Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  ダンガンロンパ >  苗木「超高校級の・・・M字?」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苗木「超高校級の・・・M字?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:45:43.19 ID:gtIU6ktq0

???「--------!!」 

苗木「あ、気がついた?」 

???「・・・なんだここは・・」 

苗木「ここは希望ケ峰学園の教室だよ。僕は君と同じ入学生の苗木誠だ」 

苗木「どうやら僕はさっきまで意識を失ってたみたいなんだけど・・君もかな?」 

???「希望ケ峰・・・そうか俺は・・・」 

苗木「実は君が最後の生徒なんだ。他のみんなはホールに集まっているんだけど」 

苗木「ところで君は超高校級のなんなの?」 

???「俺は・・・超高校級のM字・・ベジータ様だ」 

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:46:26.55 ID:gtIU6ktq0

ーーーホールーーー 

石丸「遅いぞ苗木クン!!遅刻者を迎えに行くのにどれだけかかっているのかねっ!」 

苗木「ゴメンゴメン・・・」 

石丸「むっ!君が最後のクラスメートだね!僕は石丸!超高校級の風紀委員だっ!」 

石丸「よろしく頼むよっ!ハッハッハ!!」 

ベジータ「ふん・・・」 

石丸「どうやら君は十神クンと似たタイプのようだね・・とりあえず自己紹介をすませておきたまえっ!!」 

苗木「そうだねベジータくん、まずはみんなと顔合わせをしておいたほうがいいよ」 

苗木「僕は苗木誠、一応超高校級の幸運ってことで呼ばれたみたいなんだけど・・・」 

ベジータ「くだらん。貴様らの自己紹介などどうでもいい・・・」 



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:47:03.78 ID:gtIU6ktq0

ベジータ「(ちっ・・所詮は地球人か、どいつもこいつも戦闘力は5未満、ゴミめ)」 

ベジータ「(・・なに?戦闘力1000以上が二人?)おい貴様!」 

大神「む・・我か?」 

ベジータ「貴様、なかなかの戦闘能力だな。地球人にしては、だが・・・」 

ベジータ「そして貴様!!」 

江ノ島(偽)「え・・アタシ?」 

ベジータ「隠していても分かるぞ・・貴様も相当な戦闘能力の持ち主だ。なぜ隠す?」 

江ノ島「え・・なにいってんのアンタ?(なにこの人・・どうしよう・・私の正体バレたの・・?)」 

ベジータ「ふん、あくまでもシラを通すつもりか貴様・・ならば・・」 



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:47:38.46 ID:gtIU6ktq0

十神「おい・・!」 

ベジータ「む・・なんだ貴様」 

十神「遅れてきたわりに随分と偉そうじゃないか・・・目障りだ・・・」 

ベジータ「失せろ。貴様に用はない。それとも死にたいのか?」 

十神「貴様・・・この十神財閥の次期総裁である十神白夜様に向かって随分なクチをきくな」 

ベジータ「馬鹿め、それがどうした!俺は惑星ベジータの王子だ!」 

十神「惑星ベジータ?!」 

ベジータ「貴様ら地球人にいっても何もわかるまい」 

十神「なんだコイツは・・・」 



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:48:31.20 ID:gtIU6ktq0

ピンポンパンポーン 

モノクマ「えーオマエラ、ただちに体育館に集合してください。」 

ベジータ「なんだ今のは?」 

苗木「わからないよ・・とりあえず体育館に行ってみないと・・・」 

ベジータ「ちっ!なめた野郎だ・・このベジータ様に指示するとはな・・まあいい」 

ベジータ「暇つぶしにはなるだろうからな・・・」 

苗木「(この人大丈夫かなぁ・・・)」 



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:49:06.78 ID:gtIU6ktq0

ーーー体育館ーーー 

モノクマ「モノクマ登場~~!」 

モノクマ「オマエラにはコロシアイをしてもらいまーす!」 

(以下説明) 



大和田「っざけんじゃねえぞコラ!!」 

大和田「誰が殺し合いなんざするかよコラ!!」ガシッ! 

モノクマ「学園長への暴力はルール違反だよ~・・・」ピピピピピ 

霧切「!!それを早く遠くへ投げて!!」 

大和田「!!」ポイッ!! 

ドカーーーン!! 

大和田「爆発・・・した・・・?」 



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:49:42.69 ID:gtIU6ktq0

モノクマ「わかった?学園長への暴力をふるった人には厳罰なのです!」 

一同「・・・」シーン 

ベジータ「おい、なにが問題なんだ」 

苗木「えっ」 

ベジータ「だから、あの程度の爆発の何が問題なのかと聞いている」 

苗木「なにがって・・・見てなかったの・・・?」 

ベジータ「貴様らこそなにを見ていた?あの程度の爆発がどうしたというんだ」 

苗木「(なにいってんのこの人・・・)」 



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:50:20.47 ID:gtIU6ktq0

江ノ島(偽)「ちょっと!何が殺し合いよ!ふざけんじゃないわよ!!」グリグリ 

モノクマ「う・・・うわあ~(あれ?お姉ちゃんタイミング間違ってない?)」 

江ノ島(偽)「オラオラ!(あ、間違えた・・これは誰かが死んでからやるって言われたんだっけ)」グリグリ 

モノクマ「(ま、いいか!槍発射!!)」 

グサササササササッ!!(シャシャシャッ!!) 

