Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  アイドルマスター >  春香「帰ってきた天ヶ瀬兄弟」 千早「と嫁、千早」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春香「帰ってきた天ヶ瀬兄弟」 千早「と嫁、千早」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 11:18:04.26 ID:/BrFXFSvo
春香「…………」 

千早「と嫁、千早」ドヤッ 

春香「千早ちゃん?」 

千早「なに?」 

春香「いつ、誰のお嫁さんになったの?」 

千早「春香?それはなんのジョークかしら?Pの嫁に決まってるじゃない」ドヤァァ 

春香「…………」イラッ 

千早「千早はPさんの嫁、はっきりわかんだね」 

春香(私、我慢できるかな……いつか、千早ちゃんをぶっ叩きそう……) 


―――――――― 
お久しぶりです。 
トリ忘れたのでトリはついてないです。すいません。 

Pとあまとうは兄弟設定です。 
改めてよろしくお願いします。

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 11:25:28.89 ID:Qie09kd0o
バタンッ 

P「うおっ!!」 

冬馬「兄貴!助けてくれ!!」 

P「いきなりどうした?顔面蒼白だぞ?」 

冬馬「き、如月が!!」 

P「千早がどうした?」 

冬馬「如月千早が合鍵寄越せって追いかけてくるんだよ!!」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 11:35:49.75 ID:Qie09kd0o
P「なんで千早が合鍵を?」 

冬馬「お前はどんだけ鈍いんだよ!!兄貴の事が好きだから押し掛け女房でもしようとしてるんだろ!!」 

P「千早が俺を?」 

冬馬「そうだよ!!」 

P「ハッハッハッそいつは嬉しいなぁ!いやぁプロデューサーをやってて良かったよ」 

冬馬「笑い事じゃねぇよ!!あいつは異常だ!!正気じゃねぇ」 

P「おいおい、そんな言い方はないだろ」 

冬馬「いや、マジでそうなんだよ!!今だっていきなり冬馬は私の義理の弟だから合鍵寄越せってわけわかんない事を言い出して断ったらタックルして俺の体をまさぐって鍵はどこだ!!って怒鳴って……」 

P「お前と仲良くしたいだけだろ?」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 11:46:58.55 ID:jiYXGGZuo
冬馬「どこまで能天気なんだよ!!んなわけねぇだろ!?あ、あいつは」 

千早「私がどうにかしたのかしら?」 

冬馬「ヒィィィィ!?」 

P「おう、千早か。今日は午後のレッスンだけだしもうちょい遅くても良かったぞ?」 

千早「プロデューサーに早く会いたかったのにゃん♪会いたくて会いたくて震えていたのにゃん♪」 

P「あははは、そいつは嬉しいなぁ。でも、なんでネコミミなんだ?」 

千早「ネコミミ嫌いにゃん?だったら……」スチャ 

千早「ちーわんだワン」 

P「あははは、犬耳も可愛いじゃないか」 

冬馬(い、今のうちに……) 

千早「あら、冬馬。どこに行くのかしら?」 

冬馬「」ビクッ 

千早「合鍵寄越せ合鍵寄越せ合鍵寄越せ合鍵寄越せ合鍵寄越せ合鍵寄越せ合鍵寄越せ」ボソボソ 

冬馬「た、助けて……」ガクブル
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 23:08:15.90 ID:xsgVWoMPo
千早「ねぇ、なんで合鍵くれないのかしら?お義理のお姉ちゃんなのよ?なんでくれないの?思春期なの?Pさんを困らせてるの?」 

冬馬「こ、こわいよぉぉぉ!!」ガクブル 

P(あいつら仲良いなぁ) 

バタンッ 

春香「千早ちゃん!!」 

冬馬「あ、天海ぃぃぃぃ!!」 

春香「よしよし、怖かったね」ナデナデ 

千早「あら、春香」 

春香「あら、春香じゃないよ!!何してるの!?さっき交番前通ったらお巡りさんが『春香ちゃん、さっき千早ちゃんが半泣きの男の子を鬼の形相で追いかけてたよ』って言うからまさかと思ったら案の定だよ!!」 

