Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  アイドルマスター >  響「身長あと10cm伸びなかったけど」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響「身長あと10cm伸びなかったけど」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 22:53:19.15 ID:luDvXX7E0


── 4月初旬 765プロ事務所 ── 


P「我那覇響さん……だったね」 

響「うん! よろしくねプロデューサー!」 

P「こちらこそよろしく」 

響「自分のことは響でいいよ」 

P「そうか? じゃあ早速だが、響」 

響「なに?」 

P「今度から君のプロデュースを担当させてもらうことになった」 

響「ほんと? やっと自分にもプロデューサーがつくんだ」 

P「大変なのはこれからだぞ?」 

響「へっちゃらさー。自分、完璧だからな」 

P「……」 

響「ん? なんだ?」 

P「背伸びしなくていい」 

響「してないよ!」 

P「完璧って言うには、あと10cmは早いな」ポンポン 

響「頭ポンポンするなー!」

3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 22:55:34.64 ID:luDvXX7E0


うぅ、身長気にしてるのに……。 

ちょっと前まで小学生だった亜美と真美よりちっちゃいし……。 

そのうちやよいにも……。 


響「うがー! やめやめ!」 


貴音やあずささんぐらい……は無理かもしれないけど。 

10cmぐらいは軽く伸びて、あのセクハラプロデューサーを見返してやるぞ! 


春香「声が聞こえたけど、どうしたの響ちゃん?」 

響「セクハラプロデューサーに宣戦布告!」 

春香「あはは、セクハラって……」 

響「言っていいことと悪いことがある!」 

春香「ん~、たしかに言いにくいことを言う人だけど」 

響「だけど?」 

春香「それだけじゃないかなって……思う」 

響「……よくわかんない」 

春香「なんとなく、そう思うってだけだから」 

響「ふ~ん……」 


竜宮小町以外の9人は、みんなあのプロデューサーが担当するみたい。 

ほんとにそんなことできるのかな? 

ふふん、お手並み拝見だね。 



4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 22:57:22.35 ID:luDvXX7E0


── 4月中旬 765プロ事務所 ── 


ガチャ 

響「はいさーい!」 

いぬ美「わん!」 

雪歩「ひゃあぁぁぁぁ!?」 

響「うわっ!? どうしたの雪歩?」 

雪歩「い、犬……犬ぅ……」 

響「う、うん。いぬ美は犬だけど……」 

真「あはは、雪歩は犬が苦手なんだよ」 

雪歩「笑い事じゃないよぉ……」 

いぬ美「わんっ」 

雪歩「ひいぃぃぃ!?」 

響「いぬ美は噛んだりしないから大丈夫だよ?」 

雪歩「そういう問題じゃなくて……」 

P「おお? ずいぶん大きい犬だな」ナデナデ 

いぬ美「くぅん」 

P「よしよし、いい子だ。ほら、大丈夫だぞ雪歩」 

雪歩「む、無理ですぅ……」 



5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:00:57.95 ID:luDvXX7E0


響「プロデューサー、犬好きなの?」 

P「動物はだいたい好きだよ」 

響「そうなんだ。じゃあヘビとかも?」 

P「ヘビはさすがに無理」 

響「そ、そっか」 

真「ヘビはボクも苦手だなぁ」 

響「あはは、やっぱりそうだよね」 

雪歩「犬より、まだヘビのほうがいいよぉ……」 


へび香と……ワニ子のことは、もうしばらくみんなには黙っておいたほうがいいか。 


それにしても、プロデューサー動物好きなんだ。 

いぬ美も懐いてるし、悪い人じゃないのかな? 


ううん! まだわからないけどね! 



6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:03:26.21 ID:luDvXX7E0


── 5月上旬 駅前 ── 


響「あ! 春香、真、雪歩!」 

春香「響ちゃん、遅いよー」 

響「ごめん、みんなのゴハン作ってて……」 

真「響って一人暮らしじゃなかったっけ?」 

響「いぬ美の他にも家族がいるんだ」 

春香「動物?」 

響「うん」 

春香「わぁ、見たい!」 

真「ボクも!」 

響「あはは、また今度ね」 

雪歩「わ、私は遠慮するね」 

響「雪歩じゃなくてもびっくりすると思うけど」 

春香「?」 

真「?」 

響「そういえば千早は?」 

春香「誘ってはみたんだけど……ほ、ほら! 千早ちゃん、シャイだから」 

響「自分、話しかけようとすると睨まれるんだけど……」 

春香「ほ、本人はそんなつもりないと思うよ、うん!」 

真「千早は誤解されやすいからね」 

雪歩「そうだよね……うん、私も頑張って話しかけてみよう」 

真「雪歩もか!」 

春香「あはは……」 

響「その意気でいぬ美とも仲良くしてみない?」 

雪歩「ごめん、それは無理だよ!」 

響「なんで!?」 



7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:05:59.38 ID:luDvXX7E0


今日は歳の近い、事務所の高校生組でお出かけ。 

上京してから、同世代の友達と遊ぶ機会ってあんまりなかったから、集まるだけでもすごく楽しい! 

千早も来てほしかったなぁ……。 


自分、嫌われてないよね? 


春香「それにしても、あれだね~」 

響「あれ?」 

春香「アイドルが4人もいるのに、誰にも気づいてもらえないね~」 

響真雪「「「うっ」」」 

真「ま、まだまだこれからだよ!」 

雪歩「そ、そうだよね」 

響「プロデューサーが、もっと仕事を取ってきてくれれば……」 

春香「そんなこと言っちゃダメだよ。プロデューサーさん、あんなに頑張ってるんだから」 

響「う、うん」 


わかってるけど……あんまり仕事が無くて、レッスンばっかりやってるのも事実だし。 

仕事がもらえないと、プロデューサーを見返してやることだってできないよ! 


