Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  艦隊これくしょん >  提督「艦娘にえろいことしたいなぁ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提督「艦娘にえろいことしたいなぁ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 02:21:59 ID:7ZzwUdMJO

提督「長門、腕相撲しよう。負けたらパンツ見せて」 

長門「いいだろう。私がお前に負けるはずがないからな」 

ばんっ 

長門「こんなばかな…私が力で…」 

提督「あれ、見せてくれないの?長門は約束破るような奴なの?」 

提督「自分でスカートめくって見せてよ」 

長門「くっ…好きなだけ見ろ」ピラッ 

提督「へぇ…淡いピンクって意外と可愛いな」 

長門「恥ずかしい。思ったよりかなり恥ずかしいぞ。もう戻していいだろう?」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 02:22:31 ID:KD43A39K0

勝てるわけがない


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 02:23:44 ID:MLc6Qjtb0

僕は加賀さん

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 02:27:36 ID:7ZzwUdMJO

提督「島風、じゃんけんしよう。負けたらパンツ脱いで」 

島風「てーとく変態ー。でもいいよてーとくだし。じゃーんけーん」 

ぽん! 

島風「この私が負けるなんて…」 

提督「ほらほら島風、パンツ脱いでノーパンになってよ。その超短いスカートのままさ」 

島風「わかったよ…てーとく、下から覗くの禁止。もー」ヌギヌギ 

島風「はい…これで私、はいてないよ。すーすーする」 

提督「うおおおおスカートめくりたい!あの布の向こうには島風の…」 

島風「てーとくエッチなこと考えすぎ!もう終わりだよ」ハキハキ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 02:34:19 ID:7ZzwUdMJO

提督「加賀さん、的当てで勝負しよう。負けたらちゅーさせて」 

加賀「……私に弓術で勝つ気でいるのですか提督」 

提督「そうだよ。えっちなことがからむと強くなるんだ」 

加賀「では一射であの的の中心に近い方が勝ちで」 

どっ 

加賀「こんなはずは…」 

提督「加賀さん、加賀さん、ちゅー!ちゅーしよう!」ンー 

加賀「ま、待ってください。その…私からさせて…もらえないでしょうか」 

提督「じゃ、じゃあ目つぶるね」ドキドキ 

加賀「……」 

ちゅ 

提督「加賀さん…ほっぺとかじゃなくて、唇に…大胆」 

加賀「では失礼します」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 02:41:04 ID:OIAvnXcL0

もがみんはよ!