千早「春香、カルシウム足りてるの?あんまり怒ってると老けるの早いわよ?」 

春香「ち、千早ちゃん!!」イライラッ 

千早「ねぇねぇ、プロデューサーあのリボン怖いぃぃ」クネクネ 

春香「よしっ!やったろうじゃん!!喧嘩ですよ、喧嘩!!」 

千早「うわー中村が怒ったー」 

春香「中村って言うなッッ!!」 

P「今日も賑やかだなぁ」 

冬馬「兄貴、よくやってけてるな……」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 23:23:30.09 ID:/u+6zWqdo
――― 帰宅中 ――― 


冬馬「疲れたよ……」 

P「大丈夫か?ジュピターのライヴも近いのに無理すんなよ」 

冬馬「あのなぁ……兄貴こそあんな騒がしいのに?疲れてねぇの?途中から双子も参戦してしっちゃかめっちゃかだったじゃん」 

P「あははは、俺は慣れたよ。それにちょっと前は事務所もなんとなく沈んでて静かだったしな」 

冬馬「マジかよ!!」 

P「お前もなんとなく知ってるだろ?千早が歌えなくなってさ……」 

冬馬「あー……兄貴も苦労してたもんな……」 

P「まぁ、春香を筆頭にうちのアイドル達が見事に解決してくれたからな。そう言えば俺はなんもしてやれなかったな……」 

冬馬「そ、そんな事ねぇだろ!?兄貴だってほとんど寝ないで仕事して頑張ってたじゃねぇかよ!!」 

P「あはは、お前に励まされるなんてな」 

冬馬「う、うるせぇ……」 

P「今日はすき焼きかな」 

冬馬「マジか!!やったッ♪」 

P「豚肉のな」 

冬馬「えぇ~…」 


ピヨォ キマシタワー
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 23:43:14.64 ID:R14y+ajMo
―― 翌日 ―― 

ガチャ 

雪歩「おはようございますぅ」 

雪歩「あれ?誰もいない?」 

ガタンガタン 

雪歩「」ビクッ 

ガタンガタンガタン 

雪歩「プ、プロデューサーのロッカーから物音がしますぅ」ガクブル 

ガタンガタンガタンガタン 

雪歩「こ、怖いけど……」 

ガチャ 

千早「ハァハァ、プロデューサーの匂いが!!プロデューサーに包まれてるわ」 

雪歩「アチハヤチャンダッタンダ(白目)」 

千早「あら、雪歩。なに?用がないなら閉めてくれるかしら?」 

雪歩「オジャマシマシタ(白目)」 

バタンッ 

真「おはようございまーす」 

雪歩「真ちゃーーん!!千早ちゃんがーー」 

真「春香はいるの?」 

雪歩「え、いないけど……」 

真「じゃあ放置」 

雪歩「真ちゃん……」 

雪歩「でも、春香ちゃんにばっかり押し付けたら春香ちゃん疲れちゃわないかな……」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 00:16:39.92 ID:xGGI4BbDO
まこりんドライ過ぎワロタ
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 21:06:34.39 ID:qFNbn0Rho
真「でも、春香以外に暴走してる千早を止めるツッコミができる人いる?」 

雪歩「う……いないかも……」 

真「じゃあ放置。さわらぬ神に祟りなし」 

雪歩「真ちゃんカラッカラだね……」 

ガチャ 

春香「おはようございまーす!!」 

雪歩「うぅ……春香ちゃん……」 

春香「あれ、雪歩なんか元気ないね?」 

雪歩「じ、実は……」 

春香「わかった。安心して」 

雪歩「え、私まだなんにも……」 

ガチャ 

千早「えへへ、プロデューサーが私を抱きしめてる。幸せぇぇ」 

春香「千早ちゃん!!プロデューサーさんのロッカーに入って危ない顔しないで!!」 

雪歩「真ちゃん!!は、春香ちゃんが凄い頼れる!」 

真「そうだねー」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 21:17:31.62 ID:P3h64ANno
春香「千早ちゃんの理性はどこにいっちゃったの?なんで奇行にはしるの?」 

