Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  咲-Saki- >  咲「裏技があるの。リンシャンでツモれる裏技がね」染谷(堂々とサマを!?)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲「裏技があるの。リンシャンでツモれる裏技がね」染谷(堂々とサマを!?)

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 00:29:09.71 ID:RwThJV3M0

和「こんなオカルト認めません……!イカサマでもしているんじゃないですか!?」

咲「じゃあ見破ってみてよ。竹井さん。私がイカサマをしているように見えましたか?」

久「いえ……。私には天運で和了れたとしか見えなかったわ」

京太郎「一緒に打った俺も、咲がおかしな素振りをしたなんて見えなかったぜ?」

優希「右に同じだじぇ」

染谷「……」

咲「染谷先輩……?」

染谷「その裏技とやら、わしが暴いちゃる」

和「!?」

染谷「じっちゃんの……。じっちゃんの名にかけてのう!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 00:35:23.63 ID:RwThJV3M0

和「それは……?」

染谷「咲を囲む合計18台の監視キャメラじゃ。もちろん卓の下や左右、死角はない」

久「へぇ……。どう、咲?」

咲「私はいつも通りリンシャンでツモ和了りするだけです」

和「もし……イカサマをしているというのであれば、私は貴女の麻雀部への入部は認めません!絶対に、絶対にです!」

咲「うん」

京太郎「このカメラで囲まれた状況でイカサマをするなんてできっこない」

優希「イカサマをしてるとは思えないけどな」

染谷「さあ、対局を始めようか」

咲「ええ、そうですね」





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 00:40:04.78 ID:RwThJV3M0

久「対局が始まって数局。今のところみんな普通だけど……」

咲「カン」

和「!」ピクッ

京太郎「まさか!?」

咲「も一個カン」

優希「もしかして……!?」

咲「ツモ、和了です。どうですか?染谷先輩」

染谷「監視キャメラの録画映像を検分してからじゃ。そして、データが集まるまでは対局を続けてもらう。今回のは偶然って線もあるからのう」

咲「いいですよ。好きなだけリンシャンで和了ってみせますから」





10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 00:45:15.46 ID:RwThJV3M0

咲「さて、もう十分ですよね」

和「リンシャンツモ和了りを十回以上……」

優希「確率論では計れない、何かエニグマティックな能力(チカラ)を感じるじぇ」

京太郎「染谷先輩、監視カメラの録画記録は!?」

染谷「全部で18台じゃ。明日までかけて調べとく。今日はこれで解散じゃ」

久「そうね。みんなお疲れ様」

和(これで宮永さんの裏技の秘密が明らかになるはず……。ですが、もし裏技ではなく、彼女の能力(チカラ)なのだとしたら……?)

和(いえ、考えすぎですね。優希に影響されてきたのかもしれません)

和(いずれにせよ、全ては明日、白日の下に晒される……)





