Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  ストライクウィッチーズ >  芳佳「今頃、運動会やってるのかなぁ」エイラ「ウンドウカイ?」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳佳「今頃、運動会やってるのかなぁ」エイラ「ウンドウカイ?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 13:56:41.32 ID:eq2ODMIV0

芳佳「あ、エイラさん。独り言、聞こえちゃいましたか?」 

エイラ「バッチリな。で、ウンドウカイってなんだ? なにするんだ? なぁ」 

芳佳「えっと、扶桑の学校で行う体育行事です。楽しいんですよ」 

エイラ「ふぅん。スポーツ競技会みたいなもんか? それならスオムスにもあるぞ」 

芳佳「そうなんですか?」 

エイラ「大人数でアイス・ホッケーをやったりするんだ。大迫力なんだぞ」 

芳佳「一種目だけですか?」 

エイラ「普通はそうだろ?」 

芳佳「扶桑の運動会はいろんな種目・演技を決められたプログラム通りに進めていくんです」 

エイラ「一回の競技会で何種目もやるのか? ごちゃごちゃにならないか、それ?」 

芳佳「それがいいんですよ。お祭りみたいで」 

エイラ「そうなのか。どうでもいいけど。で、どんなことするんだ? なぁ」 

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 14:04:51.99 ID:eq2ODMIV0

美緒「この訓練メニューについてどう思う?」 

バルクホルン「少佐が考えたメニューだ。私からなんとも」 

美緒「遠慮するな。お前だっていつかは私と同じ立場になるときもある。こういうことを考えるのはバルクホルンにとっても有益なはずだ」 

バルクホルン「そうだろうか」 

美緒「そうだとも」 

バルクホルン「とはいえ、遠距離射撃や接近戦も考慮した訓練だ。文句のつけようがない。宮藤とリーネにとって、苦手な部分を補え、得意な部分を伸ばせる」 

美緒「理想的か?」 

バルクホルン「ああ。問題はない」 

美緒「そうか。では、これでやってみるか」 

エイラ「えー? そんなにやるのかー? 疲れる上に面倒だな」 

芳佳「話を聞くだけならそう思うかもしれませんけど、みんなでやると案外白熱するんですよ」 

エイラ「うそくさいなぁ。で、キバセンってなんだ? なぁ」 

美緒「食堂にいるのは宮藤とエイラか」 

バルクホルン「……エイラめ。楽しそうだな」 



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 14:12:42.21 ID:eq2ODMIV0

芳佳「騎馬戦っていうのはですね」 

美緒「――4人1組となり、3人が1人を担ぎ上げる。これを騎馬という」 

エイラ「あ、少佐」 

美緒「複数の騎馬を作り、編隊を組む」 

エイラ「シュバルムか」 

美緒「もっと多いがな。そして担がれた者の鉢巻を取り合う。これが騎馬戦だ」 

エイラ「へー」 

美緒「何故、騎馬戦の話をしている?」 

エイラ「宮藤がすげー自慢してくるからさぁ」 

芳佳「エイラさんが運動会について聞きたいっていうからじゃないですかぁー」 

エイラ「そうだったか?」 

芳佳「そうですよぉ」 

バルクホルン「少佐、ウンドウカイとはなんだ?」 

美緒「扶桑の体育祭。競技会みたいなものだ」 



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 14:18:17.10 ID:eq2ODMIV0

バルクホルン「なるほど。カールスラントでも似たような催しはあるな」 

美緒「しかし、多種目でやるようなことはないだろう? 運動会は我が扶桑海軍が独自に考案したものだから」 

芳佳「そうなんですか!?」 

美緒「そうだぞ、宮藤。知らなかったのか?」 

芳佳「知りませんでした」 

エイラ「大尉、運動会ってすごいんだぞ。こんなに種目があるんだ」 

バルクホルン「これを一日でやるのか?」 

芳佳「そうですよ」 

バルクホルン「煩雑なイベントだな」 

美緒「そんなことはない。一種目一種目決められた時間で行うからな」 

バルクホルン「規律を重視するのか」 

美緒「そんなところだ」 

バルクホルン「それはすばらしいな」 

エイラ「お、大尉が食いついたぞ」 



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 14:25:04.89 ID:eq2ODMIV0

バルクホルン「玉入れ……?」 

エイラ「玉入れっていうのはなぁ。高いところにかごをおいて、その中にボールを投げ入れる競技なんだって。で、入ったボールの数だけポイントが加算されるらしい」 

バルクホルン「ふむ……」 

美緒「宮藤の通っていた学校でも似たような競技しかやらんのか」 

芳佳「どこも同じだと思いますよ」 

美緒「各地域、各学校で特色がないと面白味に欠けるな」 

芳佳「こういうのはみんなと団結してワイワイ騒ぐのがいいんじゃないですか?」 

美緒「競技の内容ではないということか」 

芳佳「そうです」 

美緒「しかし、思い出すな。私もよく飴食い競争をしたものだ」 

芳佳「どうして飴食い競争なんですか?」 

美緒「魔眼を使って飴の位置をすばやく認識できるからだ」 

芳佳「あ、そうですか」 

バルクホルン「……」 

エイラ「でな、こっちのムカデ競争ってやつはぁ……大尉? 私の話きいてるか?」 



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 14:29:52.18 ID:eq2ODMIV0

美緒「宮藤はどの競技が好きだったのだ?」 

芳佳「私はやっぱり借り物競争が――」 

バルクホルン「少佐」 

美緒「どうした?」 

バルクホルン「この運動会は何人で行うものだ?」 

美緒「多ければ多いほどいいな。とはいえ、10人以上いれば形にはなる」 

バルクホルン「そうか」 

芳佳「どうかしたんですか?」 

バルクホルン「少佐、もう一度先ほどの訓練メニューを見せてくれ」 

美緒「ああ。構わんぞ。――これだ」 

バルクホルン「ありがとう」 

美緒「それがどうかしたのか?」 

バルクホルン「運動会。中々、興味深いな。一度に様々な訓練を行える」 

芳佳「え? そ、そうですか? 確かにいろんなことをしますからね」 

エイラ「嫌な予感がするゾ……」 



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 14:37:33.13 ID:eq2ODMIV0

バルクホルン「玉入れも遠距離射撃を想定しているとしか思えないし、騎馬戦に至ってはフォーメーションとインファイトの訓練を兼ねている」 

美緒「まぁ、見様によってはそうなるか」 

バルクホルン「しかも、参加者に規律まで重視させる。こんなにすばらしいイベントが扶桑にあったとはな。感心するばかりだ」 

美緒「はっはっはっは。母国のことを褒められるのは悪い気がせんな」 

バルクホルン「……少佐。やってみないか?」 

美緒「なに?」 

芳佳「え!? やるって、運動会をですか!?」 

バルクホルン「ああ。この催しは是非とも501に導入するべきだ」 

美緒「驚いたな」 

バルクホルン「何がだ?」 

美緒「遊戯会の一種だぞ? それをバルクホルンが取り入れようなどと言い出すことがだ」 

バルクホルン「少佐の訓練メニューとも類似する部分は多いからこそ、提案したんだが」 

エイラ「えぇー? 私たちだけでやるのかぁ?」 

芳佳「や、やるんですか? 運動会っ」 

エイラ「宮藤、目が輝いてるぞ」 



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 14:43:53.76 ID:eq2ODMIV0

美緒「ふむ……」 

バルクホルン「私たちだけでするのならそれほど大きな場所も必要ではないし、滑走路や訓練場、格納庫でも十分にやれるはずだ」 

美緒「そうは言ってもな」 

芳佳「さ、坂本さんっ!!!」 

美緒「な、なんだ!?」 

芳佳「や、やりましょう!! 運動会っ!!」 

美緒「だが……。エイラはどう思う?」 

エイラ「私は別に興味ないかんなぁ。やるなら参加するけど」 

美緒「他の者に意見を聞いても、想像はつくな」 

バルクホルン「ダメか?」 

芳佳「坂本さん!! おねがいしますっ!!」 

美緒「……前向きに検討してみよう」 

芳佳「わぁーい!! ぃやったぁー!!」 

エイラ「宮藤、ハイタッチだ。ハイタッチ」 

芳佳「やりましたよー!! エイラさーん!!」 



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 14:50:52.90 ID:eq2ODMIV0

美緒「こら、まだ決めたわけではないぞ」 

エイラ「やっぱり、最後はリレーだろ?」 

芳佳「勿論ですよー」 

エイラ「お昼休憩は弁当だな。宮藤、旨いものつくれよ」 

芳佳「まかせてくださいっ!! がんばります!!」 

エイラ「なぁ、この大玉ころがしって面白いのかぁ?」 

芳佳「みんなでやれば面白いですよー」 

エイラ「宮藤はそればっかだなぁ」 

美緒「やれやれ……」 

バルクホルン「ミーナのところに行こうか」 

美緒「バルクホルンもやる気だな」 

バルクホルン「特に綱引きに惹かれた」 

美緒「ほどほどにな」 

バルクホルン「分かっている。これは訓練だからな」 

美緒「……全く。子どもではないのだから、こんなことではしゃいで欲しくないのだがな」 



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 14:57:12.46 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「運動会?」 