千早「私のプロデューサーへの愛の前では理性なんて邪魔でしかないわ」ドヤァ 

春香「ドヤ顔が!凄く!腹立つ!!良いから早くでておいでよ」グィ 

千早「嫌よ!!私の体にプロデューサーの匂いが染み付くまで出ないわ」 

春香「プロデューサーさんは匂いに気を使ってるからほとんど無臭だよ!!」グィ 

ガチャ 

P「あれ、みんな早いな?」 

冬馬「うぃーっす」 

千早「プロデューサー!!」ガバッ 

冬馬「ひぃぃ!?」 

P「あははは、千早は朝から元気だな」 

千早「にゃ~んにゃ~ん♪」 

冬馬「ガン無視もなんだか複雑だな……」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 21:32:14.52 ID:l2fExGkUo
春香「冬馬くん……おはよう……」ハァハァ 

冬馬「うす!って朝からなんで息をきらしてんな……」 

春香「あははは……ちょっとね……」ハァハァ 

冬馬「お前も大変なんだな……」 

千早「ペ、ペロペロしたいわ!すごくプロデューサーをペロペロしたい!!」 

P「ん?ペロペロ?」 

春香「千早ちゃん!そう言うのは胸に秘めといて!!……はぁ……冬馬くんは何しに?」 

冬馬「オフなんだけど友達が彼女とデートとか合コンとかでつかまらなくてよ。家にいるのもなんだし敵地視察ってとこ」 

春香「そうなんだ!あ、クッキー持ってきたから食べよ?」 

雪歩「あ、私お茶いれてきますぅ」 

千早「プロデューサーのお茶は私がいれるわ!!」クワッ 

雪歩「ひぃ!?」 

春香「千早ちゃんはダメ!!何を盛るかしれたもんじゃない」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 21:50:37.91 ID:8E4Xys0Bo
冬馬「なぁ、兄貴……」 

P「なんだ?」 

冬馬「さすがに如月の奇行に歯止めをかけた方がよくねぇか?あのまま天海にツッコミさせてると過労で倒れちまうぞ?」 

P「千早の奇行?うーん、でも春香も楽しんでると思うんだよな……それに奇行なら音無さんの方が」 

冬馬「あの事務員が?」 

ガラッ 

P「なんか変な本を読んでニヤニヤしてさ……ほれ、なんか変な本がいっぱい入ってるだろ?」 

冬馬「変な本?……『枕営業をする兄を夜な夜な慰める弟の薄い本』『あ、兄貴なんて別に好きじゃないもん』『俺は兄貴だけのアイドル』……なんか全部、俺と兄貴に似てねぇか?ってかこ、これBL本ってやつだろ!!」 

P「音無さんはこの本を読んでニヤニヤして仕事してくれないんだよ……」 

冬馬「この事務所の社長はなにやってんだよ!!」 

真「冬馬くんうるさい」 

冬馬「ご、ごめん」 

真「あと、『兄貴のスーツ姿がかっこよすぎてムラムラする弟本』の2巻とって」 

冬馬「……え?」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 21:51:38.89 ID:WXdNrBRB0
真ww
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 22:00:36.77 ID:oczvxV3Jo
冬馬「なんか765プロの闇を見た気がする……」 

