Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  その他 >  富豪「ワシが死んだので遺産争いが勃発」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富豪「ワシが死んだので遺産争いが勃発」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 22:35:55.90 ID:ZH2u/C/+0
富豪「ううっ……ワシはもうダメじゃ……」 

妻「あなた、しっかりするザマス!」 

弟「兄貴ィィィ! 死なないでくれェェェ!」 

長男「親父、弱気になるな!」 

長男嫁「おぬしが死んだら、わらわは悲しいのじゃ……」 

次男「ボクらにはまだ、父さんが必要なんだ!」 

長女「あたしたちを置いていかないでよ!」 

ポチ「ワォォォ~~~~~ン!」 

富豪「ワシの遺産は相続税を差し引いても、ざっと1000億はあるじゃろう」 

富豪「みんなで仲良く分けるんじゃよ……」ガクッ… 



遺 産 戦 争 勃 発 ! ! !

2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 22:40:13.60 ID:ZH2u/C/+0
妻「脈拍ナシ、呼吸ナシ、心拍ナシ、ようやくくたばったザマスね」 

妻「さあ、お待ちかね。遺産分配を始めるザマスよ!」 

弟「うおっしゃァァァァァ!」 

長男「余命半年を宣告されてから、三年近くも生きるとは、しぶとかったな……」 

長男嫁「まったくじゃ。不死身かと思ったぞえ」 

次男「でもこれで、ようやく1000億はボクらのものだ!」 

長女「あたし、欲しいものいっぱいあるのよね~」 

ポチ「ワン、ワン、ワン!」 

5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 22:45:14.72 ID:ZH2u/C/+0
妻「生前、主人は遺言を残していなかったザマスから」 

妻「こういう時のために弁護士先生を呼んでおいたザマス!」 

オォ~……! パチパチパチパチ…… 

次男「さすが母さん、準備がいいや!」 

弁護士「皆さん、はじめまして」 

弁護士「ざっくりですが、法律に基づいた遺産の分配方法について」 

弁護士「説明させていただきます」 

長男「よろしく頼むよ」 

10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 22:51:14.78 ID:ZH2u/C/+0
弁護士「それでは法定相続人について説明させていただきます」 

弁護士「法律上、相続の優先順位は次のようになります」 

・配偶者 常に相続者 

・子 第一順位(常に相続者) 

・父母 第二順位 

・兄弟 第三順位 

弁護士「第二順位、第三順位の方は、上位相続人がいない場合のみ」 

弁護士「相続権を得られます」 

弁護士「今回のケースですと……」 

弁護士「相続権があるのは、妻さん、長男さん、次男さん、長女さん、の四人です」 

弁護士「2分の1を奥様、残りを息子さんたちで分配、となるでしょう」 

14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 22:55:26.02 ID:ZH2u/C/+0
弟「なんだってェェェ!? じゃあオレは相続権ないのかよォォォ!」 

弁護士「はい」 

弟「ちくしょォォォォォ!!!」 

長男嫁「わらわはもらえぬのか!? 義理の娘じゃというに!」 

弁護士「もらえません」 

長男嫁「遺産目当てで結婚したのに、なんということじゃ……」 

ポチ「ワン、ワン、ワン!」 

弁護士「お手」サッ 

ポチ「ワン!」シュタッ 

15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 22:59:51.49 ID:ZH2u/C/+0
長男「よかったな、お袋。俺たちだけで仲良く分けよう」 

妻「……気に入らないザマスね」 

長男「お袋!?」 

次男「なんでだよ、母さんが一番多くもらえるのに!?」 

長女「そうよ!」 

妻「主人が血がにじむ想いで蓄えた財の分配を……」 

妻「こんな家族でもない赤の他人の言う通りにするだなんて──」 

妻「やっぱりイヤザマスッ!」 

長男「た、たしかに!」 

次男「そうだね、やり直そう!」 

弁護士(なら、なんで私を呼んだんだよ……) 

17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:05:12.43 ID:ZH2u/C/+0
次男「じゃあさ」 

