Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  アイドルマスター >  幸子「見てください!プロデューサー!」モバP「どうした幸子」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸子「見てください!プロデューサー!」モバP「どうした幸子」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 00:59:22.11 ID:pqhSAHEk0

幸子「事務所のお皿みんな片付いてますよ!誰がやったと思います?」 

P「響子?」 

幸子「じ、実はボクがやったんですよ!」ムッ 

P「そうかそうか。偉いなー幸子は」ナテ゜ナテ゛ 

幸子「ふ、ふふ、もっと撫でていいんですよ!今日のボクは機嫌がいいので!」 

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:02:07.97 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「今日は豚肉が安いですよ!買っておきましょう!」 

P「いや、今日焼き肉なんだから牛肉買えよ」 

幸子「いや、でも……」 

P「ほらほらいくぞ幸子ー」カラカラ 

幸子「ちょっと待ってくださいよー!」 



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:05:50.18 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「もやしが焦げてます!それ食べてください!」 

P「なんで俺が食うんだよ。お前が肉ばっか食ってるから俺が焦げたもやし食うハメになるんだろ」 

幸子「焼き肉なのになんでもやし食べないといけないんですか!」 

P「お前が『お肉だけじゃ栄養が偏るので!』とか言って買ってたんだろ」 

幸子「でも……そうですね……」ホ゜リホ゜リ 

P「……俺も食べるから……もやし……」 

幸子「はい……」 



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:09:50.02 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「デザート買うの忘れたんですよ!肉ばっかで!」 

P「だってそもそもデザート買う金なかったもん。幸子が肉ともやしだけ買ってたんだし」 

幸子「そ、そうですけど……」 

P「ていうか焼き肉食ったあとあんまごってりした物食えねぇよ」 

幸子「そうですね……」 

P「ほら早く歯磨け。テレビでも見てろ」 

幸子「はい……」 



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:13:30.99 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「ボクが出た番組ですよ!可愛いボクが出てますよ!」 

P「ああ、これか」 

幸子「完璧ですねボクは!やっぱりこういう役に向いてますよ!」 

P「これ世界の秘境探検番組なんだけどそれ自虐ネタかなんかか」 

幸子「そ、そんなことに気付くなんて無駄に洞察力がいいんですね!」ク゛スッ 

P「ごめんって。もう仕事ならなんでもいいやって思っちゃって」 

幸子「言い訳でさらに機嫌悪くなりました!」 



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:16:49.30 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「歯がピカピカなんですよ!やっぱりアイドルたるもの歯は大切ですからね!」 

P「へー。ちょっとよく見せてくれ」 

幸子「いいです、よ……ちょ…近い……」 

P「ほんとにピカピカだなー……」 

幸子「はっ……はっ……」 

P「ああ、ごめん。ずっと口開けっ放しって辛いか」 

幸子「いえ……なんだかノってきました……」ハァハァ 

P「そうか。ノってきたのか」 



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:21:14.01 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「やっぱりボクは可愛いですね!ちゃんと見てくれましたか!?」 

P「お、この前出した写真集か。へー。色んなのに挑戦してるな」 

幸子「あ、そ、そのページは……」 

P「……ごめんな。前にスカイダイビングやったのかウケちゃったんだな」 

幸子「……いえ、スカイダイバーのファンが『幸子はパラシュート失敗可愛い』って言い出したのでやったらしいです」 

P「だからってダイブ用の服の写真ってマニアックすぎるわ」 

幸子「ですよねぇ……」 



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:25:32.96 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「ボクの布団のシーツが新しくしたんです!可愛いボクにぴったりですね!」 

P「そうなんだ」 

幸子「ここに寝るボク……想像しただけで癒されますね!」 

P「そうなんだ」 

幸子「……今日は一緒に寝てくれないんですか?」 

P「寝るけど」 

幸子「ですよね!!!!ちょっと不安になったじゃないですか!やめてください!」 



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:28:18.56 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「カレンダーを見る限りボクとプロデューサーさんの休みが一緒の日ですよ!」 

P「それがどうした」 

幸子「わからないんですか?本当に女の子の心がわからないんですね!」 

P「どうせどっか連れてってくれとかそういうのなんだろ」 

幸子「……わかってるじゃないですか……///」カァァ 



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:34:04.41 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「あんなにたくさんの魚が大勢で一斉に動くなんて、なんかちょっと気持ち悪いですね!」 

P「イワシに謝れ」 

幸子「あ、あのマンボウ!プロデューサーさんにそっくりです!」 

P「俺に謝れ」 

幸子「しっかし、水族館がこんなに楽しいとは思いませんでした!ね、プロデューサーさん?」 

P「なんでマンボウに喋りかけてんだよ。俺とマンボウに謝れ」 



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:38:30.09 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「イルカってめちゃくちゃ飛ぶんですね!」 

