Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  スポンサー広告 >  やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 >  雪乃「由比ヶ浜さん……本当にごめんなさい」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪乃「由比ヶ浜さん……本当にごめんなさい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 10:39:57 ID:5O0f26Cr0

結衣「ねぇヒッキー……質問があるんだけど良い?」 

八幡「突然なんだよ……まあ内容によるな。友達の作り方とかはNGだ」 

結衣「いや、誰もヒッキーにそんなこと聞かないし」 

八幡「いやそんな真顔で突っ込まれても……」 

結衣「まあとにかく質問なんだけどさ……あの……その……」 

八幡「なんだよ……はっきりしろよ」 

結衣「じゃあ聞くけどさ……ひ、ヒッキーって童貞なの?」 

八幡「は?」 

八幡「……お前それ女子高生の台詞じゃねーだろ」 

雪乃「……その言い方から察するに……童貞ね」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 10:42:38 ID:5O0f26Cr0

八幡「そういうお前は処女だろ。つか変な考察いれんな。傷つくから」 

雪乃「確率が百パーセントである以上これは考察ではなく事実確認だわ」 

八幡「だから俺が童貞みたいな言い方はやめろ」 

結衣「ど、童貞じゃないの?」 

八幡「いやそれは……その……黙秘権を行使する」 

雪乃「だからその反応が童貞臭いと言っているのだけれど」 

結衣「……まあヒッキーに限って非童貞とかありえないよね。モテないし」 

八幡「だからその心を抉る事実確認はやめろ。泣いちゃうだろ」 

雪乃「別に比企谷くんが童貞なのはおかしいことではないわ。彼女がいない以上卒業できるはずがないもの」 

八幡「俺に彼女がいるという可能性は」 

結衣「いやそれはないかな……女子ってそういう情報に詳しいし」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 10:47:34 ID:5O0f26Cr0

八幡「俺の情報なんて誰が集めてんだよ。その話に該当するのは葉山みたいなイケメンだけだろ」 

結衣「いやそれは……まあそうなんだけど……中には物好きもいるかなぁ……なんて」 

八幡「……それは戸塚か?戸塚だなそうに違いない」 

雪乃「その自分がモテないという事実から逃げるために戸塚さんを使うの、止めたら?」 

雪乃「非常に見苦しいわ。あと戸塚さんが可哀想よ」 

八幡「戸塚ルートを否定されたら俺の人生はお先真っ暗だろ。現実見たら首吊るしかなくなる」 

結衣「でもほら……ヒッキーの事好きな女の子も……いるかもしれないよ?」 

八幡「あぁ……小町か。でも小町はさすがになぁ……実妹じゃなきゃありなんだが」 

結衣「なんでそうなるの!?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 10:54:08 ID:5O0f26Cr0

雪乃「シスコンというよりただの変態ね。実妹であろうが義妹であろうが、手を出す時点で兄として最低よ」 

八幡「ほっとけ、世の中には妹と付き合う変態もいるかも知れねーだろ。つかそれより……」 

八幡「なんかいつもより俺がアウェイな気がするんだが……気のせい?」 

雪乃「あなたが自分が童貞であるという事実を認めようとしないからよ」 

八幡「あぁ……まだその話続けるのね」 

結衣「ねぇヒッキー、本当のこと教えて。童貞だよね?」 

八幡「いや……だからそれは……そのだな」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 10:59:02 ID:5O0f26Cr0

ガラッ 

陽乃「ひゃっはろー」 

八幡「!?」 

結衣「あっ……ゆきのんの……」 

雪乃「姉さん、ここは学校よ。関係者以外立入禁止なのだけれど」 

陽乃「もう雪乃ちゃんったら。お姉ちゃんにあえて嬉しいくせに」 

雪乃「……用がないなら帰ったら?」 

陽乃「ちゃんと用事があってきたんだよー?今終わったとこ」 

陽乃「そしたらまだ時間あったからさ……ちょっとだけお話してこうかなーって」 

結衣「こ、こんにちはです」 

陽乃「えっと……何ヶ浜ちゃんだっけ?」 

結衣「由比ヶ浜です」 

陽乃「ああそうそう、思い出したよ」 

八幡「…………」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 11:03:51 ID:5O0f26Cr0

陽乃「比企谷くんもひゃっはろー」 

八幡「うっす……」 

陽乃「ねぇねぇ、今まで何の話してたの?盛り上がってたよね?」 

結衣「えーと……それは……」 

雪乃「……比企谷くんが童貞かどうかという話よ」 

雪乃「というわけで姉さんの期待していたような話題では無いわ。帰ったら?」 

陽乃「それでそれで?比企谷くんは何だって?」 

雪乃「姉さんには関係な」 

陽乃「それなら雪乃ちゃんにも関係ないよねー?」 

雪乃「っ……」 

結衣「そ、それが……答えてくれなくて……」 

陽乃「まあ男の子はそういうの知られるの恥ずかしいからねー」 

結衣「で、でも彼女もいないし童貞だろうなぁって……ヒッキーも黙ったまんまだし」 

陽乃「ふーん……比企谷くん童貞なんだ?本当に?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 11:11:28 ID:5O0f26Cr0

八幡「……ええ」 

結衣「やっぱりー!良かったー」 

雪乃「……まあ当然ね」 

八幡「というわけで雪ノ下さんももう帰ったほうが」 

陽乃「ねぇ比企谷くん……嘘はいけないと思うなぁ」 

八幡「!?……それは」 

結衣「嘘?」 

八幡「ゆ、雪ノ下さん!それは」 

陽乃「比企谷くんこの前お姉さんと一緒に寝たよね?忘れちゃった?」 

八幡「言わな……い……べきですよね……ははは」 

結衣「え……?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 11:16:35 ID:5O0f26Cr0

雪乃「姉さん、そんなふざけた冗談は……」 

陽乃「本当だよ、ほら、ケータイの写真見せてあげる」 

結衣「……ほんとだ、裸のヒッキー写ってる……」 

雪乃「背景は……ホテルかしら……」 

八幡「……いつのまに」 

陽乃「ふふ……」 

陽乃「それでさ、比企谷くん若いから元気でさぁーお姉さん参っちゃった、てへっ」 

陽乃「朝まで……二人でたーっぷり楽しんだよね?比企谷くん?」 

結衣「じゃあヒッキー……童貞……じゃないの?」 

陽乃「あははははは!!……ど、童貞?比企谷くんが?もう立派な男だよ、だって五回もやったんだから」 

雪乃「ね、姉さん……どうせ何か弱みを握って比企谷くんを脅したんでしょう。お見通しよ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 11:24:55 ID:5O0f26Cr0