うん、見返してやりたいだけ。 

感謝なんかしてないからね! 



8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:08:22.93 ID:luDvXX7E0


── 5月中旬 レッスン休憩中 ── 


響「そ、それじゃいくよ、雪歩!」 

雪歩「う、うん!」 

響「千早!」 

雪歩「千早ちゃん!」 

千早「萩原さん、我那覇さん……なに?」 

響「あのさ、千早は自分たちのこと嫌い?」 

千早「え?」 

雪歩「ひ、響ちゃん。それはいきなりすぎるよ」 

響「そ、そっかな?」 

千早「……」 

響「あの……」 

千早「別に嫌ってなんかいないわ」 

響「ほんと?」 

雪歩「私のことも……?」 

千早「もちろん。二人とも嫌いになる理由なんかないし」 

雪歩「えへへ、よかった」 

響「じゃあさ、これからもっと仲良くしような!」 

千早「え、ええ」 



9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:11:10.71 ID:luDvXX7E0


P「お、ちょうどよかった。三人揃ってるな」 

雪歩「ひぁ!?」 

響「あ、プロデューサー」 

響「……って、なんで自分の後ろに隠れてるの、雪歩?」 

雪歩「急に声をかけられたからびっくりしちゃって……」 

響「あ~……苦手なの犬だけじゃないんだっけ」 

P「まあ、それはゆっくり慣れていけばいいさ」 

雪歩「はい……」 

千早「それで、なにか御用でしょうか?」 

P「ああ、これから当面、この三人で組んで活動してもらうことになった」 

響「ユニット?」 

P「いや、正式にユニットとして活動するわけじゃない」 

P「三人ともあくまでソロが主体だが、都合がつく限りスケジュールを合わせて活動してもらう」 

響「ふ~ん、自分は構わないけど」 

千早「決定事項ですか?」 

P「そうだ。もちろん社長には報告してある」 

千早「それなら、まあ……」 

雪歩「私は……一人じゃないほうが気楽かも」 

P「あ、暫定リーダーは雪歩な」 

雪歩「ええぇ!? 無理ですよぉ!」 

P「やる前から無理とか言わない」 

雪歩「そんなぁ……」 

千早「……」 

響「リーダーって言ってもユニットじゃないんだし、なんくるないさー」 

雪歩「ふぇぇ……」 



10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:13:17.60 ID:luDvXX7E0


── 6月上旬 イベント会場控え室 ── 


千早は思ってたほどとっつきにくくはないし、趣味は違うけど音楽の話とかは盛り上がる。 

必要以上に干渉されるのは嫌がるけどね。 

猫みたい、っていうと怒られそう。あはは。 


雪歩はリーダーなんてタイプじゃないし、見ててかわいそうになることもあるけど……。 

自分の欠点を自覚して克服しようと努力できるのは、素直にすごいと思う。 

だからプロデューサーは、雪歩にリーダーを任せたのかな? 


自分は……二人と一緒になにができるんだろ。 

わかんないや。 

こういうの、春香のほうが向いてると思うけど……。 


あーもー、あのプロデューサーの考えることは、わからないことばっかりさー! 


春香「響ちゃん、また難しい顔してる」 

響「うぇ!? 春香、戻ってたんだ」 

春香「うん、いま竜宮の出番」 

響「そっか」 

春香「悔しいけど、まだまだ竜宮にはかなわないよね」 

響「春香でも悔しいって思うことがあるんだ?」 

春香「どういう意味かな、それは?」 

響「あはは、ごめんごめん」 



11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:15:35.64 ID:luDvXX7E0


春香「ねえ、響ちゃん」 

響「なに?」 

春香「悩みがあるなら、プロデューサーさんに相談してみれば?」 

響「なっ……別に悩みなんか」 

春香「ふ~ん……」ジー 

響「う……」 

春香「響ちゃん、嘘つけないよね」 

響「うぅ……」 


自分って、そんなに顔に出てるのかな? 

