Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  きんいろモザイク >  綾「茶色いアイツと宝物」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾「茶色いアイツと宝物」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:48:27.80 ID:cbPU6B9x0

~綾の家~ 

綾「……」カリカリ 

綾「はぁ……疲れたー」 

綾(おやつでも食べて息抜きしよう) 

綾(確か取っておいたプリンが冷蔵庫にあったはず……)ガタッ 

カサカサ…… 

綾「うん?」 

綾(今なにか聞こえたような……)

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:51:49.99 ID:cbPU6B9x0

綾(気のせいか……) 

カサカサ…… 

綾「……」 

綾(タンスの裏から聞こえる……)チラッ 

カサカサ…… 

綾「……っ!」 

綾「いやああああ!」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:54:35.92 ID:cbPU6B9x0

綾(ゴキブリだいっっきらい!) 

綾「あああー、どうしよどうしよ」 

カサカサ…… 

綾「こっちこないでええ!」バタバタ 

綾(ここ二階よ……?) 

カサカサ…… 

綾「助けてええええ! お母さああん! 陽子おおおおお!」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:56:53.89 ID:cbPU6B9x0

綾(そうだ、お母さんに退治してもらおう) 


~リビング~ 

綾「お母さん!」 

シーン 

綾「あれ? いないの?」 

綾「お母さーん!」 

綾(いないわ) 

綾(ああ、まずいわまずいわ) 

綾(どうすればいいの……?)


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 19:59:58.76 ID:cbPU6B9x0

綾(自分で立ち向かうしかないの……?) 

綾(まさか新聞紙丸めて戦うわけには……) 

綾(そうだ、殺虫剤……) 

綾(どこにしまってあったっけ……?) 

綾(最近使ってないから忘れちゃった……っ!) 

綾(ああ、こうしている間にも私の部屋をゴキブリが這いまわって……)ゾクゾク 

綾「いやああああ!」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:02:32.50 ID:cbPU6B9x0

綾「はあ、はあ……」 

綾(落ち着くのよ綾……) 

綾(こういうときは、どうすれば……) 

綾(誰かを呼べば……そうよ!) 

綾(陽子、陽子なら虫は平気そうだわ) 

綾(陽子の家に電話して、来てもらうのよ……)


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:05:14.45 ID:cbPU6B9x0

prrrr…… 

陽子「はい、もしもし」 

綾「はあ、はあ……」 

陽子「おい、どうしたんだ?」 

綾「今すぐ、私のうちへ……来て……」 

陽子「よ、よし分かった。ちょっと待ってて!」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:08:44.29 ID:cbPU6B9x0

ピンポーン 

綾(や、やっと来てくれたのね……) 

ガチャ 

陽子「綾! 大丈夫か!?」 

綾「う、うん、なんとか……」 

綾「ちょっと落ち着いてきたわ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:11:24.96 ID:cbPU6B9x0

陽子「なにがあったんだ?」 

綾「驚かないで、聞いてくれる?」 

陽子「うん」 

綾「じ、実は……」 

綾「私の部屋に、ゴキブリが……」 

陽子「うん、それで?」 

綾「私じゃどうしようもできないから、陽子に退治してもらおうと思って……」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:14:23.01 ID:cbPU6B9x0

陽子「へ?」 

綾「へ、ってなによ」 

陽子「もしかして私、それだけの為に呼ばれたの……?」 

綾「そ、それだけの為って……ゴキブリが、あのゴキブリが出たのよ!」 

陽子「はあ……」 

綾「はいこれ新聞紙。これ丸めて早く私の部屋に来て!」 

陽子「う、うん、わかった」 

陽子(私の心配を返してほしい)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:17:39.99 ID:cbPU6B9x0

綾「このドアを開けると私の部屋よ」 

陽子「いや、知ってるよ……」 

陽子「じゃあ、綾はここで待ってて」 

綾「うん」 

綾(で、でも陽子がゴキブリと戦ってる間に、見られたくないもの見られたら困るし……) 

綾「や、やっぱ私も入る!」 

陽子「なんで!?」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:21:02.92 ID:cbPU6B9x0

ガチャ 

陽子「おじゃまします」 

綾「い、今はどこかに隠れてるみたいね」ドキドキ 

…… 

陽子「……あのー」 

綾「え?」 

陽子「私にしがみつくの止めてもらっていい?」 

綾「はっ!?」バッ


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:24:10.49 ID:cbPU6B9x0

カサカサ…… 

綾「ひっ」 

陽子「出たな」 

陽子(実は私もあんまり得意じゃないんだよな) 

陽子(でも、綾の為だし……) 

陽子「えい!」バシッ 

陽子「避けられたか」 

綾「ひい、早くやっつけてぇー!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:27:38.67 ID:cbPU6B9x0

陽子「やあ!」バシッ 

カサカサ…… 

綾「ひい、こっち来た!」 

陽子「ほっ!」バシッ 

カサカサ…… 

綾「いやああああ!」 

陽子(うるさい)


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:30:13.25 ID:cbPU6B9x0

陽子「よっ……と」バシン 

陽子「ふう、やっと潰せたか」 

陽子「なかなかの強敵だった」 

綾「はあ、はあ……。やっと、終わったのね……」 

陽子「なんで綾のほうが疲れてるんだよ……」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:33:30.95 ID:cbPU6B9x0