11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 00:49:43.01 ID:RwThJV3M0

咲「さて、一日経ったわけですが、私の裏技は見抜けましたか。染谷先輩?」

染谷「いや……」

和「そんな!?監視カメラ18台、全方位に死角はなかったはずです!その中であんなに確率を無視してリンシャンでツモ和了をできるなんて!?」

染谷「じゃが、面白いもんが撮れとった」

久「面白いもの……?興味深いわね」

染谷「編集データをまとめておいた。京太郎、モニターの準備を頼めんか?」

京太郎「任せて下さい。力仕事は男の仕事、ってね」





13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 00:55:04.45 ID:RwThJV3M0

優希「わくわくするじょ」

久「しっ。静かに、始まるわ」

咲『……』

和「普通に対局しているようですが……」

染谷「ここからじゃ」

咲『……』スッ パクッ

京太郎「あっ!?」

染谷「そうじゃ。気付いたようじゃのう」

優希「対局中にポケットからこっそり飴を出して食べるとかずるいじぇ!」

咲「ご、ごめんね」

久「しかも、対局中に飴を舐めている口の動きはなかった……。宮永さん、貴女、相当デキるわね」

咲「あはは……」

染谷「雑談はそこまでじゃ。ほれ、もうすぐじゃ」

和(まさか今度こそイカサマの瞬間が……!?)ゴクリ





14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 00:58:35.84 ID:RwThJV3M0

染谷「じゃが京太郎。お前さんは目を閉じて向こうを向いてんさい」

京太郎「えぇ~、何で俺だけ……」

優希「おっぱいの谷間から牌を出すのかもしれないじぇ~?パイだけにな!」

京太郎「はい、目を閉じて向こう向きましたよ」

優希「スルーですか!?」

咲『……』スッ

和「あっ、これは……!?」





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 01:06:28.37 ID:RwThJV3M0

咲『……』パタパタ

優希「最近は暑いもんな。卓の下でスカートパタパタさせて涼んでてもおかしくはないと思うじぇ?」

染谷「言ったはずじゃ。カメラは全18台、死角はないと……」

咲『……』チラッ

久「あら、画面が切り替わったわ。……嘘でしょ、咲、貴女まさか……!?」

和「パンツを……穿いている……?」

咲「ど、どこ映してるんですか!?訴えられてもおかしくありませんよ、これ///」

咲「裏技にだって関係してないですし、別にいいじゃないですか」

京太郎「えっ、パンツ!?」

久「ええ」

京太郎「さ、咲がパンツを穿いてるっていうのか!?まだ高校一年だっていうのにか!?」

和「ええ。それと、声が大きいです、須賀君///」

優希「まさか高一でパンツを穿いてるなんてな~。咲ちゃんは大人の女だじぇ~」

久「ええ。純白のパンツ……。基本にして頂点。咲は大人しい顔して実はセクシーな一面も持っていたのね」

咲「や、やめて下さい、そういうの……///」





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 01:10:52.06 ID:RwThJV3M0

京太郎「しかし、あの咲がねぇ……」ジロジロ

咲「み、見ないでよ京ちゃん///」

和「須賀君は変態ですね。宮永さんがパンツを穿いていると知ったとたん、彼女を見る目つきが性的なものへと変化しました」

優希「サイテーだじぇ」

京太郎「ご、誤解だって!部長も何とか言って下さいよぉ」

久「ふふ、若いっていいわねぇ」

京太郎「んもーっ」

染谷「静かにせい。面白いのはこっからじゃ」

和「まさか、今度こそ咲さんが裏技をする瞬間が!?」





22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 01:17:25.41 ID:RwThJV3M0

咲『片岡さんは東場だと強いよね』

優希『それが取り得ですから!』

優希「自分の声を聞くって、変な感じがするじぇ」

咲「だね」

久「静かに。もしかして会話で注意を逸らしている隙に何かするのかも……」

京太郎「なるほど。でも、カメラで撮影されてるって知ってて変な動きをするとは思えないんですけど」

染谷「それはこれからの映像が証明してくれる」

咲「あれ……、確かこの時私……」

咲「ストップ!もう、やめて下さいよ!これ、裏技も何も関係ないじゃないですか!」





24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 01:21:16.63 ID:RwThJV3M0

和「静かにして下さい。裏技、見破られたという自覚でもあるんですか?」

咲「そうじゃない!そうじゃないんだけど……」

久「あら?また今の映像が……。今度は視点が近いわね」

咲『片岡さんは東場だと強いよね』プスゥ…

咲「うぅぅ……///」

京太郎「えっ?今の、微かな音だけどもしかして……」

染谷「そう。こやつは対局中、会話に乗じて屁をこいとったんじゃ!」

咲「もうやだぁ……」ポロポロ

優希「咲ちゃん……」

久「ね、ねぇ、咲も泣いてることだし、もうやめましょ?ね?」

和「ですが、まだ裏技の瞬間が……」





26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 01:24:38.69 ID:RwThJV3M0

染谷「そうじゃな……」

和「そんな!?ここまできて続きを見せないっていうんですか!?」

染谷「最初に言うたはずじゃ。咲の裏技を見抜けたかっちゅう問いに、わしは否とな……」

京太郎「そんな、じゃあ今までの映像は……!?」

染谷「それも言うたはずじゃぞ?面白いもんが撮れとった、と」

咲「酷いです、染谷先輩……。こんなのあんまりです……」グスッ

久「宮永さん……」





27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 01:29:32.84 ID:RwThJV3M0

染谷「じゃが、今までの映像で。そして、これから続く映像もじゃが、宮永咲は対局中に実に様々な事を誰にも気付かれんようにやっちょる」

和「はっ!?た、確かに……」

久「対局中、誰にも気付かれない自然な動作で飴を口に運び、おやつを一人楽しんでいたり……」

優希「まだ高一なのにパンツをこっそり穿いていたり……」

京太郎「腰も浮かせず、誰にも気付かれない、それこそ機械でさえやっと拾えるようなほぼ無音のすかしっ屁をしたり……」

染谷「そういうんを全部ひっくるめて裏技って言えるんじゃないかのう。そうじゃろう?」

咲「……」





29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 01:36:11.45 ID:RwThJV3M0

咲「私……イカサマなんてしてないもん……」

和「そうですね」

優希「のどちゃん……」

和「確かに咲さんはイカサマなんてしていません」

京太郎「おお!和が咲の心を許したのか!」

和「咲さん、麻雀部に入ってくれませんか?」

咲「ヤダ!」

和「えっ……?」

咲「みんなの前でこんな恥ずかしい映像晒されて、普通に入部できるほど私は恥知らずじゃない!もう帰らせてもらいます!」ダッ

久「まあ、当然っちゃ当然か」

和「そんな……」

染谷「言わんといたが、和。お前、咲のパンチラシーンで思いっきり顔が緩んで、ヨダレまで垂れとったぞ。すぐ拭いたようじゃったが、咲とわしだけは気付いとった」

和「……えへ。それじゃあ仕方ありませんね///」

部員を揃えられなかった清澄高校麻雀部は団体戦に出られずに終わった
そして、宮永咲につきまとう金髪と巨乳の一組の男女が現れたのはまた別の話である






32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/15(火) 01:40:17.84 ID:nkJsVdvX0

咲さんかわいそう!
おつかれちん

関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。