Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  とある魔術の禁書目録 >  美琴「幸せな誕生日」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美琴「幸せな誕生日」

1 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 20:59:24.43 ID:PDBLU6TN0

※注意※
・上琴です。
・美琴がツンデレじゃないです。
・上条さんが誰条さんですが、上条さんです。
・超ベターな内容です。
・短いです
それでよければどうぞ・・・





2 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:00:31.35 ID:PDBLU6TN0

上条「あ、おーい御坂!」

美琴「ん?アンタか」

上条「学校の帰りか?」

美琴「いや、ゲーセンの帰りよ」

上条「そっか…」

美琴「……どうしたの?」

上条「いや、何でもねーよ」

美琴「ふーん」

上条「あ、そうだ。御坂、今暇か?」

美琴「まぁ、暇っちゃ暇だけど」

上条「じゃ、いつもの公園に行かないか?」

美琴「え?まぁ、いいけど…」

3 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:01:34.22 ID:PDBLU6TN0

ー公園ー


上条「………」

美琴「………」

上条「……あのさ」

美琴「……あのさ」

上条「な、なんだ?」

美琴「いや、その…、アンタから言いなさいよ」

上条「あー、ジュースでも飲むかな?って思って」

美琴「そういえば、喉乾いたわね…」

上条「それじゃジュース買ってくるな」

美琴「あ、うん…?」

美琴「(今日のアイツ、何か変よね…)」





4 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:03:07.95 ID:PDBLU6TN0

上条「おまたせ。ヤシの実サイダーでよかったか?」

美琴「うん。………ぁっ、ありがと」

上条「おう」

上条「で、御坂は何を言いかけたんだ?」

美琴「ふぇっ!?あの、その…」

上条「?」

美琴「……今日のアンタ、何か変だなって思って…」

上条「そ、そうか?」

美琴「なんか、ドギマギしてるというか…」

上条「きっ気のせいだ!気のせい!」

美琴「そう?それならいいけど」





5 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:05:25.99 ID:PDBLU6TN0

上条「…それが言いたかったのか?」

美琴「うん、気になっちゃってさ」

上条「…そっか」

美琴「………」

上条「………」

美琴「……何か話しなさいよ。気まずいじゃない」

上条「………」

美琴「ちょっと!」

上条「…へ?は!?」

美琴「本当にどうしたのよ?やっぱり変よ?」

上条「そそそそんなことはないですよ!?いつもの上条さんです、はい!」

美琴「……ふ~ん」

上条「…なんでせうか、そのジト目は」

美琴「べつに、何でもないわよ」

上条「…そうですか」





6 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:06:17.80 ID:PDBLU6TN0

美琴「…って!もうこんな時間じゃない!寮の門限が!」

上条「すまん!俺が引き止めたから…」

美琴「アンタのせいじゃないわよ!それより早く帰らなきゃ!」

上条「じゃ、俺が送るよ」

美琴「いいってば!私を誰だと思ってるの?それじゃあね!」

上条「待て御坂!」ガシッ

美琴「わっ!どっ、どうしたの!?」

上条「明日の1時、セブンスミストに来てくれないか?」

美琴「へ?」

上条「まっ待ってるからな!じゃあな!」

美琴「ちょっちょっと!なんなのよ!おーい!」

美琴「はぁ、行っちゃった…。なんなのよ一体…」

美琴「(もしかしてでででデートのお誘いとか?いや、アイツに限ってそんなわけないか…)





7 :りな ◆8SCRyfWIbE :2013/10/01(火) 21:08:41.68 ID:PDBLU6TN0

ーセブンスミストー

美琴「確か待ち合わせは1時だったわよね。とりあえず10分早く行くとしますか」

美琴「………ってあれ?、アイツ…、なんで?なんでもう来てるのよ!?」

上条「おう!御坂!」

美琴「…よっす」

上条「どうした?」

美琴「…なんでアンタ、私より早く来てるのよ?いつもは遅れて来てるじゃない」

上条「あー、なんとなく?」

美琴「なにそれ」

上条「自分でもよくわからないことがあるんですよ」

美琴「バカじゃないの?」

上条「バカですよー。それより服装…」





8 :りな ◆8SCRyfWIbE :2013/10/01(火) 21:10:07.99 ID:PDBLU6TN0

美琴「あぁ、これね。普段は私服着ちゃいけないんだけど、今回だけ私服を着てみたの」

上条「似合ってるな」

美琴「ふえっ!!?」

上条「よく似合ってて…、その、あの、アレだ……、かわいい…」

美琴「にゃにゃにゃ…にゃにゃに言ってんのよ!!?本当にアンタはバカよ!!普段はそんなこと言わないじゃない!!なに考えてるのよ!!冗談やめてよ!(なんであっさりとかわいいとか言っちゃうわけ!?期待しちゃうじゃない…)」

