Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  その他 >  小鞠「zzzz」蛍「ハァハァ。先輩、可愛すぎです」【のんのんびより】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鞠「zzzz」蛍「ハァハァ。先輩、可愛すぎです」【のんのんびより】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 03:01:46.44 ID:qaljUVFe0
蛍「はあ~、寝ている姿が可愛いすぎです」 

蛍「でも、私を信頼してくれて寝ているのに、いたずらをしたら駄目ですよね」モミモミ 

蛍「あー、ブラをしてないから、服の上からでも先輩の小ぶりの胸の感触が……っ」モミモミ 

蛍「――って。私は何をっ。寝ている先輩の、胸を揉みほぐすなんて、そんな人として」モミモミ 

小鞠「……んっ、あん」 

蛍「今の、携帯って録音機能があったはず」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 03:05:21.22 ID:qaljUVFe0
蛍「さすがに、これ以上は駄目だよね。うん。あまりして嫌われたくないし」 

蛍「うん。ほんと、これ以上はダメ。自重しないと。」 

シュル ガバ 

蛍「先輩の上着を脱がしちゃった――」orz 

蛍「はぁぁぁ、先輩のちっぱい、色が綺麗で、先端の尖ってる」 

小鞠「zzzz」 

蛍「起きる気配は、うん、ないですね。……ちょっと舐めても」
11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 03:10:56.95 ID:qaljUVFe0
蛍「先輩……失礼します」 

小鞠「……zz……っん、ああん……んあ」 

蛍「んっ、先輩、そんな風に声を出されると、私も変な気分になるじゃないですか」 

蛍「――先輩の大事なところ、どうなって」 

蛍「って、それはダメ。絶対にダメ。先輩が気持よく寝ているのに、全裸にするとか、もう犯罪じゃないですか」 

蛍「そう。全裸にするなんて、そんな……」 

小鞠「……zzzz……」 

蛍「……」 

シュルシュル
15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 03:16:45.69 ID:qaljUVFe0
蛍「……」orz 

蛍「先輩を全裸にしてしまいました」 

蛍「うぅぅぅ、私ってこんなに欲求を抑えるのたダメだったかなぁ」 

蛍「……でも、うん、ほんと、先輩って綺麗でかわいい」 

蛍「先輩がいけないんですよ? 私をこんなにいけない子にするぐらい、先輩がかわいすぎるから」 

蛍「確かこの前見た少女漫画だと、確か下の部分を舐めてたような」 

蛍「先輩の、大事な……」ドキドキ
21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 03:22:33.23 ID:qaljUVFe0
蛍「えっと、失礼します、先輩」 

蛍「ここが先輩の、一番、大切な……」クンクン ペロ 

小鞠「んっ。ひゃん。」 

蛍「……!」ソロー 

小鞠「zzz」 

蛍「ふぅ、先輩が一瞬起きたかと思いましたけど、大丈夫なようですね」
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 03:30:48.21 ID:qaljUVFe0
蛍「……」ペロペロ 

小鞠「あ、んんっあ、あん、zz、ん」 

クチュ クチャ クチュリ 

蛍「ああ、先輩、舐めても舐めても、おつゆが出てきます」 

蛍「先輩のお豆も、触ってほしそうです」 

蛍「でも、触るとやっぱり起きちゃうかな……」 

蛍「……」 

蛍「ううん。ここまで来たんだから、触らないとっ。勇気をだせ、わたしっ!」 

蛍「それじゃ、先輩。失礼します」ペコ 


小鞠「ンッ、ッ ひゃゃあん、あんんん」
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 03:37:04.38 ID:qaljUVFe0
小鞠「えっ、えっ、な、なに。えっ、なんで、私、裸なの? それで、なんで蛍が私のを、え? ? ?」 