P「知ってるわ」 

幸子「でも実際見るとびっくりするじゃないですか!」 

P「まぁそうかもしれないな。イワシにびっくりしてたお前が言うんだもんな」 

幸子「あ!ほら飛んだ飛んだ!」 

P「うるせぇぞ幸子」 



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:40:44.17 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「最近の水族館の中にはレストランもあるんですね!」 

P「魚料理食ってるあたり複雑だけどな」 

幸子「いくらとか食べづらくなります……」 

P「……あ、鮭といくらの親子丼がある」 

幸子「………………」 

P「…………………」 



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 01:50:55.70 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「夕日ですよ!ほら!」 

P「綺麗だなー……」 

幸子「ほんとですねぇ……」 

P「幸子のほうが綺麗だよ」 

幸子「……ふふっ、そうですか。まぁボクは可愛いですけどね!!」 

P「じゃああの夕日より幸子のほうが可愛いよ」 

幸子「それは……微妙ですね」 



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:03:39.81 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「星が綺麗ですよ」 

P「本当だな。今日は晴天だ」 

幸子「ええ、月もき……あっ」 

P「なんだ?」 

幸子「いえ、別に……なんでも……」 

P「……月が綺麗だなぁ……」 

幸子「……プロデューサーさん……」 

P「……あと幸子も綺麗だな」 

幸子「なんかちょっと雰囲気壊れました」 



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:06:52.40 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「朝日を浴びると体の調子が出てくるって科学的に証明れているらしいです!なんでも、脳がスイッチを入れるんだとか」 

P「そうなのか。幸子は物知りだな」ナテ゜ナテ゜ 

幸子「えっへへへ……」 

P「ふぅ……」コ゛ロ 

幸子「二度寝しないでください!」 

P「うるせーな朝日だろーと昼日だろーと同じだろ」 

幸子「違うんです1なんか知らないですけど、違うんです!」 



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:12:15.67 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「今日は一緒に番組の収録です!ついてきてください!」 

P「ああ、そうだったな。行くか」 

幸子「それで、予定表には収録とだけ書いてありますけど、何の番組の収録ですか?」 

P「イ◯トさんと一緒にコモドオオトカゲから逃げてもらう仕事だ。まぁゲストってところだ」 

幸子「……やっぱりついてこなくていいですよプロデューサーさん。ボクは一人で行けますから」 

P「いや、一緒に行こうか幸子。車で送ろう」 

幸子「いやぁぁぁ……」ス゛ルス゛ル 



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:14:57.37 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「なんであんなにでっかいんですか!トカゲのくせに!」 

P「そりゃコモドオオトカゲだからさ。大丈夫。あっちはまだ気付いてない」 

幸子「いつ気付かれるかわからないじゃないですか」 

P「そこがまたおもし……楽しいところなんじゃないか」 

幸子「今言い直したのは意味があるんですかプロデューサーさん」 

P「こりゃ誰かさんが飼いたくなるだろうな」 

幸子「そんなこと言ってる場合ですか!」 

P「うるせぇな早く行け」ト゛ン 

幸子「あ……」 



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:20:13.33 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「助けてください!うわぁぁぁぁぁん!」 

P「うわ!バカ!こっちくんな!」 

幸子「プロデューサーさぁぁぁぁん!!」 

P「うわぁぁぁぁぁ幸子が来るよぉぉぉぉぉ!!」 

幸子「よー、し……振り切り……ました……」セ゛ェセ゛ェ 

P「なんでこっち来てんだよ!こええだろうが!」ハ゜シーン 

幸子「へぶぅ!」 



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:23:44.81 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「この前走ったやつですよ!プロデューサーさんも特別出演です!」 

P「余計なキャラ植え付けやがって……ダウンタ◯ンDXあたりから仕事の依頼きたらどうするつもりだよ……」 

幸子「そ、それは困ります……ボクとプロデューサーさんが同棲してることがバレ……」 

P「言うな言うな。二人のとき言ってしまえれば大勢の前でもポロっと出てしまう」 

幸子「…………」ク゛ッ 

P「口に手でふたしても無駄だぞ幸子」 



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:28:40.63 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「この体重計、狂ってるわけでも止めてるわけでもないんですよ?」ト゛ヤァ 

P「おお、前より痩せてるな」 

幸子「最近運動することが増えてますからね!」 

P「俺のおかげだな」 

幸子「ある意味ではそうですけど!緊張感のない運動させてください!」 

P「そりゃ無理だ。だって緊張感あって真剣な幸子可愛いし」 

幸子「そっ……そうですか!にら仕方ないですね!!ボクの可愛さを見せるためなら仕方ないですね!!」 

P(チョロい) 