陽乃「違う違う……だって五回だよ?脅されている人間ができる回数とは思えないなぁ」 

陽乃「それに比企谷くんと寝るメリットなんてわたしには無いよ……?」 

雪乃「そ、それは……」 

陽乃「比企谷くんもノリノリだったよね?わたしの胸とか……たくさん触ったもんね」 

陽乃「おまけに下着までドロドロにしてくれるしさ……お姉さん家までノーブラで帰ったんだよ」 

結衣「……本当なのヒッキー……本当に……本当なの?」 

雪乃「正直に答えなさい比企谷くん」 

八幡「…………そうだよ。本当だ」 

結衣「……ど、どうして?そんなに……その……エッチなことしたかったの?」 

八幡「最初は街で偶然会ってお茶に誘われたんだ……」 

八幡「そしたら話が長くて……店を変えることになったんだ」 

八幡「そしたらいつの間にかホテルの中で……そんであの時の俺はどうかしてた」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 11:29:14 ID:5O0f26Cr0

八幡「実際女子なんて裸どころか……手すら繋いだこと無いしな……」 

八幡「気づいたら朝、ベッドで雪ノ下さんと……裸で寝てたんだよ」 

雪乃「姉さんまさか」 

陽乃「あぁ……ちょーっとお酒混ぜちゃったかも。ごめんねー」 

八幡「ど、どうりで記憶がうろ覚えなわけだ……」 

雪乃「とても少量とは思えないのだけれど……」 

陽乃「でもほら、安心して。それっきりだからさ。なんてゆーか……ドライな関係って奴かな?」 

陽乃「わたしね、由比ヶ浜ちゃんや……雪乃ちゃんの青春を邪魔するつもりはないの」 

陽乃「比企谷くんと寝たのも少し寂しかったからだし……」 

雪乃「姉さん、嘘をつくのはやめなさい」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 11:37:42 ID:5O0f26Cr0

陽乃「雪乃ちゃんってばひどーい。わたしの体はそんなに安くないんだけどなぁ」 

陽乃「とにかく、この話はこれでおしまい。ね?」 

結衣「……はい」 

雪乃「まあ私には関係のないことだから……構わないわ」 

陽乃「聞き分けが良くて助かるなー」 

陽乃「あ、あとそれと……」 

結衣「……?」 

陽乃「……比企谷くんは私が仕込んだから……中々テクニシャンだよ、期待しといて」ボソッ 

結衣「な、な、な!!?」 

陽乃「それじゃーね、ばーい」 

ガラッ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 11:43:08 ID:5O0f26Cr0

雪乃「……それじゃ……帰りましょうか」 

結衣「う、うん……」 

八幡「まあ……今日のことは忘れてくれ……頼む」 

雪乃「言われなくてもあんな話……記憶しておくつもりはないから。安心して」 

結衣「あ、あたしも……そうかな……たぶん」 

結衣「じゃあねヒッキー」 

雪乃「さようなら」 

八幡「おう……」 



八幡(それにしても) 

八幡(まさか陽乃さんが……学校に来るとは) 

八幡(実生活で接点が無いから大丈夫だろうと思ってたが……失策だった) 

八幡(つかむしろ俺を陥れるために来たんじゃないのか?そのほうがあの人の性格的にしっくりくるな)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 11:50:36 ID:5O0f26Cr0

結衣「ひ、ヒッキー!」 

八幡「うおっ……ビックリさせんなよ……帰ったんじゃなかったのか?」 

結衣「……ヒッキーに話があって」 

八幡「話?さっきのことなら大したことじゃ」 

結衣「違う、そうじゃなくて……あのね……あたし決めたの」 

八幡「……何をだよ」 

結衣「ヒッキー付き合って!あたしと!」 

八幡「!?」 

八幡「ど、どういう理屈でそうなるのか教えてくれ」 

結衣「最初はいつかヒッキーに振り向いてもらえればいいと思ってた」 

結衣「でもさっきの話で……このままじゃヒッキーがどこか遠くに行っちゃう気がして……」 

結衣「だから今ここで告白するの……ヒッキー、あたしと付き合って」 

結衣「嫌なら……振ってもらって構わないから」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 11:54:09 ID:5O0f26Cr0

八幡「由比ヶ浜……」 

結衣「振ったあとのことなら心配しないで。いつもどおり、何も変わらない……ようにするから」 

結衣「奉仕部も今まで通り続けるし、ゆきのんとの三人での楽しい時間も……今のまま」 

結衣「だからヒッキーには純粋にあたしが好きか……嫌いかで返事を決めて欲しいな」 

八幡(……由比ヶ浜……そこまで俺のことを) 

八幡(確かに由比ヶ浜は可愛い。スタイルも抜群、申し分ない。おまけに性格も良い) 

八幡(それに彼女がいれば……あのときみたいに血迷うことも無くなる) 

八幡(気がかりなのは俺が由比ヶ浜のことを好きなのか……まだはっきりとは分からないことだが) 

八幡(だがまあ付き合ってから好きになっていく、という選択肢もありだろう) 

結衣「……返事は?駄目なら駄目ってはっきり言ってくれると」 

八幡「付き合うか……由比ヶ浜」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 11:58:14 ID:5O0f26Cr0

結衣「え……本当に?嘘じゃないよね?買い物でもないよね?」 

八幡「お前の言う通りの意味だ、男女交際だよ」 

結衣「……そう」 

八幡「……嫌なのか?」 

結衣「違うの……嬉しくてその……声が出なくて……」 

八幡(か、可愛い……) 

八幡「まあとにかく……これからよろしくな」 

結衣「うん……よろしく」 

八幡「んじゃ帰るか。送ってくぞ由比ヶ浜」 

結衣「……結衣って呼んで欲しいな」 

八幡「……ゆ、結衣、帰るぞ」 

結衣「うん!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:03:19 ID:5O0f26Cr0

翌日 

結衣「やっはろー」 

八幡「おはよう由比ヶ……いや結衣」 

結衣「ふふ、おはようヒッキー!」 

八幡「今日はいつもより遅いんだな」 

結衣「実はさ……ほら、お弁当作ってきたんだ」 

八幡「あ、味は大丈夫なのか?」 

結衣「あー……まあそこそこ……かな」 

八幡「まあ期待しておく」 

結衣「一応食べられない、ってことは無いと思うから。安心して」 

八幡「不味いのは確定なのな」 

結衣「毎日作るから……だんだん上手くと思う」 

八幡「ま、毎日作るのか?」 

結衣「だって彼女だし……当然だよね?」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:08:48 ID:5O0f26Cr0

八幡「そ、そういうもんなのか」 

結衣「嫌なの?」 

八幡「いや、むしろ嬉しい。なんつーかその……本当に由比ヶ浜が……俺の彼女なんだな」 

結衣「もう……結衣って呼んでって言ったのに」 

八幡「わ、悪い……つい」 

結衣「仕方ないなぁ……じゃあ競争しよっか」 

八幡「何をだよ」 

結衣「あたしの料理が上達するのが先かヒッキーに結衣って呼び方が定着するのが先か」 

八幡「はっ、なら俺の圧勝だな。これからはずっと結衣と呼んでやる」 

結衣「あ、あたしだって明日からすごい美味しいお弁当作ってくるから!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:11:40 ID:5O0f26Cr0

八幡「やっぱり今日のは不味いのな」 

結衣「さっきから不味い不味いって……食べたくないってこと?」 

八幡「いや、別に食べたくないってわけじゃない。作ってくれるだけで嬉しい」 

八幡「ただ料理が苦手な由比ヶ浜も可愛いなと思っただけだ」 

結衣「……」 

八幡(ちょ、調子に乗り過ぎたか……流石に嫌われたりはしないよな?) 