P「あははは、うちの事務所は楽しいだろ」 

雪歩「お待たせしました!」 

春香「ハァハァ……プロデューサーさん安心してください。なんとか変な物を入れるのは阻止しましたから……」 

千早「私は愛を少し入れようと思っただけだけれど」 

冬馬「兄貴が能天気でいられるのは天海のお蔭じゃねぇか。……ちょっと羨ましい」 

P「ほれ、あっちでみんなとお茶してこい!……春香の隣に座るのを許可してやろう」 

冬馬「よ、余計なお世話だよ///それより、あの事なんとか考えとけよ」 

P「心配する事もないと思うが考えとくよ」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 22:22:47.28 ID:8E4Xys0Bo
雪歩「ま、真ちゃん!その本を読みながらお茶するのはどうかと……」 

真「うん、わかった」ペラッ 

春香「冬馬くんは紅茶にお砂糖いれる?」 

千早「冬馬はコーヒーに塩をいれるフィーネみたいな娘が好きなのよね。だから味の素をいれましょう」 

冬馬「や、やめろ!!確かにフィーネは好きだけど塩コーヒーは嫌いだし味の素を取り出すな!!」 

春香「フィーネって?」 

冬馬「え、あ、アニメのさキャラクターの!ほ、本当に好きなわけじゃなくて……あ、紅茶には砂糖を2杯」 

春香「ふふ、わかった」 

千早「プロデューサーにも持っていってあげなきゃ」 

春香「プロデューサーさんは砂糖2杯とミルクだっけ」 

冬馬(覚えてんのか……) 

千早「プロデューサーは猫舌だから冷まして持っていかないとね!あと口移しで飲ませてあげないとね!!」ドヤァ 

春香・冬馬「「 やめろ(て)」」」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 22:37:46.17 ID:l2fExGkUo
千早「あれ?プロデューサーは?My darlingは?」 

冬馬「いつから兄貴がお前のダーリンになったんだよ!!」 

千早「黙れ愚弟!!それが義姉に対する口の聞き方か!!」 

冬馬「ヒィィィィ!?」 

春香「千早ちゃんの冬馬くんに対する圧力はなに!?義理の弟とか言いながら当たりが強すぎるよ」 

千早「プロデューサーは……資料室か!!チャンス!!」 

春香「いったいなんのチャンスだよ!!」 

冬馬「……すげぇな。そんなに兄貴が好きなのか」 

春香「あはは、プロデューサーが特別過ぎるんだよきっと」 

冬馬「ふーん……なぁ、いつもツッコミばかりで疲れないか?」 

春香「え?」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 22:49:16.65 ID:8E4Xys0Bo
冬馬「あ、いや……いつも俺がいじめられると助けてくれるし暴走してると止めるからさ……疲れないのかなって」 

春香「うーん……時々、へろへろになっちゃうけど元気な千早ちゃんで居てくれるのは嬉しいし面白いから良いかなって」ニコッ 

冬馬「う///そ、そっか……で、でも疲れたらお、俺に言えよ……なんつって」 

春香「プロデューサーさんじゃなくて冬馬くんに?」 

冬馬「え、あ、いや、お、俺も兄貴にたまに突っ込むからさ……苦労が分かるかなって」 

小鳥「突っ込むだと!?ナニを?ねぇナニを!!」 

春香「小鳥さんどこにいたんですか……」 

真「小鳥さん、3巻まだ?」 

小鳥「あ、もうちょっと待ってて」 

雪歩「真ちゃん……」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 23:06:29.21 ID:OKinhisYo
―― 帰宅中 ―― 

P「遅くなったな……飯作るの面倒……」 

冬馬「じゃあ、外食しようぜ」 

P「そうすっか。いつもの洋食屋いこうぜ」 

冬馬「えー…あの店のおっちゃん未だに俺をガキ扱いすっからなぁ……」 

P「なに言ってんだよ。まだガキだろ」 

冬馬「うっせ!……あのさ、兄貴の次の休みいつ?」 

P「あー……いつだっけな……」 

冬馬「あ、あのさ……天海のオフと被ってたらどっか誘ってやってくんね?」 

P「は?なんで?」 

冬馬「ほ、ほら!プロデューサーとしてアイドルとコミュニケーションとるためにさ……」 

P「……まぁ、考慮しとこう」 

冬馬(あいつも如月にばっかりかまってたんじゃ兄貴と一緒にいれないだろうしな……)
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/25(水) 23:08:01.58 ID:AaX1tY0ho
―― 翌日 ―― 