次男「手っ取り早く、ここにいる人数で割るってのはどうだい?」 

長男「なるほど、一理あるな」 

長女「それが一番平等だわ!」 

弟「おお、それならオレももらえるなァァァ!」 

長男嫁「わらわも賛成じゃ!」 

次男「よぉーし、じゃあさっそく1000億を6で割ると──」 

ポチ「ワン、ワン、ワン!」 

次男「ごめん、ポチを忘れてた。じゃあ7で割ろう」 

19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:09:17.07 ID:ZH2u/C/+0
次男「さっそく、生前父さんが購入していたスーパーコンピュータで計算しよう」 

次男「1000億÷7は、と──」カタカタ… 

次男「…………」 

次男「わ、割り切れない!」 

妻「えぇっ!?」 

長男「なんだと!?」 

弟「ウソだろォォォ! そりゃまずいぞォォォ!」 

ポチ「アォォォ~~~~~ン!」 

20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:14:22.50 ID:ZH2u/C/+0
長男嫁「割り切れぬのなら、いっそ小数点以下を切り捨てたらどうじゃ?」 

次男「それだと142億8571万4285円っていう」 

次男「すごく中途半端な数になっちゃうんだ!」 

弟「半端すぎるゥゥゥ!」 

妻「そんな中途半端な金額の遺産なんか、もらわない方がマシザマス!」 

長男「お袋のいうとおりだ! なんだよ4285円って!」 

長女「でも4285円もあれば、ユニクロでなにか買えるわね」 

ポチ「ワン!」 

23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:19:20.30 ID:ZH2u/C/+0
次男(なんとかして割り切れるようにする方法は──) 

次男「そうだ!」 

次男「弁護士さん、あなたも遺産を相続して下さい!」 

次男「7人が8人になれば、偶数になって割り切れるはず!」 

弁護士「え!?」 

妻「それがいいザマスね!」 

長男嫁「ナイスアイディアじゃ!」 

弁護士「いや、私は赤の他人なんですけど」 

長女「この際、赤でも青でもなんでもいいわよ!」 

25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:24:30.58 ID:ZH2u/C/+0
次男「1000億÷8は、と──」カタカタ… 

次男「割り切れた!」 

長男嫁「いったいいくらになったのじゃ!?」 

次男「125億!」 

妻「でかしたザマス!」 

弟「いよっしゃァァァ! キリがいいィィィ!」 

長男嫁「うむ、よくやったのう。さすがわらわの義理の弟じゃ」 

長女「やったわ!」 

ポチ「ワォォォォォ~~~~~ン!」 

26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:24:38.12 ID:t6HvGNRn0
全然争ってない件 

28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:26:43.73 ID:oP/tz5HY0
弁護士125億儲けたやん 

29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:28:57.01 ID:ZH2u/C/+0
妻「125億もあれば、十分ザマス!」 

弟「兄貴ィィィ! ありがとうゥゥゥ!」 

次男「ボク、新しいパソコンが欲しかったんだよね」 

長男嫁「わらわも満足じゃ」 

長女「125億円って、しまむらでなにが買えるかしら」 

ポチ「ワン、ワン、ワン!」 

弁護士「私は赤の他人なんですが……」 

長男「…………」 

長男「みんな、ちょっと待てよ」 

31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:32:20.59 ID:elCm3GZ20
長女可愛いいな 

33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:33:51.77 ID:ZH2u/C/+0
長男「みんな仲良く、1000億をキレイに八等分」 

長男「たしかにもっとも理想的な解決方法だ」 

長男「だが、みんなの本音はきっとこうだろう?」 

長男「どうせなら“全額自分が欲しい”と」 

妻「!」 

弟「!」 

長男嫁「!」 

次男「!」 

長女「!」 

ポチ「!」 

弁護士(いや、私は別に──) 

36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:38:43.66 ID:ZH2u/C/+0
妻「たしかにもらえるものなら、全部欲しいに決まってるザマス」 