結衣「も、もうぅ……ヒッキーってば……ずるいよ」 

八幡(……あれ?) 

結衣「ほら、もう授業始まるから急ご?遅刻しちゃうよ!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:14:04 ID:5O0f26Cr0

放課後 

結衣「ほら、ヒッキー帰ろ?」 

八幡「あれ?部活の無い日はいつも三浦達とどこかに行くんじゃないのか?」 

結衣「いや友達も大事だけど……付き合い始めだし彼氏優先でいこうかな……って」 

八幡「そ、そうか……」 

結衣「どっか寄ってく?」 

八幡「お前の行きたいところでいいぞ。わざわざ俺と一緒に帰ってくれるんだからな」 

結衣「なんかヒッキーって変なところで卑屈だよね……彼女なんだからヒッキーと一緒なのって当然じゃん」 

八幡「はいはい、悪かったな由比ヶ浜。なにせ初めての彼女なもんで」 

結衣「また由比ヶ浜っていった!」 

八幡「し、しまった」 

結衣「じゃあ罰ゲームね」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:18:13 ID:5O0f26Cr0

八幡「告白は勘弁な。するのもされるのも」 

結衣「そ、そんなヒッキーのトラウマ直撃な罰ゲームは出さないから安心して!」 

結衣「罰ゲームは……あたしと腕を組んで帰ること……かな」 

八幡「……案外普通だな。俺はてっきり逆立ちでトイレにでも行かされるのかと」 

結衣「そんな罰ゲーム出す彼女とかありえないから!」 

八幡「まあとにかくそのぐらいならお安いご用だ」 

結衣「絶対途中で離しちゃ駄目だからね」 

八幡「罰ゲームなんだろ?言われたことは守るっつーの」 






八幡「歩いてる奴らからの視線が辛いんだが」 

結衣「そりゃ町中で彼女とイチャイチャしてるんだもん」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:21:08 ID:5O0f26Cr0

八幡「確かに俺もそういうカップルを見るたびにイライラしてたな」 

結衣「今回はヒッキーがそういう目で見られてるんだよ」 

八幡「……離していいですかね」 

結衣「だめだよ。罰ゲームだから」 

八幡「ですよね……」 

結衣「それよりもっとくっついてよ」 

八幡「お前……それ以上密着したら」 

結衣「気にしない気にしない」 

八幡「……お前って案外強引なのな」 

結衣「強引じゃなきゃヒッキーと付き合えなかったし……別にいいじゃん」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:24:21 ID:5O0f26Cr0

八幡「確かに百戦錬磨のぼっちを落とすにはそれぐらい必要かもな」 

結衣「自分で百戦錬磨とか……きもっ」 

八幡「彼女が彼氏にそんなこと言っていいのかよ」 

結衣「いやーむしろ彼女の特権だよね。他の女の子が言ってたらイラッとくるし」 

八幡「じゃあ雪ノ下と大喧嘩だな」 

結衣「それは……ゆきのんは特別かな。ヒッキーいじめてるゆきのん可愛いし」 

八幡「結局そうなるのね……っとほら、着いたぞ」 

結衣「じゃあまた夜にメールするね!」 

八幡「メールなら構わんが泣きながら電話とかマジ勘弁な」 

結衣「分かってるって。心配しないで」 

八幡「そうか……ほんじゃあな」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:27:47 ID:5O0f26Cr0

二週間後 

プルルルル 

八幡(電話だ……また結衣か?) 

八幡「はいもしもし」 

陽乃「比企谷くん?ひゃっはろー」 

八幡「は、陽乃さん!?」 

陽乃「なんでそんなに驚くかなぁ……お姉さん傷ついちゃうぞ」 

八幡「何の用ですか……つかそもそもなんで俺の番号知ってるんですか」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:34:47 ID:5O0f26Cr0

陽乃「雪乃ちゃんに教えてもらおうと思ったんだけど知らないみたいだったから」 

八幡「だったから?」 

陽乃「まあいろいろ手を回して番号GETしたんだよね」 

八幡「情報化社会って怖いですね」 

陽乃「むしろ女の子が自分の番号調べてかけてきてくれるってドキドキしない?」 

八幡「相手がもっと純粋な子だったらドキドキしたかもしれません」 

陽乃「今日の比企谷くん……やけに辛辣だね……怒ってる?」 

八幡「別に怒ってないですが……ただ……記憶にないとはいえ……あれですし」 

陽乃「あーそういえばそんなことあったね。忘れてたよー」 

八幡「そ、そうですか」 

陽乃「言ったでしょ、ドライな関係だって」 

陽乃「だから比企谷くんも忘れちゃって。今は彼女だっているんでしょ?」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:38:17 ID:5O0f26Cr0

八幡「な、何故それを」 

陽乃「お姉さんは何でも知ってるのだよ比企谷くん」 

陽乃「それで……由比ヶ浜ちゃんと付き合ってるんだって?」 

陽乃「やっぱり雪乃ちゃんじゃ胸が物足りなかった?」 

八幡「いや別にそういうことは……つか胸って……」 

陽乃「だって比企谷くん、大きいおっぱい好きでしょ?あんなに夢中だったもの」 

八幡「ついさっき忘れろ、と聞いた気がするんですが」 

陽乃「そりゃ確かに関係を持ったことは忘れるべきだけど。初めての行為の相手ぐらい覚えておきたいよね」 

八幡(絶対嘘だ……つか騙す気無いだろこの人) 

八幡「とにかく俺由比ヶ浜の彼氏なんで……あんまり変な話をされるようだと」 

陽乃「ああ違う違うの。今回電話したのはお詫びがしたくて」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:43:51 ID:5O0f26Cr0

八幡「お詫び?」 

陽乃「この前非童貞だって暴露しちゃったじゃない?それにむりやり童貞奪ったのも事実だし」 

陽乃「だからその埋め合わせとしてデートか何かに誘おうと思ったんだけど」 

八幡「いやでも俺由比ヶ浜と」 

陽乃「だから困ってるんだよね……流石に彼女持ちをデートに誘うわけにもいかないし……」 

陽乃「あーそうだー。比企谷くんさ、由比ヶ浜ちゃんともうヤった?」 

八幡「……ず、随分露骨な……もう少し恥じらいというものを」 

陽乃「お互い裸見てるんだから恥じらいなんて無理無理。それよか本題、答えて」 

八幡「……まだですけど」 

陽乃「でもヤりたいんでしょ?」 

八幡「そりゃまあ……一般の高校生男子レベルには」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:50:23 ID:5O0f26Cr0