そんなつもりないんだけど……。 


響「春香は、プロデューサーに相談したりするの?」 

春香「うん、よく話を聞いてもらってるよ。自分じゃわからないこととか、よく見てくれてるし」 

響「そうなんだ……」 

春香「一緒に相談しに行ってあげようか?」 

響「いいよ! 子供じゃないんだから」 

春香「あはは、頑張ってね」 

響「まだ相談するなんて決めてないってば!」 



12 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:18:14.49 ID:luDvXX7E0


── 6月下旬 765プロ事務所 ── 


響「千早」 

千早「……」 

響「千早!」 

千早「……なにかしら我那覇さん? 今、昨日買ったCDを聞いて……」 

響「それは後でいいでしょ? 今日の打ち合わせをしないと」 

千早「萩原さんと二人で決めてもらっていいわ。それに従うから」 

響「そういう問題じゃなくて! もう、雪歩もなにか言ってよ!」 

雪歩「う、うん。あのね、千早ちゃん……」 

千早「なに?」 

雪歩「あ、あの……」 

響「雪歩ぉ……」 

千早「なにもないなら邪魔しないでもらえるかしら?」 

雪歩「……」 

響「邪魔って……!」 

千早「私は馴れ合いがしたくてアイドルをやってるわけじゃ……」 

雪歩「千早ちゃん!」 

響「!?」ビクッ 



13 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:20:20.33 ID:luDvXX7E0


千早「な、なに萩原さん?」 

雪歩「それやめて!」 

千早「え?」 

雪歩「萩原さんとか我那覇さんとか……私たちと同じように名前で呼んで」 

千早「名前で?」 

雪歩「うん、名前で」 

響「そ、そうだよ。自分のこともいいかげん響って呼んでほしいぞ」 

千早「そんなの、いまさら……」 

雪歩「私は……アイドルとか事務所の仲間とか以前に、千早ちゃんのこと友達だと思ってる」 

千早「萩原さん……」 

響「雪歩……」 

雪歩「千早ちゃんは?」 

千早「……」 

雪歩「千早ちゃんが私たちのこと友達だと思ってないなら、これ以上なにも言わない」 

響「……」 

千早「私は……」 

雪歩「うん」 

千早「言わなきゃダメ……かしら?」 

雪歩「ダメだよ!」 

響「ダメ!」 

千早「うぅ……わかったわ」 

雪歩「……」ジー 

響「……」ジー 



14 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:24:02.07 ID:luDvXX7E0


千早「もちろん友達だと思ってる。はぎ……雪歩も響も」 

響「うん! 自分たち友達だよね!」 

ガバッ 

千早「きゃっ!? がな……響」 

雪歩「ふぁぁ……よかったぁ……」 

ヘナヘナ… 

響「ど、どうしたの雪歩?」 

雪歩「偉そうなこと言っておいて、友達じゃないって言われたらどうしようかって……」 

千早「……」 

響「……」 

雪歩「穴掘って埋まりたいぃ……」 

響「ふぅ……これがなければ、リーダーとしてかっこよかったのに」 

千早「ふふっ、そうね。このほうが雪歩らしいけど」 

雪歩「二人ともひどいよぉ!」 


でも、やっぱり雪歩はすごいなぁ。 

いつもは頼りないのに、いざとなるとしっかり自分たちのリーダーだもんね。 

本当に強いと思う。 

そろそろ、いぬ美とも仲良くなってほしいけど……。 


自分は……どうなのかな。 

雪歩を見てると、プロデューサーが最初に「背伸び」って言ったのも、なんとなくわかる。 


負けを認めるみたいで悔しいけど……ううん、春香も言ってたしね! 

プロデューサーと話してみよう、うん。 



15 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:27:55.04 ID:luDvXX7E0


── 翌日 765プロ事務所 ── 


響「プロデューサー、今いいかな」 

P「ああ、構わないけどなんだ?」 

響「プロデューサーには、自分が背伸びしてるように見えるんだよね?」 

P「ん? ああ、そんなこと言ったっけな」 

響「それって、なにか足りないものがあるってこと?」 

P「あ~……」 

響「あ! 今、身長って思ったでしょ!」 

P「オモッテナイヨー」 

響「棒読みだし!」 

P「気にしすぎだって」 

響「ふんっ! プロデューサーなんかに相談するんじゃなかった!」 

P「まあまあ、そう言うな。話ぐらいはしていってもいいだろ?」 

響「……イジワルしない?」 

P「シナイヨー」 

響「信用できないんだけど……」 

P「ははは……で、なんだ?」 

響「うん……」 



16 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:30:19.57 ID:luDvXX7E0


千早と雪歩は、なんでグループで活動させたのか、今ならわかる。 

雪歩がリーダーを任されたことも。 

確実に良い方向に結果が出てるからね。 


でも、自分はわからない。 

三人の中でなにができるのか。なにをすべきなのか。 

千早と雪歩のように、自分もなにか成長できてるのか……。 


実感できることがなにもない。 

自分だけ取り残されてるみたいで、少しだけ……不安。 

いや、ほんとに少しだけ。少しだけだよ。 


P「そうか……話はわかった」 

響「うん」 

P「最初はな、響じゃなくて春香を入れるつもりだったんだ」 

響「でも、それだと雪歩より春香のほうがリーダーっぽくなるよね?」 

P「だろうな。結局、俺も含めて春香に頼りっきりになるだけだ」 

響「それはわかるけど……」 

P「けど?」 

響「自分、春香より頼りないってこと?」 

P「少し違うな。響にしかできないことに期待したんだ」 

響「自分にしか、できない……?」 



17 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:32:14.37 ID:luDvXX7E0


響「それが聞きたいんだけど」 

P「教えない」 

響「なんで!?」 

P「もっと悩んで、自分で答えを出さないとな」 

響「もう、やっぱりイジワルだ!」 

P「ははっ、じゃあ意地悪ついでに」 

響「?」 

P「響がいてくれてよかったよ。ありがとな」 

響「え? えぇ!?」 

P「これからも頼むぞ」 

響「う、うん……わかった」 


やっぱり自分のことはよくわからない。 

プロデューサーの言ったこと、いつかわかるのかな。 


プロデューサーのことは、もっとわからない。 

でも、自分たちのことをちゃんと考えてくれてるのだけは、なんとなくわかった。 

どんな人なのか、もっといっぱい知りたいな……。 



18 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:36:11.61 ID:luDvXX7E0


── 7月中旬 ダンスレッスン ── 


響「ここで……タタンターン!」 

タタンターン 

響「……でしょ?」 

真「違うって。タンタターン!」 

タンタターン 

真「……だよ」 

響「それだと右足のステップがおかしい!」 

真「そっちこそ左足がずれてる!」 

ひびまこ「「ぐぬぬ……!」」 

雪歩「ふ、二人とも落ち着いて?」 

響「雪歩はどう思う!?」 

真「ボクのほうが合ってるよね!?」 

雪歩「いや、あの……私には速すぎてわから」 

真「ボクたち親友だよね!?」 

響「雪歩は自分たちのリーダーでしょ!?」 

雪歩「えぇ!?」 

響「親友だとなんなの!?」 

真「そっちこそ、リーダーだったらなんだよ!?」 

ひびまこ「「ぐぬぬぬぬ……!」」 

雪歩「そ、それとこれとは……」 

ひびまこ「「どっち!?」」 

雪歩「ふぇぇ!?」 



19 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:39:09.07 ID:luDvXX7E0


P「お、モテモテだな雪歩」 

雪歩「え?」 

響「あ、プロデューサー」 

真「プロデューサー、お疲れ様です」 

P「ん、お疲れさん。真と響、ちょっといいか?」 

真「はい?」 

響「なに?」 

雪歩「はぅぅ、助かったぁ……」 


雪歩、プロデューサーが近くにいても平気みたい。 

ちょっと前までは自分の後ろに隠れたりしてたのに。 

いつのまにそんな……。 


ふ、ふ~ん! 自分にはイジワルなのに、他の娘には違うんだ! 