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 02:41:51 ID:wIGm3k4M0

金剛ちゃんはよ



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 02:42:29 ID:7ZzwUdMJO

提督「響、コイントスで勝負しよう。負けたら抱きしめさせて」 

響「執務の息抜きは必要だね。司令官、付き合うよ」 

キィーン 

響「裏だね」 

提督「表でした」 

響「嬉しそうな司令官。そんなに私を抱きしめたいのかい?」 

提督「一秒でも早く抱きたくてうずうずしてるよ。いいかな響?」 

響「どうぞ」 

がばっ、ぎゅーっ 

提督「おお、この響の匂い…服もすべすべ、体も柔らかくて…」ギュー 

響「司令官、ちょっと苦しいよ。緩めてほしい」 

提督「おっと。あぁ…くんくん、くんくん」 

響「司令官…君は犬みたいだね。それも可愛らしい仔犬だ」ギュー



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 02:51:34 ID:rqTY/aMN0

提督の強さが尋常じゃない件



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 02:53:15 ID:7ZzwUdMJO

提督「金剛、ロシアンルーレットやろう。負けたらおっぱいさわらせてくれ」 

金剛「オーゥ提督ぅー、攻めてくるネー。紅茶のルーレットで勝負ネー!」 

金剛「私が勝ったら提督のナニをにぎっちゃうヨー!」 

ごくごく 

金剛「ぶぇー辛いネ!トゥーホット!ノォー、負けちゃいマシター…」シュン 

提督「おっぱい!金剛のおっぱい早く!」ワキワキ 

金剛「ンー、提督ぅー…?脱ぐのは恥ずかしいから服の中に手を入れてさわってほしいデース…」 

提督「では失礼して」スルリ 

もみもみもみもみ 

提督「……あぁ~…ヘブンな心地よさ…」 

金剛「んっ…くっ…!ふっ、ふぅっ…あひッ!?て提督ぅ、それはノォー、だからネっ!?」 

提督「あぁ…気持ちいい~…温泉の百倍気持ちいい…」 

もみもみもみもみ 

金剛「ノォ~…時と場所をぜんぜんわきまえない指使いデース…んっ…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 03:02:28 ID:7ZzwUdMJO

提督「電、お手玉で勝負しようか。負けたら…そうだな、寝転ぶから顔の上に座ってくれ」 

電「はわわわ、まさかの司令官との真剣勝負なのです。がんばるのです!」 

電「電の本気を見るのです!」ポトポト 

電「あれ…」 

提督「ははは電、練習が足りないな」ヒョイヒョイ 

電「ぐ、電は負けを認めるのです…司令官、横になるのです」 

提督「よしきた」ゴロン 

電「ほんとに顔に座りますですよ?いいですか?」ポフッ 

提督「……。……。モゴゴ…」 

電「はわわっ?そういえばこれじゃ息ができないのです!司令官?」スクッ 

提督「ぷはぁ、はぁ…。いやぁ…素晴らしい感触の世界をありがとう、電」ガシッ 

電「ふぁ…司令官が幸せなら電もうれしいのです」ニコッ


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 03:14:03 ID:7ZzwUdMJO

提督「赤城、早食いで勝負しよう。負けたら口移しで晩御飯食べさせてくれ」 

赤城「私が勝ったらボーキサイト500ならやります、提督」キラッ 

提督「よし、じゃあぶっかけうどん一杯の早食いな!判定頼むぞ不知火」 

不知火「そんな判定つけるほどの僅差になる勝負じゃないでしょうに…よーい、どん」 

ちゅるん 

不知火「えっ!?は、速い…!でも、提督の方が一瞬速かったように見えましたが…」 

提督「フフフ…」モグモグ 

赤城「うぅ、残念です」モグモグ 

赤城「提督、できるだけ口近づけてください」 

提督「はーい」グッ 

赤城「ん…ちゅ。んむ…んっ…ふっ…」 

提督「……!」モグモグ 

赤城「ぷぁ。ふぅ…どうですか提督、私の噛んだハンバーグのお味は…?」 

提督「ふぁいほう(最高)」 

赤城「そうですか。それは何よりで…」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 03:15:48 ID:3pYy+DP50

電ちゃんカワイイ!


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 03:18:59 ID:v/O3/z5h0

僕は翔鳳さん!


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 03:26:04 ID:JNycnpQP0

こういうスレでは滅多に名前が上がらない日向さん! 
モブカワイイ日向さん!



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 03:27:42 ID:7ZzwUdMJO

提督「龍田、トランプで勝負しよう。負けたらお尻揉ませてくれ」 

龍田「あら~提督もとうとう性欲を押さえきれなくなったのかしら~?」 

提督「四六時中美少女ばかりが目に入るこんなところにいちゃあな」 

龍田「うふふ、いいですよ~。そうねぇ、ポーカーにしましょうか?」 

龍田「フルハウス~」 
提督「ロイヤルストレートフラッシュ!完全勝利っ」 

龍田「あらら…おさわりは禁止なのに…今日だけ特別ですからね提督~?」 

提督「それでは…」 

龍田「提督、後ろからより抱き合う形の方が興奮すると思いますけど~?」 

提督「そ、そうか?ではでは…」ドキドキ 

ふにっ 

提督「おぉぉ…!龍田のお尻…柔らけぇ…!」モミモミクニクニ 

龍田「うふふ…」ギュッ 

提督「うおっ?た、龍田?」モミモミモミモミ 

龍田「うふふふ、サービスです~。あっ、前はさわっちゃいけませんからね~?あっ…」 

龍田「…太ももに押しつけてるカタいモノはなんですか~提督~??」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 03:37:16 ID:7ZzwUdMJO