陽乃「わたしが手伝ってあげるよ」 

八幡「それはどういう意味ですかね?」 

陽乃「だからー由比ヶ浜ちゃんが比企谷くんと……したくなる」 

陽乃「そんな素敵な雰囲気を作り出すデートコース、それをお姉さんが演出してあげよう」 

陽乃「そういう企画。分かった?」 

八幡「……一応は。お断りしますけど」 

陽乃「そう、じゃあ今度の日曜、開けておいてね」 

八幡「人の話聞いてますか?……つか二人きりで出かけるんですか?」 

陽乃「デートの下見に彼女を連れて行く彼氏……正直見たくないなぁ」 

八幡「いやそうじゃなくて」 

陽乃「大丈夫大丈夫、今度は変なことしないから。あくまでお姉さんはアドバイザー」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:56:05 ID:5O0f26Cr0

八幡「そう言われても……俺由比ヶ浜の彼氏ですし」 

陽乃「……しょうがないなぁ。じゃあこの前のホテルでの写真、来てくれないと由比ヶ浜ちゃんに全部送るよ?」 

八幡「なっ!?」 

陽乃「ちゃんと一日付き合ってくれたらデータは全部渡すから」 

陽乃「悪くない取引でしょ?」 

八幡「……分かりました、日曜で」 

陽乃「うんうん。聞き分けのいい子はわたし好きだなー」 

八幡「それじゃ」 

プツッ 

八幡「……すまん結衣。今回だけだから……」 

八幡「日曜の結衣とのデートは……キャンセル……送信っと」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:01:18 ID:5O0f26Cr0

結衣「あっヒッキーからメールだ、なんだろ……」 

結衣「えっ……デートはキャンセル?」 

結衣「はは……珍しいなぁ。付き合ってから初めてかも」 

結衣「ま、まあたまにはこういう時もあるよね」 

結衣「きっと小町ちゃんにお買い物でも頼まれたんだよきっと」 

結衣「さーて明日のお弁当の下ごしらえしないと」 

結衣「……でも心なしか文面が冷たい……かな」 

結衣「流石に毎週末デートは多かったかも」 

結衣「やっぱり土曜だけとかにしたほうがいいのかな……嫌われたくないし」 

結衣「うん、月曜になったらヒッキーに謝ろっと……無理ばっか言ってごめんって」 

結衣「許してくれるかなぁ……」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:07:01 ID:5O0f26Cr0

日曜 


陽乃「ひゃっはろー、待った?」 

八幡「いえ、いま来たところです」 

陽乃「三十点かな」 

八幡「一応聞いておきます、採点基準は?」 

陽乃「わたしへの愛が足りない」 

八幡「聞いた俺が馬鹿でした」 

陽乃「つれないなぁ比企谷くんは」 

陽乃「わたしみたいな美人のお姉さんとデートだよ?もっと盛り上がってもいいと思うけど」 

八幡「俺はデートのつもりないんで」 

陽乃「つ、冷たい……あはは……嫌われちゃった……かな?」 

陽乃「そうだよね……わたし最低なことばっかりしてるし……嫌われて当然だよね……」 

八幡「いや……流石にそこまで」 

陽乃「本当に?」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:09:15 ID:5O0f26Cr0

八幡「はい……まあ……別に嫌いなわけじゃ」 

陽乃「そう……良かった。わたし比企谷くんに嫌われたくないからさ……」 

陽乃「……じゃあ気を取り直して、デート初めよっか」 

八幡「はぁ……もういいですよ、デートってことで。反論するだけ疲れるんで」 

陽乃「比企谷くん優しい!お姉さん惚れちゃうかも」 

八幡「いや、だからといって露骨なアピールはちょっと……」 

陽乃「はいはい……なんか比企谷くん身持ちが硬くなったね」 

八幡「それが彼女持ちって奴じゃないでしょうか」 

陽乃「ふーん……じゃあ行こうか、まずはこっちから」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:15:36 ID:5O0f26Cr0

 

陽乃「どう、ここまでの感想は?」 

八幡「頭の悪そうなショップ巡り……正直辛かったですね」 

陽乃「でも由比ヶ浜ちゃんのセンスだとココらへんなんだよねぇー」 

陽乃「それに彼氏って彼女の長ーいかつ無駄に迷う買い物に付き合うのも仕事だしね。ファイトファイト」 

八幡「……覚えておきます」 

陽乃「それじゃお昼ごはんにしよっか」 

八幡「この前みたいにお酒を混ぜるのは勘弁してくださいね」 

陽乃「そんな昼間からお酒なんて飲ませないって。安心して比企谷くん」 

八幡「前回が前回なんで全く信用出来ないんです」 

陽乃「ひどいなぁ……もう」 

陽乃「じゃあ特別に比企谷くんに選ばせてあげる。何処がいい?」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:18:31 ID:5O0f26Cr0

八幡「じゃあそこのマックで」 

陽乃「えーそれはさすがにどうなのかなぁ」 

八幡「俺に任せるんじゃ」 

陽乃「そうなんだけど……いくらなんでもねぇ……わたしの好みも考えてほしいな」 

八幡「つっても高校生のデートと言ったらだいたいこの辺りですよ」 

陽乃「比企谷くんの手持ちのデートプランには相手が美人のお姉さんパターンは無いのかな?」 

八幡「すいません、妹以外への明確なプランは持ってないです」 

陽乃「うわぁシスコン……てか比企谷くんそれデート中の台詞じゃないよー」 

八幡「そうですかね……まあ妹ラブなんで仕方ないですね」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:24:15 ID:5O0f26Cr0

陽乃「それにさー、さっきからわざだよね?」 

八幡「……」 

陽乃「そんなにわたしと良い雰囲気になるのが怖い?浮気みたいで良心が痛む?」 

八幡「そりゃ当然……」 

陽乃「そっか……まあ確かにわたしも意地悪しすぎたかもしれないね」 

陽乃「じゃあここからはそういうの無しにするから。それならいいでしょ?」 

八幡「えぇ……まあ」 

八幡(とか言ってどうせまたデートだのなんだの言うんだろう……) 


八幡(と思ったんだが……そうはならなかった) 

八幡(笑顔は相変わらずだが……こっちのパーソナルスペースに一切入ってこない) 

八幡(甘い言葉も一切無し……むしろ軽く冷たい) 

八幡(さっきまでのがデートならこれは……そう、職員引率の校外学習みたいなもんだな) 

八幡(これなら誰が見てもデートとは思うまい……むしろさっきまでがやばかったんだよ、常に密着だったんだから) 

八幡(まあとにかく、これなら誤解される心配もなくて安心だ……少し残念だが)


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:30:03 ID:5O0f26Cr0

陽乃「はい、じゃあこれでお出かけはおしまいかな」 

八幡「そうっすか……じゃあデータを」 

陽乃「焦らない焦らない。まだ終わってないからね」 

八幡「でも今終わりって」 

陽乃「……由比ヶ浜ちゃんとヤるためのデートコースだよ?比企谷くんまさかここでするつもりなの?」 

八幡「いくら俺でも駅前でそんなことする趣味はないです」 

陽乃「でしょ?だからここからが大事だよ、由比ヶ浜ちゃんを押し倒すためには」 

八幡「別に聞きたくないんですが……やっぱり聞かなきゃ駄目なんですかね」 

陽乃「うん。ちゃんと聞かないとデータを渡してあげないから」 

八幡「はいはい、もう諦めてますから……お好きなようにどうぞ」 

陽乃「じゃあ比企谷くんの家に行こっか」 

八幡「はい……って……まじですか」 

陽乃「うん。やっぱり押し倒すなら家だよね」 

八幡(流石に家に上げるわけにはいかんだろう……この時間帯は小町もいないだろうし)


