Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  ラブライブ! >  真姫「にこちゃんに性的な悪戯したい」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真姫「にこちゃんに性的な悪戯したい」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 14:33:23 ID:fngoMmKe0

にこ(真姫「可愛い可愛いにこちゃんをどうやって虐めてあげようかしら」 

にこ「あっ待って!真姫ちゃんダメェ」 

真姫「ほら、こういうのが好きなんでしょ?にこちゃんってほんと可愛いわね」 

にこ「あっ真姫ちゃあぁん・・・」) 

にこ「うふふ、うふふふ」 

真姫「どうしたのにこちゃんにやにやして・・・」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 14:56:06 ID:fngoMmKe0

真姫「なにそれ?漫画?」 

にこ「!!!真姫ちゃん!だめ!返して!返しなさい!先輩命令よ!返して!」 

真姫「先輩は廃止されたでしょ? ん~、 きゃあ!」 

真姫「私とにこちゃん!?なにこれ!?どういうこと、にこちゃん!」 

にこ「いや・・・あの・・・その・・・」 

にこ「な、なんでもないわ!置いてあったから見ただけよ!真姫ちゃんとこんなことするなんて、ありえない気持ち悪いって思いながらちょっと見てただけよ!」 

真姫「!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 15:08:10 ID:fngoMmKe0

真姫「なによそんな言い方・・・」 

にこ「あ・・・」 

真姫「私だってにこちゃんとこんなこと、絶対できないわ 気持ち悪い! 」 

にこ「! なによ、真姫ちゃんの ばかーっ! 」 

真姫「・・・今日は帰るわ 練習なんて気分にとてもならない」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 15:13:54 ID:fngoMmKe0

にこ「真姫ちゃん帰っちゃった・・・」 

にこ「・・・嫌われたかな」 

にこ(真姫「にこちゃん可愛いわ、こうされるのが好きなの?気持ちいいの?」 

にこ「にこは、真姫ちゃんが好きだから !だから気持ちいいんだよぉ、あぁん」) 

にこ「この漫画のにこはこんなに素直なのに・・・」ハァ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 15:24:57 ID:DhVHEeyD0

にこ「とりあえずこの本は捨てよう 誰にも見つからないようにゴミ箱の一番奥の奥に捨てるわ」ガサガサ 

にこ「見つけたテンションの勢いで買わなければ良かった、こんなもの」 

にこ「もう今日はにこも帰ろう」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 15:49:23 ID:DhVHEeyD0

帰り道 

真姫(にこちゃんに気持ち悪いって言われたわ・・・仮定の話でもけっこうショックね ) 

真姫(まぁそうよね・・・女同士な上に、少ししか見えなかったけどあんなハードな) 

真姫(・・・・ていうかにこちゃんあんな本読むのね・・・ そうよね、子供みたいでももう高3・・・)ドキドキ ドキドキ 

真姫(置いてあったって言ってたけど・・・ 私も見たいわ)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 15:58:49 ID:uYLAQTv80

真姫(あんな言い合いした後だし、にこちゃんもきっと帰ってるわよね) 

真姫(にこちゃんの本じゃないならきっとまだ置いてあるわ あんな本が他の部員に見られて、馬鹿ないじられキャラのにこちゃんがいやらしい目で見られることになったらたまったもんじゃないわ) 

真姫(誰にも見つからない内に回収するわよ)


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 16:08:28 ID:uYLAQTv80

部室前 

??「キャーウソホントニー!?」キャッキャッ 

真姫(あぁー・・・かなりの人数がもう集まってるわ) 

??「エーコレハヤバイヨー! キャー カワイイ キャッキャッ」 

真姫(! よく聞こえないけど、やばい、カワイイ!?) 

真姫(まさか・・・!にこちゃんの・・・!?) 

希「あれっ真姫ちゃんなにしてんの?はよ入りーやぁ」 

真姫「!希、あっ待って違うのよ」 

希「なに言うてんの?みんなーおはよー」ガチャ 

真姫(いやぁー!にこちゃんと私があんなことになってる本を皆が見てるとこになんて行きたくないわー!)