バルクホルン「ああ。これだ」 

ミーナ「扶桑のスポーツ競技会のことね。坂本少佐から何度か話は聞いたことがあるけれど」 

美緒「私は飴食い競争が大得意だったのだ。やるなら是が非でも飴食い競争は種目にいれてくれ。確実に1位をもぎ取ってみせるぞ」 

ミーナ「うーん。この試み自体は面白いけど……」 

バルクホルン「宮藤も楽しみにしていた」 

ミーナ「そう」 

美緒「ただ遊ぶだけというわけではないし、息抜きのためと割り切れば悪いことではないはずだ」 

ミーナ「みんな日ごろからオンオフはきちんとできている気もするけれど」 

バルクホルン「宮藤の話によれば、チームワークも鍛えられるとのことだ。戦闘、フォーメーション、チームワークまで同時に鍛えられるんだぞ」 

ミーナ「そうねぇ」 

美緒「ミーナ」 

バルクホルン「ミーナ、考えてくれ」 

ミーナ「ちょ、ちょっと、そんなに迫ってこないで……」 

美緒「ミーナ、検討する価値は十分にあるはずだ」 



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 15:05:26.18 ID:eq2ODMIV0

芳佳「シャーリーさんはやっぱり100メートル走ですよね」 

シャーリー「当たり前だろ。というか、競争なら全部に出る。そして、あたしが優勝する」 

エイラ「シャーリー。それは違うぞ」 

シャーリー「なに? あたしにかけっこで勝る奴がいるっていうのか?」 

エイラ「運動会はチーム戦なんだ。シャーリー一人が活躍しても意味ないんだぞ」 

シャーリー「そうなのか?」 

芳佳「は、はい。個人競技は基本的に一人一種目までですから」 

シャーリー「そんなルールがあるのかぁ……。おいおい……。それじゃあ、どの競技に出ればいいんだ、あたしは……」 

リーネ「芳佳ちゃん、運動会はやることが決まったの?」 

芳佳「坂本さんとバルクホルンさんがやろうって言ってたから、絶対やるよ」 

リーネ「そうなんだ。私にできそうなのってどれ?」 

芳佳「リーネちゃんは玉入れなんてどうかな? 狙うの上手ならきっといっぱい玉を入れられると思うし」 

リーネ「それじゃあ、私は玉いれをがんばるねっ」 

ルッキーニ「リーネぇ。玉入れはあたしがやるからねっ」 

エイラ「ルッキーニも狙った的は外さないもんなぁ」 



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 15:12:41.74 ID:eq2ODMIV0

ルッキーニ「そうだよぉ!」 

芳佳「うーん。それなら、リーネちゃんとルッキーニちゃんが別チームになって競えばいいかな」 

リーネ「えぇぇ!?」 

ルッキーニ「よーし!! リーネ!! しょうぶだぁー!!」 

リーネ「そんなぁ! ルッキーニちゃんに狙撃で勝てるわけないよぉ」 

シャーリー「くそぉ……どれも楽しそうだぁ……。宮藤、せめて三種目ぐらいは出てもいいだろ?」 

芳佳「それをしちゃうとシャーリーさんのいるチームが有利になっちゃいますよぉ」 

シャーリー「でもなぁ……」 

エーリカ「――ふふん。なら、私とシャーリーが別のチームなら完璧だね」 

シャーリー「お、ハルトマン。どういう意味だ?」 

エーリカ「私ならシャーリーよりも早くゴールテープを切るね」 

シャーリー「ほう? 面白いなぁ。やるかぁ?」 

エーリカ「この、パン食い競争ってやつで勝負だぁー」 

シャーリー「望むところだぁ!!」 

エーリカ「ところで宮藤。これってパンの早食いだろ?」 



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 15:18:10.78 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「とにかく、みんなの意見も聞いてみてからね」 

美緒「聞くまでもないと思うがな」 

バルクホルン「ああ。宮藤はとても期待してたからな。運動会に思い入れがあるのだろう」 

ミーナ「あのね――」 

エイラ「サーニャは私と二人三脚だよなぁ?」 

サーニャ「二人三脚ってなに?」 

エイラ「足を紐で縛って一緒に走るんだ」 

サーニャ「こけそう」 

エイラ「大丈夫。そのときはシールド張ればいいんだし」 

サーニャ「そっか」 

ペリーヌ「ちょっと、宮藤さん。なんの騒ぎですの、これは!!」 

芳佳「あ、ペリーヌさんはどの競技にでますか?」 

ペリーヌ「はぁ? これは……運動会? とりあえず説明をきいてから決めますけど、参加することでメリットはありますの?」 

美緒「かなり盛り上がっているな」 

ミーナ「みんな……」 



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 15:24:44.14 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「みんな、ちょっと聞いてー」 

芳佳「ミーナ中佐!! ミーナ中佐はどの競技にでますか!?」 

ミーナ「宮藤さん。落ち着いて」 

芳佳「でも、早く決めないと出場枠が埋まっちゃいますけど」 

ミーナ「まだ運動会を開催すると決まったわけじゃありません」 

芳佳「え……」 

エイラ「中佐ぁ!! なんでだぁ!! いいっていったじゃないかぁ!!」 

ミーナ「言ってません」 

エーリカ「ミーナ、みんなでどれに出ようか話し合ってたんだぞ? 水さすなよぉ」 

ミーナ「ハルトマン中尉。いい? 私たちは今現在も戦闘待機中なのよ?」 

エーリカ「ミーナがだめって言っても、私はやるー!! 運動会やるー!!!」ジタバタ 

ルッキーニ「あたしもしゅるー!! 運動会しゅるー!!!」ジタバタ 

シャーリー「おいおい。駄々をこねるなって」 

ミーナ「静粛に!!!」バンッ!!!! 

ペリーヌ「ひっ」ビクッ 



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 15:32:10.80 ID:eq2ODMIV0

リーネ「あの、ダメなんですか?」 

ペリーヌ「当然ですわ。宮藤さんの話を聞いた限りでは、どうやら少し規模の大きな遊戯会のようですし。やる意味がありませんでしょ?」 

サーニャ「そう……ですか……」 

ペリーヌ「サ、サーニャさん!? そ、そんなに落ち込まなくても……」 

エーリカ「あぁー。ペリーヌがサーにゃん泣かしたぁ」 

ペリーヌ「泣かせてません!!」 

エイラ「サーニャ、嘘でも泣いとけって」 

ペリーヌ「エイラさん!! おやめなさい!!」 

美緒「ミーナ中佐、運動会については反対か?」 

ミーナ「反対というわけではないけれど……」 

バルクホルン「では、開催してもいいのだな?」 

ミーナ「話を勝手に進めないで。――私はただ、みんなが賛成なのかを聞こうと思っただけで」 

シャーリー「おい。誰か反対してるやついるのか?」 

ルッキーニ「いなーい!!」 

リーネ「わ、私も、芳佳ちゃんがやるなら、やりたいなー……なんて思ってます……けど……」 



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 15:41:28.72 ID:eq2ODMIV0

ペリーヌ「坂本少佐は、どうなのですか?」 

美緒「私か。飴食い競争があるのなら、参加させてもらうつもりだ」 

芳佳「ありますよー」 

美緒「そうかぁ。ならば、私が一肌脱ぐしかあるまい。はっはっはっはっは」 

ペリーヌ「分かりましたわ。運動会なるもの、わたくしペリーヌ・クロステルマンも参加してさしあげますわ」 

エーリカ「パン食い競争、でたーい」 

バルクホルン「純粋な力比べができるという綱引きには是非とも死ぬ前に経験しておきたい」 

サーニャ「わ、私は、その……みんなとあそ……いえ、みんなと何かができるなら、やります」 

エーリカ「だよねー? みんなで遊びたいよねー」 

サーニャ「いえ、遊びたいんじゃないくて、みんなで何かをしたいだけで……」 

シャーリー「かけっこはまかせろー」 

ミーナ「とにかく、反対する人はいないということね」 

美緒「だから言っただろう。聞くだけ無駄だとな」 

ミーナ「……わかりました。では、運動会を開催しましょうか」 

芳佳「わぁー!!」パチパチパチ 



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 15:50:44.07 ID:eq2ODMIV0

バルクホルン「場所は滑走路および訓練場、格納庫だ。広さも申し分ない」 

ミーナ「種目のほうはどうなっているの?」 

芳佳「はい。定番のものを揃えました!! 大丈夫です!!」 

美緒「あとは紅白のチームに分かれなくてはならんな」 

エーリカ「チーム・レッドとチーム・ホワイトか。それぞれのチームリーダーはどうするの?」 

ミーナ「そうね。私や坂本少佐よりは、別の人が指揮官になったほうがいいかもしれないわね」 

エイラ「待ってくれ。ここはやっぱり、扶桑出身者がリーダーのほうがいいんじゃないか?」 

美緒「ほう?」 

芳佳「えぇぇぇ!?」 

シャーリー「お。そりゃ、いいな。少佐と宮藤。どっちが指揮官として上なのか、興味あるぞ」 

芳佳「そ、そんなの坂本さんに決まってますよぉ!!」 

美緒「はっはっは。宮藤、やる前から逃げ腰でどうする。私とて人間だ。付け入る隙はいくらでもあるぞ」 

芳佳「私から見ればないですよぉ!!」 

ミーナ「異論がないなら、宮藤さんと坂本少佐が各チームリーダーということでいいかしら?」 

芳佳「そんなぁ!!」 



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 15:58:42.06 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「では、チームわけだけど……」 