春香「おはようございます!!」 

P「おはよう」 

春香「あれ?千早ちゃんは?」 

P「千早は律子がレッスンに連れてった。俺が片付けなきゃいけない書類があるからレッスンに連れていけないって言ったらごねて律子と死闘の末に引きずられて行ったよ」 

春香「千早ちゃん……」 

P「あ、そうだ。春香の次のオフ暇か?」 

春香「え、まぁ、予定はないですけど……」 

P「じゃあ、買い物に付き合ってくれないか?直ぐ終わるしお礼に行きたいとこに連れてくからさ」 

春香「え、本当ですか!?」 

P「ダメか?」 

春香「付き合います付き合います!!むしろお願いします」 

P「じゃあ、昼前には迎えにいくよ」 

春香「は、はい!!」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/25(水) 23:22:42.27 ID:ySLC5w/mo
―― 天ヶ瀬宅 ―― 

P「次の日曜に春香と出掛けるわ。なんか欲しいもんあるか?」 

冬馬「え、マジで!?」 

P「おう、別に出掛ける用事もないんだがな」 

冬馬「え、あ、そっか……じゃ、じゃあ、なんか服買ってきて冬服」 

P「服?上か下かどっちよ」 

冬馬「どっちでもいいよ!!マフラーでも手袋でも良いから」 

P「ふーん、わかった」 

冬馬(これで良いよな……よし、あとはあいつに邪魔されないように策を練らなきゃな) 

P「なぁ」 

冬馬「な、なんだよ」 

P「お前、今月の小遣いまだ余ってるか?」 

冬馬「は?まぁ、まだ余ってるけど」 

P「ふーん……でも、一応ボーナスやるわ」サッ 

冬馬「二万も!?なんで」 

P「パチンコで勝ったから。そんじゃ寝るわ!お前も早く寝ろ」 

冬馬「パチンコなんかやったことねぇだろ……なんなんだ?」
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/25(水) 23:41:26.83 ID:JE7HBElEo
―― 当日 ―― 

春香「プロデューサーさん何が欲しいんですか?」 

P「んー…冬馬に服でも買ってやろうかと思ってな。小遣いで遣り繰りするにも服って妙に高いだろ?それに趣味とかも金使いたいだろうしたまには買ってやろうかとな」 

春香「確かに男の子の服って高いですよねー…あ、私も選ぶの手伝いますよ!!」 

P「ありがたい。今時のファッションだとかは疎くてなー」 

春香「アイドルをプロデュースしてるのにそんな事を言っちゃいますか!」 

P「面目ない……そこら辺は音無さんやスタイリストさんにおんぶにだっこです……」 

春香「ふふ、まぁ、プロデューサーさんがそこまで出来たらもはや嫌味ですよ!嫌味」 

P「俺、そんなに凄いプロデューサーじゃないよ。あ、マフラーってもう出てんだな」 

春香「マフラー良いですね!!」 

P「春香、選んでくんね?俺が選んだらダサいって文句言われそうだわ」 

春香「ふふ、わかりました。冬馬くんにピッタリのを選びますよ!!」
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 02:10:35.37 ID:k/qQBDExo
春香「あ、この青いマフラーなんかどうですか?冬馬くんにピッタリだと思いますよ」 

P「おお、確かに良いな!!さすが春香」 

春香「えへへ♪これでも友達へのプレゼント選びには定評があるんですよ」 

P「うん、センス良いよ実際。よし、さっそくこれ買うか」 

春香「プロデューサーは自分のを何か買わないんですか?」 

P「俺は別に良いかな。今回はまぁ、頑張ってる冬馬へのプレゼントって事だしな。俺、自分の事で手一杯であいつがアイドルで成功した祝いをしてやれてないから……キモいとか言われそうだけどな」 