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:35:02 ID:5O0f26Cr0

八幡「でも流石にそれはちょっと」 

八幡「家には今小町がいるんで……」 

陽乃「あれー?比企谷くんどうしてそんなこと気にするのかなー?」 

陽乃「わたしはただちょっとお邪魔するだけなんだけどなー」 

陽乃「それともー……なにか期待してるのかな?」 

八幡「なっ……そんなわけないじゃないですか」 

陽乃「本当?ならどうして目をそらすのかなー?」 

八幡(下手に逆らうだけ無駄……むしろさっさと終わらせて帰ってもらうべきか) 

八幡「はぁ……いいですよ」 

八幡「何もお出しできませんけどね」 

陽乃「うんうん。素直でよろしい」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:40:47 ID:5O0f26Cr0

 

八幡「ただいまー」 

八幡(……やはり小町はいないか) 

陽乃「あれれ?誰もいないね」 

八幡「あぁ……たまたま留守みたいです。でもすぐに帰ってくるんで」 

陽乃「そう。でもなー、あそこのスーパー今日は七時から特売だからどうかなー」 

八幡(知ってんのかよ……) 

陽乃「ほらほら、そんなことより部屋に案内して」 


部屋 

八幡「ここです」 

陽乃「ふーんここが……そう……じゃあそろそろ……えい!」 

ドサッ 

八幡「な、なにを!?」 

陽乃「えへへ、お姉さんプレスだぁー」ギュゥー 

八幡「……ど、どいてくれませんかね」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:47:13 ID:5O0f26Cr0

陽乃「……ごめーん、足がつったみたい……動けるようになるまで待って」 

八幡「じゃあ俺がどかしますんで」 

グッ 

陽乃「きゃ!」 

八幡「えっ?」 

陽乃「比企谷くん……何処触ってるのかなぁ……ちょっと不味いところに手があたってるんだけど」 

八幡「これはちが……」 

八幡(……今気づいた、これ無理やり動くと……手がああなってしまう位置取りじゃないか) 

八幡(この角度、倒れ込み方……まさか全部計算なのか?……この人ならありえるから困る) 

陽乃「ごめんね、いっぱい歩いたから足が疲れてたみたいで」 

八幡「なるべく早くどいていただけると」 

陽乃「うん、わかってる……なるべく早くどくから」 

八幡(あぁ……体の柔らかい感触が……くそ……いい匂いするし……)


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:50:43 ID:5O0f26Cr0

八幡(駄目だ意識しちゃ……この体勢で……ああなったりしたら) 

陽乃「……あっ、ちょっと動くようになったかも」ズリズリ 

八幡(あぁ……やめ……その動きは反則……だろ……やっちまった) 

陽乃「……あれれ?どうしたのかな比企谷くん?」 

陽乃「何か硬いものが当たってるんだけど……」 

八幡「……仕方ないでしょう、こんだけ密着されたら」 

陽乃「そっか。男の子だもんね」 

八幡「とにかく動けるようになったならもう帰ってくだ」 

陽乃「でももう一人の比企谷くんはそうは思ってないみたいだけどなー」 

八幡「……」ビンビン 

八幡(……どうしてこんなときばっかり制御できないんだよ)


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 13:56:28 ID:5O0f26Cr0

陽乃「やっぱり大きいね……前見た時もびっくりしちゃったし」 

八幡「変なコト言わないで下さい」 

陽乃「でもさーわたしのせいでそうなっちゃったんだし……してあげよっか?」 

八幡「……もうこういうことはしないと決めたんで。由比ヶ浜もいますし」 

陽乃「比企谷くん理性的だね……ここまできて引き下がる男は初めてかな」 

八幡「ということはあの時は初めてじゃないじゃないですか……嘘つきですね」 

陽乃「違うよ。あのあと比企谷くんが恋しくて男漁りしちゃっただけ」 

陽乃「まあ比企谷くんほど相性ぴったりな人はいなかったんだけどね」 

八幡「そりゃどうも。ただ俺はもうするつもりはないんで」 

陽乃「そっか……じゃあ口でしてあげる、それならいいよね?」 

八幡「それも駄目ですよ……口ならオッケーってどういう理論ですか」 

陽乃「強情だなーじゃあ奥の手!写真!」 

八幡「それはデートをすれば返すって」 

陽乃「ここでするまでがデートだから。比企谷くんは約束は守るよね」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:01:40 ID:5O0f26Cr0

八幡「卑怯な……」 

陽乃「でも比企谷くんって少しばかり強引な女の子が好きでしょ?」 

八幡「卑怯と強引はちが」 

陽乃「えい!」 

ドサッ 

八幡「あ、ちょっと!」 

陽乃「押し倒したらこっちのものだよ、ほれほれー」 

ボロン ギンギン 

陽乃「さっきより一段と大きくなってるね……比企谷くん興奮してるの?」 

八幡「…………」 

陽乃「そう……無視するんだ……じゃあいいよ、お姉さんのテクニックで無理やり喋らせてあげる」 

八幡(あぁ……結局こうなるのか……だけど……) 

八幡(由比ヶ浜に申し訳ないと思う気持ちの一方で……期待している俺もいるんだよなぁ……)


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:04:25 ID:5O0f26Cr0

八幡(そもそも本気で力を入れれば振り払えたしな……陽乃さんもそれを分かっ……あぁ) 

ジュポジュポ ジュルルルルー 

陽乃「どう?気持ちいいかな?」 

八幡「あぁ……う……は」 

陽乃「その様子だと……別な意味で喋れそうにないねー。お姉さん失敗かな」 

八幡「ちが……あぁそこは……」 

陽乃「比企谷くんここ弱いよね……少し舐めてあげるだけでビクンビクンしてるんだもん」 

チュパチュパ 

八幡「……は……っ……う……ぁ」 

ジュポジュポ 

陽乃「そろそろイキそうかな?なんとなくそんな感じだね」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:06:44 ID:5O0f26Cr0

陽乃「ほれほれ~」 

ジュポジュポ ジュポジュポ 

ジュルルルルー 

八幡「あぁ……もう……」 

陽乃「はい、おしまい」 

八幡「で…………えっ?」 

陽乃「だから、おしまい」 

八幡「…………」ビンビン 

八幡「いや……そんな……」 

陽乃「だってイッちゃったら浮気だよ?他の女の子とそんなことしていいの?」 

八幡「で、でも……確かにそうですけど……」 

陽乃「わたしも彼女いる人にそこまでする気はないよ……彼女さんが可哀想だもん」 

八幡「由比ヶ浜……彼女……可哀想…………」 

陽乃「じゃあわたし帰るね」 

陽乃「由比ヶ浜ちゃんとのデート、頑張ってね」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:11:18 ID:5O0f26Cr0