ルッキーニ「あたし、よっしかぁー!!」 

芳佳「あ、ありがとう。ルッキーニちゃん」 

リーネ「わ、私も……」 

ルッキーニ「えー!? リーネはあたしと玉入れで勝負するんでしょ? リーネは少佐のチームっ」 

リーネ「わ、私、芳佳ちゃんと戦いたくないのに……」 

美緒「気にするな、リーネ。好きなほうを選べ」 

リーネ「あ、えっと……」 

シャーリー「あたしは少佐のチームにしようかな」 

美緒「シャーリーが自軍だとなんとも心強いな」 

シャーリー「まぁ、任せてくださいよ。競争なら誰にも負けませんから」 

美緒「期待している」 

エーリカ「なら、私は宮藤のチームだ」 

芳佳「よかった! ハルトマンさんがいてくれると助かります!!」 

エーリカ「でしょー? まぁ、期待しててよ。パンぐらい一口で食べるから」 



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 16:05:02.57 ID:eq2ODMIV0

ペリーヌ「わたくしは!! 少佐の剣となりますわ!!」 

美緒「頼むぞ、ペリーヌ」 

ペリーヌ「はぁい!!」 

エイラ「私は……サーニャはどっち側につくんだ?」 

サーニャ「芳佳ちゃんにしようかな」 

エイラ「なら、私も宮藤側につくか」 

サーニャ「エイラ」 

エイラ「な、なんだ?」 

サーニャ「私はエイラと競争してみたいわ」 

エイラ「な……!?」 

サーニャ「エイラと真剣に何かで競い合ったことってないから」 

エイラ「サーニャ……。うん。そうだな。サーニャが宮藤側にいくなら、私は少佐側につく。今からは敵同士だゾ」 

サーニャ「うん」 

バルクホルン「早く決めろ。何をやっている」 

芳佳「あの、バルクホルンさんは私のチームなんですか? 私の傍にいますけど」 



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 16:13:02.27 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「決まったかしら?」 

美緒「ミーナはどうする?」 

ミーナ「私は審判役をするわ」 

美緒「いいのか?」 

ミーナ「みんなが一斉に遊ぶわけにはいかないもの」 

美緒「……すまんな」 

ミーナ「気にしないで。これが隊長の務めだから」 

美緒「だか、一応私のチームにいろ。好きなときに参戦することができるからな」 

ミーナ「ありがとう。そうするわ」 

ルッキーニ「リーネは少佐とぉ!」 

リーネ「わ、私も芳佳ちゃんと一緒がいいのに……!!」 

シャーリー「こら、ルッキーニ。もういいだろ?」 

ルッキーニ「だって、こんな機会でもないとリーネと勝負なんてできないのに」 

リーネ「ルッキーニちゃん……」 

ルッキーニ「リーネ、あたしと戦ってほしいな」 



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 16:18:17.92 ID:eq2ODMIV0

芳佳「リーネちゃん、どうする?」 

リーネ「……ルッキーニちゃんは芳佳ちゃんのチームがいいの?」 

ルッキーニ「うんっ」 

リーネ「そっか。――芳佳ちゃん」 

芳佳「なに?」 

リーネ「ごめんね。私、坂本少佐のところに行く」 

芳佳「リーネちゃん……」 

リーネ「芳佳ちゃん。大好きだよ」 

芳佳「リーネちゃんっ!」 

リーネ「……バイバイ。芳佳ちゃん」 

芳佳「あぁ……!」 

エーリカ「リーネ!! 容赦しないからな!!」 

バルクホルン「敵に情けなどかけないぞ」 

ルッキーニ「うじゅー!!!」 

リーネ「はい。よろしくお願いします」 



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 16:26:59.94 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「チーム分けも済んだわね。運動会の詳しい日程は後ほど決めて、みんなに伝えるわ」 

