Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  アイドルマスター >  P「美希、湯葉食べるか?」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「美希、湯葉食べるか?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:11:57.46 ID:yarVOWPm0

美希「湯葉? 食べるの!」 

P「じゃあ、はい」コトッ 

美希「わーい」 

P「しょうゆはお好みでな」 

美希「はいなの」 



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:12:48.75 ID:Ybds95Pbi

一体何が始まるんです? 

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:15:27.22 ID:yarVOWPm0

美希「あれ、ハニーはわさびもつけるの?」 

P「ああ、しょうゆに少し溶かすんだ」 

美希「お刺身みたいなの」 

P「美希もつけるか?」 

美希「うーん……ミキ、辛いのはあんまり好きじゃないの」 



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:18:46.14 ID:yarVOWPm0

P「はは、美希もまだまだお子ちゃまだな」 

美希「むぅ……そんなこと言われたら退くに退けないの。ミキもつけるの」ネリ 

P「おいおい、無理するなよ」 

美希「無理なんかしてないの。ミキはもうオトナのオンナなの」ネリ 

P「……って言いながら、すごく控えめなつけ方だな」 

美希「……そこはツッコまないでほしいの」 



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:20:40.70 ID:yarVOWPm0

P「まあでも実際、それくらいがちょうどいいと思うぞ。あんまりつけ過ぎると湯葉の風味が死んじゃうしな」 

美希「そうだよ。ミキ、わかってたの」 

P「はいはい」 

美希「ちゃんと聞いてほしいの!」 

P「聞いてる聞いてる。さあ食べよう」 

美希「もー……ハニーの『聞いてる』は全然当てにならないの」 



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:23:33.91 ID:yarVOWPm0

P「では、頂きます」 

美希「頂きますなの」 

P「わさび醤油をちょちょっと付けて……と。はむっ」 

美希「はむ」 

P「ん~っ、ウマい!」 

美希「う~ん、このもっちり感がたまらないの!」 

P「湯葉ってシンプルなのに美味いよなぁ」 

美希「ミキ的には、シンプルだからこそ美味しいんだって思うな」 



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:27:58.23 ID:yarVOWPm0

P「そうだなあ、そうかもしれないな」 

美希「あー、また聞いてないの!」 

P「聞いてるって。要は奇をてらってない、シンプルで普通なのが良いってことだろ?」 

美希「そうなの」 

P「あんまりコテコテしてると胃もたれするしな」 

美希「そうそう、だからこれくらいのあっさり感がちょうどいいの」 



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:30:00.37 ID:yarVOWPm0

P「このわさび醤油もよく合うだろ?」 

美希「うん。思ったほど辛くないっていうか、すごくしっくりくるの」 

P「これで美希も大人の仲間入りだな」 

美希「むー。ミキは最初からオトナのオンナって言ってたの!」 

P「ああ、そうだったな。大人大人すごいすごい」 

美希「適当なの!」 



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:35:42.58 ID:yarVOWPm0

P「ところで美希、湯葉って何からできてるか知ってるか?」 

美希「うーん……そういえばあんまり考えたことなかったの。何なの?」 

P「大豆だよ。ざっくりいえば豆腐の親戚みたいなもんだな」 

美希「あー、言われてみれば確かに豆腐っぽいカンジだね」 

P「大豆から豆乳を搾り出し、その豆乳を温めて膜を取ったものが湯葉になるんだ」 

美希「そう聞くと、このヘルシー感も納得なの」 



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:40:22.11 ID:yarVOWPm0

P「ちなみに豆乳を搾り出したときに、残ったものはおからになるんだ」 

美希「へー、じゃあおからも親戚なんだね」 

P「そういうことだ。豆乳も、おからも、皆つながっていて……それで初めて、湯葉になるんだ」 

美希「なんだか面白いの」 



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:47:38.97 ID:yarVOWPm0

P「さて、湯葉を食べて大豆エネルギーを蓄えたら……」 

美希「お仕事の時間なの」 

P「そうだ! 偉いぞ美希。ちゃんと覚えてたな」 

美希「えへへ。もっとほめてほしいの」 

P「よしよし、いいこいいこ」ナデナデ 

美希「えへへへ」 



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:51:00.31 ID:yarVOWPm0

P「で、今日はテレビCMの撮影だな。夜遅くなるから、終わったらどっかで晩飯食べてくか」 

美希「わーい! ハニーとごはん♪ ハニーとごはん♪」 

P「はは……まあ、あんまり期待するなよ。給料日前だし……」 

美希「わかったの。じゃあね、ミキ、湯葉が良いの!」 

P「えっ! い、今食べたじゃないか」 

美希「うん。でも、すっごく美味しかったから、もっとも~っと食べたいの♪」 

P「……外で食べる湯葉って、結構するんだけどな……」 

美希「え? なんか言った? ハニー」 

P「……あーいや、何でもない。まあ、それで美希がやる気出すなら、安いもんだ……はは……」 

美希「あはっ☆ よーし! 今日のミキはゆばゆばパワーで頑張っちゃうの☆」 








 



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 21:52:06.59 ID:LjcVfkUF0

明日の晩御飯は湯葉刺しにしよう 
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。