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 16:15:31 ID:uYLAQTv80

穂乃果「あっ遅いよ二人ともー!」 

希「ごめんなぁ~ちょっと用事があって」 

穂乃果「ことりちゃんがバイトで余ったケーキ持ってきてくれたよー!すごくカワイイんだよ!早いもの勝ちだからね!」 

海未「もう、たくさんあるんですから、急がないの」 


真姫「あ、・・・なぁんだ~・・・」ホッ 

真姫(あぁびっくりしたわ どうやらまだ見つかっていないようね ) 

真姫(流石に置いていくにしてもあんなの堂々とは置いていかないわよね・・・) 

真姫(それにしても困ったわ、にこちゃん以外全員いるじゃない 怪しまれないように探すのはかなり難しいわ)


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 19:21:13 ID:uYLAQTv80

真姫「ぶつぶつ・・・」 

凛「ん?」 

凛「真姫ちゃん、どうしたにゃ?はやくし選ばないと凛が真姫ちゃんの分まで食べちゃうにゃー!」 

真姫「きゃっ、ちょっと凛、やめなさいよー」フラッ 

穂乃果「あっ真姫ちゃん!後ろ危ない!ゴミ箱あるよ!」 

真姫「え?・・キャーッ」ガッシャーン


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 19:32:28 ID:DhVHEeyD0

穂乃果「真姫ちゃん!大丈夫!?」 

真姫「いたーい・・・ もう、なにすろのよ凛」 

凛「ごめんー!そんなに強く押したつもりはなかったんだけど・・・ん?」 

凛「なにかゴミ箱から出てきたにゃ ・・・本?・・あれ?この表紙の子って真姫ちゃんとにこちゃん?」 

真姫「・・!!!」 

花陽「そ、それは!!!」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 19:37:41 ID:DhVHEeyD0

穂乃果「わー!なになに!?見せて見せて!」 

花陽「アイドル好きの中では有名な同人サークルの新刊!こんなところで見れるなんて・・・!」 

凛「感動して泣いちゃうかよちんも可愛いにゃー!」 

穂乃果「えー!すごい!私達、それだけ有名になったんだね!漫画まで出ちゃうなんて!見よう見よう!私も出てるかな!?」

真姫「だ、だめーーーっ!!!」奪取 

真姫「だめよ、だめ!絶対だめ!」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 19:48:07 ID:DhVHEeyD0

凛「えーっ 真姫ちゃん、独り占めはよくないにゃ!」 

真姫「だめよ、これはだめ!ケーキあげるわ!だからこれはだめ!」 

海未「それは真姫の本なのですか?」 

真姫「ちちち違うわよ!こんなの持ってるわけないじゃない!」 

穂乃果「じゃあいいじゃん!みんなで見ようよ!」 

真姫「だ、だめ!とにかくだめよ!」 

希「ん~?なんか怪しいなぁ~ なにがそんなにあかんの? あんまりわがまま言うてると・・・」ワシワシ 

真姫「・・・!し肖像権よ!肖像権があるのよ!私が表紙なんだから!」 

希「しつこいでー」ワシワシ 

真姫「これは私とにこちゃんしか見てはいけないのよ!」ダッシュ


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 19:57:17 ID:DhVHEeyD0

ことり「わー、真姫ちゃん足はやいねーもう校門のとこにいるよー」 

海未「あんなにアグレッシブな真姫はじめてみました」 

凛「あーあ、凛の活躍を見たかったにゃ!ね、かよちん」 

花陽「・・・あれは、あらすじしか知らないけど凛ちゃんは出ないと思うの・・・」 

花陽「それに、確かあれは18歳以上でないと見てはいけないはず・・・」 

ことり「真姫ちゃん、持って帰っちゃったね」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 20:01:12 ID:t7b34SM00

さすがかよちん


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 20:01:38 ID:7RkV32x5i

流石かよちんは物知りだにゃ



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 20:06:26 ID:DhVHEeyD0

穂乃果「18歳からしか持てないなんて、なんだかかっこいいね!大人の本なんだね!」 

希「うん~ かっこいいかどうかは置いといて、大人の本やろうなぁ」 

穂乃果「だから真姫ちゃんは読んだらだめって言ったんだね!私も18歳になったら絶対読むぞ!」 

絵里「穂乃果・・・・あれは多分・・」 

海未「絵里、言わないでいいです」 

穂乃果「よし、じゃあ今日の練習はじめよう!番号!」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 20:11:32 ID:DhVHEeyD0