上条「冗談じゃねーよ。マジで似合ってる」

美琴「(…もうダメだ)ふにゃ~」

上条「ちょっと!電撃漏れてるから!」パキーン

美琴「うぅぅ…、バカ野郎……」

上条「はいはい、わたくし上条当麻はバカ野郎ですよ」





9 :りな ◆8SCRyfWIbE :2013/10/01(火) 21:11:32.60 ID:PDBLU6TN0

上条「さて、どこに行こうかな?」

美琴「は!?アンタ人を誘っておいてプランも考えてないわけ?」

上条「………すまん」

美琴「はぁ、別にいいけどさ…」

上条「御坂は行きたい所あるか?」

美琴「そうねぇ、やっぱりゲーセンかな?」

上条「またコインを集めるのか」

美琴「なによ、悪い?」

上条「…いえ、悪くないです、はい」

美琴「じゃ、さっそく行くわよ!」

上条「………おう」ニギッ

美琴「!!?なななななななに!?どっ、どどうして手をっ…」

上条「嫌か?」

美琴「べっ、別に嫌じゃないけど…むしろ握っててほしいというか離さないでほしいというか…、コイツの手、がっしりとしてるというか…心臓の鼓動がヤバイというか…うにゃー、ボソボソ………」





10 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:13:01.84 ID:PDBLU6TN0

上条「さっきからごにょごにょ何言ってんだ?」

美琴「別になんでもない!」

上条「……そっか。それで…、手、繋いでてもいいか?」

美琴「…………………うん」

上条「ありがとな。じゃ、ゲーセンに行こうぜ」

美琴「(手繋ぐとか、更に期待しちゃう…、本気にしてもいいのかな?)」





11 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:14:16.98 ID:PDBLU6TN0

ーゲーセンー

美琴「あっ!ゲコ太のぬいぐるみ!」

上条「電撃でUFOキャッチャー動かしたらダメだぞ」

美琴「……わっわかってるわよ。自力で取ってみせるわ!」

上条「………」

美琴「………」

上条「………」

美琴「取れない………」

上条「うん、見事に取れてないな」

美琴「ねね!アンタがやってよ!」

上条「は?無理だって!不幸体質な俺なのに無理に決まってる!」

美琴「じゃあさ、協力してみようよ!」

上条「協力?」





12 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:15:43.24 ID:PDBLU6TN0

美琴「私が右に行くアームを動かすから、そしたらアンタがアームを奥行に動かす。どう?」

上条「意味があるのかわからんが、一応やってみるか」

美琴「てっ、手を繋いでるんだからきっと大丈夫よ!以心伝心?みたいな?」

上条「御坂、今とんでもない発言したよな?以心伝心とか」

美琴「え?…うわぁー!忘れて忘れて!忘れてくれるように電流を流して…」

上条「上条さんを殺す気ですか」

美琴「もういい!忘れてくれたらそれでいいの!ほら、さっさとゲコ太取りましょ!」

上条「了解です」

美琴「よーし、右側のアームはここぐらいかな?」

上条「いいんじゃねーの?」

美琴「じゃ、次はアンタの仕事よ!絶対取ってね!」

上条「上条さんにプレッシャーを与えないでくださいよ…」





13 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:16:54.76 ID:PDBLU6TN0

美琴「おっ!アンタにしてはいいところにアームを持っていったわね!」

上条「あとは、取れるかどうか…」

美琴「がんばれアーム!ゲコ太を取って…!」

上条「……お?」

美琴「……おぉ!?」

上条「取れたぞ!」

美琴「やったー!取れたー!わー!すっごく嬉しい!」ぎゅっ

上条「ちょっ、嬉しいのはわかったから俺に抱きつかないでくれ!周りの視線が…」

美琴「嬉しいな~」ぎゅっ

上条「……しゃーないな」ぎゅっ





14 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:17:58.88 ID:PDBLU6TN0

美琴「えへへ~……って、は!なななななんで私とアンタが抱きしめあってるの!?」

上条「元はといえば、お前から抱きついてきたんだけど…」

美琴「ごごごごごめん!離れるね!」

上条「…………別に離れなくてもいいのに」ボソボソ

美琴「……え?今なんて」

上条「よし、次のゲームをしようぜ!」

美琴「ちょっとー!(さっきの言葉、もう期待しちゃってもいいのよね…)」

上条「レースゲームしようぜ」

美琴「いいわよ!私、得意なんだから」