美緒「サーニャの体に負担がないようにしなければな」 

ミーナ「そうね。みんな、運動会が楽しみなのはわかるけれど、通常任務が最優先であることは絶対に忘れないでね」 

バルクホルン「了解!!」 

ミーナ「以上、解散」 

リーネ「芳佳ちゃーん!!」 

芳佳「リーネちゃん!!」 

リーネ「敵同士でも私のこと嫌いにならないでね!?」 

芳佳「ならないよ!! お互い、がんばろうね!!」 

リーネ「うんっ!!」 

ペリーヌ「ふん。坂本少佐が率いるわたくしたちのチームが敗北することなど、ありませんわね」 

シャーリー「バルクホルン、不正はなしだぞ?」 

バルクホルン「それはこちらの台詞だ、リベリアン」 

エイラ「サーニャはなににでるつもりだ? 私はサーニャの出る競技に出るからな。何がなんでもでるかんな。真剣勝負をするために」 

サーニャ「うん。決まったら伝えるね、エイラ」 



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 16:36:15.84 ID:eq2ODMIV0

チーム・レッド 作戦会議室 

エーリカ「食パン一斤の早食いはちょっと厳しいかなぁ」 

バルクホルン「パン食い競争はそういう競技なのか?」 

サーニャ「ふわぁぁ……」 

ルッキーニ「芳佳、おそいねー」 

サーニャ「そうね。ミーナ隊長に呼ばれたみたいだけど」 

バルクホルン「運動会の日程や注意事項等を詳細を聞いているのだろう」 

ルッキーニ「早く出場種目きめたぁーい」ジタバタ 

エーリカ「私もきめたぁーい」ジタバタ 

バルクホルン「二人して何をしている!! 宮藤の部屋で暴れるな!!!」 

芳佳「――お待たせしました!!」 

ルッキーニ「おぉぉ!! よしかぁ!!」 

エーリカ「ミーナはなんだって?」 

芳佳「丸一日は時間を使えないから、種目は最低限にしてほしいとのことでした。開催は一週間後です」 

バルクホルン「それで、競技種目はどうなった?」 



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 16:44:48.86 ID:eq2ODMIV0

芳佳「坂本さんと絞りに絞ったんですけど……。これがリストです」 

エーリカ「なになに?」 

個人戦 
・徒競走 100メートル 
・パン食い競争 
・飴食い競争 
・玉入れ 
・綱引き 

団体戦 
・騎馬戦 
・5×100メートルリレー 

バルクホルン「よし、綱引きがあるな」 

芳佳「もちろんです。ただ、競技数の関係上、個人戦のほうになっちゃいましたけど」 

バルクホルン「何をいう。綱引きなんて個人戦でいいだろう」 

ルッキーニ「あたしはたっまいれー!!」 

エーリカ「私はパン食い競争だぁー!!」 

芳佳「ま、まってください!!」 

エーリカ「なんだよぉ?」 

芳佳「坂本さんのチームのことも考えましょう。好きな競技を選んでいては勝てませんから」 



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 16:53:28.50 ID:eq2ODMIV0

バルクホルン「指揮官のいう通りだ。相手側がどの競技に誰をぶつけてくるのか予想しておくべだろう 

エーリカ「どういうことぉ?」 

バルクホルン「シャーリーがもしパン食い競争を選ばず、100メートル走に出場するならどうする? 奴に対抗できるのはお前しかいないのだぞ、ハルトマン」 

エーリカ「そうだけどさぁ。私はパン食い競争したいんだよ」 

バルクホルン「指揮官に従え」 

エーリカ「えぇぇ……」 

芳佳「ハルトマンさん」 

エーリカ「ん?」 

芳佳「シャーリーさんと勝負になるのは、ハルトマンさんしかいないんです。だから、お願いします!!」 

エーリカ「うーん……」 

バルクホルン「勝ちたくないのか」 

エーリカ「……わかった」 

サーニャ「芳佳ちゃん、私は飴食い競争がいいな」 

バルクホルン「私は綱引きだ!! 綱引きならば勝算しかない!!!」 

芳佳「あ、待ってください。私も考えてきたんで」 



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 17:03:52.52 ID:eq2ODMIV0

チーム・ホワイト 作戦会議室 

ペリーヌ「……」モジモジ 

エイラ「なにソワソワしてんだ?」 

ペリーヌ「だ、だって、少佐の部屋ですのよ?」 

エイラ「だから、なんだよ」 

美緒「――では、作戦会議を行う。リーネ」 

リーネ「はい。現在、各種目とその出場者の組み合わせで極めて確率が高いのは、パン食い競争にハルトマン中尉、そして綱引きにバルクホルン大尉になります」 

エイラ「大尉が綱引きなんて反則じゃないか」 

リーネ「でも他の競技にバルクホルンさんを充てるのは考えにくいですから」 

シャーリー「ハルトマンがパン食い競争は間違いないか」 

エイラ「あれだけ出たい出たいって言ってたし、ほぼ出場するだろ」 

シャーリー「おーし! なら、あたしはパン食い競争だ」 

エイラ「いいのか? 100メートルじゃなくて」 

シャーリー「ハルトマンと勝負するって約束だからな。そっちを優先するさ」 

美緒「ふむ。いくらハルトマンでもシャーリーのスピードにはついてこれんだろう。パン食い競争はもらったな」 



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 17:15:49.78 ID:eq2ODMIV0

美緒「ペリーヌ」 

ペリーヌ「は、はい!」 

美緒「お前には綱引きを頼みたい」 

ペリーヌ「よろこんで!!」 

リーネ「坂本少佐。私は……」 

美緒「分かっている。ルッキーニとの玉入れだろう?」 

リーネ「はいっ」 

エイラ「サーニャが出そうなのは……」 

美緒「私は飴食い競争だ。絶対に譲らん」 

エイラ「えぇ……。あぁ、それじゃあ、私は100メートル走だけか。サーニャがでるかなぁ」 

シャーリー「あとは騎馬戦とリレーの練習が必要だな」 

リーネ「そうですね」 

美緒「よし、早速騎馬をつくるぞ!!」 

エイラ「オォー」 

ミーナ「……本分は忘れないでね、みんな」 



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 17:23:52.07 ID:eq2ODMIV0

数日後 格納庫 

エーリカ「はいっ」 

バルクホルン「はっ!」 

サーニャ「はいっ」 

ルッキーニ「にゃっ!」 

芳佳「はいっ! 良い感じです。バトンの渡し方も慣れてきましたね」 

エーリカ「結構スパルタだなぁ、宮藤はぁ」 

芳佳「すいません。でも、やるからには勝ちたいですから」 

バルクホルン「謝ることはない。私も同じ気持ちだ」 

芳佳「バルクホルンさん……」 

シャーリー「運動会まであと3日。涙ぐましい努力をしているみたいだな」 

バルクホルン「シャーリー……!」 

美緒「いくら特訓しても、チーム・ホワイトの勝利は揺るがんぞ」 

ペリーヌ「そうですわ!! 諦めてフォークダンスの練習でもしていたほうがいいのではなくて?」 

リーネ「そ、そうです! だから、えっと、本気で戦いましょうね!!」 



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 17:30:38.28 ID:eq2ODMIV0

エーリカ「望むところだぁ」 

サーニャ「えと……吠え面かかせてあげる」 

エイラ「サーニャ!? どこでそんな言葉を覚えたんだぁ!?」 

バルクホルン「勝つのは我々、チーム・芳佳だ!!」 

芳佳「はい!!」 

シャーリー「ふんっ。見てろよ。音速の衝撃波ってやつを味わってもらうからな」 

ルッキーニ「べーっ! シャーリーの音速は非公式じゃん!!」 

シャーリー「負け惜しみかぁ、ルッキーニ? こわいんだろぉ?」 

ルッキーニ「こわくないぃ!!」 

バルクホルン「ルッキーニ、安い挑発に乗るな」 

エーリカ「きる、ゆー」 

美緒「ハルトマン。その立てた中指の代償は大きいものと思え」 

ミーナ「――みんな!! 敵襲よ!!! 出撃準備を!!」 

シャーリー「ネウロイか!! よしっ!! ルッキーニ!! 出るぞ!!」 

ルッキーニ「あい!! いこっ! シャーリー!!」 



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 17:41:03.45 ID:eq2ODMIV0

エーリカ「――たっだいまぁ」 

美緒「ハルトマン、助かったぞ。あのアシストがなければどうなっていたか」 

エーリカ「なんのなんの。少佐の指示がなかったら、こっちも危なかったし」 

シャーリー「あぁー、つかれたぁー。ルッキーニ、メシにしよう」 

ルッキーニ「うんっ」 

エイラ「サーニャ、怪我はなかったか?」 

サーニャ「大丈夫よ」 

ペリーヌ「ほら、エイラさん。今からは敵同士なのですから、馴れ合いは禁止ですわよ」グイッ 

エイラ「わかってるって。サーニャ、またあとでな」 

サーニャ「ええ」 

芳佳「リーネちゃーん、食堂いこー」 

リーネ「まってー、よしかちゃーん」 

ミーナ「……みんな器用ね」 

バルクホルン「来る日に向けて互いを煽りあっているだけだ。親密なままでは相手のことを想い本番で手を抜いてしまうかもしれないからな」 

ミーナ「その考えは立派だけど、効果はあるの?」 



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 17:48:55.29 ID:eq2ODMIV0

運動会前日 チーム・レッド 作戦会議室 

芳佳「ついに明日です!! 正確には明日の1130時からです!!」 

バルクホルン「待ちわびたぞ」 

エーリカ「長かったね。この一週間で501には大きな亀裂が入ったと言っても過言じゃないね」 

サーニャ「もう、もとの501には戻れないかもしれない」 

芳佳「それが運動会だから、仕方ないよ」 

サーニャ「悲しい」 

エーリカ「あんなに仲が良かった宮藤とリーネも今では目すら合わさなくなったね」 

バルクホルン「勝負の世界とはそういうものだ」 

リーネ『よしかちゃーん』コンコン 

芳佳「あいてるよー」 

リーネ「お邪魔します。リレーの走る順番は当日に決めていいみたい」 

芳佳「そうなんだ、ありがとう」 

リーネ「それじゃあね」 

芳佳「うん」 



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 17:56:38.76 ID:eq2ODMIV0

チーム・ホワイト 作戦会議室 

リーネ「すいません、遅れました」 

美緒「何をやっていた?」 

エイラ「リーネ、まさか宮藤たちに塩を送るような真似をしてたんじゃないだろうな」 

リーネ「まさか。そんなことしませんよ」 

シャーリー「だよな。あいつらはもう敵なんだ」 

ルッキーニ「シャーリー……すぅ……すぅ……」ギュゥゥ 

シャーリー「こういったらなんだけど、あたしはチーム・レッドを怨敵だと思ってる」ナデナデ 

ルッキーニ「ぅにゃぁ」 

美緒「シャーリー大尉の意見ももっともだな。宮藤たちは今や同士ではない。倒すべき敵だ」 

エイラ「ダナ」 

ペリーヌ「そうですわね。リネット参謀、明日の作戦についてもう一度確認しておきたいのですが」 

リーネ「はい。まず、第一種目の100メートル走はエイラさんですが、エイラさんの能力ならまず負けることはありません」

エイラ「相手はサーニャなんだよな?」 

リーネ「それは知りません。でも、エイラさんなら、大丈夫です」 



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 18:05:23.58 ID:eq2ODMIV0

翌日 滑走路 

ミーナ「えー、晴天にも恵まれてよかったですね。それでは選手宣誓を」 

バルクホルン「了解」 

エーリカ「トゥルーデ、がんばれー」 

バルクホルン「宣誓。我々第501統合戦闘航空団一同はウィッチとして恥ずかしくないように戦うことを誓う」 

ミーナ「はい。ありがとう。では、一応ルール説明をしておくわね。競技は個人5種目、団体2種目、計7種目」 

ミーナ「扶桑の運動会はポイント制みたいだけれど、今回は勝敗の数で競ってもらいます」 

エーリカ「つまり、勝ち星が多いほうが優勝だろ」 

シャーリー「ふん。全勝してやる」 

バルクホルン「できるものならな」 

美緒「綱引きがある時点で全勝は不可能だな」 

ミーナ「静かに。これより100メートル走を行います。出場者は準備をして」 

エイラ「よーし!! こい、サーニャ!!」 

エーリカ「どもども」 

エイラ「……」 



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 18:12:28.49 ID:eq2ODMIV0

リーネ「そんな……! ハルトマン中尉はパン食い競争じゃ……!!」 

シャーリー「ハルトマン!! あたしとの約束はどうしたんだ!!」 

エーリカ「約束? した覚えなんてないけど?」 

シャーリー「な、なに……!?」 

ペリーヌ「卑怯ですわ!!」 

美緒「なるほど。運動会開催前から既に計略を張り巡らせていたのか」 

エーリカ「やっぱり、頭も使わないとね」 

エイラ「サーニャは!? サーニャは何に出場するんだ!?」 

サーニャ「ひみつ」 

エイラ「くっ……私の相手が中尉なんて……」 

バルクホルン「勝ったな」 

ルッキーニ「やれー!! ぶっちぎれぇー!!」 

芳佳「ハルトマンさーん!! おねがいしまーす!!」 

エーリカ「まかせろぉ、宮藤ぃ」 

エイラ「リーネ!! どうしたらいいんだぁ!! 教えてくれぇ!!」 



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 18:17:27.68 ID:eq2ODMIV0

リーネ「少佐、次の飴食い競争ですが」 

美緒「心配いらん。魔眼がある限り飴食い競争で負けるわけがない」 

エイラ「……」 

ペリーヌ「エイラさん、ゴールの前にサーニャさんがいると思って走ればきっと実力以上の力がでますわ!!」 

シャーリー「エイラ!! 諦めるな!! 走りきれ!!」 

エイラ「……そうだな。ここまで来たんだ。やるしかない」 

エーリカ「凄い気迫だね。これは油断できない」 

エイラ「やるぞ……!!」 

ミーナ「いちについて」 

エーリカ「……」 

エイラ「……」 

ミーナ「よーい――」バァン! 

エイラ「うわぁぁぁぁ!!!!」ダダダッ!!! 

エーリカ「――シュトゥルム!!!!」ゴォォォォ!!!!! 

芳佳「ハルトマンさん、はやーい!!!」 



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 18:22:25.18 ID:eq2ODMIV0

サーニャ「――ゴール。ハルトマンさんの勝ち」 

エーリカ「どもども」 

バルクホルン「流石だ!! お前こそカールスラント軍人の誇りだ!!!」 

ルッキーニ「やったぁー!! すごぉーい!! はやぁーい!!」 

エーリカ「宮藤、やったぞ」 

芳佳「ハルトマンさん、ありがとうございますっ!!」 

エーリカ「ふふーん」 

芳佳「これで1勝ですね!!」 

サーニャ「うん」 

エイラ「はぁ……はぁ……」 

美緒「エイラ、よくやった」 

エイラ「少佐……」 

リーネ「エイラさん、勝ちだけが全てじゃありませんから」 

ペリーヌ「そうですわ。それにエイラさんは2着です。誇ってもいいですわ」 

シャーリー「エイラの仇はあたしたちがとってやるから、安心してくれ」 



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 18:30:08.60 ID:eq2ODMIV0

エイラ「では、次の種目に移ります。次は飴食い競争ね。出場者は準備を」 

美緒「……行くか」 

シャーリー「少佐なら負けないな」 

エイラ「本当か……?」 

リーネ「坂本少佐の勝率は8割ですから」 

ペリーヌ「当然ですわね。少佐が負けるはずありませんわ。この飴食い競争に関しては」 

シャーリー「少佐は扶桑にいたとき、魔眼の力で飴という飴を食いつくし、後続をゴールさせなかったという伝説もあるらしいからな」 

美緒「昔の話だ」 

エイラ「で、チーム・レッドは誰が出場するんだ?」 

サーニャ「私です」 

美緒「サーニャ……!?」 

リーネ「サーニャちゃんが? 意外……」 

バルクホルン「厳しい戦いになるが、少佐も油断はしないことだ。サーニャの魔法はよく知っているだろう?」 

美緒「……まさか!」 

エーリカ「サーにゃんはスタート位置から飴がどこにあるのか、もう分かってるからね」 



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 18:32:01.44 ID:eq2ODMIV0

エイラ「では、次の種目に移ります。次は飴食い競争ね。出場者は準備を」 
 
ミーナ「では、次の種目に移ります。次は飴食い競争ね。出場者は準備を」 



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 18:39:25.84 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「コース途中に片栗粉がたっぷりはいった箱があります。その中に飴が隠されているので、手を使わずに飴をとり、ゴールしてください」 