真姫自室 

真姫「ハァハァ、危機一髪だったわ」 

真姫「家まで全力疾走してしまったじゃない すごく疲れたわ」ハァハァ 

真姫「・・・持って帰っちゃった」 

真姫「まさかゴミ箱に入ってるなんて・・・」 

真姫「にこちゃん、捨てるくらいに気持ち悪かったのかしら・・・」 

真姫「・・・・・・・」グスン


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 20:18:16 ID:DhVHEeyD0

真姫「・・・にこちゃんがそんなに嫌がることを、この本の私はしてるのね 一体どんなことを・・・」ペラ 

真姫「!!!!!!」 

真姫(にこ「にこは真姫ちゃんが好きなの、だから、気持ちいいの」 

にこ「真姫ちゃん、大好きよ」 

にこ「にこ、真姫ちゃんになら何をされてもいいわ、真姫ちゃんとずっと一緒にいたい」) 

真姫(・・・これを見て気持ち悪いと思ったの?) 

真姫(ありえない、こんなのするわけないって・・・) 

真姫(叶わないとは思ってたけど、はっきりわかるとキツイわね・・・)


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 20:23:12 ID:DhVHEeyD0

真姫(そりゃそうよね) 

真姫(普段仲良くても友達としてであって、好きだとか愛してるとかキスしたいなんて) 

真姫(気持ち悪いに決まってるわ) 

真姫(・・・ずっと黙っておくつもりだったのに、決して言わないつもりだったのに) 

真姫(伝えてもいないのにふられちゃったわ) 

真姫(・・・・・・・)グスン


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 20:35:09 ID:DhVHEeyD0

翌日放課後 

にこ「」ガサゴソ 

穂乃果「よーし、今日も元気に練習がんばるぞー!」ガチャ 

にこ「! ほ、穂乃果!」 

穂乃果「今日はにこちゃんが一番乗りだね!何してるの?ゴミ箱の中になにかあるの?」 

にこ「えーーっと、昨日ちょっと、落し物をしたから、探してるのよ!」 

穂乃果「えー!昨日部室来てたの!?練習休んでたから心配したよ!」 

にこ「ち、ちょっと気分が悪くなって帰ったの もう大丈夫よ」 

穂乃果「そっかぁ、じゃあ良かった!」 

穂乃果「ところで何探してるの?一緒に探そうか?」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 20:42:42 ID:DhVHEeyD0

にこ「いいいいいわよ!そんな大した物じゃないし!ここじゃないかもしれないし!」 

穂乃果「そっかー、手伝えることがあったら言ってね!」 

海未 ことり「遅れてごめんねー!」ガチャ 

穂乃果「あ、もう日直の仕事終わったんだ!早かったね!今日はにこちゃんが復活だよ!」 

ことり「良かったー心配したよー 昨日の珍しい真姫ちゃんが見れなくて残念だったねー」 

にこ「え?」 

穂乃果「そうそう、昨日面白かったんだよにこちゃん!倒れたゴミ箱の中から大人の本が!」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 20:55:10 ID:DhVHEeyD0

にこ「っ!!!!!」 

にこ「へ、へぇ~~~そうなんだぁ・・・」 

穂乃果「それでね、真姫ちゃんがそれを」 

にこ「ななななんで真姫ちゃんがいるのよ!真姫ちゃん帰ったでしょ!」 

穂乃果「? 遅れて来たよ!」 

にこ「えっ・・」 

にこ(なに?どういうこと?戻って来たわけ?) 

穂乃果「それでね、真姫ちゃんがそれはにこちゃんと真姫ちゃんしか見てはいけないものだ!って持って帰っちゃったんだ!」 

にこ「え・・・」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 21:02:56 ID:DhVHEeyD0

ことり「真姫ちゃんすごく足早かったんだよ~ あんなに必死な真姫ちゃんはじめてみた!」 

にこ「そ、そうなんだ・・・」 

穂乃果「昨日はことりちゃんのケーキもあったし、にこちゃん残念だったなぁ!」 

にこ(・・・ということは今あの本は真姫ちゃんのところに・・・ でもなんで取りに戻ったの?) 