別にどうでもいいけどね! 



20 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:41:35.07 ID:luDvXX7E0


真「なにむくれてるの、響?」 

響「別にっ!」 

真「?」 

響「それより、プロデューサーなんの話し?」 

P「ああ、真と響にオファーが来てる」 

真「仕事ですか?」 

響「え? どんな仕事?」 

P「テレビだ」 

ひびまこ「「おお!?」」 

P「二人のダンスパフォーマンスが買われたみたいでな」 

P「バラエティ番組内のダンスコーナーでレギュラーをもらえた」 

響「ほ、ほんとに!?」 

真「やった! すごいや!」 

雪歩「おめでとう、真ちゃん、響ちゃん!」 

ひびまこ「「ありがとう、雪歩!」」 

P「二人だけじゃない、これからみんな忙しくなるぞ」 

雪歩「は、はい!」 

響「うん!」 

真「望むところです!」 



21 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:43:01.19 ID:luDvXX7E0


最近みんなランクも上がって、着実に仕事は増えてきてはいたけど……。 

へへっ、やっと竜宮に負けないぐらい大きな仕事をもらえた! 

よしっ! もっともっと頑張るぞ! 


真「それじゃ、響!」 

響「うん、ケリを付けよう!」 

雪歩「え?」 

真「どっちのステップがいいか、雪歩に決めてもらう!」 

響「絶対にどっちかに決めてね!」 

雪歩「えぇ!?」 

P「ははっ、責任重大だな雪歩」 

雪歩「プロデューサーが決めてくださいぃ!」 

P「じゃ、あとは任せた」 

スタスタ 

雪歩「ほ、ほんとに行っちゃうんですか!?」 

ひびまこ「「雪歩!」」 

雪歩「うわぁぁぁぁん!」 



22 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:45:12.06 ID:luDvXX7E0


── 数日後 765プロ事務所 ── 


雪歩「え?」 

千早「……」 

響「自分たち、解散?」 

P「ユニットじゃないんだから、解散とは言わないな」 

響「でも、もうグループでの活動はしないって……」 

P「まず、単純にスケジュール調整の問題がある」 

P「三人ともランクが上がって、今後も仕事は増える見込みだ」 

響「たしかに、最近は忙しくなったけど……」 

雪歩「うん……」 

P「中には、個々のステップアップのために絶対に外せない仕事もある」 

P「三人のスケジュールを合わせようとするとな、そういう仕事を諦めることになりかねないんだ」 

千早「なるほど……」 

雪歩「……」 

P「三人とも、ソロでの活動メインが当初からの方針だしな」 

P「今のお前たちなら、もう大丈夫だろう」 



23 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:47:02.52 ID:luDvXX7E0


千早「自分ではわかりません。いえ、プロデューサーの判断は信じますが……」 

雪歩「わ、私も急に一人でなんて、自信が……」 

響「大丈夫さー!」 

千早「え?」 

雪歩「響ちゃん?」 

響「自分が一番近くで二人を見てきたからわかるよ! 大丈夫!」 

千早「……」 

雪歩「……」 

響「ね?」 

千早「なにが大丈夫なのか、よくわからないわ響」 

雪歩「ふふっ、響ちゃんらしいね」 

響「うん……ん?」 

千早「まあ、響がそういうのなら、きっと大丈夫ね」 

雪歩「そうだね」 

響「う、うん」 

千早「でも……響こそ、一人で大丈夫?」 

響「じ、自分は最初から一人で平気だったし!」 

雪歩「ほんとかなぁ? 響ちゃんが一番寂しがりだと思うけど」 

響「雪歩に言われたくないぞ!」 

P「あはは」 

響「笑うなー!」 



24 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:49:01.60 ID:luDvXX7E0


─── 

── 

 


P「千早と雪歩は?」 

響「帰ったよー」 

P「そうか、響はまだ帰らないのか?」 

響「うん、ちょっと話ししてもいい?」 

P「ああ、なんだ?」 

響「プロデューサーが言ってた、自分にしかできないこと……」 

P「……」 

響「自分、ちゃんとできたかな?」 

P「わからないか?」 

響「うん……」 

P「今の千早と雪歩を見て、どう思う?」 

響「変わったと思う。たぶん、いい方向に」 

P「そうだな。それは二人が自分を変えようとしたからだ」 

響「うん」 

P「そのきっかけを作って、それがいい方向に向かったのは響のおかげだよ」 

響「え? ほんとに?」 

P「ああ、自信を持っていい」 

響「そっか、へへっ」 



25 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:51:20.35 ID:luDvXX7E0


P「二人だけじゃなく、響も成長したしな」 

響「そうかな?」 

P「今の響なら、もう背伸びする必要もない」 


プロデューサーが最初に言ってたこと……。 

こう思うのはなんか悔しいけど……どうしてかな、すごく嬉しい! 

プロデューサーの言葉って、ほんと不思議だ。 


少しだけ、信頼してもいいかも……。 


P「これから忙しくなるぞ。覚悟は出来てるな?」 

響「自分完璧だから、なんくるないさー!」 

P「お、久しぶりに聞いたな、それ」 

響「そう?」 

P「あとは身長だけだな」 

響「うがっ!? このイジワル!」 


前言撤回! やっぱり信用できない! 