15 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:18:47.71 ID:PDBLU6TN0

上条「負けた…」

美琴「だから、得意だって言ったでしょ?」

上条「もう一回!」

美琴「何回やっても私に勝てるわけないじゃない」

上条「………」

美琴「………」

上条「………」

美琴「…………ぁ」

上条「よっしゃ!勝った!」

美琴「くっそー!あの崖から落ちなかったら勝ててたのにー!」

上条「勝利の女神が俺に舞い降りてきたか…」

美琴「……何言ってんの、アンタ」





16 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:19:51.82 ID:PDBLU6TN0

上条「さーてと。一通りゲームしまくったな」

美琴「コンプリートかもね」

上条「そうかもな。お、もう夜だな」

美琴「んー!楽しいことしてたら時間が過ぎるのがあっという間だわ」

上条「そろそろ帰るか?」

美琴「そうね…、ってあ!」

上条「どうした?」

美琴「……プリクラ撮ってない」

上条「あー、そういえばそうだな…」

美琴「ゲーム、コンプリートしてなかったわね」

上条「………プリクラ、撮るか?」

美琴「……へ!?」

上条「嫌ならいいが…」

美琴「いっ、嫌じゃない……」ボソッ

上条「……じゃ、撮るか」

美琴「う、うん……」





17 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:23:44.10 ID:PDBLU6TN0

美琴「へ~、最近のプリクラ機ってすごいわね。美白モード、目パッチリモード、ふんわりモード、とかいろいろとあるのね」

上条「すげぇ…」

美琴「確か以前黒子が言ってたけど、プリクラって顔を詐欺れるらしいのよ。目をぱっちりしたり肌を綺麗にしたり…とか?実物より遥かに可愛く撮れるらしいの」

上条「俺、プリクラとか撮ったことねーから、システムとかお前に任せるよ」

美琴「了解」



美琴「よし、背景とかもこれでいっか」

上条「できたか?」

美琴「うん。あとは、撮るだけ、よね……」

上条「………そうだな」





18 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:25:31.19 ID:PDBLU6TN0

プリクラ機『は~い、にっこり笑って~』

美琴「え?」

上条「え?」

パシャリ

美琴「………」

上条「………」

美琴「な、なんか顔が引きつってるわね」

上条「…顔、笑ってねーしな」

美琴「……次こそ、まともに撮りましょ」

上条「お、おう……」

プリクラ機『2人揃ってダブルピース』

美琴「ダッ、ダブルピース!?」

上条「やるしかないな!」

パシャリ

美琴「……お、なかなか良く撮れてるんじゃないかしら?」

上条「確かに、ダブルピースできてるな」

美琴「(アンタと、意気投合できてるかな?なんて…)」





19 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:27:01.41 ID:PDBLU6TN0

プリクラ機『次はウインク!』

美琴「ウインク!?」

上条「俺、出来ねーぞ!?」

パシャリ

美琴「………ひどい出来ね」

上条「………これはひどい」

プリクラ『最後は2人寄り添ってね!』

美琴「よよよ寄り添う!?」

上条「………やるしかないな」

美琴「え!?やるの……きゃ!」ガシッ

パシャリ

美琴「ああああアンタ、なんで…」

上条「寄り添うって言ってたろ?だから、御坂の肩を引き寄せた」

美琴「なんでよ、なんで…」

上条「…………嫌だったらごめん。このプリクラ捨てていいから」





20 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:28:54.30 ID:PDBLU6TN0

美琴「嫌なわけないじゃない!」

上条「え…?」

美琴「捨ててもいい!?ふざけないで!こんなに嬉しいのに、捨てるわけないでしょ…」

上条「御坂?」

美琴「…もっ、もうこんな時間ね。帰ろっか」

上条「そうするか……」





21 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:30:13.20 ID:PDBLU6TN0

美琴「今日は楽しかった。ありがとうね」

上条「こっちこそ、誘ってよかったって思ってるよ。ありがとな」

美琴「じゃあ、そろそろ…」

上条「あ、そうだな…」

美琴「じゃ、また「御坂!」ぇ?」

上条「御坂…」ガシッ

美琴「なに……?」

上条「ひとつ、言いたいことがあるんだ…」

美琴「……なに?(期待しちゃう、期待しちゃうよ…)」