海未「穂乃果は3つも食べましたもんね」 

穂乃果「うん~美味しかったなぁ ことりちゃん!いつでも持ってきていいよ!」 

にこ(・・・気持ち悪いって言ってたし・・・完全に抹消するため?) 

にこ(・・・・・・)


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 21:09:15 ID:DhVHEeyD0

にこ(そんなに嫌だったの? にこと真姫とゃんが好き合ってるの見られるの、そんなに、嫌だったの・・・?) 

海未「・・・にこ?どうしましたか?そんなに俯いて」 

穂乃果「まだ体調悪いの!?無理しちゃだめだよ!」 

にこ「・・・・・うん、今日もまだ本調子じゃないのかも」 

にこ「・・・今日は帰るね」 

ことり「そっか 無理しないでね またケーキ持ってくるよ!」 

にこ「・・・・」フラフラ


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 21:18:16 ID:DhVHEeyD0

真姫自室 

真姫(泣きすぎて目がぱんぱんに腫れてて、学校休んじゃった) 

真姫(勝手にショック受けて・・・馬鹿みたい) 

真姫(・・・・・・・)ペラ 

真姫(にこ「真姫ちゃん、大好き」) 

真姫(・・・なによ、誰よこんなの書いたの) 

真姫(現実はこんなにうまくいかないのよ・・・)


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 21:42:06 ID:DhVHEeyD0

にこ自宅 

にこ(・・・真姫ちゃん、にこのこと嫌いになったかな) 

にこ(・・・気持ち悪いって) 

にこ(あんなの買わなきゃ良かった、想像の中の幸せが漫画になってたからつい・・・) 

にこ(友達だって思い込みきれなかったにこが悪いわ) 

にこ(自分のキャラを内面から作りきれないなんて、アイドル失格だわ) 

にこ(・・・・明日からどうしよう)


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 21:51:32 ID:DhVHEeyD0

翌日 一年生の教室 

凛「真姫ちゃーん!もう大丈夫かにゃ?」 

真姫「うん、だいぶマシになったわ」 

花陽「真姫ちゃんもにこちゃんも調子が悪いなんて、風邪がはやってるのかな」 

真姫「・・・にこちゃんも?」 

凛「そうなんだにゃー、おとついも昨日もしんどいって帰っちゃったにゃ」 

花陽「しんどいなんてめったに言わないのに よっぽど体調が悪いのかな」


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 22:00:02 ID:DhVHEeyD0

真姫(・・・休むほどに気持ち悪かったのかしら・・・) 

真姫(いや、にこちゃんに限ってそんなことで休むわけないわ) 

真姫(きっと本当に体調が悪いんだ) 

真姫(・・・・・・) 


花陽「そうそう、真姫ちゃん、昨日振り付けが少し変わったから今日の練習はできれば来てね」 

真姫「あ、 わかったわ・・・」


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 22:15:43 ID:DhVHEeyD0

放課後 

穂乃果「えー!にこちゃん、今日もお休み!?」 

絵里「そうなのよ、今日は学校も休みなの」 

真姫「!」 

海未「どうしたんでしょう・・・らしくないですね」 

凛「いつも元気すぎるにこちゃんが」 

穂乃果「昨日もフラフラしてたもんねぇ私が真姫ちゃんの話ではしゃぎすぎて疲れさせちゃったのかなぁ」 

真姫「、私の話?」 

穂乃果「うん、ゴミ箱の本の話をしてからすごくしんどそうにしてたんだ」 

穂乃果「にこちゃんがしんどいのに気付かずに私が騒いだかもしれないよぉ」 

海未「にこはその前から様子がおかしかったです 穂乃果のせいではありませんよ」


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 22:22:14 ID:DhVHEeyD0

真姫(やっぱり私のせいなんだ!) 

真姫(私があの本を持って帰ったのもにこちゃんにばれたんだわ!) 