弟「一人占めしてえよォォォ!」 

次男「そりゃそうだよ……なんたって1000億だもん」 

長女「1000億もあれば、イオンでなんだって買えるしね!」 

ポチ「ワオォォォ~~~~~ン!」 

長男嫁「しかし、長男よ。どうやってその一人を決めるのじゃ?」 

長男「決まってるだろ」 

長男「格闘トーナメントを開催するんだよ!」 

長男「優勝した人間が、遺産を全額相続できるんだ!」 

40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:45:13.26 ID:ZH2u/C/+0
【 第一回 富豪遺産争奪トーナメント 】 

┌─ 妻 
┌─┤ 
│ └─ 長女 
┌─┤ 
│ │ ┌─ ポチ 
│ └─┤ 
│ └─ 弁護士 
─┤ 
│ ┌─ 長男 
│ ┌─┤ 
│ │ └─ 次男 
└─┤ 
│ ┌─ 弟 
└─┤ 
└─ 長男嫁 

44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:49:12.53 ID:ZH2u/C/+0
実況『さあ、ついに始まりました!』 

実況『第一回、富豪遺産争奪トーナメント!』 

実況『果たして優勝して遺産を全額ゲットできるのは、八人のうちの誰でしょうか!?』 

実況『それではさっそく試合を開始いたしましょう!』 

実況『第一試合は──』 

実況『妻VS長女!』 

実況『実の母と娘が遺産のために、目を¥マークに変えての真剣勝負!』 

実況『いったいどんな試合になるのかぁっ!?』 

45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:49:45.43 ID:sXzUvbv9O
始まりやがった! 

46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:50:15.53 ID:sQR/blIf0
冨樫に見えた 

48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:53:09.05 ID:ZH2u/C/+0
【 一回戦第一試合 妻VS長女 】 

妻「実の娘だからって、手加減はしないザマスよ」 

長女「望むところよ!」 

妻「いくザマス!」ダッ 

長女(タックル!? ──なら顔面にヒザを合わせれば!)ブンッ 

妻「甘いザマス!」ガシッ 

実況『あーっと! 妻、長女のヒザ蹴りに組みつくという高等テクニック!』 

実況『そのままテイクダウンに持ち込んだァ!』 

妻「アキレス腱固めザマス!」グイッ… 

長女「いだだだだっ! 参ったわ!」パンパンッ 

妻の勝利── 

49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/07(月) 23:58:35.98 ID:ZH2u/C/+0
【 一回戦第二試合 ポチVS弁護士 】 

実況『犬と弁護士の異色対決、勝つのはいったいどっちだ!?』 

弁護士「なんでこんなことに……」 

ポチ「ワン、ワン、ワン!」ダッ 

ポチ「ワォンッ!」ガブッ 

実況『ポチ、弁護士のケツに噛みついた! これは痛い!』 

弁護士「ポチ、お手、お手っ!」サッ 

実況『弁護士が手を差し出すも、ポチはシカト!』 

ビリビリッ……! 

弁護士「あひいいっ!」 

実況『あ~~~~~っと、弁護士のズボンが破れ』 

実況『朱雀と青龍と白虎と玄武が描かれたブリーフが丸見えだぁっ!』 

弁護士「ギ、ギブアップ! ギブアップだ!」 

ポチの勝利── 

51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:04:21.70 ID:gzkGVYMx0
【 一回戦第三試合 長男VS次男 】 

次男「いくよ、兄さん!」 

長男「来い!」 

次男「暗黒呪殺魔神撃!」 

長男「聖天光輪飛翔拳!」 

ズガァァンッ! 

実況『お~っと、光の長男と闇の次男の、対極を成す拳がぶつかり合った!』 

次男「ぐ……さすが兄さん。やはり暗黒の力では聖なる光には勝てない、か」ガクッ… 

長男「いや、光あるところには必ず闇が生まれるものだ」 

長男「今回俺が勝てたのは、時の運という名の気まぐれが俺に味方したからに過ぎん」 

長男の勝利── 

53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:09:52.54 ID:gzkGVYMx0
【 一回戦第四試合 弟VS長男嫁 】 

弟「よっしゃァァァァァ!」 

弟「甥の女房だからって、容赦はしないぜェェェ!」ダダダッ 

ガシィッ! 

