Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  咲-Saki- >  モモ「先輩と別れて欲しいっす!」久「じゃアナタが代わりになる?」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモ「先輩と別れて欲しいっす!」久「じゃアナタが代わりになる?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 07:55:35.16 ID:RgH3uMac0

モモ「ついにつきとめたっすよ!竹井久!」

久「はい?」

モモ「最近、先輩が私を置いて出かけることが多くなって、お金使いも荒くなっていって・・・」

モモ「全部お前が原因だったっすね!?」

    



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 07:59:20.09 ID:RgH3uMac0

久「先輩・・・?ああ!あなたゆみの後輩の子ね?影が薄い子!」

モモ「そうっすよ!先輩に見つけてもらわなければ、今の私は居ないんっす!」

モモ「それなのに!あなたはあろうことか先輩以外の他の女性とも付き合っている!」

モモ「許せないっす・・・!」

久「許せないなら、どうするの?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:02:16.74 ID:RgH3uMac0

モモ「別にどうもしないっすよ。先輩と別れてくれるなら、それで」

久「嫌よ?」

モモ「はぁっ!?」

久「だって、ゆみってエッチ上手じゃない?」

モモ「なっ!?なななな、なっ!?///」かぁぁ





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:03:54.22 ID:RgH3uMac0

久「あら、もしかしてあなたたち・・・?」

モモ「別れろっ!今すぐ先輩と別れろっすーー!!」キッ

久「もぉ、そんなに怒鳴らないでよ。私が悪い事してるみたいじゃない」

モモ「何を言うっすか!浮気してるくせに!」

久「あら?ゆみもちゃんと知ってるわよ?」

モモ「えっ?」

久「ゆみはその上で私と付き合ってるの♪」

モモ「そ、そんなの嘘っす!」





6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:04:38.87 ID:RgH3uMac0

久「嘘ついてどうするのよ?なんなら、今からゆみに電話して来てもらおっか?」

モモ「へっ?だ、ダメっす!やめて・・・っす!」

久「・・・ふぅん?」ニヤ

久「今日は先輩にはナイショで来たのよねぇ?」

モモ「あ、あたり前っすよ・・・」





9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:07:45.23 ID:RgH3uMac0

久「うーん、あなたのお願いは自分勝手なのよねー」

モモ「そんな事は・・・ないっす」

久「ゆみは自分の意思で私とエッチしてるのに?」

モモ「そんなの嘘っす!先輩は!先輩は・・・」

久「・・・ねぇ、あなたのお願い。条件付きで飲んであげてもいいわよ?」

モモ「えっ?」





10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:10:48.44 ID:RgH3uMac0

モモ「ほ、本当っすか!?」ぱぁぁ

久「ええ、私はゆみのエッチが上手なところが気に入ってるの」

モモ「・・・っ」

久「だから、別れるってなるとちょーっと辛いかな~?なーんて♪」

モモ「・・・何が望みっすか?」

久「もぉ、本当はわかってるくせに~」ニヤニヤ





11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:12:58.05 ID:RgH3uMac0

久「あなたは、私にゆみと別れて欲しいのいね?」

モモ「はい。先輩と別れて欲しいっす!」

久「じゃアナタが代わりになる?」

モモ「・・・うぅっ」

久「いいのよ?ゆっくり考えて」

久「私は今からゆみと食事に行って来るから」ニヤ

モモ「ま、待ってっす!」





12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:16:20.74 ID:RgH3uMac0

久「そ。答えを聞かせて・・・ええっと、モモちゃん?」

モモ「・・・いいっすよ」

久「へぇ?」ニヤ

モモ「私が先輩の代わりになるっす。だから、先輩とはもう別れて欲しいっす!」

久「いいわ。あなたが私に尽くしてくれる限り、ゆみを私から誘う事はないわ」





15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:21:01.73 ID:RgH3uMac0

モモ「それじゃあダメっす!もっと、ちゃんと先輩と別れてくれなきゃ・・・!」

久「その代わりに、ゆみにはあなたと私の関係を黙っててあげる」

モモ「うっ・・・」

久「困るわよね?大好きな先輩に、『先輩の彼女を寝取ろうとした』なんて知られたら♪」

モモ「お前を先輩の彼女だなんて思った事はないっす!」キッ