美緒(身体能力では私のほうが上だ。つまり、先に飴のところまでたどり着けば勝てる) 

サーニャ「……」 

シャーリー「スピードなら少佐が上だ。勝てる」 

ペリーヌ「ええ」 

バルクホルン「少佐は一度見なければならないが、サーニャはその時間すら必要としない。いい勝負ができるはずだ」 

エーリカ「がんばれ、サーにゃん! まけるな、サーにゃん」 

ルッキーニ「サーニャぁ!! 飴を全部とっちゃえー!!」 

芳佳「サーニャちゃんなら勝てるよ!!」 

サーニャ「……うん。見てて、芳佳ちゃん」 

ミーナ「いちについて、よーい――」バァン 

美緒「はぁぁぁぁ!!!」 

サーニャ「うっ……はやい……」 

バルクホルン「少佐ぁ!! サーニャ相手に本気を出すとは!! 大人気ないぞ!!! ウィッチとしてのプライドはないのか!!!」 

エーリカ「ぶーぶー」 



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 18:44:45.28 ID:eq2ODMIV0

美緒(よし!! かなり引き離した!! これで――) 

美緒「――見えた!!」ガバッ 

美緒「みゅふえふぁ!!!」 

シャーリー「よっしゃ!! 少佐ぁ!! そのままゴールまでいけー!!」 

ペリーヌ「流石ですわ!! 少佐!!」 

美緒「まふぁまふぁ!!!」ガバッ 

エイラ「少佐!? なにしてんだ!?」 

シャーリー「そうか。飴を全部食い尽くすつもりだ」 

リーネ「サーニャちゃんをゴールすらさせない作戦……」 

ルッキーニ「にゃにそれー!!」 

エーリカ「きたなーい。やめろー」 

サーニャ「はぁ……はぁ……」 

芳佳「サーニャちゃん!! 早く飴を!! 全部なくなっちゃう!!!」 

サーニャ「はむっ」 

サーニャ「みゅふふぇふぁ……」タタタッ 



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 18:51:08.58 ID:eq2ODMIV0

リーネ「坂本少佐!! 急いで!!!」 

美緒「ふぁふぃ!?」 

シャーリー「サーニャがリードしちゃったぞ!!」 

サーニャ「はむっ……はむっ……おいしぃ……」 

美緒「ふぁーにゃぁ!!」ダダダッ 

バルクホルン「ちっ!! 飴を貪っていればいいものを!!!」 

ルッキーニ「にゃにゃー!! いそいでー!!」 

サーニャ「はぁ……はぁ……」 

美緒「ふぉぉぉぉ!!!!」 

ミーナ「――ゴール。坂本少佐の勝ち」 

美緒「やっふぁふぉぉ!!!」 

ペリーヌ「少佐ぁ!! 素敵ですわぁ!!」 

シャーリー「余裕の勝利だったな。安心して見ていられる試合って今のことを言うんだよなぁ」 

リーネ「そうですね」 

サーニャ「あぁ……飴、おいしい……」ガクッ 



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 18:56:49.66 ID:eq2ODMIV0

エイラ「サーニャ!! よくがんばったな!!」 

エーリカ「サーにゃん、かっこよかったよ」 

サーニャ「ごめんなさい……もう少しだったのに……」 

バルクホルン「いや。サーニャはよく戦った。あの少佐を追い詰めたんだ。胸を張れ」 

芳佳「サーニャちゃん、お疲れ様」 

サーニャ「芳佳ちゃん、ごめんね」 

芳佳「ううん。ほら、これで顔ふいて。サーニャちゃんの顔、真っ白だよ」 

サーニャ「うん」ゴシゴシ 

ルッキーニ「これで一勝一敗」 

シャーリー「中々、やるな。まさかここまで食い下がるとは思わなかったよ」 

ペリーヌ「敵戦力の見直しが必要ですわね、リネット参謀?」 

リーネ「はい。データを分析し直します」 

ミーナ「はーい。そろそろお昼休憩にしましょう」 

芳佳「リーネちゃん、お弁当出すの手伝って」 

リーネ「うんっ」 



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 19:04:24.25 ID:eq2ODMIV0

芳佳「はい、シャーリーさん」 

シャーリー「サンキュ。お、今日もまたうまそうだな」 

リーネ「早起きして作りました」 

エーリカ「おいひぃ……」 

ルッキーニ「あたしもはやくぅー」 

リーネ「はーい」 

ペリーヌ「残るは5種目、厳しい戦いになりそうですわね」 

エイラ「サーニャ、どうして飴食い競争に出るって教えてくれなかったんだ?」 

サーニャ「言ったら、エイラと坂本少佐が喧嘩しちゃうと思って」 

エイラ「あぁ、そうか。ありがとう、サーニャ」 

サーニャ「いいのよ。はい、あーん」 

エイラ「あー……」 

バルクホルン「しっかり食べて鋭気を養え。午後が本番だからな」 

美緒「ミーナ、あの上層部から届いた資料には目を通してくれたか?」 

ミーナ「大丈夫よ、書類整理はもう終わっているわ」 



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 19:10:58.22 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「――みんな、食べ終わったかしら?」 

ルッキーニ「まんぷくぅー」 

エーリカ「もう、うごけなーい」 

バルクホルン「こら!! まだお前たちは騎馬戦とリレーに出場するのだぞ!! わかっているのか!!」 

エイラ「宮藤、リーネ。弁当、うまかったぞ」 

芳佳「ありがとうございます」 

ペリーヌ「まぁまぁ、でしたわね」 

リーネ「そう言ってもらえると、うれしいです」 

美緒「よし!! 馴れ合うのはそこまでだ!!!」 

シャーリー「ルッキーニ、そのぽっこりでた腹をすぐにへこませてやるからな」 

ルッキーニ「うじゅ……シャーリー……!!」 

バルクホルン「ルッキーニ少尉の張り出した腹は簡単には引っ込まないぞ」 

エーリカ「そーだ、そーだ」 

リーネ「芳佳ちゃーん。お弁当箱、ここに置いておくねー」 

芳佳「うん。ありがとー」 



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 19:17:26.71 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「次はパン食い競争ね。出場者は位置について」 

シャーリー「さーて、真打の登場だぞぉ」 

美緒「この試合、もらったな」 

リーネ「はい。シャーリーさんが競争で負けることはまずありえません」 

エイラ「まぁ、次の相手が相手だしな」 

芳佳「いっち、にっ」グッグッ 

シャーリー「へえ。宮藤か。ハンデやろうか?」 

芳佳「いりませんよ」 

シャーリー「なに?」 

バルクホルン「シャーリー、宮藤は必勝法を知っている。お前ではまず勝てない」 

シャーリー「必勝法? そんなバカな」 

サーニャ「シャーリーさん、扶桑には『うさぎとかめ』という童話があることをしっていますか?」 

シャーリー「うさぎ……」ピクッ 

エーリカ「その話ではうさぎはかめに負けるんだってさ」 

芳佳「私はその話が大好きでよく読みました。だから、シャーリーさんには負ける気がしないんです」 



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 19:23:14.64 ID:eq2ODMIV0

シャーリー「なんだと?」 

芳佳「シャーリーさん。覚悟してください」 

シャーリー「宮藤……何を考えて……」 

芳佳「……いきます」 

シャーリー「くっ……」 

ミーナ「いちについて。よーい――」バァン 

芳佳「やぁー」テテテッ 

シャーリー「はぁぁぁ!!!!」ゴォォォォ!!! 

美緒「よし!! 圧倒的だ!!」 

エイラ「そのままゴールだ!! シャーリー!!」 

リーネ「芳佳ちゃん、がんばって!!」 

シャーリー「――っと、これを咥えてゴールしたらいいんだな 

シャーリー「はむっ」 

シャーリー「いふふぉ!」ゴォォォォ!!!! 

芳佳「私は最後まであきらめないっ」テテテッ 



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 19:28:52.35 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「――ゴール。シャーリーさんの勝ち」 