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:34:35.36 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「いっぱいデザート買ってきたんです1今日は豪華ですよ!」 

P「また太るんじゃないのか?」 

幸子「むー……そんなことないです1だってまた明日運動するし後手と入ってますもん。誰かのせいで」 

P「全くひどい奴だなそいつは。どこの誰だ」 

幸子「すっとぼけないでください!」 



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:39:32.62 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「今日借りて来たVTRです」 

P「それがなんだ」 

幸子「………」ヒ゜ッ 

幸子『ひゃああああああああ!!』ヒ゛ヨーン 

幸子『助けてぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!』タ゛タ゛タ゛タ゛ 

幸子『ガバゴボボボ!』 

幸子「……なんですかこれは」 

P「仕事の様子」 

幸子「………」ムカッ 



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:43:01.28 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「ようやくこんな仕事が入ったんですね!」 

P「おお。この前入れた仕事か。恋愛だとかファッションとかのガールズトークをする番組だろ?」 

幸子「こんなに楽しみな仕事が入ったのは初めてです!」 

P「注意しろよ幸子。ポロっと出さないようにな」 

幸子「…はーい……」 



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:46:33.06 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「こんなに可愛いスタジオで収録するんですか!楽しみですね!」 

P「俺ときどき女子の言う可愛いが理解できないよ」 

幸子「そんなの女の子が男の子のかっこいいを理解できないのと同じじゃないですか。理解できなくて正解ですよ」 

P「そうか……そうだな……なんでこんな流れになってんだ幸子」 

幸子「さぁ……」 



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:50:39.99 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「この前収録した番組です!」 

P「ほう、どれどれ」 

『幸子ちゃんは恋愛経験なさそうだよねー』 

幸子『そ、そんなことないですよ!』 

『あはは、焦ってる』 

『やっぱりないんじゃない?』 

幸子『そ、そんなことないですよ!今でも……いや、えっと、ごめんなさい……ないです……』 

『あはは、やっぱりねー』 

『だと思ったー』 

P「……よく耐えた幸子」 

幸子「うう……」 



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:55:31.65 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「この前共演した女優さんからお洒落な服もらったんです!」 

P「へー。男の俺が見ても可愛いなこりゃ」 

幸子「可愛いボクに可愛い服を着せたらもうすっごい可愛くなっちゃいますね!ね?プロデューサーさん!」 

P「じゃあ着ろよ」 

幸子「えっ」 

P「着ろって。早く。なぁ。おい。可愛くなれるんだろ?ん?早く着ろよほら」 

幸子「や、やっぱりダメです!プロデューサーさんにはもったいないですから!」 

P「ああそう。その服フリマに出していい?」 

幸子「いいわけないでしょう!」 



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 02:58:18.54 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「また休みが一緒ですよ!今日は家に居ますか?」 

P「うーんどうしようかな……」 

幸子「おっとっと!ボクとしたことがうっかり温泉情報誌を落としてしまいました1」 

P「ちり紙好感に出していいか?トイレットペーパー切れてんだ」 

幸子「ダダダメです!」 



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:02:07.10 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「電車からの風景っていうのも情緒がありますね!」 

P「だってド田舎だしなぁ……綺麗だけど……」 

幸子「将来はこんな所でのんびりしたいですねー」 

P「誰と?」 

幸子「そ、そんなの決まってるじゃないですか!」 

P「ふーん」 

幸子「……うふふっ、プロデューサーさんも意地悪なんですね……ふふっ」 



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:04:38.63 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「卓球台がありますよ!やりますか?」 

P「なんでだよ。こういうのって風呂あがった後だろ」 

幸子「そ、そうですか……」 

P「またあとでな。ちゃんと風呂入れよ!歯磨けよ!」 

幸子「ドリフですか!」 

P「お前なんでそのツッコミ出来るの?」 



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:07:38.33 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「猿がお風呂入りに来てるんです!」 

P「ていうか見えねぇよ。見たくもないし」 

幸子「なんでですか!ボクの裸体に興味がないんですか!」 

P「そういうわけじゃないけどさ、なんか恥ずかしいんだよ」 

幸子「あはははは!まだ思春期なんですかプロデューサーさん!」 

P「うっせーな!猿と風呂入ってろ!」 



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:11:49.95 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「ビンの牛乳の自販機ですよ!牛乳置いてあるなんてなかなかいい設備ですね!」 