久「怖い顔しないでよー。
いいのよ?ゆみにきちんとお別れを言っても?でも、それだとゆみは理由を聞きたがるでしょうね」





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:25:32.20 ID:RgH3uMac0

モモ「・・・。」

久「モモちゃんと付き合う事になったから、ゆみはもう要らない。そう言っちゃってもいいのよ?」

モモ「ダメっす・・・お願いします。先輩には内密に・・・」

久「ふふっ♪可愛い子ね」なでなで

モモ「~~っ!」びくっ

久「あら?『彼女』に撫でられるのがそんなに嫌?」

モモ「・・・彼女じゃなくて、『性奴隷』の間違いじゃないっすか?」





18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:31:15.51 ID:RgH3uMac0

久「性奴隷(ペット)!良い響きね・・・」うっとり

モモ(なんてゲスな女・・・!先輩はどうしてこんな女に・・・)

久「それじゃあペットのモモちゃん。これからいっぱい可愛いがってあげるわね?」さわっ

モモ「ひゃんっ!?///」びくっ

久「ふふっ♪可愛いお尻」さわさわ

モモ「こんな・・・外でやめて欲しいっすよ」かぁぁ





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:37:51.17 ID:RgH3uMac0

久「綺麗な黒い髪。おっぱいも大きいのね」もみっ

モモ「んんっ///や、やめ・・・っ///」ひくんっ

久「いいじゃない。どうせ他の人には見えないんでしょう?」ニヤニヤ

モモ「・・・うぅ」ドキドキ

久「こんなに可愛い子を今まで見逃していたなんてね。本当に影が薄いのね」もみもむ

モモ(先輩、先輩ごめんなさいっす・・・私、こんな女に・・・)





26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:48:27.48 ID:RgH3uMac0

久「恥らう顔が可愛いわよモモちゃん?」なでなで

久「モモちゃん、私の指をくわえて舐めなさい」すっ

モモ「・・・はむっ」かぷ

久「そ、そのまま舐めて」

モモ「ちゅぷっ、れろっ、ちゅるっ」チュパチュパ

久「そう。良い子ね。私の目を見なさい?」なでなで

モモ「ちゅっ、ちゅぱ」じっ

久「上目遣いで・・・そう、可愛いわ。少し目がうるんでるわね」

モモ「・・・ちゅちゅっ、れろぉ」





27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:51:24.85 ID:RgH3uMac0

久「せいぜい従順にご主人様の機嫌を取る事ね」

モモ(先輩、先輩・・・ううっ)れろっれろぉちゅぱっ

久「そうしているうちは、私もゆみには手を出さないでいてあげる。
ゆみの方から誘って来たら、メールしてあげるわよ」

久「どうにかして、大好きな先輩を引き止めるように頑張りなさい?」なでなで

モモ「・・・そうするっすよ」ちゅぱ





28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:55:08.28 ID:RgH3uMac0

久「さて、と」

久「モモちゃん。お金いくら持ってる?」

モモ「・・・お金っすか?先輩のお金使いが荒かったのって、もしかしてあなたに・・・」

久「いいからお財布出しなさい」

モモ「・・・はいっす」すっ

久「じゃ、しばらくコレは預かるわね♪」サッ

モモ「あっ、ちょっ!それは帰りの電車代が入ってるっす!」

久「そう。でも私が預かっちゃいました~♪」





30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 08:56:53.55 ID:RgH3uMac0

モモ「・・・何が目的っすか?」

久「目的?何の事かな~?」ニヤニヤ

モモ「これじゃあ私、帰れないじゃないっすか」

久「あら、それはたいへんねー」

モモ(白々しい)

久「じゃあ、私の家に泊まってく?」

モモ「・・・それしかないんじゃないっすか」





34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:02:29.32 ID:RgH3uMac0

久「明日からは連休ね。モモちゃん、家に電話して連休中は合宿に行く事にでもしてもらえる?」

モモ「そ、そんなにっすか!?」

モモ「いや、そもそもダメっす!日曜日は先輩と約束があるっす!」

久「そ。なら、日曜までは時間あるのよね?」ニヤ

モモ「・・・うぅ」

久「ペットの自覚が足りないようねぇモモちゃん。今日からたっぷりと調教してあげなくちゃ♪」ニコニコ





35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:05:25.03 ID:RgH3uMac0

モモ「あ、あのっ!先輩との約束の時間までには帰して欲しいっす」

久「モモちゃん次第ね。ちゃーんとペットとしてご主人様にご奉仕出来たら、いいわ。その時は帰してあげる」

久「あ、財布もね」

モモ「・・・はいっす」

モモ(ううっ、どんな事されちゃうっすか、私?)