シャーリー「やったぁー!!! どーだ、宮藤!!」 

芳佳「ふーん……! ふーん……!!」ピョンピョン 

バルクホルン「宮藤!! もうちょっとだ!! がんばれ!!」 

エーリカ「あぁー!! おしい!! あと少しなんだけどなぁ!!」 

芳佳「うーん! えいっ!! やぁ!」ピョンピョン 

ルッキーニ「芳佳ぁ!! まだまだ勝てる見込みはあるからぁ!!」 

サーニャ「芳佳ちゃん……」 

芳佳「はぁ!! せーいっ!!」ピョンピョン 

美緒「宮藤!! 諦めさえしなければそのパンに届くはずだ!!!」 

ペリーヌ「も……も、もうすこし!! あぁー!! もう!! 宮藤さん!! 何をしていますの!!」 

芳佳「はむっ!!」パクッ 

リーネ「やったぁ!! 芳佳ちゃん、すごいっ!!」 

エイラ「よくやったぞ! 宮藤ぃ!!」 

シャーリー「おーし!! 宮藤、こっちだ!! はやくこい!!」 



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 19:37:10.97 ID:eq2ODMIV0

芳佳「しゃーふぃーふぁーん!!」テテテッ 

シャーリー「よーし。宮藤、今ゴールだ」ギュッ 

芳佳「はむっ……んっ……。はぁ、負けちゃいましたね。やっぱりシャーリーさんはすごいです」 

シャーリー「いや。あたしは試合には勝ったけど、勝負には負けたよ」ナデナデ 

芳佳「そうですか? 私の完敗のような気も……」 

バルクホルン「いや。宮藤はある意味、勝っていた」 

エーリカ「宮藤、よく諦めなかったね。えらい」 

芳佳「諦めるのは簡単ですから」 

サーニャ「芳佳ちゃん。はい、お水」 

芳佳「サーニャちゃん、ありがとう」 

リーネ「でも、これで私たちが2勝したことになります」 

美緒「そうだ。いくら宮藤が個人的に勝鬨を上げても意味はない」 

エイラ「やっぱり、私たちには勝てないな」 

ペリーヌ「おーほほ。今からでも遅くありませんわ。降参してはどうですの?」 

エーリカ「するわけないだろ。まだこれからだ」 



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 19:44:21.84 ID:eq2ODMIV0

バルクホルン「余裕でいられるのも今のうちだ、チーム・ホワイト」 

エイラ「なに?」 

エーリカ「残る個人戦の種目、覚えてないのか?」 

美緒「玉入れと綱引き……むっ」 

バルクホルン「そうだ。――ルッキーニ」 

ルッキーニ「うじゅー……!!」 

美緒「なんて、プレッシャーだ。いつもより2割増しでルッキーニが大きく見える……!!」 

エーリカ「ルッキーニが標的を外したところ、見たことある人っていないよね?」 

バルクホルン「そちらの戦力ではまずルッキーニを越えることはできない」 

エイラ「そんなこと、あるかぁ!!」 

バルクホルン「強がりにしか聞こえないぞ、エイラ」 

エイラ「リーネの底力をしらないのか?」 

美緒「エイラの言うとおりだ。リーネは訓練では100点を取るウィッチだぞ。つまり、それだけのポテンシャルが隠れているということだ」 

リーネ「ルッキーニちゃん」 

ルッキーニ「リーネ、本気でやるからね」 



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 19:53:09.57 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「では、玉入れのルール説明をします。ボールを入れる籠は1キロ先に設置してあります」 

ミーナ「特別に用意したボールを射出できる特殊銃器を使用します。それで籠を狙いボールを発射してください」 

ミーナ「10球中何球入ったかで競ってもらいます」 

美緒「同時にやるのか?」 

ミーナ「いいえ。まずは先攻後攻を決めて」 

ルッキーニ「あたしが先にやりゅ! いいよね、リーネ?」 

リーネ「う、うん。もちろん」 

ルッキーニ「にひぃ。よーし!!」チャカ 

ミーナ「では、ルッキーニさんから玉入れ、スタート」 

ルッキーニ「んー……」 

芳佳「ルッキーニちゃん!! よく狙って!!」 

バルクホルン「初球は外すな!! 流れが悪くなるかもしれないぞ!!!」 

エーリカ「ルッキーニー、がんばー」 

サーニャ「ルッキーニちゃん……」 

ルッキーニ「んにゃ……ここだぁー!!」ドォン!!! 



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 19:58:15.53 ID:eq2ODMIV0

ルッキーニ「――これで、ラスト!!」ドォン!!! 

ミーナ「美緒、どう?」 

美緒「うむ。全球、見事に入っているな」 

ルッキーニ「ぶいっ」 

バルクホルン「流石だ!! ルッキーニ!!」 

エーリカ「ま、当然だよね」 

ルッキーニ「芳佳ぁ!! どうどう!? すごかったでしょー!?」 

芳佳「うん!! ルッキーニちゃん、かっこよかったよ!!」 

ルッキーニ「えへへー」 

サーニャ「エイラ、降参する?」 

エイラ「す、するわけないだろ!! な、リーネ!?」 

リーネ「……はい」 

バルクホルン「恥をかくだけだ。やめておけ」 

リーネ「いいえ。私は、ルッキーニちゃんを超えてみせますっ! みてて、芳佳ちゃん!! 全部、いれるから!! そしたら、褒めてね」チャカ 

芳佳「うん!! がんばって、リーネちゃん!!!」 



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 20:03:28.21 ID:eq2ODMIV0

リーネ「……ふぅー……ふぅー……」 

美緒「時間をかけてもいい。集中しろ、リーネ。訓練通りに風を読め。そうすればボールは勝手に入ってくれる」 

ペリーヌ「リーネさん、あなたならパーフェクトも簡単にできますわ」 

シャーリー「そうだ。リーネ、自分を信じろ」 

エイラ「リーネ、肩の力を抜け」 

リーネ「ふぅ……ふぅ……」 

芳佳「リーネちゃん……!」 

リーネ「――芳佳ちゃぁーん!!!」ドォン!! 

美緒「……あ」 

ミーナ「ルッキーニさんの勝利」 

ルッキーニ「やったぁー!!」 

バルクホルン「よし。これで二勝二敗か」 

エーリカ「イーブンだね」 

シャーリー「くそ……。こんなにも粘られるなんて、やるなぁ」 

ペリーヌ「ふん。今だけですわ。すぐに突き放して差し上げます」 



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 20:10:10.54 ID:eq2ODMIV0

リーネ「……」プルプル 

エイラ「リーネ、気にすんなって。今、あれだ、意地悪な風が吹いたから、外れただけだ」 

シャーリー「切り替えろ、リーネ。な?」 

リーネ「……」プルプル 

芳佳「あ、あの!! ミーナ中佐!!」 

ミーナ「なに?」 

芳佳「まだ、9球あります!! 最後までリーネちゃんに撃たせてあげてください!!」 

ミーナ「でも……」 

芳佳「リーネちゃんはまだ実力の半分も出していません!! きっと、残り9球でもルッキーニちゃんを超えられるはずなんです!!」 

バルクホルン「そんな奇跡が起こるものか。宮藤、現実を見ろ」 

芳佳「奇跡は起こります!!!」 

リーネ「芳佳ちゃん……」 

芳佳「ミーナ中佐!!」 

ミーナ「……リーネさん、できる?」 

リーネ「はい。9球からでも私は、ルッキーニちゃんを超えます!! 芳佳ちゃんのために超えてみせます!!!」チャカ 



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 20:16:29.81 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「……では、次は最後の個人戦、綱引きね。出場者は準備を」 

ペリーヌ「いきますわ」ファッサァ 

バルクホルン「……」ポキポキ 

リーネ「ぐすっ……よし……かちゃ……ん……ごめ、んね……わ、たし……わたし……」ギュゥゥ 

芳佳「リーネちゃん。すごいよ。6球も入ったんだよ?」ナデナデ 

リーネ「うぅ……ぅぅぅ……よしかちゃぁぁん……」 

芳佳「リーネちゃん、泣かないで。ごめんね。私があんなことを言っちゃったから、リーネちゃんが……」 

リーネ「芳佳ちゃんの所為じゃないよ。わたしが……わたしが、未熟だから……」 

芳佳「リーネちゃん」 

リーネ「芳佳ちゃん……ぅぅ……ぐすっ……」 

芳佳「本当にごめんね」ギュッ 

リーネ「うぅぅ……」 

バルクホルン「ぅおりゃぁぁぁぁ!!!!!!」グイッ!!!!! 

ペリーヌ「きゃぁぁぁぁぁぁ!!!!!」 

ミーナ「あ、危ない!!! ペリーヌさんを誰か受け止めて!!!」 



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 20:23:34.19 ID:eq2ODMIV0

美緒「ペリーヌ!!!」ガシッ 

ペリーヌ「あぁ……さ、坂本……しょうさ……」 

美緒「無事か?」 

ペリーヌ「……お、おやくに……たてたでしょうか……?」 

美緒「ああ。お前はよくやってくれた。ありがとう」ギュッ 

ペリーヌ「あぁ……うれし……ぃ……」 

美緒「ペリーヌ? ペリーヌ!! しっかりしろ!!!」 

バルクホルン「すまない!! つい力が入りすぎた!!」 

エーリカ「まぁ、やるとおもったけどさぁ」 

ペリーヌ「しょうさに……だ、かれて……うふふ……すぅ……すぅ……」 

シャーリー「ペリーヌ、幸せそうな顔してるな……」 

エイラ「ダナ。しばらく寝かせといてやるか」 

美緒「欠員が出たか。ならば、補充するしかあるまい」 

バルクホルン「補充だと? バカな。今更戦力になりえる者などいないはず」 

「――ここにいるわ、トゥルーデ」 



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 20:30:47.30 ID:eq2ODMIV0

エーリカ「この声は……」 

バルクホルン「まさか、ここでお前が出てくるとはな。――ミーナ」 

ミーナ「私はこんなときのためにいたのよ。ただの進行役ではないわ」 

美緒「宮藤」 

芳佳「は、はい」 

美緒「まさかお前がここまでやるとは思ってもいなかった。その成長を喜ぶと同時に、末恐ろしく思う」 

芳佳「さ、坂本さん……」 

美緒「これ以上、お前のとめどなく溢れる才能を目の辺りにしたくはない。ここでその芽を摘ませてもらうぞ、宮藤!!!」 

芳佳「そんな!!」 

ミーナ「行きましょう、美緒」 

美緒「次は騎馬戦だ。4人1組でなければならん、それぞれ4人を選出しろ」 

バルクホルン「ミーナが敵になるとは」 

エーリカ「こりゃ、もう余裕なんかないね」 

サーニャ「ミーナ隊長と坂本少佐になんて敵うわけ……」 

芳佳「サーニャちゃん!! 弱気になっちゃだめ!! 必ず勝てるよ!!! 私たちなら!!!」 



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 20:38:51.81 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「両チーム、紅白帽子はかぶったわね。上になっている人が相手の帽子を奪った時点で終了よ。いいわね?」 