綾「よ、陽子、ありがと」 

陽子「いや、別にいいよ」 

綾「なんだか、すごくかっこよかった」 

陽子「そ、そう?」 

陽子(ちょっと照れるな……) 

綾「まるでお父さんみたいに頼りがいがあったわ」 

陽子「それほめてるのか?」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:36:34.97 ID:cbPU6B9x0

綾「じゃあもう帰っていいわよ」 

陽子「いやいやちょっと待ってよ!」 

綾「どうしたの?」 

陽子「お礼のお茶ぐらいあってもいいと思うんですけど……」 

陽子(心配させられたんだし……) 

綾「そ、そうよね、ごめん」 

綾「じゃあおやつ取って来るわね」スッ 

ガチャ、バタン 

綾(今にして考えると、こんなことで呼び出して迷惑だったかも……) 

綾(来てくれてよかった……)


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:38:14.04 ID:ITYyClXT0

じゃあもう帰っていいわよはゲスい


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:39:16.34 ID:cbPU6B9x0

陽子(ゴキブリの後始末でもするか) 

陽子(新聞紙に丸めときゃいいよな)グルグル 

ガシャーン! 

陽子(あっ、タンスの上のかごが) 

陽子「ちょっと派手に戦いすぎたかな……」 

陽子(片づけてやるか……)ガサガサ 

陽子(あれ、かごになにか紙が貼ってある) 

宝物 

陽子(宝物か、ふーん……)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:42:12.53 ID:cbPU6B9x0

陽子(ん、これなんか見覚えあるな……) 

陽子(これもだ) 

陽子(なんだっけな……) 

陽子(えーと、そうだ!)


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:45:19.68 ID:cbPU6B9x0

陽子(このペンも、このキーホルダーも、綾の誕生日に私が買ってあげたやつだ……) 

陽子(綾、大切にとっといてくれてるんだな……) 

陽子(さて、片づけたし、元に戻すか) 

ガチャ 

綾「お待たせー、って」 

綾「な、ななななにしてるのよ///」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:48:54.82 ID:cbPU6B9x0

陽子「いや、落ちてきたからさ」 

綾「な、中身は……」 

陽子「片づけといたよ」 

綾「え……」 

陽子「そりゃあ落ちてきたら中身も散らばるだろ」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:51:07.78 ID:cbPU6B9x0

陽子「片づけてあげたんだから感謝ぐらいしてよ」 

綾「う、うん、ありがと……」 

綾「でも、中身見たのよね……///」 

陽子「うん、見た」 

綾「……///」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:54:31.72 ID:cbPU6B9x0

綾「も、もう!」バシッ 

陽子「なんだよ、痛いな」 

綾「だって、見るなんて信じられない……///」ポカポカ 

陽子「偶然だろうが!」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:56:51.65 ID:cbPU6B9x0

綾「これ陽子にあげるつもりだったけど、あげないもん!」 

陽子「おいしそうなプリン……」 

綾「はいこれお茶! 早く飲んで帰って!」 

陽子「な、なんでそんなに怒ってんだよ……」ズズー 

綾「もう……」パクパク


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 20:59:06.92 ID:cbPU6B9x0

陽子(なんか不機嫌みたいだし、やっぱ帰ったほうがいいのかな) 

陽子「お茶ご馳走さま。帰るよ」 

綾「うん、さよなら」 

陽子「……」 

ガチャ、バタン


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:02:04.23 ID:cbPU6B9x0

綾(宝物を見られた……) 

綾(ゴキブリは出るし、見られたし、ひどい一日だったわ) 

綾(ああ、恥ずかしい恥ずかしい!) 

綾「はあ……」 

シーン 

綾(……寂しい)


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:05:13.41 ID:cbPU6B9x0

綾(はっ! 私なんで陽子を帰しちゃったんだろ) 

綾(陽子はなにも悪いことしてないじゃない……) 

綾(虫退治までしてもらったのに……) 

綾(しかも陽子にあげる予定だったプリンも食べちゃったし……) 

綾(明日、陽子に謝らなきゃ)


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:08:21.56 ID:cbPU6B9x0

~翌日、教室~ 

綾「陽子、ごめん!」 

陽子「いきなりだな」 

綾「昨日せっかく来てもらったのに、あんな帰らせ方して」 

陽子「ああ……」 

陽子「私が綾の宝物見ちゃったからでしょ?」 

綾「そ、そうだけど」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:11:05.45 ID:cbPU6B9x0

陽子「私のほうこそ、見ちゃってごめんね」 

綾「も、もうそれはいいの。たまたまじゃない……」 

陽子「私嬉しかったよ。ああして大事にプレゼント保管してくれてて」 

陽子「綾って友達思いだね」ニコッ 

綾「っ! なによ///」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:14:06.91 ID:cbPU6B9x0

綾「別に陽子の為にとってあるんじゃないんだから……」 

綾「でも、私もそう、言ってくれて……嬉しいわ///」 


おわり


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:16:16.26 ID:yVuAtgxn0

文字だけでアイツはだめだ 



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/29(日) 21:07:53.67 ID:o02Sy7GZ0

アニメで陽子株が上がった理由がわかった気がする
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。