春香「そんな事ないですよ!!冬馬くんも絶対に喜んでくれます」 

P「ははは、なら良いんだけどな」 

春香「せっかくだし綺麗にラッピングしましょう!お誕生日プレゼントみたいに」 

P「おお、良いな!あいつのにやついた顔が浮かぶぞ」
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 02:29:04.62 ID:X6ZP1Dvko
―― 同時刻 765プロ ―― 

千早「んあーー!!」グルングルン 

雪歩「ひっ!?ま、真ちゃん!千早ちゃんはなんでソファに横たわってワニが餌に噛みついて弱らせる時みたいな回転をしてるの?」

真「プロデューサーが居ない事への寂しさを埋めるためだって」ペラッ 

雪歩「もはや私の知ってる千早ちゃんじゃない気がしてきたよ……」 

真「雪歩、『兄泣き』の4巻とって」 

雪歩「え、兄泣き?」 

真「『兄貴が仕事に失敗して泣いてる姿にムラムラする弟の薄い本』の4巻だよ。小鳥さんの弟攻め描写が上手くなってきて面白くなってきたんだ」 

雪歩「……真ちゃんも私の知ってる真ちゃんじゃないのかも」 

千早「もう無理だわ。限界よ。私は盗まれたプロデューサーを探し続けて見知らぬ街をさ迷うわ!!」 

雪歩「千早ちゃん!?プロデューサーは今日はお休みだから邪魔しちゃダメだよぅ」 

千早「嘘を言うな!!」 

雪歩「ひっ!?」 

バタンッ 

冬馬「如月千早!!」 

千早「そう言うお前は天ヶ座の冬馬!!」 

冬馬「聖闘士星矢みたいに言うなよ!天ヶ瀬は星座じゃねぇ!!」 

千早「何か用かしら?私はこれから修羅の道をいかなければいけないのよ。気分はさながら琴座のオルフェよ」 

冬馬「聖闘士星矢ネタから離れろ!!」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 02:41:30.31 ID:9e/nqDr3o
千早「なによ。無限拳でも見せてくれるのかしら?それとも私と創聖合体でもしたいのかしらお断りだけれど」 

冬馬「ボケ倒すな鬱陶しい!とにかく兄貴の休暇の邪魔はさせねぇからな!!」 

千早「ほう……よく言ったな小童!!この私を阻むなぞ笑止千万!!」 

冬馬「俺だって泣かされっぱなしじゃねぇんだよ!これを見な!!」サッ 

千早「大言壮語のわりには大したものではないわね。ただの枕じゃない」 

冬馬「見た目はな!だが、こいつはただの枕じゃねぇ。兄貴が高校の時から愛用してる枕だ!!型崩れしたら嫌だと日光除菌とファブリーズのみに済ませできるだけ洗わず使ってきた枕だぜ?欲しいだろ」 

雪歩「千早ちゃんがそれくらいで 千早「欲しい!!私の全てを擲っても欲しいわ!!」 

雪歩「えぇぇぇ」 

真「千早ってああ見えて控えめなのかもね」ペラッ
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 04:05:06.47 ID:QMg0zQDMO
今日ちーちゃんは平常運転ですね(遠い目)
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 08:17:34.02 ID:ZISmA7Tq0
一番重症なのは真のような気が…
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 21:58:02.66 ID:bFJVUPnVo
冬馬「欲しいだろ!!」 