P「おお、いいなぁ。俺も飲もう」 

幸子「……あ!そこにあったんですかコーヒー牛乳!ボクも飲みたいです」 

P「ん。はい。ちょっと飲んじゃったけど」 

幸子「あっ……い、いいんですかプロデューサーさん!」 

P「え?なんで?あげるよ。」 

幸子「う、うふふふ……んっ、ぐっ」コ゛クコ゛ク 

P「……幸せそうだな幸子」 

幸子「幸せなんですよ、ボクは……」 



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:16:34.02 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「こんなにすごいご飯が出るなんて聞いてませんよ!」 

P「だって言ってねぇもん。俺が決めた宿だし」 

幸子「だ、大丈夫なんですか?経済的にも心配ですし……」 

P「あはははは、新妻かお前は」 

幸子「ええ!?そ、そんな……いつかはそうなるっていうか……うう……」 

P「なんか言ったか?」 

幸子「な、なにも言ってません!ボクは新妻になるんですから何の問題もないです!」 

P「………へー」 

幸子「……あ、ああ!」 



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:21:31.22 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「卓球台ですよ1今度こそやりましょう!」 

P「おう。やってやろう。でもただやるだけだとつまらないな」 

幸子「じゃあ何か賭けます?」 

P「よっしゃ、そうしよう」 

幸子「うーんと……じゃあ、ボクが勝ったら、今度ボクの言うことなんでも聞いてくださいよ?」 

P「いいだろう。じゃあ俺も同じ条件で」 

幸子「ふふん!いいでしょう!そっちのほうがモチベーションが上がるってもんです!」 

P「じゃ、本気でいくぞ」 



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:24:57.09 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「今のはセーフでしょう1ギリギリ当たってませんでした!」 

P「いや、当たってただろ。この言い訳何回目だよ幸子」 

幸子「だって…これが決まったら……」 

P「うん。お前の負け」 

幸子「……うわぁぁん!本気出し過ぎなんですよプロデューサーさん!ちょっとは加減っていうものを覚えたらどうですか!」 

P「うるせーな。お前が言えたことじゃねーだろ」 

幸子「……ぐぐ……」 



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:28:57.53 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「あはははは!あっという間に負けました!どうしてくれるんですか!」 

P「どうしようもないんじゃない?」 

幸子「無慈悲にも程があります!」 

P「だって賭けたほうが面白いし」 

幸子「ぐぅ……い、いいでしょう!もうどんな仕事でも受けてやります!覚悟は出来てます!」 

P「いや、俺が賭けてんのはお前と同じで『なんでも言うこと聞かせる』ことだけど」 

幸子「……?またキツい仕事させるんじゃないんですか?」 

P「ちげぇよ。どんな鬼畜だよ俺は」 

幸子「鬼畜じゃないですか」 

P「んだとテメー」 



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:32:54.58 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「夜空が綺麗ですよ!」 

P「そうだな。ちょっと散歩するか」 

幸子「夜の小道を夜空を見ながら散歩なんて、どこまでキザなんですかプロデューサーさん!」 

P「嬉しそうに見えるのは俺だけか?」 

幸子「気のせいです!」 

P「そうだ。何でも言うこと聞くんだよな?」 

幸子「ええ。ボクに二言ないです!何でも叶えてあげます!」 

P「そうか。なんでも叶えてくれるのか」スッ 

幸子「え、な、なんですか?手なんて持ってどうす……」スホ゜ッ 

P「……この俺の願い、叶えてくれるか?幸子」 



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:36:14.93 ID:pqhSAHEk0

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「ボクの薬指に綺麗な指輪がはまってます!」 

P「そうだな」 

幸子「……これがプロデューサーさんの願いですか?」 

P「……そうだ」 

幸子「………うふふっ、いいでしょう。その代わり、一生ボクのことと見ててくださいよ?」 

P「ああ、約束してやるよ」 

幸子「……ありがとう、プロデューサーさん……」 

P「……ありがとう、幸子……」 



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:40:18.83 ID:pqhSAHEk0

ーーーーーーーーー 

ーーーーーーーー 

ーーーーーーー 

幸子「見てください!プロデューサー!」 

P「どうした幸子」 

幸子「元気な女の子です!きっとボクみたいに可愛くなるに決まってますね!」 

P「ああ、そうだな」 

幸子「これから忙しくなりますよ、プロデューサーさん!」 

幸子「なんせ、ボクとボクの子供も、ちゃーん見ててあげないといけないんですから!」 

P「……ははっ、幸せな疲れだ」 

幸子「だから、これからも」 


幸子「見てください!プロデューサー!」 


おしまい 



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:46:09.98 ID:3P5vsrED0

( ;∀;) イイハナシダナー 



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:47:57.91 ID:NDHzNNm40

さっちゃんは天使やったんや… 



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日) 03:52:25.26 ID:JGMJNTKW0

おつ 
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。