上条「…………………すきだ」



美琴「…!?」




上条「……御坂のことが、すきだ」



美琴「そっ、そんな…、嘘でしょ…?」

上条「嘘でこんなこと言わねーよ!」

美琴「うぅ…」





22 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:31:29.64 ID:PDBLU6TN0

上条「………今日、何月何日かわかるか?」

美琴「え…?5月2日だけど………ってまさかっ」

上条「そうだ、今日はお前の誕生日だよな」

美琴「うん…」

上条「御坂の誕生日に何かしたくて…。でも何も浮かばなくて…、結局ゲーセンで遊んだだけだったけど…」

御坂「うん……」

上条「………今日は、誕生日は楽しく過ごせたか?」

御坂「…うん、すっごく楽しかった!」

上条「そっか、ならよかった…」





23 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:32:51.08 ID:PDBLU6TN0

御坂「………ねっねぇ、目瞑って?」

上条「え?」

御坂「いいから早く」

上条「わかった」

御坂「(すっごく幸せだよ、、、当麻)」


上条「ーーッ!?」

美琴「んっ…」


上条「み、さか…?」

美琴「私も、アンタ…いや、当麻のことがだいすきだよ」

上条「……美琴」

美琴「ん?」


上条「ハッピーバースデー」


美琴「うん、ありがと」

上条「……なぁ、もっかいしよっか」

美琴「…うん」


そしてふたつの影が重なった

御坂美琴にとって、最高に幸せな誕生日を迎えられた

fin...





27 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:51:14.78 ID:PDBLU6TN0

後談話


ー佐天家ー


佐天「御坂さん!お誕生日おめでとうございまーす!」

初春「おめでとうございます!御坂さん!」

黒子「お姉様、お誕生日おめでとうございますですの!」

美琴「わー!みんな、ありがとうー!」

佐天「これ、ブレゼントです!」

初春「あ、私からもです!」

黒子「わたくしもお姉様専用ランジェリーを」

美琴「ありがとう!佐天さん、初春さん!……黒子は、気持ちだけ受け取っておくわ」

黒子「そんな!お姉様の為にオーダーメイドで作ってくださったランジェリーですのに!」





28 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:52:20.72 ID:PDBLU6TN0

佐天「それより!見ましたよ、御坂さん!」

美琴「え?何を?」

佐天「昼間、彼氏さんとデートしてましたよね?」

美琴「へ!?はっ!?」

黒子「ピクッ…」

初春「私も見ましたよ!手を繋いで歩いてましたよね!」

美琴「え!?そのっ…」

黒子「ピクピクッ…」

佐天「否定しないってことは、本当だったんですね!」

美琴「あぅ…」





29 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:53:08.98 ID:PDBLU6TN0

佐天「んもぉ~!御坂さんったらかわいい~!」

初春「いつの間に彼氏さんできてたんですか?」

美琴「あぅあぅ……」

佐天「見たところ、年上っぽかったですねぇ…」

初春「彼氏さん、おいくつなんですか?」

美琴「えと…、高1……」

佐天「高校生ですか!やりますねー、御坂さんも!」

初春「さすがですね!」

美琴「えへへ…」

黒子「…………ちょっと待つんですの」

佐天「え?」

初春「白井さん?」





30 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:53:55.74 ID:PDBLU6TN0

黒子「お姉様ぁぁぁ!!!そんな話聞いてませんわ!!!どこのどいつですの!!?…はっ!?まさかあの類人猿!!?殺す!!!」

美琴「………黒子、私はアイツのことが…、その、すっすすす…好きなの。だから冗談でも殺すとか言わないで」

黒子「…………すっ、すみませんですの、お姉様」

美琴「わかってくれた?」

黒子「…はい、お姉様が幸せならわたくしも幸せですわ。…でも、もしお姉様を泣かしたりしたらすぐにでもこの黒子が上条さんを叩きのめしますわ!」

美琴「大丈夫よ。アイツはそんなことしないから」

黒子「お姉様……」

佐天「御坂さん純粋!」

美琴「へ?」

初春「素直に好きだなんて言うなんて!」

美琴「!!?」





31 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 21:54:47.32 ID:PDBLU6TN0