千早「欲しいわ!!」 

冬馬「涎が垂れるくらい魅力的だろ」 

千早「もうダラダラよ」ダラダラ 

冬馬「いや……拭けよ……」 

千早「ちょうだい!!」 

冬馬「ああ、くれてやる……」 

千早「本当に!?」 

冬馬「俺から奪い取れたらな!!」シュタッ 

千早「逃がすかぁ!!」 

メキメキメキメキ 

雪歩「な、なに!?千早ちゃんがクラウチングスタートの体勢した瞬間から凄い音が」 

真「雪歩、お茶いれて」 

雪歩「…………」 

真「なに?」 

雪歩「なんでもない……」 

千早「邪ッッ!!」
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 22:15:17.55 ID:Q4l3gY7Do
冬馬「絶対に捕まるわけにはいかねぇ……あいつを撒いたら何処かに逃げ込んで時が経つのを待つ!」タッタッタッ 

千早「枕寄越せ枕寄越せ枕寄越せ枕寄越せ枕寄越せ枕寄越せ枕寄越せ枕寄越せ枕寄越せ」シュタタタタタ 

冬馬「こ、怖ぇぇぇ!無表情でT-1000みたいな綺麗なフォームの走り方で追われるのすげぇ怖ぇぇぇ」タッタッタッ 

千早「キャハハハハハハハハハハハ」シュタタタタタ 

冬馬「しかも早えぇぇ!」タッタッタッ 

千早「私の蒼い鳥ィィィィィ」シュタタタタタ 

冬馬「くっそぉ……負けるか!負けるかよぉ!俺だってだてにダンスレッスン受けて体力つけてねぇんだよ」タッタッタッ 

千早「くっ……しぶといわね……」シュタタタタタ 

冬馬「やんなきゃいけねぇんだよ男の子はよぉ!!」シュタタタタタ
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 22:33:48.02 ID:ZdDhCLXRo
―― 2時間後 ―― 

冬馬「ゼェゼェ……き、キツい……ゼェ……ま、撒いたかな……」 

千早「グルルルル……ドコイッタ……ワタシノ……アオイトリ……」 

冬馬「ちッ……しぶといな……兄貴たちは夜飯食いに行く頃か……」 

千早「こっちからプロデューサーのナイスグッドエクセレントスメル略してPスメルがするわ!」クンカクンカ 

冬馬「感付かれたか……まぁ、良いさ……そろそろ潮時だ」 

Prrrrrr 

冬馬「ひっ!?え、あ、ちょっと!」ピッ 

P『もしもし冬馬か?』 

冬馬「な、なんだよ兄貴!」 

P『あのさ、急に仕事が入っちまってさ。だけど買った物がいっぱいで……悪いんだけど〇〇に取りに来てくんねぇ?』 

冬馬「はぁ?お前、天海はどうしたんだよ!というか今、俺はそれどころじゃ」 

P『じゃあ、頼むな。絶対に来いよ』 

ピッ 

冬馬「くそっ!やっと楽になれると思ったのにまた逃げなきゃなんねぇのかよ」 

トンットンッ 

千早「みぃつぅけぇたぁ♪」 

冬馬「キャーーーーー!!」
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 22:42:34.08 ID:y+KDLApSo
冬馬「た、助けて……ごめんなさい……」 

千早「枕を寄越しなさい?」 

冬馬「は、はい」 

千早「ありがと♪」 

冬馬「じゃ、じゃあ、ぼく行きますので」 

千早「うふふ、プロデューサー」クンカクンカ 

冬馬「うおおおお!!」シュタタタタタ 

千早「違う……Pスメルじゃない……ただの枕だわ……騙したな……私を騙したなああああ!」シュン 

ドゴッ 

冬馬「ぐばぁっ!!」ズサァ 

千早「騙したわね……許さないわ……」 

冬馬「許して……許して……」ポロポロ 

千早「恨みはらさでおくべきかああ!!」 

冬馬「キャーーーーー!!」 

?「まちなさ~い」ドタプーン
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 22:56:05.34 ID:PbVRCCebo
千早「だ、誰だ!?」 