蛍「……先輩、おはようございます」 

蛍「えっと、これはですね。東京で流行ってる女性同士の友情の契りでして」 

蛍「好きな相手を気持ちよくさせて、更に親密な関係になるワケです」 

小鞠「えっ、」 

蛍「先輩は、私の事……嫌いですか?」 

小鞠「そんなことないよ!」 

蛍「なら、続きをしてもいいですね!」 

小鞠「……え? まだ、状況の理解、がっ、んんっ、ひゃん。ちょ、だ、だめ」
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 03:44:11.88 ID:qaljUVFe0
小鞠(ううぅぅう、意味がわからないよー、起きたら、蛍が、私のゴニョゴニョな部分を、舐めてて、なんか裸だし) 

小鞠(考えたいけど、んんっあん、やっ、考えが、まとまらないよ~~~) 

小鞠(で、でも、蛍が、えっと、してくれてるんだから、私もした方がいいのかな) 

小鞠(好きな相手を気持ちよく、させる、事、みたいだし) 

小鞠「ほ、ほたる、状況が、なんか、理解できない、けど、んあん、蛍のも、その、舐めたげる」 

蛍「 え 」
36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 03:51:28.17 ID:qaljUVFe0
蛍「先輩が、私のを、舐める?」 

小鞠「……あ、私に、舐められるの、いや?」上目遣い 

蛍「いいえ! そんなことありません!! 先輩が舐めてれるなんて夢にも思ってなかったので」 

蛍(……妄想して慰めてはいましたけど) 

小鞠「そ、そう、なんだ」ホッ 

小鞠「わ、私だけが、裸のは、恥ずかしいから、蛍も脱いで?」 

蛍「はい!」 

シュルシュルル ポヨン 

小鞠(うぅぅ、やっぱりおっぱい、大きい……)
38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 04:00:40.98 ID:qaljUVFe0
蛍「えっと、私が上でいいですか?」 

小鞠「うん……」 

小鞠(蛍野、なんか綺麗……、舌で、舐めればいいのかな) 

蛍(あ、先輩が、私のを舐めてくれてる) 

小鞠(ヌメヌメしてきたって事は、感じてくれてるのかな。そうだと、嬉しいな) 

蛍「あ。せんぱい、いいです。もっと、もっとしてください。んっああん」 

小鞠「ひゃん。んあ、ほたる、の、舌使い、んん、だめぇぇ、気持よすぎて」 

蛍「せんぱい、イクとき、一緒に、んっあ。ああん」 

小鞠「う、うん。イクときは、一緒なん」 

蛍・小鞠「「ッイ、クぅぅ、ああああぁぁあああ!!」」
42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 04:09:31.37 ID:qaljUVFe0
蛍「はぁはぁ、先輩、凄く気持ちよかった、です」 

小鞠「うん、私も――」 

蛍「なら、もうちょっとしてもいいですか? 先輩の喘ぎ声、もっと訊きたいので」 

小鞠「……蛍が、したいのなら、いいよ?」 

小鞠「でも、私も蛍の、声も訊きたいから、また、一緒にしよ」 

蛍「(ドキ)え、ええ。もちろん!」 

ドタドタドタドタ 

夏美「ほたるん、ねーちゃん、一緒に遊ぼう」 

小鞠「……////」 

蛍「……////」 

夏美「どしたの、2人共、なんか顔、真っ赤だよ」 

小鞠「アカクイナヨ?」 

蛍「エエ、アカクナイデスヨ」 

夏美「いや、赤いから。まー。れんちょんも来たから遊ぼうよ。さき行ってるからねー」
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 04:14:41.39 ID:qaljUVFe0
小鞠「あ、危なかったー。足音をさせてきてくれないと、見られる所だった」 

蛍「ハハ、そうですね……」 

蛍「ねぇ先輩。今晩、泊まりに来ませんか? そしたら……ね?」 

小鞠「……うん。おじゃま、します////」 

部屋から、出る小鞠の耳元で蛍は囁く 

蛍「先輩。私、先輩のことだーい好きです」 

小鞠「私も、その、蛍のこと好き、だよ」 

-完-
46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 04:17:51.64 ID:UBylwHzY0
47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 04:20:54.95 ID:7VTQOrxq0
良きレズだった
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。