Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  アイドルマスター >  P「月が綺麗だな」 響「えっ!?」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「月が綺麗だな」 響「えっ!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 22:50:48.19 ID:XmvGh9XK0
P「ん? どうした響?」 

響「え、あいや、うん……き、綺麗だね」 

P「流石は中秋の名月ってとこかな」 

響「う、うん……」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 22:51:41.04 ID:XmvGh9XK0
P「しかもちょうど満月なんてなー」 

響「そ、そうだね……」 

P「どうした響? なんか今日はやけにおとなしいじゃないか」 

響「そっ、そんなことないぞっ! 自分、いつもカンペキに元気だし!」 

P「そうか? それならいいけど」 

響「…………」
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 22:54:23.90 ID:XmvGh9XK0
~回想~ 

教師「……このように、子規との出会いは漱石に多大なる影響を与え――……」 

響「…………。(午後の現文の授業ほど眠いものは無いぞ……しかも文学史とか反則……)」 

教師「――そういえば、今日は中秋の名月ですね」 

響(ん?) 

教師「漱石にちなんだエピソードとして、ひとつ面白い逸話があります」 

響(なんだろう。眠気が吹き飛ぶようなお話だったら聞きたいぞ) 

教師「漱石が英語の教師をしていたとき、生徒が「I love you」を「我君ヲ愛ス」と訳したそうですが」 

響(ふむ) 

教師「このとき漱石は『日本人はそんなことを言わない。月が綺麗ですね、とでもしておきなさい』と言ったそうです」 

響(お……おお! な、なんかかっこいいぞ! 漱石!) 

~回想終り~
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 22:58:01.45 ID:XmvGh9XK0
響(つ……つまりプロデューサーのさっきの発言は……) 

響(こ……こくはk) 

P「響」 

響「うっひゃあ!」 

P「う……うっひゃあ?」 

響「え、あ、あいや……違うんだぞ」 

P「違うって……何が」 

響「今のは……くしゃみだぞ」 

P「え、響お前『うっひゃあ!』ってくしゃみするのか?」 

響「するんだぞ」 

P「そ、そうか……」 

響(どうやら上手く誤魔化せたみたいだぞ)
11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:00:37.96 ID:XmvGh9XK0
響「で、プロデューサーは自分に何を言おうとしてたんだ?」 

P「ん、ああ……」 

響「…………」 

P「月が綺麗だな、って」 

響「ぬっひゃあ!」 

P「ぬ、ぬっひゃあ?」 

響「……くしゃみだぞ」 

P「え……響お前『ぬっひゃあ!』ってくしゃm」 

響「するの!」 

P「そ、そうか……」 

響(今度も上手く誤魔化せたみたいだぞ)
15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:02:11.95 ID:I1b6/ola0
>>11 
ぬしゃみwww 
中の人ネタかwww
17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:07:01.17 ID:XmvGh9XK0
響(それにしても……こうも何回も言うってことは……) 

響(ぷ……プロデューサーはやっぱり、その、自分のことを……) 

響(……って! そ、そんなわけないだろー!?) 

響(自分はアイドルで、プロデューサーはプロデューサーなんだし!) 

響(そんなの……そんなの、あるわけないぞ!) 

響(……そんなの……) 

響(…………) 

P「…………」
19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:12:54.38 ID:XmvGh9XK0
響(だ、大体……プロデューサーが漱石の話を知ってるとも限らないし……) 

響(実際、今夜の月は満月で綺麗だし、ただその感想を言っただけって考える方が自然だよね……) 

響(……うん、そう、だよね……) 

響(…………) 

P「なあ、響」 

響「! な、なんだぞ」 

P「お、今度はくしゃみしなかったな」 

響「じ、自分は花粉症じゃないぞ! そんなしょっちゅうくしゃみばっかするわけないでしょ!」 

P「そうか? ほ~ら、ネコジャラシこちょこちょ」 

響「ふぁ!? あ……あ……ぬっひゃあ!」 

P「あっ」 

響「もー! 何するんだ!」 

P「……本当に『ぬっひゃあ』ってくしゃみするんだな……お前」
22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:17:22.02 ID:XmvGh9XK0
響「もー、プロデューサーのせいで鼻がムズムズするさー」 