八幡「…………」 

八幡「…………待って下さい」 

陽乃「……何かな比企谷くん?」ニヤッ 

八幡「……さ、最後までしてもらえないでしょうか」 

陽乃「あれれ?今までと言ってること矛盾してない?由比ヶ浜ちゃんは?」 

八幡「由比ヶ浜……今はいいんです……それより……もう我慢が……」 

陽乃「そうだよね、男の子だもんね……ここまできたら最後までしたいよね」 

陽乃「そうだなぁ……じゃあ私のお願いをひとつ聞いてくれたらイかせてあげる」 

陽乃「ふたつ聞いてくれたら……私の体、比企谷くんが好きにしていいよ」 

八幡「な、内容は……」 

陽乃「それはヤった後のお楽しみ。あっ大丈夫心配しないで。無理なことは言わないから」 

陽乃「ただ……約束を破ったら……大変なことになるから気をつけてね。お家が燃えちゃうかもよ?」 

陽乃「どうする?それでもして欲しい?我慢できない?」 

八幡「…………」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:16:19 ID:5O0f26Cr0

八幡「…………」 

八幡(……駄目だ、我慢できない……ここまでされて抑えることなんてできるわけない) 

八幡「し、して欲しい……です」 

陽乃「じゃあ契約完了ね!あっ、ちなみにいくつ?」 

八幡「それは……」 

陽乃「それは?」 

八幡「……ふたつで」 

陽乃「うんうん、自分の欲望に素直な子はいいと思うなわたし」 

八幡「だ、だから……はやく……」 

陽乃「そんなにがっつかなくても……ちゃんとしてあげるから安心して」 

陽乃「まずはさっきの続きね、ほら、横になって」 

陽乃「ほら早くしないと妹さんが帰ってきちゃうよ?」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:22:20 ID:5O0f26Cr0

ジュポジュポ ジュポジュポ ビュルルルルル 

パンパン パンパン パンパン 

二時間後 

小町「ただいまー……あれ?見慣れない靴が」 

八幡「あっ、こ、小町が……」 

陽乃「こ、こら!よそ見しないの……」 

八幡「でも……小町にバレたら……」 

パンパン 

陽乃「じゃ、じゃあもう……んっ……終わりに……しないっ……とね」 

パンパンパン 

八幡「陽乃さん!お、俺もう……」 

陽乃「中で出していいよ……どうせ三発目だし」 

八幡「はっ…はっ…ああぁ」ビュルルルルル 

陽乃「あぁ……比企谷くんっ……の……ま、まだこんなに……出るんだ……」 

小町「お兄ちゃーん?帰ってるのー?誰かお客さんー?」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:29:15 ID:5O0f26Cr0

八幡「ちょ、ちょっと雪ノ下が!」 

小町「雪乃さん?まさか家に連れ込むとは……うちの兄も成長したみたいで小町は嬉しいやら寂しいやら……」 

陽乃「はぁ……はぁ……比企谷くん嘘つきだね……」 

八幡「ゆ、雪ノ下は間違って……ないです……から」 


三十分後 

陽乃「落ち着いた?」 

八幡「えぇ……まあ」 

八幡(小町のやつ、気を使ったのか全く呼びに来ない、飯の時間なのに) 

八幡(まあ来られたら困るんだが……) 

八幡(にしても……迂闊だった……この人と何か約束するなんて……悪魔の契約だというのに) 

陽乃「じゃあお楽しみの……お願いタイム!」 

陽乃「まさか嫌だなんて言わないよね?」 

八幡(逆らえないよな……この人なら本気で家を燃やしかねん……) 

八幡「……覚悟はできてますよ。雪ノ下さんを敵に回して生きていけるとも思えませんし」 

陽乃「よーし。じゃあひとつ目!」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:34:41 ID:5O0f26Cr0

八幡「」ゴクリ 

陽乃「雪乃ちゃんを押し倒してもらいまーす!」 

八幡「それって……でも俺には結……いや由比ヶ浜が」 

陽乃「私と寝ちゃった以上……もうその言い訳は使えないかな」 

八幡「……ですよね」 

陽乃「とにかく、雪乃ちゃんを押し倒してヤっちゃってね!」 

陽乃「その後は付き合ってあげて。あっ、もちろん男女交際だよ」 

八幡「じゃあ由比ヶ浜と別れないと……いやそもそも雪ノ下さんと……した時点で」 

陽乃「駄目だよ。別れちゃ駄目」 

八幡「えっじゃあどういう」 

陽乃「二股かけて。雪乃ちゃんと由比ヶ浜ちゃんに」



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:36:31 ID:lYYEEVpz0

姉のんさんゲスいっす…



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:40:10 ID:5O0f26Cr0

八幡「そ、そんなのできるわけ」 

陽乃「一応これはお願いだけど……でも本当は……命令だからね?分かってる?」 

八幡「……分かってます……けど」 

陽乃「よろしい。では比企谷くんには二股交際を命じます」 

陽乃「比企谷くんが由比ヶ浜ちゃんと付き合ってたせいで落ち込んでるから」 

陽乃「慰めてあげてね」 

八幡「……はい」 

陽乃「じゃあふたつ目ね。これは簡単。というよりむしろ比企谷くんにとっても嬉しいかもね」 

八幡「……?」 

陽乃「ずばり、私と付き合ってもらいまーす。あっ、本気でね」 

八幡「そ、それじゃあ三股」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:45:37 ID:5O0f26Cr0

陽乃「表面上はそうなるかな」 

陽乃「でももちろん本命はわたしだよ?デートの約束も何もかもわたしが優先」 

八幡「……結衣を……捨てろと?」 

陽乃「やだなぁ比企谷くん。そういう選択をしたのは君だよ?それに由比ヶ浜ちゃんも傷つかないように配慮してるじゃん」 

陽乃「それに比企谷くん……わたしに惚れてるでしょ?」 

八幡「なっ!?」 

陽乃「分かるよ。わたしを見る目がなんていうか……今までと違うんだよね」 

八幡「でも俺結衣のこと……好きで……」 

陽乃「それ、本当に好きだったのかな?なんとなくで付き合ってたんじゃない?」 

八幡「……」 

八幡(俺は……惚れてる……のか?……結衣より陽乃さんに……)


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:48:56 ID:5O0f26Cr0

陽乃「それに……もし本気だったとしても……それはさっきまでの話だよ……比企谷くん」 

陽乃「一緒に過ごす間に……いつの間にか比企谷くんはわたしが好きになっちゃったんだよ」 

陽乃「だからわたしと付き合うべきだと思うな。そうでしょ?」 

八幡「…………」 

陽乃「……こんな美人のお姉さんが誘ってるのになぁ」 

八幡「…………」 

陽乃「しかも妹や浮気相手に手を出すことまでオッケーしてるんだよ?断る理由がないと思うんだけど」 

八幡「わ……分かりました……雪ノ下さんと付き合います……」 

陽乃「陽乃、そう呼んで。彼氏になるんだから当然だよね」 

八幡「は、陽乃……さん」 

陽乃「うーん……まぁとりあえずそれでいいや」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 14:54:43 ID:5O0f26Cr0