長男嫁「むっ」 

実況『弟は柔道七段!』 

実況『長男嫁の襟を掴んで、そのまま投げるつもりのようです!』 

長男嫁「無礼者ッ!」 

弟「!」ビクッ 

長男嫁「わらわを誰だと思っておる!」 

長男嫁「おぬし如きがわらわに触れようなど、言語道断じゃ! 恥を知れ!」 

弟「す、すみません……」 

長男嫁の勝利── 

55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:14:03.49 ID:gzkGVYMx0
【 準決勝第一試合 妻VSポチ 】 

妻「長年可愛がってきたペットと戦うことになるザマスとは……」 

妻「しかし、これも運命ザマスね! 全力でいくザマス!」ダッ 

実況『一回戦のようなタックルだ! さあポチ、これをどうさばく!?』 

ポチ「ワンッ!」ビュバッ 

妻(速いザマス!) 

実況『ポチ、妻の後ろに回り込んだ!』 

ポチ「ワォンッ!」ガブッ 

妻「痛いザマス!」 

ビリリィッ! 

実況『妻の着物が破れ、桃色のふんどしが丸見えだぁ~~~~~!』 

妻「あんっ……私の負けザマスっ……!」ビクビクッ 

ポチの勝利── 

57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:19:17.95 ID:gzkGVYMx0
【 準決勝第二試合 長男VS長男嫁 】 

長男「…………」 

長男嫁「…………」 

長男「どうした、なぜこない?」 

長男嫁「おぬしこそ、なぜ来ぬのじゃ?」 

長男「……俺は女房であるお前を殴れない。俺を好きなように殴ってくれ」 

長男「お前は親父の遺産目当てで俺と結婚したんだろう?」 

長男「だったら、俺を倒して決勝に進んでくれ」 

長男「もしもポチを倒して優勝できたら、遺産は独占してくれてかまわない」 

長男嫁「…………」 

長男嫁「そう、わらわはおぬしの父の資産目当てでおぬしに近づき──」 

長男嫁「そして結婚したのじゃ……」 

60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:23:36.54 ID:gzkGVYMx0
長男嫁「じゃが、わらわは……わらわは──」 

長男嫁「いつしか、本当におぬしのことを好きになっておった」 

長男「ウソつけ! お前は金をなにより愛する女だったはずだ!」 

長男嫁「ウソではない……」 

長男嫁「わらわは、金以上に大切な……“愛”を知ってしまったのじゃ」 

長男嫁「だからわらわも……おぬしとは戦えぬ」 

長男「お前っ!」ガバッ 

長男嫁「ああっ、わらわを抱きしめてくれるのか! この罪深きわらわを!」 

長男「抱きしめてやるともっ!」ギュッ… 

長男嫁「ああっ、わらわもじゃ! おぬしの胸板のなんと心地よいことか!」ギュッ 

パチパチパチパチ……! 

62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:27:28.74 ID:4VBqjym30
なんだよワロタ 

64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:29:22.40 ID:gzkGVYMx0
妻「これが……これこそが“愛”なのザマスね!」 

弟「へっ、泣かすじゃねえかァァァ!」 

次男「兄さん……お義姉さん……おめでとう!」グスッ… 

長女「新婚でもなんでもないのに、見せつけてくれちゃって!」 

弁護士「えぇ~っと、このトーナメントはどうなるのでしょうか?」 

実況『二人とも棄権したようなものですので……』 

実況『こうなりますと、自動的に優勝者はポチということなりますね』 

ポチ「クゥ~ン?」 

65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:33:22.05 ID:gzkGVYMx0
実況『というわけで、遺産を全額獲得するのはポチに決定でぇっす!』 

妻「ポチ、1000億円獲得おめでとうザマス!」 

弟「おめでとォォォォォ! うおおおおォォォォォ!」 

長男「ポチ、おめでとう!」 

長男嫁「めでたいことじゃ」 

次男「やったね、ポチ!」 

長女「ポチったら、おいしいとこ全部持ってちゃうんだから!」 

弁護士「もうなにがなんだかさっぱりですが……おめでとう」 

ポチ「…………」 

ポチ「待てや」 

66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:36:31.46 ID:4VBqjym30
しゃべったァァァァァァァァ 