真姫(それで、本の中の私だけではなく、実際の私にもそのような願望があることがなんとなく解ってしまったのね・・・)オロオロ 

ことり「・・・真姫ちゃん?」 

海未「真っ青ですわ」 

真姫「・・・・・私も、やっぱり帰るわ」 

穂乃果「そっか、今の風邪はしつこいみたいだからね、ゆっくりしてね、真姫ちゃん」 


希「・・・・・・」


233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 22:41:56 ID:Ey2V0Np20

廊下 


真姫(もうにこちゃんに会えないわ) 

真姫(私の思いがにこちゃんのを学校を休ませるくらい傷つけてしまったわ・・・) 

真姫(スクールアイドルもやめなきゃ・・・私がいたらにこちゃんは来れないわ にこちゃんからアイドルを取ってはいけないわ・・・・) 

真姫(・・・)グス 



希「まーきちゃん」 

真姫「きゃ!」


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 22:45:15 ID:Ey2V0Np20

希「えらい悩んでるやん?」 

真姫「! た体調が悪いだけよ!」 

希「ほんまに~? カードはそんなこと言うてへんけどなぁ?」 

希「一人で悩み作って一人で深くして一人で絶望してる」 

希「そんな面倒な子が2人もおるってさ」 

真姫「!」


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 22:52:11 ID:Ey2V0Np20

真姫「2人?」 

希「ちゃんと確かめたん?」 

真姫「え?」 

希「なんのことかうちは詳しくはわからんけどな、正しい情報もなしに、憶測で判断していいことないで」 

希「真姫ちゃんにとって嫌な結果でもいいやん」 

希「あかんかってもそれを糧に次に進める時が絶対来る 確かめんと逃げてずっとあの時こうしていればってうじうじしてるよりずっと成長できる」 

希「うちはそう思うで」


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 22:56:43 ID:Ey2V0Np20

真姫「・・・・わからないわよ希には」 

希「まぁ、うちの体験談や 心の隅に置いといて」 

真姫「・・・・」 

希「素直に!ってカード言うてんでー ほなうちは練習行くわぁ~ 」 



真姫「・・・・・」


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:02:19 ID:Ey2V0Np20

にこ自宅 

にこ「37.5℃」ゴホゴホ 

にこ「だいぶマシになってきたわ」ゴホゴホ 

にこ(今日は真姫ちゃんに会わなくていいのは良かったけど) 

にこ(これからどうしよう ずっと顔を合わさない訳にもいかないし) 

にこ(でもにこと一緒にいるの嫌だろうし アイドルやめなきゃいけないのかな・・・・) 

にこ(あーーー嫌だ もう何も考えたくない)


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:08:06 ID:Ey2V0Np20

ピンポーン 

にこ「どーせ新聞よ 無視無視」 

ピンポーン 
ピンポーン ピンポーンピンポーン 
にこ「うるさいなぁ!」 

にこ「もう誰よ!」ガチャ 

真姫「あ・・・」 

にこ「!真姫ちゃん!」 

真姫「・・・風邪だってきいたから、その、」 

真姫「・・・・・」 

にこ「・・・とりあえず、あがって」


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:14:48 ID:Ey2V0Np20

真姫(マスクしてる 本当に風邪だったんだ) 

にこ(気まずい・・・なんの用事で来たのかしら、あの本のことかしら) 

にこ「わ、わざわざ来てくれたのねーやっぱりみんなのアイドルにこにーがいないと部活どころじゃないわよね!」 

真姫「ん・・・そうね、そうなのかもね」 

にこ(! え、なに!?) 

真姫「にこちゃん、私あの本読んだわ」 

にこ「えっ!!!!あっ!!あれね!うん!あれね!置いてあったのよ!にこが部室に行ったら置いてあって・・・!」


268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:22:46 ID:Ey2V0Np20

真姫「・・にこちゃん気持ち悪いって言ってたね」 

真姫「・・・・私は・・」 

にこ「にっ、にっこにっこにーー!」 

真姫「!?」 

にこ「にこ、なんのことかわからない!そんなのいいじゃない、もう、そんな話やめましょう!ね!」 

にこ(ふられるパターンだ!酷ければ絶交だ!曖昧にしてしまおう!なかったことにしてしまおう!) 

