃぃぃぃぃぃぃぃーーーー!!!!!こ、今度はチョキパーを…うひょ!…するんじゃぁぁぁー!!!!」

服部「こっちも興奮してきたで。」ビンビン!

灰原「す、すごい肛門ね…どうなってるのかしら…」チョキパーチョキパー!

阿笠「いくぅぅぅぅぅ~~~~!!!わ、ワシのケツマンコを破壊してくれ、哀くぅぅぅ~~~!!!」

服部「最高や。」シコシコ!


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 22:26:48 ID:t0T2O5apI

阿笠のアナルをガバガバにすること、100分…

阿笠「も、もう…うっ…よいじゃろ…」ヘトヘト

灰原「わ、わかったわ…」スポン!

阿笠「あふんっ!!!???」

服部「こりゃ~すごいことになっとるで、じいさん!!!かっぴらいとるわ!!!」

阿笠「ハァハァ…ハァハァ…そ、そうかね…」

灰原「わ、私の手…ウンチ塗れだわ…」ベットリ!

阿笠「では……ワシのケツマンコを舐めるんじゃ!!!!!」

灰原「え、ええ…わかったわ…」

阿笠の肛門に舌を近づけた灰原!
その時!

???「そこまでだーーー!!!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 22:35:37 ID:t0T2O5apI

灰原「!?」

服部「な、なんやと!?」

阿笠「こ、小五郎君!?」

小五郎「この名探偵毛利ホモ郎が博士のアナルにぶち込む!!!!!」ビンビン!!!

小五郎のコナンは50cmを超え、血管が浮き出て、湯気が立っていた!

服部「なんちゅう、デカマラや!!!ギネスもんやで!!!」

阿笠「小五郎君のコナンが入ってくると思うとゾクゾクするぅ~!!!ワシの汚いケツマンコにいれてくれ~、小五郎くぅ~ん!!!」

小五郎「仰せの通りに!!!!」ズブリ!

阿笠「うぴぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃーーーーー!!!!!!」

小五郎「おい、お前ら!今のうちに歩美って子を保護してこい!!!」

服部「せ、せやな!そのじいさんをイカせといてや!」タタタター

灰原「あ、歩美ちゃん…無事かしら。」タタタター!


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 22:39:59 ID:t0T2O5apI

歩美は無事だった。

阿笠に命令され歩美を捕らえに行ったコナンだが、
行く途中でウナ充元太にレイプされ、アナルを開発されていた。

元太「ウナッ!!!ウナッ!!!ウナッ!!!」パンパンパンパンパンパンパンパン!!!!!

コナン「俺のコナンが爆発してしまうぅぅぅぅぅぅーーーーー!!!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 22:42:44 ID:t0T2O5apI

一方…阿笠は小五郎に掘られテクノブレイクを起こし死亡!

興奮が冷めなかった小五郎は寝ていた光彦も掘り、
光彦はホモに目覚めた!


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 22:48:20 ID:t0T2O5apI

服部「なんとか解決したみたいやな!」

灰原「そのようね。」

服部「あんさん…右手にあのじいさんのウンコ付きっぱなしやないか?」

灰原「…博士は私に肛門をなめさせたかったのよね。」

服部「せや。俺にはあのじいさんの気持ちがよーわかる。せやから、そのウンコ舐めたらあのじいさんも報われるんちゃうか?」

灰原「!!!」

服部「弔いも兼ねて、どや、姉ちゃん?」

灰原「そうね…舐めるわ…………ペロッ!これは博士のウンコ!!!」

服部「よかったな、じいさん。」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26 22:49:01 ID:t0T2O5apI

関連記事


損切り