提督「暁、キャッチボールで勝負しようか。負けたらぼくのことお兄ちゃんって呼んでくれ」 

暁「なぁっ!?一人前のれでぃーにそんなことを要求する気ぃ?」 

暁「いいわよ司令官、私の運動神経をあまく見たことを後悔させてやるんだから!」 

提督「よーしいくぞー」ヒュッ 

暁「余裕よっ」ポテッ 

暁「……ち、ちょっとめまいがしたから、今のは…」カァァ… 

提督「さ、暁?」 

暁「う…わ、わかったわよ。しかとその耳に焼きつけなさい。お…おっお、お兄…ちゃん?」チラッ 

提督「っ…こんぐらちゅれーしょんだ暁」 

暁「ふん!」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 03:42:56 ID:19OTT63m0

艦これしたことないけど加古が一番かわいいと思いました



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 03:47:00 ID:7ZzwUdMJO

提督「瑞鳳、料理の出来栄えで勝負しようか。負けたら格納庫を…なめさせてくれ」 

瑞鳳「て、い、と、く?私の格納庫はなめるものじゃないのよ?まぁ、わかってて言ってるんだろうけど…」 

瑞鳳「それじゃ玉子焼きのおいしさくらべにしよ?」 

じゅわわ~ 

提督「イムヤ、食べてみてどっちがおいしいか判断してくれ」 

イムヤ「いいけど…正直に言っていいのね?じゃ、いただきます」パク 

イムヤ「モグモグ…瑞鳳の玉子焼き、しょっぱさが半端じゃないんだけど」 

瑞鳳「砂糖と塩をっ…!あぁ、ありがちなミスしちゃった…」 

提督「さ、人気のないとこに行こうか」 

瑞鳳「……うん」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 04:00:47 ID:7ZzwUdMJO

