Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  進撃の巨人 >  ジャン「付き合ってください!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャン「付き合ってください!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:18:31 ID:DWWkPkmI

ミカサ「……分かった」

ジャン「!」

ミカサ「どこへ行けばいい?」

ジャン「……えっ?」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:19:25 ID:DWWkPkmI
ミカサ「? どこまでついて行けばいい?」

ジャン「あ、いや、そうじゃな……」

ミカサ「ジャン?」

ジャン「……あっち、とか」

ミカサ「分かった。行こう」スタスタ

ジャン「……」
3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:20:08 ID:DWWkPkmI
ミカサ「……」スタスタ

ジャン「……」スタスタ

ミカサ「……ベンチ……」

ジャン「……座るか」

ミカサ「うん」
4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:21:06 ID:DWWkPkmI
ミカサ「……」

ジャン「……」

ジャン(やっべーどうしよう)

ジャン(このまま帰るわけにもいかねえんだよなあ)

ジャン(マルコに、ミカサに告白してくるって言っちまったからなあ)

ジャン(かといって今告白できるようなムードでもねえし)

ジャン(何よりまた、どこまで付き合えばいい?なんて返されたら立ち直れる気がしねえ)ブルブル
5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:22:28 ID:DWWkPkmI
ミカサ「……」

ジャン(もう一回、雰囲気作りから始めるか)

ジャン「あ、相変わらずきれいな黒髪だよな!ミカサ!」

ミカサ「……そうだろうか」

ジャン「ああ!……さ、触ってみてもいいか?」

ミカサ「……どうぞ」
6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:23:35 ID:DWWkPkmI
ジャン「……」サラ…

ミカサ「……」

ジャン「髪、伸びたな」

ミカサ「そうだろうか……」

ジャン「ああ。……」
7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:24:22 ID:DWWkPkmI
ミカサ「……」

ジャン(会話が終わった……)

ジャン(大体、雰囲気ってどうやって作るんだ……?)

ミカサ「……みんなは」

ジャン「な、なんだ?」ビク

ミカサ「みんなは、元気にしてる?」
8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:26:02 ID:DWWkPkmI
ジャン「あ?ああ」

ジャン「どいつも変わんねえな」

ジャン「それどころか、コニーとサシャなんて前にも増してうるせえよ」

ジャン「昨日だってな――」
9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:27:05 ID:DWWkPkmI
ミカサ「楽しそうでよかった」フフ

ジャン「っ……」ドキッ

ジャン「あ、後な、ライナーの奴まだ諦めてねえんだぜ、ク……ヒストリアのこと」

ミカサ「ライナー……意外としつこい」

ミカサ「彼にはストーカーの素質があるんじゃないだろうか」

ジャン「え……お前(がそれを言うのか)……」
10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:28:01 ID:DWWkPkmI
ミカサ「……ジャン、何を言おうとしたの?」

ジャン「……なんでもねえ」フイ

ミカサ「なぜ顔をそらすの?ジャン?」ジイィ

ジャン(可愛いけど怖ぇ!!)
11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:31:32 ID:DWWkPkmI
ジャン「……で」

ジャン「いつまでここにいるんだ?」

ミカサ「エレンが帰ってくるまで」

ジャン「あー、そうじゃなくてだな」

ジャン「……なあミカサ」

ジャン「付き合ってくれないか?」
12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:33:51 ID:DWWkPkmI
ミカサ「どこまで?」

ジャン「えっと、ほら、上だよ」

ジャン「頻繁にこっちに来ることはできねえが」

ジャン「なかなか良い所だぜ?」

ミカサ「……」

ミカサ「私は……」
14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:44:22 ID:DWWkPkmI
ミカサ「もうエレンを守ることはできない」

ミカサ「だけど、エレンを見守ることはできる」

ミカサ「違う……見守っていたい、私が」

ミカサ「エレンの傍で、この世界を見守っていたい」

ミカサ「だから……ごめんなさい」

ジャン「……そうか」
15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:48:44 ID:DWWkPkmI
ミカサ「いつか、エレンとアルミンがそっちに行く時が来たら」

ミカサ「その時は私も……」

ジャン「待ってる」

ジャン「オレだけじゃない、皆待ってるからな」

ミカサ「うん……ありがとう」
16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:55:20 ID:DWWkPkmI
ジャン「じゃあオレそろそろ行くわ」

ミカサ「エレンの顔は見ていかないの?」

ジャン「ああ?誰が死に急ぎ野郎の顔なんて……」

ミカサ「あなたの方が死に急ぎだけど」

ジャン「……オレ結構頑張ったぜ?」
17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:56:08 ID:DWWkPkmI
ミカサ「知ってる」

ジャン「お、おう」

ジャン(嬉しい)

ミカサ「本当にいいの?」

ジャン「……ああ。いいんだよ」
18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 17:57:08 ID:DWWkPkmI



ジャン「あいつには敵わねえなあ。いつまでたっても」
19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 18:00:47 ID:DWWkPkmI
―――
―――――
―――――――

アルミン「エレーンッ!!」ドタドタ

エレン「ど、どうしたアルミン、オレ仕事中……」

アルミン「ついに発見したよ!」

アルミン「広大な塩水の湖……海を!!」

エレン「なんだって!?」ガタ
20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 18:04:05 ID:DWWkPkmI
アルミン「エレン!その書類を片づけたらすぐ行こう!」

エレン「アルミンお前、仕事は」

アルミン「速攻で終わらせてきたよ!」

アルミン「それより海だよ海!泳ごう!」

エレン「……おう!」
21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 18:05:05 ID:DWWkPkmI
エレン(まるで子供の頃に戻ったみたいだ)

アルミン「あああどうしよう!海で泳ぐのが先か砂浜でお城を作るのが先か……!悩むなあ!」

エレン(主にアルミンが)

アルミン「その後は塩を効率よく取れる方法を探さそう!これで食料事情が改善されるぞ……!」

エレン「アルミンは昔から変わんねえなあ」
22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 18:08:00 ID:DWWkPkmI
エレン(風が気持ち良い)

エレン(空の青と海の青が混ざり合って、綺麗だ)

エレン「……ミカサにも見せたかったな」
23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 18:08:39 ID:DWWkPkmI



ミカサ「見守ってる、ずっと」
25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 18:12:42 ID:DWWkPkmI


思い付きだけで書きました
ジャンはちょっと可哀想なくらいが似合う
28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/03(木) 19:12:56 ID:ZlVWXt.A
乙 いいね
爽やかに駆け抜けていったような感じ
32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 21:04:33 ID:UHDFrfGE
泣いた
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。