シャーリー「あたしが先頭になったからには高速で戦場を駆ける。それでリーネが帽子を掻っ攫う。完璧な作戦だろ?」 

リーネ「えぇぇ……」 

美緒「弱気になるな!! リーネ!!」 

エイラ「リーネ、私たちが支えているんだ。お前は目の前の敵にだけ集中しろ!!」 

リーネ「は、はいっ」 


バルクホルン「やはり機動力ではこちらは不利だな」 

エーリカ「そんなことないだろ。私がいるんだから」 

バルクホルン「加速で勝ってもな……」 

サーニャ「芳佳ちゃん、不安定じゃない? 大丈夫?」 

芳佳「うん!! 大丈夫!!」 

バルクホルン「宮藤!! いい眺め――いや!! お前の後ろは私とサーニャが守るから安心しろ!!」 

芳佳「はい!! 安心です!!」 

エーリカ「前は私にまかせろー」 



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 20:44:52.45 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「いちについて……よーい――」バァン 

シャーリー「いくぞぉぉぉぉ!!!!」 

美緒「シャーリーにつづけぇぇ!!」 

エイラ「は、はやい……!!」 

リーネ「いやぁぁぁ!!!」 

バルクホルン「ふん!! 完全な作戦ミスだな!! シャーリー!!!」 

シャーリー「なにがだよ!!!」 

エーリカ「エイラを上にしないなんて、おかしーじゃん」 

エイラ「ふっ。確かに私でもよかっただろうけど、宮藤に対してはリーネで正解なんだ」 

サーニャ「どういうこと……」 

美緒「すぐにわかる」 

芳佳「リーネちゃん!!」ガシッ!! 

リーネ「芳佳ちゃん!!」ガシッ!! 

シャーリー「よし!! 作戦発動だぁ!!」 

美緒「ゆらせゆらせ!!」ワッショイワッショイ 



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 20:50:40.04 ID:eq2ODMIV0

リーネ「えぇ!? きゃぁぁ!! やめてぇぇ!!!」ポヨンポヨン 

芳佳「おぉぉ……」 

バルクホルン「しまった!! 宮藤!! 気をしっかりもて!!」 

エーリカ「一度、距離をとるしかない! トゥルーデ!!」 

バルクホルン「了解!! やってくれ!!」 

エーリカ「シュトゥル――」 

シャーリー「リーネ!! いまだぁぁ!!!」 

リーネ「よ、芳佳ちゃん!! ごめんねっ!!!」バッ!!! 

芳佳「おぉぉ……」 

バルクホルン「くそ……!! 遅かったか……!!」 

エーリカ「こんなことって……」 

サーニャ「まけた……」 

美緒「これがチーム・ホワイトの真の実力だ」 

ミーナ「驚いたかしら?」 

芳佳「おぉぉ……あれ!? 帽子がない!! あれー!? どうなったのぉー!?」オロオロ 



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 20:56:40.66 ID:z/A/nG1BP

おぉぉじゃねーよwww 



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 20:57:43.62 ID:eq2ODMIV0

バルクホルン「宮藤の弱点を完全についてきたな」 

エーリカ「まさか、あんな奇策を用意していたなんてね。油断したよ」 

ルッキーニ「もう!! だめじゃん!!」 

芳佳「ごめん!! ルッキーニちゃん!! 気がついたら帽子がなくなってて……」 

サーニャ「大丈夫だから。まだ、最後のリレーがあるもの」 

バルクホルン「そうだ、宮藤。まだ負けたわけではない」 

エーリカ「悔し涙を流すのは、まだ早いね。ほら、これで顔を拭いて。元気だせ!」 

芳佳「ハルトマンさん……。はいっ!!」 


美緒「こんなことになるとは想像もできなかったな」 

エイラ「中尉も大尉もやっぱり敵に回すと怖いな。いや、一番怖いのはある意味、宮藤か」 

リーネ「そうですね……」 

シャーリー「まぁ、最後のリレーはあたしたちの勝ちだ」 

ミーナ「順番を決めないといけないわね」 


ペリーヌ「えーと。ピストルはこれですわね。火薬をつめて……」 



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 21:07:04.95 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「――では、最終種目5×100メートルリレーを始めます。各走者は所定の位置について」 


美緒「一番手でつまずくわけにはいかんからな。本気で行かせてもらうぞ」 

バルクホルン「遠慮なんていらない。少佐。むしろ本気でこなければ私たちが大差で勝ってしまう。それでは盛り上がらないだろう」 

美緒「その大口、過信でないことを祈るぞ。バルクホルン」 


ルッキーニ「やぁー!! とぉー!! ぜったいにぃぃ、かーっつ!!」 

エイラ「こっちだって負けるかぁ。ここまで来たら、何が何でもかってやるかんなぁ。この勝利をサーニャに捧げるんだぁ」


リーネ「芳佳ちゃん、よろしくね」 

芳佳「がんばろうね、リーネちゃん。手を抜いたりしたら、嫌だよ?」 


ペリーヌ「……サーニャさん。恨まないでくださいね」 

サーニャ「はい。ペリーヌさんも、全力でお願いします」 


エーリカ「ま、トリは私たちしかいないよねぇ」 

シャーリー「そうだな。どんなにリードされようが、あたしなら抜き返せるからな」 

エーリカ「いったなぁ? みてろぉ。私の華麗なるセクシーランを」 



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 21:13:00.09 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「いちについて……」 

美緒「……」 

バルクホルン「……」 

ミーナ「よーい――」 

美緒「バルクホルン、宮藤が手を振っているぞ」 

バルクホルン「なに?」チラッ 

バァン!! 

美緒「はっはっはっはっは!!! 甘いな!! バルクホルン!!!」ダダダッ 

バルクホルン「少佐ぁぁぁ!!! なんて姑息な真似をぉ!!!」ダダダッ 

美緒「何を甘えたことを言っている!!! これは戦争だ!!! 油断すれば死あるのみだ!! それが分からないお前ではないはず!!」 

バルクホルン「屁理屈をぉぉ!!!」 

ルッキーニ「うにゃぁ!! 少佐にまけてりゅー!!!」 

エイラ「よし!! いいぞ!! 少佐ぁ、早くこい!!」 

美緒「――いけぇ!! エイラ!! チーム・ホワイトの魂をシャーリーに繋げぇ!!」パシッ!! 

エイラ「まかせろ!!」ダダダッ 



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 21:18:01.83 ID:eq2ODMIV0

ルッキーニ「はやく!! おいつけなくなっちゃうぅ!!」 

バルクホルン「――すまない!! ルッキーニ!! このバトンを宮藤に……!!」パシッ!!! 

ルッキーニ「あい!! ――エイリャァァァ!!!!」ダダダダッ 

エイラ「なっ!? やっぱり、はやいな……!!」 

ルッキーニ「うにゃにゃにゃにゃ!!!!」 

エイラ「しつこいなぁ!! 離れろぉ!!」 

ルッキーニ「ぅにゃぁー!!!」 

リーネ「き、きた……!!」 

芳佳「ルッキーニちゃん!!」 

ルッキーニ「よしかぁー!!!」パシッ!! 

エイラ「リーネぇ!!! うけとれぇ」パシッ!! 

芳佳「でやぁー」テテテッ 

リーネ「えーいっ」ポヨンポヨン 

エイラ「はぁ……はぁ……殆ど同時か……」 

ルッキーニ「よしかぁー!! いけぇー!! まけるなぁー!!!」 



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 21:22:29.06 ID:eq2ODMIV0

リーネ「はぁ……はぁ……」ポヨンポヨン 

芳佳「やぁー」テテテッ 

サーニャ「芳佳ちゃんとリーネちゃん、完全に並走状態……」 

ペリーヌ「これは、わたくしとサーニャさんに全てがかかっているということですわね」 

リーネ「はぁ……はぁ……」 

芳佳「おぉぉ……」 

リーネ「よ、よしかちゃん?」 

芳佳「え?」 

リーネ「手加減、してるの?」 

芳佳「そんなことないよ。気合いれて走ってるよ」 

リーネ「そうなんだ……ごめんね……」ポヨンポヨン 

芳佳「う、うん……ちょっと、今日は調子が悪い感じで……」 

ペリーヌ「リーネさん!! まだですの!?」 

サーニャ「芳佳ちゃん。もうすこし。がんばって」 

芳佳・リーネ「「は、はい!! どーぞ!」」パシッ!! 