久「ここが私の家・・・みたいなものよ!」

モモ「喫茶店?」





37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:11:05.04 ID:RgH3uMac0

久「たっだいま~」

まこ「何がただいまじゃ。たまにしか帰って来んくせに・・・」

まこ「っと、また新しい女か」

モモ「お、お邪魔するっす」ドキドキ

まこ「・・・なんじゃ見た事あるような、ないような」

久「まあいいじゃない。私の部屋使うわよー?」

まこ「いつからアンタの部屋になったんじゃ。まあええわ。勝手にせい」ぷいっ

モモ(あの方は、たしか清澄の副部長の?)





38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:13:35.43 ID:RgH3uMac0

久「さ、こっちよモモちゃん。」

モモ「あ、はいっす」

久「こっちは昔使ってた仮眠室らしいんだけど、今はもう使われてないから私が占領してるの」

モモ「は、はぁ・・・」

久「今日からはあなたのしつけをする部屋ね♪」

モモ「・・・お手柔らかに、っす」





41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:18:01.68 ID:RgH3uMac0

久「そうねぇ。じゃ、まずは脱いで♪」

モモ「えっ!?」

久「あ、恥ずかしいなら私が脱がせてあげるけど?」ニヤニヤ

モモ「や、やめてくださいっす!」

モモ「・・・自分で、ちゃんと脱げるっすから」シュルッ

久「ふーん?」ニヤニヤ

モモ「・・・ううっ///」しゅっ

久「・・・。」じーっ





43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:22:49.02 ID:RgH3uMac0

モモ(あ、あんまり見ないで欲しいっす///)ドキドキ

久「ふふっ♪」ニコニコ

モモ「あの、下着もっすか?///」

久「もちろんじゃない♪」ニコニコ

モモ「ううっ・・・」パチン ぱさっ

久「やっぱり大きいわねえ」ニヤニヤ

モモ「あぅ///」かぁぁ

久「さ、脱いだらこっちに来てモモちゃん」





44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:26:29.19 ID:RgH3uMac0

モモ「あの、これから私、何をされるっすか?」ドキドキ

久「決まってるじゃない。日曜日の朝までノンストップでエッチするのよ?」

モモ「で、でもっ!私、そんな事したことない・・・っす///」

久「だからこそよ。ペットはペットらしく、ご主人様にご奉仕する事を覚えさせないとね♪」

久「トイレの時以外は、ベッドの上から下ろしてあげないから、そのつもりでね」もみっ

モモ「ひゃっ!///」びくっ





45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:30:42.21 ID:RgH3uMac0

久「ふふっ、部屋の中がモモちゃんの匂いがするわね」すんすん

モモ「そんな匂いしないっす!」

久「部屋の中で二人きりなのに、目を離すと存在を忘れそうになるわね・・・」もみもみ

モモ「あああっ、あのっ!せめて、シャワーとかをっ!?///」かぁぁ

久「シャワー?あ、いいこと思いついた!」ピーン

久「この部屋から帰るまで、シャワー禁止ね♪」ニヤァ

モモ「へっ?それって、どういう事っすか?」





46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:35:00.93 ID:RgH3uMac0

久「うーん、モモちゃんにご主人様の匂いを覚えさせるため?」

モモ「私は犬ではないっすよ」

久「って言うか、モモちゃんに私の匂いを擦り付けて、染み込ませるためかな?」もみもみ

モモ「はぁっ!?」

モモ「や、やめてくださいっす!そ、そんな真似・・・!」

久「どうして?明後日のデートで、ゆみに気付かれそうだから?」

モモ「せ、先輩は私の匂いを嗅いだりなんてしないっす!」





47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:38:42.07 ID:RgH3uMac0

久「そうよね?ゆみはあなたを『見つける』んだものね?」さわっ

モモ「やんっ///それがどうしたっすか!」

久「なら私の匂いがついたって、何も問題ないじゃない♪」もみもむ

モモ「・・・ううっ、好きにすればいいっすよ」

久「そうそう♪ペットがご主人様に逆らっちゃダメよ~」ニコニコ

久「はぁ・・・黒髪巨乳美少女をペットにできるなんて、私はなんて幸運なのかしら!」うっとり

モモ(あなたと関わった女の子の運を吸い取ってるからじゃないっすか?)