?「女の子の胸はなぜ膨らむの?愛しいあの人を思うから~!愛と希望の魔法少女・プリティマジカル!!」ドタプーン 

千早「くっ」 

冬馬「……三浦あずさ?」 

プリマジ「あらあら、72ごとかしら?女の子が男の子に暴力ふるうなんていけないのよ~」ドタプーン 

千早「くっ」 

冬馬「三浦あずさだよね?コスプレ?え、コスプレ!?」 

プリマジ「さぁ、少年。ここは私に任せて早く行くのよ~」ドタプーン 

千早「くっ」 

冬馬「事態は飲み込めないけど……逃げる!!」シュタタタタタ 

プリマジ「さぁ、お仕置きの時間よぉ」ドタプーン 

千早「くっ」
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 23:08:54.02 ID:kQFwuwi0o
冬馬「ハァハァ……きっつう……さすがにヘロヘロだ……」 

P「おーい、こっちこっち」 

冬馬「な、なんだよ……俺は……ヘロヘロなんだぞ……」 

P「レッスン終わりか?まぁ、いいや。じゃあ、頼むな」 

冬馬「え、あ、おい!!」 

P「あ、そうだ。前に俺が打ち合わせで使うって下見したレストランわかるよな?あそこ予約してあるから。あと一応、個室つかえよ?小遣いは昨日渡したから足りるよな。んじゃ」 

冬馬「え、なに!?どういう事だよ!!」 

春香「冬馬くん」 

冬馬「あ、天海!?」 

春香「なんかプロデューサーさん、偉い人の接待に呼ばれたんだって」 

冬馬「あの馬鹿兄貴ぃぃ」 

春香「はい、プレゼント」 

冬馬「プ、プレゼント!?」 

春香「買ったのプロデューサーさんだけど選んだのは私だよ?プロデューサーさんが冬馬くんがアイドルとして頑張ってる労いにってさ」 

冬馬「馬鹿兄貴……あ、ありがとうな」 

春香「いいえ♪あとでプロデューサーさんにもお礼言ってあげてね?」 

冬馬「お、おう……」
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/27(金) 00:41:00.54 ID:pQmtEgrBo
春香「プロデューサーさん帰っちゃったしどうしよっかな……」 

冬馬「あ、天海……あのさ」 

春香「なに?」 

冬馬「腹へってない?」 

春香「うーん、そう言えばそろそろ夕食時だしお腹へったかも」 

冬馬「じゃあ、飯食いにいかね?……良いレストラン知ってるからさ」 

春香「本当?行く!」 

冬馬「ほ、本当か!?」 

春香「うん!行こうよ」 

冬馬「お、おう!行こう」
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/27(金) 00:52:00.56 ID:O9MzaPyvo
P「やれやれ、何をどう気遣ったのか知らんが馬鹿な弟だよ」 

千早「くっ……ばいんばいんのたゆんたゆんでドタプーンだったわ……」ヨロヨロ 

P「ん?千早か?」 

千早「にゃにゃーん!?プロデューサー!!」パアア 

P「仕事帰り?それにしてもボロボロだな」 

千早「あなたの事を思って歌っていたのだけれど、あなたへの思いが膨らんでいてもたってもいられなくて」 

P「ほぅ?まぁ、上手くいったらしいな」 

Prrrrrr 

P「冬馬からか」 

『馬鹿兄貴!!……ありがとな』 

P「まったく……」クス 

千早「プロデューサー?」 

P「千早、飯食いに行くか!!」 

千早「え!?それってつまりは結婚!!」 

P「お好み焼きが良いかな~」 


おわり
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/27(金) 00:54:38.37 ID:RGF7Q0hao
終わりです。 

久しぶりなんで加減を忘れてやり過ぎ感があるかもしれません。 

相変わらず勢いですいませんでした。 
ありがとうございました。
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/27(金) 01:38:42.10 ID:zUwaVnaAO
乙です。 
良かったな冬馬。
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 15:34:21.42 ID:H5Lg5GG2o
おつー
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。