陽乃「あっ、あと由比ヶ浜ちゃんと付き合うのは許可するけど名前で呼ぶのはわたしと雪乃ちゃんだけだからね」

八幡「それになんの意味が……」 

陽乃「あくまで比企谷くんはわたしのもの。っていう証明みたいなものかな?雪乃ちゃんは姉からのおすそ分け」 

陽乃「さてと、それじゃあわたしは帰るね。あと雪乃ちゃんは明日押し倒すこと!」 

陽乃「もし万が一警察沙汰になってもなんとかするから大丈夫、安心して」 

陽乃「それじゃーねー」 
バタン 

八幡「……結局は目先の快楽に負けて由比ヶ浜を裏切ったんだよな……最低のクズ野郎じゃねーか」 

八幡「とはいえ陽乃さんとの約束を破れるわけもないし……そもそも俺のせいだしな……陽乃さんのせいじゃない」 

八幡「……俺って快楽に弱かったんだな……最低だわほんとうに。まあぼっちだから仕方ないんだが……」 

小町「お兄ちゃん、雪乃さん帰ったの?」 

八幡「……ん?あぁ小町か」 

小町「……やっぱり雪乃さんと……しちゃったの?ちゃんと付けた?」 

八幡「……何言ってんだよ、高校生なんだから清い交際だっつーの」 

小町「本当かなぁ……まぁ小町はヘッドフォンして音楽聞いてたから何もわからないんだけどねー」 

八幡「妹らしい素晴らしい気遣いどーも。ほらそれより飯にしようぜ」


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:01:35 ID:5O0f26Cr0

 

結衣「おはようヒッキー!」 

八幡「!?」 

結衣「そ、そんなに驚かなくても……」 

八幡「いや、悪い……つい」 

結衣「それよりさ、昨日のことなんだけど……」 

八幡「あ……そ、それはだな」 

結衣「ヒッキー、気にしないでね」 

八幡「え?」 

結衣「誰だって都合の悪い日ぐらいあるよね……なのにあたし今まで自分の希望ばっかりで……」 

結衣「あたしヒッキーのこと何も考えてなかった……ほんとにごめん」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:04:35 ID:5O0f26Cr0

八幡「い、いやその……別にそんなことは」 

結衣「怒ってないんだ……やっぱりヒッキーは優しいね」 

八幡「いや……俺も悪かった由比ヶ浜」 

結衣「なんでヒッキーが謝るの?てかまた由比ヶ浜って言ってるし」 

八幡「……いろいろとだよ……本当にすまん……由比ヶ浜」 

結衣「だから結衣だって」 

八幡「……それよりほら、授業始まんぞ」 

結衣「あぁもうちょっと!待ってよ!」 

タッタッタッ


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:08:26 ID:5O0f26Cr0

放課後 

プルルル 

陽乃「ひゃっはろー」 

八幡「何ですか……陽乃さん」 

陽乃「お、ちゃんと名前で呼んでるね。えらいえらい」 

八幡(約束を守らんと……どんな目に合うか分からんし) 

陽乃「それで……今学校終わったとこでしょ?」 

八幡「はい、そうですけど」 

陽乃「じゃあこれから雪乃ちゃんを押し倒しに行くわけだ」 

八幡「いや流石に部活もありますし……由比ヶ浜もいますし」 

陽乃「由比ヶ浜ちゃん?ああそれなら大丈夫、今日は多分……」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:11:30 ID:5O0f26Cr0

結衣「ねぇヒッキー」 

八幡「!?」 

結衣「ごめん……あたしちょっと用事があるから部活出れないかも……」 

結衣「急ぎの用事だからあたし先帰るね!ゆきのんにも言っておいて!」 

タッタッタッ 

八幡「……何をしたんですか陽乃さん」 

陽乃「ちょっと用事を作ってあげただけだよ、心配しないで」 

陽乃「まあとにかくこれで雪乃ちゃんを押し倒せるね」 

八幡「……つか雪ノ下の性格からするに確実に警察を呼ばれそうなんですが」 

八幡「それに俺が由比ヶ浜と付き合ってるのも……知ってるだろうし」 

陽乃「あー大丈夫。雪乃ちゃんってああ見えて押しに弱いから」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:17:26 ID:5O0f26Cr0

陽乃「耳元で」 

陽乃「俺本当は……雪ノ下が好きだ……由比ヶ浜より」 

陽乃「とか」 

陽乃「俺……お前ぐらいしか本音で話せる奴いねーんだよ……お前が特別なんだ。由比ヶ浜じゃ駄目なんだ」 

陽乃「とか言えばすぐ落ちるから。雪乃ちゃんだけが俺のパートナーだ!本命だ!みたいな?」 

八幡「……じゃあそのとおりにしますけど……通報されても知りませんからね」 

陽乃「心配症だなぁ……もう。最悪の場合もわたしが警察署まで迎えに行ってあげるからさ」 

陽乃「さてと……それじゃわたしこれから用事があるから」 

八幡「……失礼します」 

陽乃「ばーい」 


八幡「……由比ヶ浜すまん……雪ノ下も……すまん」 

八幡「よく分からんが俺は……陽乃さんに惚れてしまっているのかもしれない……」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:23:43 ID:5O0f26Cr0

部室 

雪乃「あら比企谷くん……由比ヶ浜さんは?いつも一緒にいるでしょう?」 

八幡「由比ヶ浜は用事だそうだ。今日は休み」 

雪乃「そう……なら久しぶりに……二人きりということね」 

八幡「つっても依頼者もこねーし読書ぐらいしかすることないがな」 

雪乃「あなたと何かするつもりなんてこれっぽっちも無いのだけれど」 

八幡「誰もそんなこと言ってねーだろ」 

雪乃「由比ヶ浜さんとなら……どうなのかしらね」 

雪乃「とにかく……私は読書に戻るわ。もう話しかけないでちょうだい」 

ペラッ…ペラッ 

雪乃「…………」 

八幡(やはり今日も機嫌が悪い) 

八幡(これじゃ押し倒すどころか近づくことすらできないんですが) 

八幡(つってもやらないわけには……いかねーしな)


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:28:36 ID:5O0f26Cr0

八幡「すまん雪ノ下……ティッシュあるか?」 

雪乃「……あるけれど」 

八幡「貸してくれ」 

雪乃「嫌よ」 

八幡「あぁ、そうだったな。俺にくれ」 

雪乃「……どうぞ」 

八幡「おう、サンキュー」 

雪ノ下「……」 

八幡「」ジー 

雪乃「な、何かしら……目当ての物はを受け取ったのだから自分の席にもど」 

ガタッ 

バタン!