68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:38:39.34 ID:gzkGVYMx0
妻「え……!?」 

ポチ「なんやねん、この白ける結末は。ホワイトキックやで、ホンマ」 

次男「ポ、チ……!? お前、しゃべれたのか!?」 

ポチ「当たり前や、なめとんのかワレ」 

ポチ「ところでお前ら、こんな結末でええんか」 

ポチ「1000億やぞ、1000億」 

ポチ「ホンマ大金やで……」 

ポチ「何が買えるか、なぁんて勘定するのがアホ臭くなるくらいや」 

69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:42:04.61 ID:CQH6vkBs0
クソワロタwww 

70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:43:08.92 ID:gzkGVYMx0
ポチ「世の中にゃ、1億円のために宝くじを買う奴がぎょうさんおる」 

ポチ「3億円事件は未だに語り草になっとる」 

ポチ「たかだか数千円単位のトラブルでコロシをやった奴もおる」 

ポチ「こんだけ話せば──」 

ポチ「いくらお前らがボンクラでも、1000億がどんだけ大金か分かるやろ」 

ポチ「これほどの大金をだれが手に入れるか……」 

ポチ「ジャリが読むマンガみたく、トーナメントなんかで決めてええんか?」 

ポチ「不服ある奴はおらんのか?」 

ポチ「え、どうなんや?」 

71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:48:39.53 ID:gzkGVYMx0
長女「でも……みんな合意の上でトーナメントを始めたわけだし……」 

長男「そうだ。わざわざ実況の人まで呼んで……」 

ポチ「たしかにな」 

ポチ「それで、ワシみたいな人間ですらない犬っころが1000億を獲得……」 

ポチ「なんやほのぼのしたオチがついてめでたしめでたし……」 

ポチ「この話を聞いた奴は“まさか犬が遺産を相続するなんて”と微笑むやろな」 

ポチ「せやけど、ホンマにこれでええんか?」 

ポチ「しつこいようやが、1000億円は大金や」 

ポチ「そんな大金、ワシみたいな雑種のクソ犬に渡して悔しないんか?」 

妻「え、あなた血統書付の犬だったはず──」 

ポチ「あんなもん、ワシを売っとったクソ業者の偽造に決まっとるやろ」 

74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:54:34.25 ID:gzkGVYMx0
ポチ「──で、どうなんや?」 

ポチ「1000億円、ワシに渡して後悔はないんか?」 

シ~ン…… 

ポチ「1000億やぞ、もっと欲出してみいや! あがいてみろや!」 

ポチ「欲っちゅうのはなにもあったらアカンもんちゃうで!」 

ポチ「人間なんちゅうもんは、欲かいてでっかくなったようなもんなんや!」 

ポチ「それともなにか?」 

ポチ「お前らには人間の誇りっちゅうもんがないんかッ!!?」 

バンッ!!! 

シ~ン…… 

75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 00:58:55.20 ID:gzkGVYMx0
妻「わ、分かったザマス……ポチ」 

妻「遺産の分配は私たち人間だけで決めるザマス……」 

ポチ「分かればええんや。じゃ、ワシはメス犬と交尾しにいくで。ほな、サイナラ」トコトコ 

シ~ン…… 

長男「──で、どうする? ポチはああいってたが……」 

長男「お前、1000億欲しいか?」 

長男嫁「いらぬ。わらわはおぬしがおれば十分じゃ」ギュ… 

長男「叔父さんはどうです?」 

弟「俺もいらないィィィ!」 

長男「そんな! 最初は相続権がないことを悔しがってたじゃないですか!」 

弟「兄貴の財産は、やっぱり兄貴の家族で分けるべきだろォォォ!」 

弟「俺も兄貴ほどじゃないが、資産はあるしなァァァ!」 

長男(今さら遺産を拒否するなんて、なんて身勝手な人なんだ……!) 