49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:47:44.78 ID:RgH3uMac0

久「さてと、そろそろちゃんとしてあげるわね?」れろっ

モモ「んんっ!な、舐め・・・///」かぁぁ

久「ねえモモちゃん。あなた、ゆみとはキスもしてないのかしら?」

モモ「・・・そうっす」

久「そ。ならキスはしないでおいてあげる。でも・・・」

久「唇以外の場所には、全部に口づけしてあげるわ♪」ちゅっちゅ

モモ「んぁあっ///」びくっ





50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:49:41.00 ID:RgH3uMac0




モモ「・・・んっ」ぱちっ

モモ(あ、寝てしまってたっす・・・)もぞっ

モモ(あれ?)

久「くー、すぴー」ぎゅっ

モモ「うわっ!?」

久「すー、すー」ぎゅぅ

モモ「ううっ、動けないっす・・・」





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:54:17.30 ID:RgH3uMac0

久「すかー、すぴー」

モモ「がっちり捕まえられてるっすね」

モモ「・・・。」

モモ(全身からこの人の匂いがするっす///)

モモ(ううっ、本当にシャワー浴びさせてくれない気っすかね?)

モモ(本当に、本当にこの人の匂いが染み付いちゃうっすよ・・・)

コンコン

モモ「!!!」びくっ

まこ「飯じゃぞー」





53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:56:42.51 ID:RgH3uMac0

がばっ

久「やっほー!ご飯だー!」

モモ「えっ、えっ?」

久「今開けるわねー♪」

ガラッ

モモ「ちょっ!?」さっ

まこ「なんじゃ。服くらい着んかい」

久「あらー?まこ、ヤキモチ?」ニヤニヤ

まこ「アホか。誰が今さらこんくらいでヤキモチなんぞ」

モモ(はわわわわっ!はわわっ!)





54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 09:59:04.12 ID:RgH3uMac0

まこ「それより、飯は置いとくけえ。食ったら食器廊下に出しとくんしゃい」

久「ありがとーまこ!大好き!愛してる♪」

まこ「世界一軽い愛してるじゃのう」

バタン

久「さ、モモちゃんご飯食べよ~」ニコニコ

モモ「あ、あのっ!いいん・・・っすか?」

久「何が~」もぐもぐ





57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:01:13.44 ID:RgH3uMac0

モモ「あ、いや・・・何でもないっす」

久「美味しー♪ほら、モモちゃんもお食べお食べ~!」もぐもぐ

モモ「・・・いただきます、っす」ぱくっ

モモ(やっぱりこの人に先輩を取られるわけにはいかないっす)もぐもぐ


久「さーて、寝たし食べたし。続きしようか、モモちゃん?」ニヤ





58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:05:51.34 ID:RgH3uMac0

【日曜日の朝】

モモ「あっ、あっ、んっ、ああっ///」ひくんひくっ

久「ふふっ、だいぶこなれてきたかなー?」ぐちゅぬちゅぬぷじゅぷ

モモ「あっ、あんっ、ご、ご主人、様っ///」ひくひく

久「はーい?どうしたのかなぁモモちゃん?」

モモ「も、もう、行かないとっ、あっ///先輩が・・・先輩がぁ///」びくんびくんっ

久「あはは、どっちのイくだったの?」

久「うーん、そっかぁ、もう時間かー」くちゅぬちゅ

モモ「お、お願いします。帰して、くださいっす・・・」





60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:09:57.06 ID:RgH3uMac0

久「そうねぇ。昨日もおとといも、モモちゃん頑張ってくれたしね」じゅぷにゅぽ

モモ(本当にこの2日、食べて寝てる以外はエッチされてたっす・・・///)

久「それじゃ、そろそろ開放してあげますかー!」ぬぽにゅぷ

モモ(そして、本当にお風呂に入れてもらえなかったっす。私の身体、今すごい匂いなんだろうな)