提督「…さ、瑞鳳。ここなら誰も来ないさ」 

瑞鳳「ほ、ほんとに?なめるの?私のこんなとこ…汚いよ提督ぅ…」 

提督「瑞鳳のナニが汚いもんか。ほら早くしなきゃ、誰かが来ちゃうかも…?」 

瑞鳳「わ…わかったわよ。ほんとに誰もいないよね?……はい…」パサッ 

提督「お…うぉぉ…!瑞鳳のここを、生で見れる日が来るなんて…」 

瑞鳳「やだ、思ったよりずっと恥ずかしいぃ…」カァッ… 

提督「じゃあいただきます」ツッ… 

瑞鳳「あッ…!はっ、あふっ、ひっ…はっ、はっ…」ピクピクッ 

提督「ん…ふ…」ペロペロ 

瑞鳳「ひぇ…!うッ、あっ、ひゃひっ!?あ、あ、あっ…!」ビクッピクンッ 

提督「んく…ふっ…」チュパチュパ 

瑞鳳「あぁッ!あっあっあっ…!ひゃあっ、んっ…!ん~~っ…!あっ…!!」ビクビクッ 

提督「…イったのか?」 

瑞鳳「はぁ、はぁ、は…は、はっ、はぁ…」トロン…


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 04:11:45 ID:7ZzwUdMJO

提督「雷、早口言葉で勝負しよう。負けたら膝枕してくれ」 

雷「司令官の頼みならなーんだってしてあげるんだから!早口言葉ね!」 

提督「じゃあぼくからな、赤巻紙青巻紙黄巻紙。はあ雷の番」 

雷「あきゃまきっ…」 

提督「ッ…プククッ…!」 

雷「しっ司令官人の失敗笑ったわねー!?そーゆーのダメなんだから、いいこと!?」 

提督「わかったよ。それじゃ雷、膝枕を…」 

雷「しょうがないわね、ほら、来なさい」ポン 

提督「お邪魔します」ゴロン 

雷「うふふ…司令官、私がついてるわよ…」ナデナデ 

提督「あったかくて気持ちいい…寝ちゃいそうだ…」 

雷「ついでに耳かきしてあげるわね。おとなしくしてなさい」 

提督「は~い。……あぁ~…頼りきりたいな……このぬくもりに…」ウトウト


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 04:27:35 ID:7ZzwUdMJO

提督「吹雪、あっちむいてホイで勝負しよう。負けたらぼくの股間のにおい嗅いでみてくれ」 

吹雪「ななな何を言うかと思えばセクハラですか!まぁいつものことですけど」 

提督「あーっちむーいてホイ↓」 

吹雪「↓…うわぁっ、そんなぁ、だめですぅ!」フルフル 

提督「そっかぁ、吹雪は戦友との約束を裏切るような性格だったのかぁ」 

吹雪「待ってくださいよ、んん~…わかりました、やります。嗅ぐだけですからね?」 

提督「じゃあ、はい」ボロン 

吹雪「ひぃ!?め目の前にいきなり突きつけないでくださぁい!もぉ……くんくん…うっ」 

提督「どうだった?感想は」 

吹雪「かいだことのないにおいです…すごく独特で鼻にくる…あんまり好きな匂いじゃ、ないです…」 

提督「そうかー、残念だ」カチャカチャ


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 09:52:48 ID:7ZzwUdMJO

提督「龍驤、卓球で勝負しよう。負けたら一緒にお風呂入ろうか」 

龍驤「ふっふ~ん?ウチの反射神経あなどってるねキミぃ」 

龍驤「ようし、勝負したるで!私が勝ったら今日の出撃、第一艦隊に入れてや!」スコーン 

提督「今日メンテだけどな」パコォン 

10-1 

龍驤「ぜぇぜぇ…き、キミぃ、そんな強かったの…?実力隠しとったん?」 

提督「さあ話はお風呂でしようか」ヌギヌギ 

龍驤「わわ、わかったよ…」ヌギヌギ 

提督「龍驤かわいいお尻だな~」 

龍驤「こらぁさわるな!ちょっち、広げちゃあかんって!アホぉ!」 

提督「ごめんごめん。ま、背中流したげるから日ごろの疲れとってよ」ゴシゴシ 

龍驤「いたたた、そこ背中とちゃうで!そこ胸や!」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 10:07:47 ID:7ZzwUdMJO

提督「天龍ー指相撲で勝負しようぜー。負けたら添い寝してくれよ」 

天龍「俺と指相撲で勝負するのか?フフフ、子どもの頃鬼指の天龍と呼ばれたこの俺とやりたいのか。いいぜ!」 

提督(今も子どものままじゃないのか…?) 

めきめき 

天龍「いでででで待て!待て!つぶれる!指折れちまうって!」 

提督「…9、10。フフフ怖かったか?じゃ早速添い寝してもらおうか」 

天龍「く…しゃーねぇな」 

提督「なぁ天龍、ちゃんと抱いて寝させてくれよー。抱き枕にしたいんだよ」 

天龍「うっせェ!ちゃんと添い寝してるだろ」 

提督「天龍~」ムギュー 

天龍「ばっ…よせ、胸に顔うずめるなよ!ひゃっ…あははははははっ!!あひゃっ、やめっ、お腹くすぐるな!あひっ、ひへははははははは!!」バタバタ


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 10:22:40 ID:7ZzwUdMJO

提督「愛宕、野球拳で勝負しようか」 

愛宕「提督、私を脱がせる気満々ですね~?私こういう戦いは負けませんよぉ」 

提督「よよいのよい!やった、肌着を脱がせるぞ」 

愛宕「うぅ…提督、どうしてそんなじゃんけんが強いんですかぁ…1枚も脱がせられないなんて」 

パサッ、たゆんっ 

提督「うひょぉ、ダイナミックなおっぱいがブラに包まれて…!よよいのよい!」 

愛宕「あらら…次はスカートですかぁ?」パサ 

提督「へぇー、下着は上下とも白なんだな。黒で統一かと思ってたよ」 

愛宕「だって、白い下着ってかわいいじゃないですか~?駆逐艦の子達もほとんど…うふふ…♪」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 10:33:18 ID:iUpsuU4ki