80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:04:40.36 ID:gzkGVYMx0
長男「じゃあ、お前たちは?」 

次男「ボクもいらないよ。兄さんが全部相続してくれよ」 

長女「あたしも……。なんだか疲れちゃった」 

長男「お前たち、俺の兄弟だろ!? 遺産をもらってくれよ! 分けようぜ!」 

次男「絶対イヤだ」 

長女「あたしも」 

長男「弁護士さん! どうです、1000億欲しいでしょ!?」 

弁護士「いいえ、いりません」 

弁護士「もし強引に私に遺産を相続させるというのなら、あなたを訴えます」 

弁護士「六法全書の力で、あなたを社会的に完全滅殺します」 

長男「うぐっ……。そうだ、トーナメントの実況やってた人に相続させれば──」 

長女「実況の人はポチが怒ってる間に帰っちゃったよ」 

長男「ちくしょう! あのヤロウ、遺産を渡されることを恐れて逃げやがったか!」 

87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:11:41.76 ID:gzkGVYMx0
弟「ここはやっぱり、長男がもらうのがスジなんじゃねえかァァァ!?」 

次男「そうだよ、兄さんが全部相続してよ」 

長女「うんうん、それが一番丸く収まると思う」 

長男「なんだと……!」 

長男「みんなして、俺に遺産を押しつけようってのか!」 

長男「ゆ、許さねえ! こうなったらみんなブッ殺してやる!」 

長男「ブッ殺して、死体になったお前たちに無理やり遺産を相続させてやるっ!」 

次男「よせっ、兄さん!」 



長男嫁「ああっ、遺産争いで殺人事件が起こってしまいそうじゃ! なんたること!」 

妻(どうすればいいザマスか、あなた……!) 

妻(こんな時、あなたが生きていればみんなを止めてくれるザマスのに……) 

90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:13:08.79 ID:xOBFn4U80
もうごっちゃっごっちゃだな 

92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:16:17.18 ID:gzkGVYMx0
すると── 

富豪「やめるんじゃ!」 

弟「兄貴ィィィ!?」 

長男「親父!?」 

長男嫁「義父上!?」 

次男「父さん!?」 

長女「お父さん!?」 

弁護士「富豪さん!?」 

妻「あなた!?」 

妻「たしかに死んだハズなのに……どうして生きているザマスか!?」 

94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:21:44.17 ID:gzkGVYMx0
富豪「“地獄の沙汰も金次第”というじゃろ?」 

富豪「だから閻魔さんに金を払って戻ってきたのじゃよ!」 

富豪「今頃、現世のワシの財産から、生き返るための代金が引かれているはずじゃ」 

妻「ちなみにいくら払ったザマスか?」 

富豪「ざっと1000億円じゃ」 

妻「本当ザマスか!? よくやってくれたザマス! さすが私の主人ザマス!」 

長男「これで……俺は遺産をもらわずに済むんだな」ホッ… 

長男嫁「よかった、よかった。わらわも一安心じゃ」 

95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:26:22.26 ID:3Gp7IhIg0
おい閻魔 

96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:26:37.08 ID:gzkGVYMx0
富豪「さぁて、生き返った記念にパーチーでもやるかのう」 

妻「でも、1000億も払ったのに、パーティーをやるお金はあるザマスか?」 

富豪「心配無用じゃ」 

富豪「ワシには、税務署の網をくぐり抜けた隠し財産がいくらでもあるでのう」 

妻「そんなことやってるから、地獄に落ちたんザマスよ……」 

弟「やっぱ兄貴は最高だぜェェェ!」 

長男「まったく親父らしいというか、なんというか……」 

長男嫁「うむ、人騒がせな御仁じゃ」 

次男「でもよかったよ、やっぱりボクらには父さんがいないとね!」 

長女「お帰りなさい、お父さん!」 

弁護士「……私、帰っていいですか?」 



こうして遺産戦争は終結した── 

めでたしめでたし。 

97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:28:56.84 ID:fbLo1gv30
面白かった 
 

99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:30:59.28 ID:CQH6vkBs0
訳がわからないよ(困惑) 

101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:33:37.65 ID:/j1b1uxhi
乙乙 

103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:41:30.82 ID:xOBFn4U80
お疲れ様!! 

104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/08(火) 01:43:04.30 ID:/Ud99M/90
お金は凄い
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。