にこ「それより真姫ちゃん、今日は部活はさぼり?だめだなー!にこにーがいなくてもちゃんと・・・」 

真姫「うっ・・・ひっく・・・」ボロボロ 

にこ「!」


274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:28:18 ID:Ey2V0Np20

にこ「ちょっと真姫ちゃん!」オロオロ 

真姫「私は・・・私は・・・」 

真姫「あの本は気持ち悪いとは思ってないわ」 

真姫「本の私が羨ましいわ」 

真姫「私もにこちゃんに好きと伝えたいのに」 

にこ「!」 

真姫「・・・・ごめんねにこちゃん、気持ち悪い思いをさせて」


281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:32:48 ID:Ey2V0Np20

真姫「黙ってようと思ったんだけど ごめんね 我慢できなくなっちゃったの 我儘よ」 

真姫「・・・帰るわね」 

にこ「真姫ちゃん!待って!」ギュ 

にこ「あれはにこが買ったの!」 

にこ「真姫ちゃんとこういう風になれたらいいなって、買ったの!」 

にこ「気持ち悪いなんて思ってないわ」


285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:37:54 ID:Ey2V0Np20

真姫「にこちゃん・・・本当に・・・?」 

にこ「真姫ちゃん・・・」ギュー 

真姫「私たち、馬鹿みたいね、にこちゃん」 

チュー 

真姫「・・・あんなことができるかわからないけど、頑張るわ」 

にこ「え?」 



スレタイ



287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:39:41 ID:oqvDKFpW0

盛り上がってまいりました


289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:41:23 ID:CvUZAT9t0

きたか



292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:44:04 ID:Ey2V0Np20

翌日 部室 

穂乃果「今日は全員集合だね!にこちゃんも真姫ちゃんも、もう大丈夫?」 

真姫「え、えぇ、大丈夫よ」ソワソワ 

にこ「」ソワソワ 

海未「なんだかふたりとも様子がおかしいですよ?本当に治りましたか?」 

にこ「大丈夫よ!にこはいつでも元気よっ!」


293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:48:05 ID:Ey2V0Np20

希「うまく行ったみたいやなぁ、えりち」 

絵里「そうね、本当 見てられなかったもんね」 

希「昔のうちらみたいやったもんなぁ」 

絵里「!もう!希!」 

希「うふふふ」 



穂乃果「よし、じゃあ屋上行くよー!今日もがんばろう!」


295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:53:44 ID:Ey2V0Np20

真姫「にこちゃん、ちょっと待って」コソ 

にこ「ん?」 


にこ「みんな先に行っちゃったよ」 

真姫「にこちゃん、昨日の約束覚えてる?」 

にこ「・・・・本当にするわけ?」 

真姫「・・・にこちゃんの本の通りにするって言ったじゃない 」 

にこ「・・・言ったけどぉ」 

真姫「今日は第二話、部室でよ」 

真姫「私にそーいうことされたいなって思いながら買ったのよね、あの本」


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 23:59:11 ID:Ey2V0Np20

にこ「そうだけど・・・やっぱり、思ったよりずっと過激だったというか、現実味がないっていうか・・・」 

真姫「だめよ、私、素直になるって決めたのよ」 

真姫「やりたいことはやるのよ」 

真姫「にこちゃん」ギュ


304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08 00:05:25 ID:j0qhKWYJ0

屋上 

凛「にゃーっ!見てみてかよちん!すごいすごい!ここからばっちり見えるよ!」 

花陽「わぁ・・・あの本そっくり」 

海未「あの子たち・・・部室であんな・・・まぁ・・・大胆な・・・」 

ことり「海未ちゃん、次双眼鏡かして!」 

穂乃果「私も私も!」 

海未「穂乃果は見てはいけません」 

希「あんなんも懐かしいわなぁ、えりち」 

絵里「もう、言わないで!」 


おわり





307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08 00:09:11 ID:+Tr3bH1n0

おつ


308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08 00:09:16 ID:a/AQQ3iG0

大事なところがないです 

ないです


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08 00:11:24 ID:268hV4I70

おつ
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。