佐天「御坂さん、かわいいな~」

初春「本当、かわいいですよね~」

美琴「やっやめてよ、そんな……ごにょごにょ…」

佐天「(御坂さん、ほんっとーにかわいいな~!白井さんの気持ちがわかる気がする!私だったら惚れちゃうな~!)」

佐天「幸せになってくださいね!」

初春「応援します!」

美琴「あっ、ありがと…」

佐天「改めて、それではみんなで…、せーの!」



黒子・佐天・初春「「「ハッピーバースデー!」」」



おしまい。





36 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 22:02:30.03 ID:PDBLU6TN0

後談話②


美琴「それでね、みんなに誕生日を祝ってもらったの!」

上条「よかったな!」

美琴「うん!嬉しかったな~」

上条「………美琴」

美琴「ん?なに?」

上条「遅くなっちまったけど、これ、誕生日プレゼント」

美琴「ふぇっ!?」

上条「やっぱりさ、遊ぶだけじゃなくてプレゼントもあげたくなってさ…」

美琴「え!?そんな遊んだだけでも楽しかったのに…」

上条「そうだけど、やっぱりプレゼントはちゃんとあげなきゃなって思って…」

美琴「当麻…」





37 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 22:03:44.26 ID:PDBLU6TN0

上条「……受け取ってくれるか?」

美琴「…うん、わかった」

上条「美琴が気に入ってくれるかわかんねーけど…」

美琴「開けてもいい?」

上条「うん」

美琴「……!?これは…!」

上条「あぁ、ゲコ太のネックレスだ」





38 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 22:04:33.76 ID:PDBLU6TN0

美琴「これって10個限定で売られていたもんよね!?」

上条「そうだ」

美琴「これ、すっごく欲しかったの…、でも売り切れちゃってて手に入らなかったのよ…、なんで当麻が?」

上条「発売の二日前から並んでたんだ」

美琴「そこまでしてくれて…」

上条「喜んでくれるか心配だったけど…」

美琴「喜ぶに決まってるじゃない!すっごく嬉しい!これ本当に欲しかったの!ありがとう!…ううん、ありがとうだけじゃ伝えきれないほど嬉しい…」

上条「そっか、喜んでもらえてよかった」

美琴「どうしよ…、幸せすぎて本当に嬉しくて…」

美琴「更にもっともっと当麻のことが好きになっちゃう…」

上条「美琴…」





39 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 22:05:55.77 ID:PDBLU6TN0

美琴「……当麻」

上条「ん?」

美琴「…だいすき」

上条「うん、俺も美琴が大好きだ」

美琴「嬉しい、幸せすぎて、もうどうしたらいいのか…ひっく、わかんないよ、うぅ…」

上条「ちょっ、美琴!?なんで泣いて…」

美琴「だいすき、だいすきだよ当麻ぁ……」ぐずっ

上条「…うん」ぎゅっ

美琴「当麻ぁぁ……」ひっく

上条「美琴」

美琴「ぐずっ、なに……んっ!」

上条「…急にごめんな。俺も嬉しすぎて我慢できなかった」

美琴「とうまぁ……」

上条「みこと…」




そして、もう一度口づけを交わした。

彼と彼女に、永遠なる幸せを………




fin...





40 :りな ◆8SCRyfWIbE:2013/10/01(火) 22:08:39.40 ID:PDBLU6TN0

短いながら、閲覧してくださった方々、ありがとうございました。
久々に書いたので短くなってしまいました・・・
近いうちにまた上琴SS書くのでよろしくお願いします。
お疲れ様でした。





50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/01(火) 23:53:46.73 ID:HSMlwJoJ0

おつおつ
良いもん読ませてもらったぜ
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。