なんて素晴らしいスレなんだ



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 10:36:08 ID:7ZzwUdMJO

提督「よい!よし…次はブラを…」 

愛宕「提督も好きですね…こんな風に少しずつ脱いでいくのって、どきどきが長く続いていいですね~」ニコニコ 

提督「思いのほか楽しんでるんだな」 

ぷるんっ 

提督「うおっ…!おぉぉ、愛宕のおっぱい…!お~…大きさだけじゃなく…形も最高だなぁ…さわりたい…」 

愛宕「いきますよ~、よよいのよーい。あらぁ…また負けちゃったわ♪最後の一枚は提督が脱がせたいですよねぇ?」 

提督「えっ!?期待してる?」 

愛宕「うふふ…♪どうぞ、ゆっくり脱がせてくださいね…」 

スル、スル… 

提督「ん、ない…?そうか、すべすべだな…」 

愛宕「あんっ、提督そんなとこ撫でないでくださぁい」 

提督「ああ…いや……こうして見るとすっごく綺麗な体なんだな…ぼくの想像してた以上に」 

愛宕「うふふ、そう言ってもらえれば脱いだ甲斐があります~」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 10:54:30 ID:7ZzwUdMJO

提督「五十鈴、長門が狙う敵艦当てで勝負しようか。負けたら初音ミクのコスプレしてくれよ」 

五十鈴「何よその条件?まあいいわ、長門さんが狙う敵なんて五十鈴には丸分かりよ。駆逐艦に決まってる」 

提督「どうかな?ぼくは空母だと思うが…」 

どごーん 

五十鈴「えっ!?あの駆逐艦ばかり狙う長門さんが…」 

提督「な。長門は出撃前に島風を抱っこしてたからな。そういうのの後は敵の駆逐艦を狙わない癖があるんだ」 

五十鈴「うぅ、しょうがないわね」 

するする、パサッ 

五十鈴「これでいいのかしら?」 

提督「すげぇ!思った以上にみくみくしてやがる。五十鈴、ついでにこの歌うたってみてくれ」 

五十鈴「歌?…♪科学の 限界を こえて わたしは…」 

提督「あ~ミクのライブ独占できた気分。声は違ったけどかわいいしいいな」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 11:15:40 ID:4/1Bp2tzO

島風を抱っこしてる長門さんかわいい 

五十鈴ちゃんにみっくみくにしてもらいたい!



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 11:16:33 ID:7ZzwUdMJO

提督「陸奥ー、にらめっこで勝負しようぜ。負けたらおっぱい吸わせてくれ」 

陸奥「あら、あら。提督ってば甘えんぼさんだったの?いいわよ、あっぷっぷ」 

陸奥「ぅ…くふふふっ、あははは!なあにその顔~」 

提督「伝家の宝刀だ。陸奥の顔、ほっぺたふくらましただけでかわいかったぞ?」 

陸奥「えぇ~、頑張ったのにショックね…おっぱい、ほんとに吸うの…?」 

提督「嫌なら長門のおっぱい吸ってくるが」 

陸奥「わかったわよ…はい。どうぞ…」プルン 

提督「柔らかそうだなぁ…ではいただきます」ハムッ 

陸奥「あっ!提督っ、甘く噛むのも、や、やさしく、ね…?」ピクン 

提督「ん…ちゅっちゅ、ちゅっ…ちゅぱっ…ぺろぺろ、はむっ…」 

陸奥「…!んっ…ふぅっ、うぅっ…!」ビクビクッ 

提督「ちゅっちゅっちゅ~っ…ぷぁあ。ごちそうさま陸奥、美味しかった~♪」 

陸奥「ふぅっ、ふぅ…そう……ちょっと、気持ちよかったからまたしてほしい、かも…(超小声)」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 11:35:54 ID:7ZzwUdMJO