P「ごめんごめん、ほらティッシュ。鼻ちーんしな」 

響「ちーん」 

P「スッキリしたか?」 

響「うん……まあ」 

P「そっか、よかった」 

響「…………」 

P「…………」 

響「……で、さっきは何を言おうとしてたの? プロデューサー」 

P「ん? ああ……」 

響「…………」 

P「月が綺麗だな、って」
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:21:54.46 ID:XmvGh9XK0
響「! も、もう……またそれ?」 

P「ああ……だめか?」 

響「さ、流石にちょっと聞き飽きたさー……」 

P「……そうか」 

響「……うん」 

P「…………」 

響「…………」 

P「…………」 

響「…………」 

P「…………」 

響(……って、え! 何でいきなり黙るの!?) 

P「…………」
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:26:02.23 ID:XmvGh9XK0
響「ぷ……プロデューサー?」 

P「ん? ああ……ごめん」 

響「いや、別に謝らなくてもいいけど……急に黙っちゃうからどうしたのかと思ったぞ」 

P「…………」 

響「…………」 

P「……なあ、響」 

響「? 何?」 

P「俺達ってさ」 

響「うん」 

P「アイドルとプロデューサー……だよな」 

響「!」
29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:29:26.47 ID:XmvGh9XK0
響「…………」 

P「…………」 

響「それは……そうだろ! 今更何言ってるんさー、プロデューサーってば!」 

P「…………」 

響「…………」 

響(……あれ? 何だろう……なんか……) 

響(胸の奥が……痛いぞ……) 

P「…………」
31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:34:26.68 ID:XmvGh9XK0
P「なあ、響」 

響「! な、何?」 

P「……響がこうやって俺の家に来るようになったのって、いつからだっけ?」 

響「え? えっと……確か、プロデューサーが風邪引いたときにお見舞いに来たのが最初だったから……半年前くらいからかな?」 

P「そうか……もう、そんなになるのか」 

響「……うん」 

P「この半年……色んなことがあったな」 

響「…………」 

P「響に手料理ご馳走になったり」 

響「…………」 

P「逆に俺の方が料理を振る舞ったり」 

響「…………」 

P「二人で鍋したこともあったよな」 

響「…………」
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:35:57.25 ID:a/nGXnEP0
おいおい
34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:36:24.68 ID:m7v3OBo90
これでまだ付き合ってねえのかよ
37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:37:42.10 ID:XmvGh9XK0
P「料理だけじゃない。二人で一緒にゲームしたり、テレビ見たり」 

響「…………」 

P「それ以外にも――……」 

響「……てよ」 

P「え?」 

響「……やめてよ」 

P「響……」 

響「何でそんな……昔のことばっかり振り返るんさ!? こんなの……こんなのまるで……」 

P「…………」 

響「まるで……」 

P「…………」 

響「うっ……ぐすっ……」
39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:41:00.96 ID:XmvGh9XK0
P「響」 

響「あ、あれ? 何で自分……」 

P「響」 

響「あれ? おかしいな。なんでこんな……あれ?」 

P「響」 

響「ま、まあいいや! ほら、プロデューサーも月見ようよ月! 折角の満月なんだから……」 

P「響」 

響「嫌だ!」 

P「……………」 

響「聞きたくない! 絶対に聞きたくないぞ!」 

P「……響……」
42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:45:53.60 ID:XmvGh9XK0
響「じ、自分は……嫌だからな!」 

P「…………」 

響「今までみたいに、プロデューサーの家で、一緒にご飯食べたり、テレビ見たり……」 

P「…………」 

響「これからも、ずっとずっと、そうやって……」 

P「……駄目だ」 

響「! …………」 

P「もう……駄目なんだよ、響」 

響「…………」 

P「…………」 

響「……なん、で……」 

P「……………」
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:53:28.35 ID:XmvGh9XK0
響「なんで……なんでダメなんさ!?」 