26 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:52:28.96 ID:luDvXX7E0


── 7月下旬 765プロ事務所 ── 


ガチャ 

響「はいさーい!」 

いぬ美「わん!」 

P「お、またいぬ美が一緒か」 

響「うん、今日は定期検診があったから」 

P「そうか。でも困ったな」 

響「?」 

真美「ひびきん、今日はいつもよりモフモフだね~」ナデナデ 

いぬ美「くぅん」 

響「そっちはいぬ美!」 

亜美「いぬ美、ちょっとちっちゃくなった?」ナデナデ 

響「自分、いぬ美じゃないぞー! って、頭撫でるなー!」 

P「お~い、二人ともそのぐらいにしとけー」 

あみまみ「「はーい」」 

響「もっとちゃんと注意してよ!」 

P「それは律子の仕事」 

律子「プロデューサー殿も一緒に、三人まとめて説教してあげましょうか?」 

P「それは亜美と真美の仕事だ。俺は今からミーティング」 

亜美「うあっ!? ずっこいよ兄ちゃん!」 

真美「真美たちを売る気か! この裏切り者ー!」 



27 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:54:15.23 ID:luDvXX7E0


P「あーあー聞こえなーい。さて、ちょっといいか響」 

響「あ、うん。さっきの困ったって、なにが?」 

P「今日の現場は、いぬ美を連れていけなくてな」 

響「そうなの? 今から帰って、また事務所に戻ってきてで間に合うかな?」 

P「そこまで余裕はないな」 

響「そっか、どうしよ……」 

小鳥「響ちゃんが戻ってくるまで、事務所で面倒見てますよ」 

響「いいの?」 

小鳥「いぬ美ちゃんなら、お利口さんだから大丈夫よね~?」 

いぬ美「わんわんっ」 

響「ありがとう、ぴよ子!」 

P「助かります、音無さん」 

小鳥「いえいえ」 

P「事務所のことは頼んだぞ、いぬ美」ナデナデ 

いぬ美「わんっ」 

P「雪歩は、あまり驚かさないでやってくれよ」ナデナデ 

いぬ美「くぅん」 

P「人間の言葉がわかってるみたいだなぁ」 

響「プロデューサーの言ってることは、たぶんわかってるよ」 

P「ほんとか?」 

いぬ美「わんわんっ」 


いぬ美だけじゃないよ。ハム蔵だってねこ吉だって、みんなそう。 

心が通い会えると信じられるかどうか……それだけ。 


プロデューサーは自分ではわかってないかもしれないけど、それができる人なんだ。 

ちょっと……嬉しいかも。 



28 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:55:43.65 ID:luDvXX7E0


── 移動中 社用車車内 ── 


響「ねえ、プロデューサー」 

P「なんだ?」 

響「今度……自分の家族に会ってくれる?」 

P「は? プロポーズか?」 

響「えぇ!? そうじゃなくて、ハム蔵とかいぬ美たちのことだよ!」 

P「ははは、わかってるって」 

響「もう、なんでそんなイジワルなんだ」 

P「可愛い子はからかいたくなる性分なんだよ」 

響「ふ~ん……って、ええぇ!?」 

P「いいね、そのわかりやすいリアクション。テレビ映えする」 

響「そうやって、すぐごまかす!」 

P「今度の休みにでも会わせてくれるか?」 

響「え? あ……うん。びっくりすると思うけど……」 

P「響の家族だろ? だったら大丈夫だ」 

響「うん!」 


へへっ、仲良くなってくれるといいな。 

あれ? ってことは、プロデューサーうちに来る? 

うわっ、急に照れくさくなってきたぞ……えへへ/// 



29 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:57:05.09 ID:luDvXX7E0


── 後日 ペットショップ ── 


P「おおう……」 

響「ね、びっくりしたでしょ」 


今日、自分はオフ。プロデューサーは半日だけお休みをもらえたって。 

せっかくだから、一日一緒にいたかったな…… 

なんて思ってないよ!? 思ってないからね! 


いつもお世話になってるペットショップにみんなを連れてきて、そこでプロデューサーと対面。 

一人暮らしのアイドルの部屋には、絶対に行けないって言い張ってた。 


自分にはすぐにイジワルするのに、そういうところは真面目なんだもん……。 

お料理なに作ってあげようかとか、色々考えてたのに……。 


P「ヘビは予想してたけど、ワニはさすがに想定外だった……」 

響「ワニ子は噛み付いたりしないから大丈夫だよ」 

P「噛み付かれたら最期だな、ははっ……」 

響「大丈夫だってば」 

店員「私たちでも、ワニ子ちゃんに慣れるのは苦労しましたから」 

P「慣れるものなんですね」 


ワニ子は、顔はおっかないけど優しい子だからね。 

プロデューサーが悪い人だったら、噛み付かれるかもしれないけど。 


それにしても……自分のことほったらかして、店員のお姉さんとばっかり話してない? 

なんかデレデレしてるし! 



30 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:58:09.19 ID:luDvXX7E0


店員「あら? 響ちゃん、やきもち?」 

響「ちがっ! そんなわけ……」 

P「?」 

響「うぅ……///」 


ちょっと時間はかかったけど、みんなプロデューサーと仲良くなれたみたい。 

店員のお姉さんともね! 


店員「また来てくださいね」 

P「ええ、ぜひ」 

響「むっ」 

P「なんだ?」 

響「なんでもない! ふんっ!」プイッ 

店員「ふふっ」 

P「?」 


もうプロデューサーなんか知らない! 