江ノ島「え・・・なんで・・ワタシに槍が・・・て・・」 

江ノ島「刺さってない・・?」 

ベジータ「おい」 

ベジータ「この程度の攻撃を避けられないようでどうする」 

江ノ島「!!槍をすべて受け止めている・・?!」 



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:50:57.70 ID:gtIU6ktq0

モノクマ「なにさ!!なんなのさ!!」 

ベジータ「やかましいボンコツだ!死にたくなければ黙っていろ!」 

モノクマ「学園長に向かってその口の聞き方!もう怒ったぞーー!」ガオーッ 

苗木「ベジータくん!逃げて!!」 

ピピピピピピピピピピピ 

ベジータ「へっ」 

ドカーン!! 

モノクマ「さて、これで邪魔な生徒は・・・!!?」 

ベジータ「こんなものでベジータ様に傷をつけられると思ったのか?馬鹿め!」 

モノクマ「なんなんだよオマエ!!」 

ベジータ「俺は・・・ベジータ様だ!!」ボッ!!シュインシュインシュイン!! 



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:51:30.77 ID:gtIU6ktq0

石丸「べ・・ベジータくん!君は何者なのだ!」 

大神「我はこれほどの猛者を見たことがない・・・」 

葉隠「髪が金色になったべ!!」 

山田「ひぇーーー!ガチで最強戦士キタコレ!!」 

セレス「信じられませんわ・・・」 

舞園「凄すぎる・・わたし、ちょっと怖いです・・」 

ベジータ「ふん、くだらん。これからは自分の身くらい自分で守るんだな・・」照 

江ノ島「ベジータくん・・・」ポッ 



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:52:22.00 ID:gtIU6ktq0

ベジータ「さて、どうやら察するに貴様、人造人間の類のようだな」 

ベジータ「ボンコツめ、今すぐスクラップにしてやるぞ・・・!」 

モノクマ「むむむ・・・!ふざけんなよオマエ!こうなったら!」 

ベジータ「このベジータ様に歯向かったこと!後悔しやがれぇーーー!!!」 

モノクマ「モノクマ一斉攻撃ーーー!!」 

100体を超えるモノクマが一斉にベジータに襲いかかる! 

ベジータ「馬鹿め!くらえぇーーー!!!」シャシャシャシャ!! 

シュバ! 

ベジータ「貴様らまとめて吹き飛ばしてやる!ギャリック砲ーーー!!」 

ズドオオオオーーーー!! 



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:53:09.78 ID:gtIU6ktq0

モクモクモク・・・ 

ベジータ「あっけねぇ、もう終わりか?モノクマさんよ?」 

江ノ島「・・・」 

朝日奈「あれ?!江ノ島ちゃんが二人!?」 

戦刃「くわしい説明は後でするけど、あれが私の妹で、黒幕なの」 

苗木「え!!」 

霧切「え!!」 

江ノ島「・・もう、モノクマない・・・」グスッ 

ベジータ「どうした?笑えよ、モノクマ」 



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:53:51.52 ID:gtIU6ktq0

江ノ島「どうして絶望しないのよ・・・!どうしてよ!!」 

江ノ島「外の世界はもう壊滅してるの!弱いアンタ達が出て行ったって死ぬだけなの!」 

苗木「え」 

霧切「え」 

江ノ島「どう!?たとえここを出たってアンタたちは終わりなの!絶望しなさいよ!」 

ベジータ「バカめ」 

江ノ島「!?」 



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:54:23.55 ID:gtIU6ktq0

ベジータ「外の世界が滅亡している?だからどうした・・・。いいか。人は弱いから絶望するんじゃない、絶望するから弱いんだ」 

ベジータ「貴様らと触れ合うことで知った・・貴様らはたしかに弱い」 

ベジータ「だが、希望を信じ、仲間を信じることで貴様らは無限大の力を発揮する・・・」 

ベジータ「そう、カカロットのように・・・。まったくふざけてやがるぜ、優しくて、戦いが大好きなサイヤ人なんてよ・・!」 

苗木「(なにいってんの・・・?)」 

ベジータ「人は絶望なんてしねえ!人は強くなれるんだからな!カカロットのように!!」 

ベジータ「カカロット!お前がナンバーワンだ!!」 

江ノ島「なんなのよぉぉぉーーーーーーー!!」 

苗木「ほんとなんなんだよ・・・」 



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:54:57.83 ID:gtIU6ktq0

ベジータ「・・・さて、絶望したいんだったな?」 

ベジータ「ならばこいつで絶望しやがれ!!」 

江ノ島「ヒッ!!」 

ベジータ「これがスーパーベジータのビックバンアタックだ!!」 

ベジータ「ハァーーーーーーーーーーーー!!」 

江ノ島「いやあああああーーーーーーーーーー!!!」 



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 03:55:36.15 ID:gtIU6ktq0

苗木「こうしてベジータさんは希望ガ峰学園の校舎ごと江ノ島さんを跡形もなく消し去った」 

苗木「そして、ベジータさんは暇つぶしといいながら残る超高校級の絶望をすべて壊滅させた」 

苗木「世界には平和が戻ったんだ」 

苗木「僕は結局その幸運を生かして世界復興メンバーの一員となった」 

苗木「今は舞園さんと結婚して、幸せな毎日を送っている」 

苗木「これもベージタさんのおかげだ・・・。」 

霧切「彼は超高校級のM字なんて理由であの学校に呼ばれたんじゃない・・・」 

霧切「彼こそが、超高校級の希望、そう言えるんじゃないかしら」 

fin 



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/23(水) 04:20:58.93 ID:kz+SNstj0

 
あっさりもいいね 
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。