P「……………」 

響「自分がアイドルで……プロデューサーがプロデューサーだからか!?」 

P「…………そうだ」 

響「……!」 

P「響がアイドルで、俺がプロデューサーである以上……もう、これ以上はやめた方がいい。いや、やめなければならないんだ」 

響「そ、そんな……なんで!? だって自分達、やましいこととか何も……」 

P「そんなこと分かってる。でも、第三者から見てそう判断されるかどうかは別の話だ」 

響「……えっ」 

P「……この前、響が俺の家から出てくるところを見たっていう人から、事務所に電話があったそうだ」 

響「!」 

P「幸いにも写真とかは撮られてなかったようだし、音無さんが上手く誤魔化してくれたから大事にはならなかったが……」 

響「…………」 

P「でも、次もそうなるとは限らない」 

響「…………」
46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/19(木) 23:57:41.64 ID:XmvGh9XK0
P「響はこれから、ますますアイドルとして成長し、売れていくだろう」 

響「…………」 

P「でもそれは同時に、スキャンダル等を狙う輩が増えていくことにもつながる」 

響「…………」 

P「俺は、響がトップアイドルになる前に……こんな形で、響の大切な夢を壊したくない」 

響「…………」 

P「だから、響……」 

響「……わかったさ」
48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 00:02:34.15 ID:26B/Km0J0
P「響」 

響「プロデューサーの言う通りさ……自分も、アイドルとしての自覚が足りなかったよ」 

P「響……」 

響「自分、すごく楽しかったんだ。プロデューサーの家で、二人で同じ時間を過ごすのが……」 

P「…………」 

響「だから、つい、その……プロデューサーの好意に、甘えちゃってた」 

P「……ごめんな、響」 

響「……ううん。謝らないでよ、プロデューサー」 

P「……ああ」
51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 00:10:24.81 ID:26B/Km0J0
響「まあでも……そういうことなら、今日ここに来る前に言ってほしかったかな……」 

P「…………」 

響「この家で言われちゃうと、その……やっぱり、い、色々思い出しちゃって……」 

P「…………」 

響「わ、わかってても、やっぱり、つらい…かな……」 

P「…………」 

響「……ふっ……うっ、ぐすっ……」 

P「…………」
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 00:12:49.94 ID:26B/Km0J0
響「うぇええええ……」 

P「…………」 

響「うぇええ……」 

P「…………」 

響「うぇえ……えぐっ、ぐすっ……」 

P「……響」 

響「……な……何?」 

P「……辛い思いをさせて、ごめんな」 

響「…………」フルフル 

P「でも、今日はどうしても……響にここに来てほしかったんだ」 

響「…………?」
56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 00:17:29.22 ID:26B/Km0J0
P「なあ、響」 

響「……うん」 

P「俺達は、アイドルとプロデューサーだよな」 

響「…………うん」 

P「だからもう、こういう形で二人で会うのは……今日で、終わりにしよう」 

響「………………うん」 

P「でもな、響」 

響「……?」 

P「俺はどうしても、今日ここで……お前に伝えたいことがある」 

響「……え……?」
65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 00:25:58.57 ID:26B/Km0J0
P「ずっと考えてたよ」 

響「…………」 

P「どうやって伝えたらいいのか、って」 

響「…………」 

P「直接的な言葉じゃ言えない。それはやっぱり、するべきでないとも思った」 

響「…………」 

P「……少なくとも、“今”は」 

響「…………」
68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 00:28:33.68 ID:26B/Km0J0
P「……それでずっと考えてたんだが……最近、ふと思い出したんだ」 

響「…………?」 

P「高校の時、現代文の授業で―――……先生が、雑談交じりに話してくれたこと」 

響「…………!」 

P「もしかしたら、響も知ってるかもしれないし、知らなかったらまあ……どっかで調べてくれたらいい」 

響「ぷ、プロデューサー……!」 

P「いいか? 響。今日何回も言ったことだけど……もう一回だけ、言うぞ?」 

響「…………うん!」 





P「月が綺麗だな、響」 






70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 00:29:05.09 ID:yiV6JjFz0
えんだぁぁぁぁぁあああああ
73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 00:29:53.81 ID:ywrzI+lp0
いやあああああああああああああああ
76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 00:31:11.34 ID:EjVuyh5J0
乙です 
響可愛い
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。