31 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/09(水) 23:59:18.37 ID:luDvXX7E0


── 8月上旬 ライブ会場控え室 ── 


変な感じ……。 

あれからプロデューサーと一緒にいると、変に意識してうまくしゃべれない。 

どうしちゃったんだろ、自分……。 


春香「はぁ……」 

響「あれ、どうしたの春香?」 

春香「あ、響ちゃん……」 

響「すぐに出番でしょ? なんか元気ないよ?」 

春香「響ちゃん……最近プロデューサーさんと仲良くなったよね?」 

響「べ、別にそんなことないけど」 

春香「そう? 最初の頃と全然違うよ」 


まわりからは、そう見えるんだ……。 

ご、誤解されないように気を付けないと! 



32 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:00:58.32 ID:tsMpn7d70


響「それで、プロデューサーがなに?」 

春香「うん。私、やっぱり……」 

響「やっぱり?」 

春香「……」 

響「……」 

春香「ごめん、やっぱりなんでもない!」 

響「そ、そう……」 


そっか……わかっちゃった。 

春香、プロデューサーのこと……。 


響「よ、よくわからないけど応援するよ!」 

春香「え?」 

響「春香は友達だもんね!」 

春香「うん……ありがとう、響ちゃん」 


春香は大切な友達。 

だから……これでいいんだ。 



33 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:02:24.80 ID:tsMpn7d70


── 翌日 テレビ局楽屋 ── 


真「今まで気づいてなかったの?」 

響「え?」 

雪歩「響ちゃん、それはさすがに……」 

響「えぇ?」 

真「千早も気づいてたよね?」 

千早「ええ、それはまあ……」 

響「ええぇ!?」 


千早まで春香の気持ちに気づいてたの!? 

自分、そんなに鈍いってことは……な、ないよね? 


響「とにかく、みんなで春香のこと応援してあげようよ!」 

真「う~ん……」 

雪歩「……」 

響「ね?」 



34 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:03:39.43 ID:tsMpn7d70


千早「それは、他人が口出しする問題じゃないと思うわ」 

響「え?」 

千早「春香が悲しむようなことには、もちろんなってもらいたくないけど……」 

響「だから……」 

真「ボクたちはアイドルだよ。簡単な問題じゃない」 

雪歩「うん、私もそう思う」 

真「もう、誰も顔も知らなかった頃とは違うしね」 

響「それは……」 

雪歩「私たちは、いつでも春香ちゃんを支えられるように、見守るしかないよ……ね?」 

響「う、うん……」 


自分たちはアイドル、か。 

恋愛なんてしちゃいけない……んだよね、うん……。 


真「それに、響だってさ……」 

千早「……真」 

真「あ……ごめん、これも大きなお世話だね」 

響「?」 


言いかけてやめられると気になるんだけど……。 

自分だって、なに? 

言われるようなこと、自分は別になにも……。 



35 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:05:35.85 ID:tsMpn7d70


── 8月中旬 765プロ事務所 ── 


響「プロデューサーは……」 

P「ん?」 

響「好きな人いる?」 

P「いるけど?」 

響「ふ~ん、やっぱりいな……いるんだ!?」 

P「そんな驚くようなことか?」 

響「え、いや……それって恋人?」 

P「違うよ」 

響「そ、そっか」ホッ 


あれ? 自分安心してる? 

う、うん! 春香のためだからね! 


響「あ、もしかしてペットショップのお姉さん!?」 

P「一度会ったきりだぞ……」 

響「それじゃ……自分の知ってる人?」 

P「ん~……まあ、そうとも言えるかな」 

響「知ってる人なんだ?」 

P「さぁね」 

響「ケチ!」 


知ってる人なら、春香の可能性はあるよね。 

他の誰かってこともあるけど……。 

たとえばその、じ…………な、なに考えてんのさ自分! 


そんなこと、あるわけないよ……。 



36 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:07:01.21 ID:tsMpn7d70


── 9月中旬 ライブツアー初日 ── 


響「みんなー! 今日は来てくれてありがとー!」 

ウオォォォォォォ…! 

真「今日はボクたちが最高のステージを用意したから……」 

雪歩「みんなも最後まで応援お願いします!」 

ウオォォォォォォ…! 

春香「……」 

響「は、春香」 

春香「え……あっ、それじゃいくよ! START!!」 


春香……気持ちがここにないみたい。 

アイドルとして、ステージの上では絶対にやっちゃいけないこと。 


でも……17歳の女の子が、ただ誰かを好きになっただけなのに……。 

それって、そんなに悪いことかな? 



37 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:08:18.27 ID:tsMpn7d70


春香「~~♪」 

響「~~~~♪」 


こんな春香、たぶん自分たちの誰も知らない。 

いつも自分たちを引っ張ってくれた春香が……一人だけ取り残されてる。 

隣にいるのに、手も声も届かないぐらい……。 


はるひび「「~~~♪」」 


ごめんね、春香。 

自分、春香に嘘をついてる。 


嘘って……え? なにを? 