提督「夕張ー、お絵かきで勝負しようか。負けたらおしっこするとこ見せてくれ」 

夕張「い、嫌ですよ!え?ま、まぁ提督には負けないと思いますけど…うーん」 

夕張「万が一提督が勝ったら、お、おしっこの音だけ聞くだけなら…いいかなー」 

提督「よし、夕張が勝ったらおやつの夕張メロンをあげるぞ。お題はねこだ」 

カリカリ… 

夕張「どう?潮ちゃん、私と提督、どっちのねこのが上手い?」 

潮「えっと…夕張さんのこれ…アルマジロじゃなくて、ねこなんですか?」 

夕張「」ガーン 

潮「アルマジロとして見ると、すごく可愛いです…」 

提督「お題はねこだからな。じゃあ夕張、さっそくおしっこの…」 

夕張「あーあー!潮ちゃんの前で変なこと言わないでくださいよぉ提督!」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 11:45:01 ID:7ZzwUdMJO

提督「倉庫裏ならめったに人が来ないからな。学校の体育館裏的な場所だ」 

夕張「なんで外でさせるんですか…もうっ、変態なんだから…」 

夕張「目つぶってあっち向いててください!絶対絶対見ないでくださいよ提督!?約束ですよ?」 

提督「はいはい。ささ」 

夕張「う…こんな…人前でするなんて…」パサッ 

夕張「……ん」 

シィーーーーー……ィー…ちょろちょろちょろちょろ… 

夕張「…はぁ」 

夕張「これで満足ですか提督?」 

提督「くんくん…」 

夕張「やめてー!!これ以上顔赤くさせないでください!」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 11:51:20 ID:hnoLkDtD0

かわいい



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 12:06:13 ID:7ZzwUdMJO

提督「皐月、バドミントンで勝負しよう。負けたら耳元で司令官愛してるってささやいてくれ」 

皐月「さては司令官、ボクのことが好きなの?かわいいね!いざ!」パコーン 

提督「ムーンサルトスマッシュ!」スカァン 

皐月「あれれ~、負けちゃった…」 

提督「皐月、言ってくれる?」 

皐月「い、言うよ。司令官、もっとしゃがんでよ」 

がしっ 

提督「さ、皐月?どうした首に抱きついたりして」 

皐月「司令官…」ドキドキ 

皐月「す…好きだよ。ボクは司令官のこと好きだ。大好きだからね、うまく、伝えらんないけど、愛してるよ」ヒソヒソ 

提督「……!!ほ、本心を言ったな…?皐月、めちゃくちゃうれしいぞ…」 

皐月「~~!ほらっ、言ったよ!い、今のはボクの演技だしっ!深い意味なんかなんにもないよ!」カァァ


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 12:36:09 ID:7ZzwUdMJO

提督「榛名、このやかんの中身当てしようか。負けたらおっぱいに顔うずめてお昼寝させて」モグモグ 

榛名「また提督はえっちなことをするつもりですね。べつにかまいませんけど…麦茶です」モグモグ 

提督「じゃあぼくは緑茶で。モグモグ…ごくごく。緑茶だ、ほら」トクトク 

榛名「本当ですね。ええと、おっぱいでお昼寝、でしたか?」 

提督「ああ。生がいいなー」 

榛名「てっ提督ったら…!まわり見てください。みんなこの草原でお昼ごはん食べているんですよ」 

提督「大丈夫だよ。みんなぼくが何してもそんなに驚かないくらい慣れてるだろうし」 

榛名「もう、仕方ありませんね…」シュルシュル、パサ 

たゆんっ 

榛名「……どうぞ、提督のお好きなように」 

提督「では。うわ~…やっわらかくてあったかくて…いい気持ち…」フニフニ 

榛名「もうっ…ふふ……榛名でよければ存分に癒していってくださいね、提督…」



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 17:37:53 ID:7ZzwUdMJO

それじゃ終わるね 
読んでくれた人たちありがとね!




186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23 17:43:02 ID:7S1abq6O0

>>183 
お願いします もっと書いてください
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。