久「でも、私との最中に他の女の名前出したから、最後にお仕置き♪」ぎゅっ

モモ「ひぅんっ!?///」びくんっ





62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:13:36.66 ID:RgH3uMac0

久「ほら、私の名前はなぁに?モモちゃん?」ぐちゅくちぃにゅぷ

モモ「ううっ、久先輩、久先輩、久先輩っ///」びくびくびくびくん

久「そうよー?私の名前を呼びながらイきなさい♪」じゅちゅぷにゅぽじゅぷ

モモ「はぁはぁ、先輩・・・久、先輩っ///」びくんびくんっ

久「いい子ねぇ、モモちゃん?」ニヤニヤ





63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:16:04.33 ID:RgH3uMac0

【シャワー室】


ザァァァァア

モモ「ハァハァ・・・」

モモ(ようやくシャワー使わせてもらえたっす)

モモ(・・・匂いが全部落ちるまで、徹底的に洗いたい)

モモ(でも、先輩との待ち合わせまでそんなに時間がないっす!)

モモ(・・・きっとそこまで計算してるっす、あの女!)

モモ「とりあえず、ベタベタしたものだけ洗い流してすぐに帰るっすよ!」

モモ「先輩、今行きますからね!」





64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:18:02.63 ID:RgH3uMac0

久「はいお財布ー」

モモ「それじゃあ、帰るっす」

久「ま、頑張ってね」

モモ「・・・あなたに言われたくないっすよ」

久「夜はどうするの?ゆみといっしょ?」ニヤ

モモ「わ、私と先輩はそんなんじゃないっす!///」かぁぁ

久「そう。なら、夜はまた時間あるのよね?」

モモ「・・・えっ?」





69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:21:41.63 ID:RgH3uMac0

久「デートが終わったら連絡して。近場のホテルを取って待ってるから」

モモ「ちょ、ちょっと!今朝までさんざんして、また夜もっすか!?」

久「いいのよ?あなたが来ないなら、そのままゆみに電話するだけだもの」

モモ「ぐっ・・・わかったっす」

久「そうそう。物分りのいい子ねぇ。じゃ、デート楽しんで来てね~♪」

モモ(ちくしょう!っす!)





70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:24:42.57 ID:RgH3uMac0

【デート】

モモ(先輩!先輩!見つけてくださいっす先輩!)ワクワク

加治木「・・・。」キョロキョロ

モモ(先輩!先輩っ!)ワクワク

モモ「せんぱーい!!」がばっ

加治木「うわっ!も、モモ!?」

モモ「先輩っ!おはようございます先輩っ!」ぱぁぁ

加治木「やれやれ。私の方からモモを見つけたかったのにな」

モモ「私も見つけてもらうまで待とうと思ったっすけど、待てなかったっす!」ぎゅうっ

加治木「・・・やれやれ」なでなで





71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:28:31.75 ID:RgH3uMac0

モモ(うはー!先輩のなでなでっす!なでなでっす!)ぞくぞくっ

加治木「今日もモモの髪は綺麗だね。ん?シャンプーを変えたかな?」すん

モモ「ひっ!!!」びくっ

サッ

加治木「あっ・・・」

モモ「あっ!」

加治木「す、すまないモモ。匂いを嗅ごうとしたりなんて、失礼したね・・・」

モモ「ち、ちがうっす!先輩なら、私はいつだって・・・!」

加治木「ごめんよ、モモ」





72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:32:37.55 ID:RgH3uMac0

モモ「あ、あの・・・先輩?」

加治木「美味しいお店を教えてもらったんだ。モモとも、ぜひ行きたいと思っててね」

モモ「は、はいっす、先輩・・・」しゅん

モモ(違うのに!違うのに!っす!)

モモ(全部あの女のせいっす!!)

モモ(先輩とにデート中だっていうのに、まだ身体からあの女の匂いがするっす・・・)

モモ(あの女に弄られた部分が、疼くっす・・・!)

モモ(そして、デートが終わればまたあの女に抱かれに・・・)

モモ(こんなの!こんなの先輩とのデートなのに、あの女が頭から離れないじゃないっすか!!)





73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:33:19.80 ID:RgH3uMac0

久「せいぜい先輩とのデートを楽しんでね、モモちゃん?」ニヤニヤ


おしまい





74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/16(水) 10:33:56.96 ID:qyKTUxrY0

さすが部長
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。