なにも嘘なんて……ううん。 


春香「……」 

響「……」 


そっか、やっぱり自分も……。 



38 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:09:51.24 ID:tsMpn7d70


── ライブ終了後 控え室 ── 


P「みんな、お疲れさま」 

一同「「「お疲れさまでしたー!」」」 

P「充分に練習できる時間のない中、よくやってくれた……と言いたいところだが」 

一同「「「……」」」 

P「今日の出来はどうしたんだ、春香。今までで最低のパフォーマンスだったぞ」 

春香「はい……」 

響「ちょっ、そんな言いかた……!」 

P「響、お前もだ」 

響「え?」 

P「途中から意識が散漫になってたな。自覚は?」 

響「……うん、あるけど」 

P「だったら、次からは最後まで集中するんだ」 

響「……はい」 

P「春香は、今のままなら次のステージには出せない」 

一同「「「!」」」ザワ… 

雪歩「そ、そんなに厳しくしなくても……」 

響「そうだよ!」 

P「せっかく楽しみに来てくれたファンを失望させてもか?」 

雪歩「……!」 

響「それは……」 



39 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:11:23.45 ID:tsMpn7d70


春香「雪歩、響ちゃん、ありがとう……。でも、悪いのは私だから」 

響「……」 

春香「次までには、必ず気持ちを切り替えます」 

春香「アイドルとして、これ以上ファンの期待を裏切るようなことはしません」 

春香「だから、みんなと一緒にステージに立たせてください! お願いします!」 

P「……」 

一同「「「……」」」 

P「わかった、信じるよ」 

春香「ありがとうございます!」 

P「ただし、一人で抱え込まずに、必ず誰かに相談すること」 

P「俺に話しにくいことなら、律子でも音無さんでもな」 

春香「はい! あの……」 

P「なんだ?」 

春香「いま聞いてもらっていいですか?」 

P「ここでか?」 

春香「はい、今ここで」 

響「春香、なに言って……」 

春香「大丈夫だよ、響ちゃん」 

響「え……」 

P「わかった、聞くよ。なんだ?」 



40 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:12:36.79 ID:tsMpn7d70


春香「私は、プロデューサーさんが好きです!」 

響「!」 

一同「「「!」」」 

春香「返事を……聞かせてください」 

P「……」 

春香「……」 

一同「「「……」」」ゴクッ 

P「すまないが、春香の気持ちを受け入れることはできない」 

春香「はい……」 

響「あ……」 

一同「「「……」」」 

春香「えへへ、わかってました! ありがとうございました!」ペコッ 

P「いや……」 

響「春香……」 


たぶん、誰も悪くない……。 

ただ切なくて、もどかしくて……悲しいだけ。 

自分たちが……アイドルが恋をするって、そういうこと……。 



41 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:14:01.13 ID:tsMpn7d70


── 翌日 屋上 ── 


春香「わぁ~! 風が気持ちいいね!」 

響「うん……」 

春香「もう、響ちゃんがそんな顔しててどうするの?」 

響「だって……」 


たしかに、これじゃどっちが失恋したのかわからないけど……。 


響「春香……無理してない?」 

春香「全然! すっきりしちゃった!」 

春香「ほんと言うと、ふられるのわかってたし」 

響「だからって、そんな簡単に割り切れるものなの?」 

春香「割り切らなきゃいけないから、あそこで告白したんだよ」 


なんで、春香はそんなに強いの? 

自分だったら、春香と同じようになんて……できない。 


春香「響ちゃんも、そろそろ素直にならないとね」 

響「へ? なにが?」 

春香「ごまかさなくてもいいよ。私の恋敵なのに」 

響「こ、恋敵!?」 

春香「あ、私は脱落しちゃったか。あはは」 

響「べ、別にそんなことないし! なに言って……」 

春香「みんな気づいてるよ?」 

響「ぅえぇぇ!?」 



42 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:15:33.98 ID:tsMpn7d70


春香「ふっふっふ~」 

響「いや、それは……」 

春香「言い訳は聞きません!」 

響「えぇ~……」 


わかってるよ、自分だって! 

自分が誰を好きかぐらいはね! 


響「でも、春香だってまだ……」 

春香「うん、まだ好きだよ」 

響「ほら……」 

春香「そんなの関係ないけどね」 

響「え?」 

春香「響ちゃんが私を応援するって言ってくれたのは、ウソ?」 

響「違うよ! あれは本当に……」 

春香「わかってる、私もそうだもん」 

響「あ……」 

春香「響ちゃんは、大切な友達だから応援したい。それだけ!」 

響「春香……」 

春香「うん?」 

響「ありがと……」 

春香「うん! 私の分も頑張ってね!」 

響「そう言われると、ちょっと複雑だけど……」 

春香「あはは」 



43 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:17:05.55 ID:tsMpn7d70


響「春香は強いなー」 

春香「強くないよ。強がってないと心が折れちゃうもん」 

響「そっか……」 

春香「うん……」 

響「……」 

春香「……ひぅっ……ぅ……ぁ」ポロポロ 


悲しくないわけないよね……。 

とても大切な想いだったんだから……。 


こういうときは、思い切り泣いちゃったほうがいい。 

誰のためでもない、自分自身のために。 


響「春香……」 

春香「ん……?」ポロポロ 

響「自分も一緒に……ひぐっ、泣いていいかな?」グスッ 

春香「へへっ……響ちゃんの、泣き虫……」ポロポロ 

響「う、うっさい……ぅぁ……」ポロポロ 


二人で一緒に泣いて、自分たち強くなろう。 

これからなにがあっても、どんなことにも負けないように。 



44 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:18:41.24 ID:tsMpn7d70


── 10月10日 バースデーパーティ終了後 ── 


17歳の誕生日。 

今日、プロデューサーに告白する。 

この想いを押し込めたままアイドルを続けるなんて、自分にはできないから。 


春香みたく、みんなの前でできればかっこよかったんだけど……。 

やっぱり無理。 


自分は春香ほど強くないからね。背伸びしてもしょうがない。 

そうだよね、プロデューサー……。 


響「プロデューサー、今いい?」 

P「おう、17歳の誕生日おめでとう」 

響「うん、ありがと……」 

P「どうした?」 

響「うん……」 



45 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:20:19.79 ID:tsMpn7d70


響「プロデューサーは、春香から告白されて心が動かなかった?」 

P「ん? そうだな……」 

響「春香ってほら……可愛いし、すごくいい子だし」 

P「たしかにな」 

響「アイドルとプロデューサーだからダメ?」 

P「いや、それを考えなくても断ったよ」 

響「なんで?」 

P「前に響が聞いただろ? 好きな人いるのかって」 

響「えっ……あ」 


それは思い出したくなかったかも……。 

自分の気持ちを受けて入れててもらえるかもなんて、ほんの少しでも…… 

まったく期待してなかったわけじゃないけど。 


でも、やっぱり無理だよね、うん! 