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 21:27:32.66 ID:eq2ODMIV0

サーニャ「はぁ……はぁ……」テテテッ 

ペリーヌ「ふっ。これはわたくしの勝ちですわね」ダダダッ 

サーニャ「……あっ」フラッ 

ペリーヌ「え?」 

サーニャ「きゃっ」ズサァァ 

ペリーヌ「サーニャさん!? 大丈夫ですの!?」 

サーニャ「うぅ……」 

ペリーヌ「サーニャさん、しっかりしてくださ――」 

サーニャ「――ごめんなさい」ダダダッ 

ペリーヌ「んまぁ!?」 

サーニャ「これがバルクホルンさんから言われた作戦なんです……ごめんなさい……」ダダダッ 

ペリーヌ「きぃぃぃ!!!! おまちなさい!!!!」ダダダダッ 


美緒「バルクホルン、どういうことだ?」 

バルクホルン「少佐に私を責める資格があるのか? 何度も卑怯は手を講じておいて。私とて対策ぐらい練る」 

美緒「……っ。考えることは同じということか」 



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 21:34:33.35 ID:eq2ODMIV0

シャーリー「ふぅー……」ピョンピョン 

エーリカ「いっち、にっ。さんっ、しっ」グッグッ 

シャーリー「ハルトマン。せめて、あたしたちだけでもスポーツマンシップに則って完走するぞ」 

エーリカ「そうだねぇ。最後ぐらい正々堂々とやらないと、気持ち悪いか」 

シャーリー「ああ、そうだ」 

エーリカ「でも、シャーリーがあたしについてこれたらの話だろ?」 

シャーリー「先に行ってな。地平線の彼方に行こうが、あたしは追いつき、そして抜くからさ」 

エーリカ「オッケー。楽しみにしてるよ」 

サーニャ「――ハ、ハルトマン、さん」パシッ 

エーリカ「サーニャ! ありがと!」ダダダッ 

シャーリー「……」 

ペリーヌ「はぁ……はぁ……シャーリー……た、い……!!」パシッ 

シャーリー「ペリーヌ、お前の走りは絶対に無駄にしない!!」ダダダダッ 

サーニャ「シャーリーさん、はやい」 

ペリーヌ「そ、そんなことより……サーニャさん……ひきょうですわよ……」ギュゥゥ 



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 21:39:31.97 ID:eq2ODMIV0

エーリカ「ほっ……ほっ……」タタタッ 

シャーリー「まてぇぇぇ!!!」ポヨンポヨン 


芳佳「す、すごい!! シャーリーさん!! シャーリーさんがすごい!!!」 

リーネ「もう追い抜きそう」 

ルッキーニ「シャーリーがんばれぇ!!」 

バルクホルン「ハルトマン!! シャーリーに遅れをとるなぁぁ!!!」 

エイラ「サーニャ、怪我はないか? 大丈夫か?」 

サーニャ「平気よ。考えて倒れたから」 

ペリーヌ「サーニャさん!! どうしてあんなことしたんですのっ!!」 

サーニャ「上官命令で……ごめんなさい……」 

ペリーヌ「すごく、傷つきましたわ……」 


エーリカ「やるなぁ、シャーリー」 

シャーリー「とらえた!! ハルトマン!!」 

エーリカ「そうはいくかぁー! シュトゥルム!!!」ゴォォォ!!! 



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 21:44:24.83 ID:eq2ODMIV0

美緒「魔法による加速か。残り50メートル……勝負あったか……」 

ミーナ「宮藤さん、リーネさん。ゴールテープの準備を急いで」 

芳佳「は、はい!!」 

リーネ「了解!!」 


シャーリー「なめるなぁぁ!!!」ゴォォォォ!!! 

エーリカ「きたなぁ」ゴォォォ!!! 

シャーリー「このぉ……!!!」 

エーリカ「いける……!! この距離なら!! 逃げ切れる……!!!」 


美緒「完全に並んだか!? いや、まだハルトマンが若干リードしている!!」 

ルッキーニ「シャーリー!!」 

エイラ「いけー!!!」 

芳佳「おぉぉ……」 


シャーリー「このぉぉ――!!」ポヨンポヨン 

エーリカ「やぁー――!!」 



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 21:50:28.40 ID:eq2ODMIV0

エーリカ「はぁ……はぁ……はぁ……」 

シャーリー「ごほっ……はぁ……はぁ……」 

美緒「見事だったぞ、二人とも」 

エーリカ「そ、れで……どっちが、はやかった……の……?」 

シャーリー「ほとんど、同着だった気もするけど……」 

ミーナ「宮藤さん、リーネさん。どうだったかしら?」 

リーネ「え、えーと……」 

芳佳「シャーリーさんが、胸の分早くゴールテープを切りました」 

ルッキーニ「え? それじゃあ……」 

シャーリー「やったぁぁぁ!!! チーム・ホワイトの勝ちだぁぁぁ!!!」 

美緒「はっはっはっは!! 当然の結果だ!!! はっはっはっは!!」 

エイラ「ま、私がいるんだ。負けるはずないけどな」 

リーネ「やっぱり、チーム・レッドとの戦力差は明らかでしたね」 

ペリーヌ「ふん。あれだけ下劣な戦法を使いながらの敗北とは、哀れですわね」ファッサァ 

ミーナ「私たちが勝つことはチーム分けの段階で分かっていたことだけどね」 



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 21:56:07.40 ID:eq2ODMIV0

芳佳「あぁ……負けた……」ガクッ 

バルクホルン「……」 

ルッキーニ「うえぇぇぇぇん!!!! なんでぇぇぇぇ!!!!」 

サーニャ「ルッキーニちゃん……ごめんね……わたしが足を引っ張ったから……」 

ルッキーニ「なんで……なんでぇぇ……」 

サーニャ「ごめんね……ごめん……ね……」ナデナデ 

エーリカ「あーあ。負けちゃったぁ」 

バルクホルン「エーリカ……」 

エーリカ「ごめんっ!」 

芳佳「ハルトマンさん……」 

エーリカ「最後の最後で、台無しにして。本当にごめんっ」 

サーニャ「そんな、違います。ハルトマンさんだけの所為じゃ……」 

エーリカ「ごめん」 

バルクホルン「もういい、エーリカ。もういいんだ」ギュッ 

エーリカ「……トゥルーデ……ごめん……かてなかった……くやしいよ……こんなの……くやし……ぃ……」 



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 22:03:50.88 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「――え!? なんですって? わかったわ。みんな、今連絡が入ったわ。ネウロイがこちらに向かってきているそうよ。出撃準備急いで」 

バルクホルン「了解!!」 

エーリカ「なんだよー。余韻に浸らせろよー。悲劇のヒロインだったんだぞー」 

シャーリー「ハルトマンには似合わないなぁー」 

エーリカ「いやいや。こんな物憂げな美少女なんて世界探したっていないだろー」 

バルクホルン「喋るな!! 急げ!!」 

エーリカ「トゥルーデはそう思わないー? ねー?」 

ペリーヌ「はぁ、結局疲れただけでしたわね」 

サーニャ「でも、楽しかったわ。とっても」 

ルッキーニ「うん!! またやりたーい!!」 

エイラ「宮藤ぃ。扶桑の運動会ってすごいなぁ。もっと面白い競技はあるんだろぉ?」 

芳佳「はい。大玉転がしはやりたかったですね」 

リーネ「それなぁに? 大きなボール転がすだけ?」 

芳佳「だけじゃないよ。チームワークが鍵を握る奥深い競技で――」 

美緒「無駄口たたくなぁ!!! 任務だ!! 任務!!! いそげぇ!!!」 



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 22:10:14.11 ID:eq2ODMIV0

食堂 

芳佳「あぁー……つかれたぁ……」 

エイラ「運動会のあとにネウロイだかんなぁ……」 

バルクホルン「だらしないぞ、お前たち」 

芳佳「だってぇ……」 

エーリカ「トゥルーデ……くやしい……くやしいよ……」ギュッ 

バルクホルン「運動会は閉会した。やめろ」ペシッ 

エーリカ「あぅ。なんだよ。ノリがわるいなぁー」 

サーニャ「あの、バルクホルンさん。第二回運動会はいつやるんですか?」 

バルクホルン「それはミーナ次第だ。今回の運動会をどう思ったかによるな」 

リーネ「また、できたらいいね」 

サーニャ「うんっ」 

ペリーヌ「もう、こりごりですわよ。あんなの。ふんっ」 

芳佳「疲れたけど、運動会は本当に楽しかったぁー!! またやりたいですね!!」 

シャーリー「そうだなぁ。今度やるなら宮藤のチームでやりたいかな」 



244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 22:15:01.54 ID:eq2ODMIV0

ミーナ「……楽しかったわね」 

美緒「扶桑の文化がまた一つ広まったことに、私は感無量だ」 

ミーナ「でも、なんの訓練にもなってなかった気がするのだけど」 

美緒「気のせいだろう。はっはっはっは」 

ミーナ「……」 

美緒「正直、楽しかっただけだな」 

ミーナ「では、運動会を取り入れることは却下します」 

美緒「ミーナ!! それは殺生だ!!」 

ミーナ「私たちは?」 

美緒「……軍人だ」 

ミーナ「はい。その通り」 

美緒「……童心に戻れて、よかったのだが」 

ミーナ「こういう催しは、月に1度だけにしましょう」 

美緒「ミーナ……」 

ミーナ「今度はきちんと私にも競技に参加させてね、美緒? うふ」 



251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 22:24:44.45 ID:eq2ODMIV0

数日後 食堂 

芳佳「あ。もうこんな時期かぁ。今頃、文化祭やってるんだろうなぁ」 

エイラ「宮藤、ブンカサイってなんだ? 運動会の親戚か?」 

芳佳「えっと、口で説明するのは難しいんですけど、扶桑の学校行事で、お店を開いたり、何かの研究発表をしたり、演奏会があったり、とにかく楽しいんです!!」 

エイラ「へぇー。全然興味わかないけど、運動会より楽しいのか? なぁ」 

芳佳「そうですね。私は文化祭のほうが好きです」 

エイラ「ふぅーん。どうでもいいけどさぁ、それって何人でやる祭りなんだ? なぁ。11人でもできるか?」 

芳佳「うーん。ちょっと難しいような。あ、でも、この食堂を一日だけ喫茶店にしちゃうとかどうでしょう?」 

エイラ「ブンカサイってそんなことするのか?」 

芳佳「楽しいですよ。みんなでかわいいエプロンなんかをつくって、それを着てウェイトレスをするんです」 

エイラ「ふぅーん。全くやりたくないけど、みてみたいなぁ。そんな祭りなら」 

バルクホルン「――宮藤。今の話は本当か? 可愛いエプロンを宮藤が身にまとい、給仕をするのか?」 

芳佳「あ、バルクホルンさん。はい、文化祭はそういうこともします」 

バルクホルン「よし。次はブンカサイをするぞ。ミーナに掛け合ってくる」 

芳佳「え!? 文化祭まで!? やったぁー!! たのしみぃー!!」 
おしまい。 



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 22:29:07.87 ID:E7+SFxZ9i

楽しかった、乙! 



263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 22:36:29.63 ID:ll+My+t/I

 
面白かったよ 
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。