それならそれで、自分の気持ちにけじめをつけないと! 


今よりもっと強くなって、前に進むために。 



46 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:21:33.65 ID:tsMpn7d70


響「プロデューサー!」 

P「なんだ?」 

響「自分はプロデューサーが好き!」 

P「おう、俺も響が好きだぞ」 

響「……」 

P「……」 

響「へ?」 

P「告白だろ? その返事だ」 

響「そ、そっか、自分のこと好きなんだ……」 

響「……って、好きぃ!?」 

P「いちいちいいリアクションするなぁ、響は」 


じ、自分はもちろん告白のつもりで言った。好きって。 

プロデューサーは、その返事で……好きって。 


響「プロデューサーが言ってた好きな人って……」 

P「もちろん響のことだ」 

響「そ、そうだったんだ……あはは///」 


な、なんかもう、どうしていいのかわからない。 

抱きついたりしちゃって……いいのかな? 

で、でもここ事務所だし……。 



47 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:23:09.44 ID:tsMpn7d70


P「わかってるとは思うが……」 

響「え?」 

P「響がアイドルである以上、俺は担当プロデューサー以上にはなれない」 

響「あ……」 

P「これだけは、な」 

響「うん……でも」 

P「ん?」 

響「もし、自分がアイドルをやめたら……」 

P「やめたいのか?」 

響「やめたくないよ! 今はまだ……やめたくない」 

P「俺も、響がIAを制覇するまではやめさせるつもりはない」 

響「IAを……」 

P「それまでは、今までどおりアイドルとプロデューサーだ」 

響「……」 



48 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:25:27.89 ID:tsMpn7d70


響「ひとつだけ……いいかな?」 

P「なんだ?」 

響「普通の女の子に戻れるまで、自分のこと好きでいてくれる?」 

P「もちろん」 

響「絶対に?」 

P「絶対に」 

響「うん! 自分もプロデューサーのことずっと好きだよ!」 

P「ああ、俺もだ」 

響「あは……///」 

ガチャ 

春香「えへへ、響ちゃんおめでとう!」 

響「は、春香!? それにみんなも?」 

P「お前たち、盗み聞きか?」 

真「そうです! しっかり聞いちゃいましたよ~」 

響「うぁ!?」 

P「マジか……」 

雪歩「こ、これはもう責任を取らないと」 

響「責任!?」 

P「おいおい……」 

千早「私たちの友達を泣かせたりしたら、許しませんよ?」 

響「千早……」 

P「もちろんだ。絶対幸せにする」 

響「は……」 

一同「「「おおー!」」」 



49 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:26:44.11 ID:tsMpn7d70


P「……」 

響「あはは……も、もうプロデューサー! みんなの前でそんなこと///」 

P「みんなの前だから嘘はつけないだろ」 

響「うん……///」 

一同「「「……」」」 

春香「ちょっと早くもノロケですよ、ノロケ……」ヒソヒソ 

真「これはもう、邪魔者は退散するしかありませんなぁ……」ヒソヒソ 

響「なにヒソヒソ話してるの?」 

春香「なんでもないよー」 

真「へへっ、お幸せに!」 

響「う、うん」 

雪歩「おめでと、響ちゃん!」 

響「あ、ありがと」 

千早「響なら大丈夫よ」 

響「うん!」 

春香「プロデューサーさん」 

P「なんだ?」 

春香「響ちゃんのこと、よろしくお願いします」ペコッ 

P「ああ、任せろ」 

響「春香……」 

春香「響ちゃん」 

響「なに?」 

春香「IA制覇だけは、響ちゃんにだって譲らないよ?」 

響「自分だって負けないさー!」 



50 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:27:58.11 ID:tsMpn7d70


── エピローグ ── 


あれから一年半。 

自分たちの後輩アイドルも増え、765プロも少しだけ様変わりした。 


自分と同期の仲間たちの何人かは、一足先に違う道に進んでいる。 

これからもアイドルを続けるみんな。引退したみんな。 

選んだ道はそれぞれだ。 


自分、我那覇響は高校の卒業と同時にアイドルを引退した。 

アイドルとしてやり残したことは、本当になにもない。 

同じ時間を過ごした仲間たちが、みんなそうだったように…… 

とても誇らしくて、ええと……ああもう、こういうの上手く言えない! 


とにかく最高の2年間だったさー! 

うん、これだけは完璧だったって断言できる! 


でも、もし…… 

もし、ひとつだけ心残りがあるとすれば── 



51 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:29:20.00 ID:tsMpn7d70


響「なんで16歳から1cmも身長が伸びないんだー!」 

P「1cmもか」 

響「1cmもだよ! 悪かったね!」 

P「縮んでないだけよかったじゃないか」 

響「全然フォローになってないよ!」 

P「ははっ、まだまだ10cm早いままだな」 

響「うぐっ……どうせ、もう伸びないよ!」 

P「そうか~」 

響「……ちっちゃくちゃダメ?」 

P「ま、急に大きくなったら、誰だかわからなくなるだろうしな」 

響「ふーんだ! そうやってイジワルばっかりするのは照れ隠しなんでしょ?」 

P「響が可愛いからな」 

響「う……///」 

P「んん?」 

響「うるさい、このイジワル!///」 



52 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 00:31:12.47 ID:tsMpn7d70


P「こんな奴は嫌いか?」 

響「ううん、大好き!」 



おわり 



53 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage] :2013/10/10(木) 01:14:52.57 ID:vBysH+F30


 
響かわいい
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。