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:38:07 ID:5O0f26Cr0

雪乃「!?……な、な!?」 

八幡「好きだ!雪ノ下!」 

雪乃「な、何を言って……離れてちょうだい……先生を呼ぶわよ」 

八幡「雪ノ下……俺お前が好きなんだ……付き合ってくれ」 

雪乃「そ、それにあ、あなた由比ヶ浜さんと付き合っているのでしょう、だったら」 

八幡「由比ヶ浜じゃ……由比ヶ浜じゃ駄目なんだよ、やっぱり……」 

雪乃「…………離して」 

雪乃「今のあなたは最低の行いをしているのよ?理解しているの?」 

八幡「それでも……好きなんだよ」 

雪乃「第一あなたが……由比ヶ浜さんを選んだじゃない……いまさら」 

八幡「違うんだよ……俺を理解してくれるのは……俺が一緒にいて落ち着くのは……」 

八幡「雪ノ下……お前だけなんだ。気づいたんだよ」 

雪乃「で、でもそれじゃ由比ヶ浜さんが……」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:40:59 ID:5O0f26Cr0

八幡「由比ヶ浜なんて気にするな……俺は……雪ノ下が好きなんだ!」 

雪乃「そ、そんな……でも私……」 

八幡「……雪乃……愛してる。由比ヶ浜よりずっと」 

雪乃「……ほんとうに?」 

八幡「あぁ……大好きだ……雪乃」 

雪乃「そ、そう……なら……いいわ」 

八幡「じゃあ……」 

雪乃「あなたと……付き合ってあげても」 

八幡「雪乃……ありがとう」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:43:34 ID:5O0f26Cr0

雪乃「それで……この体勢ということは……その」 

八幡「……していいか?」 

雪乃「……由比ヶ浜さんとは」 

八幡「してない……だから……お前が初めてだ……」 

雪乃「そんなこと言って……経験自体は姉さんとのがあるでしょう」 

八幡「あれは俺も記憶があんまりないんだよ……だから」 

雪乃「そう……じゃあ仕方ないわね……好きにすればいいわ」 

雪乃「あなたがリードしてくれるのでしょう……非童貞さん?」 

八幡「雪乃……雪乃!」 

雪乃「ちょ、ちょっとま……」 

雪乃「きゃっ!」


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:48:49 ID:5O0f26Cr0

モミモミ 

雪乃「あ……っ……ぅ」 


八幡「好きだ……愛してる……雪乃……」 

雪乃「ちょっとひきが……んっぁ……やめ……」 


ペロペロ 
モミモミ 

八幡「……入れるぞ」 

雪乃「……ず、ずいぶん大きいのね」 

ググッ 

雪乃「っ……」 

八幡「痛いか?」 

雪乃「……続けていいわ……私のことは気にしないで」 

八幡「そうか……俺も我慢できない……いくぞ雪乃」 

パンパンパンパン 
パンパンパンパン


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:53:56 ID:5O0f26Cr0

一時間後 

雪乃「こ、校舎内で……こ、こういうことを……ん……するなんて……っ」 

雪乃「お、思いもしなかっ……た……んっぁ」 

八幡「……そろそろで、出そうだ……我慢できない……」 

雪乃「な、中は……駄目……二度目なんて……また……そんなことするわけ……んぁ……」 

八幡「で、出る!」 

ビュルルルルル 

雪乃「ぁあぁぁ……だ、駄目だって……言ったでしょう……」 

八幡「わ、悪い……つい」 

雪乃「……ど、どいてちょうだい……洗ってくるから」 

八幡「あぁ……」


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 15:58:34 ID:5O0f26Cr0

雪乃「……ずいぶんと積極的だったわね」 

八幡「お前だって後半自分で腰振ってただろ」 

雪乃「それは……気持ちいいのだからしょうがないじゃない」 

雪乃「それより……これからの関係だけれど」 

雪乃「由比ヶ浜さんとはその……どうするつもりなの?」 

八幡「……雪ノ下……お前には悪いが別れるつもりはない」 

八幡「ただこれはその……二股したいってわけじゃない。由比ヶ浜のことを考えてだ」 

雪乃「分かっているわ……私もそう提案しようと思っていたから。由比ヶ浜さんを悲しませたくないもの」 

八幡「俺と雪ノ下が付き合いだしたなんて由比ヶ浜が知ったら……絶対に悲しむしな」 

八幡「これ以上あいつを悲しませたくないんだよ……」


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:04:05 ID:5O0f26Cr0

雪乃「つまり私は浮気相手……といったところかしら?」 

八幡「……雪ノ下、お前にだけは嘘はつかない……お前が本命だ」 

雪乃「……これで由比ヶ浜さんが本命だなんて言っていたら今すぐこの場で振っていたわ」 

八幡「手厳しいな雪乃は……」 

雪乃「当然よ。友人を裏切っているのだから……せめて本気じゃないと……申し訳が立たないもの」 

八幡(陽乃さんのレクチャーのとおりだ……これで陽乃さんに……褒めてもらえる、約束を果たせた) 

雪乃「とにかく、今日はもう終わりにしましょう。ここの片付けもしなければならないでしょうし」 



八幡「それから数ヶ月……俺は平日と土曜の昼は由比ヶ浜とデート」 

八幡「土曜の夜からは泊まりで雪ノ下と」 

八幡「そして日曜は陽乃さんと。……そんな生活を送っていた」


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:09:54 ID:5O0f26Cr0

八幡「最初は無条件でヤラせてくれた陽乃さんも、最近は条件を出すようになった」 

八幡「雪ノ下と一回ヤるごとに陽乃さんが一回ヤラせてくれるというシステムだ」 

八幡「これだけなら問題ないんだが……陽乃さんは注文が多い」 

八幡「一番ひどかったのは……壁越しに由比ヶ浜がいる状態でヤったときだな……ばれないかどうかビクビクしてた」 

八幡「だが正直……もう由比ヶ浜や雪ノ下には何も恋愛的なもので感じるところは無くなってしまった」 

八幡「何故か?今なら分かる……あのホテルでの夜から俺は陽乃さんに惚れていたのだ、心の底から」 

八幡「だから由比ヶ浜や雪ノ下と付き合うのは陽乃さんと一緒にいるための作業みたいなもんだ」 

八幡「最初は罪悪感でいっぱいだったが……もう慣れた。第一二人共幸せそうだし。それでいいじゃないか」 

八幡「ただ雪ノ下はともかく……由比ヶ浜は単調なデートばかりだから飽きるんだよな」 

八幡「体の関係を持つのは流石に由比ヶ浜に悪いので自重しているけど」 

八幡「……陽乃さんが了承してくれたら今すぐにでも別れるんだがなぁ」


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:16:56 ID:5O0f26Cr0

夜 某所ホテル 

八幡「陽乃さん」パンパン 

陽乃「な、何かな、比企谷くん……っ」 

八幡「そろそろその……由比ヶ浜と別れていいですかね」パンパン 

陽乃「あれ?由比ヶ浜ちゃんのこと好きだったんじゃないの?」ニヤニヤ 

八幡「いや……別に全然……俺が好きなのは陽乃さんだけですよ」 

陽乃「そう、嬉しいなぁ……んっ」 

八幡「陽乃さんってここ弱いですよね……」パンパン 

八幡「そろそろ出しますよ……」 

陽乃「また中?まあ安全日だからいいけど……ぁん」 

八幡「じゃあ遠慮無く……うっ」 

ビュルルルルルルルル


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:20:54 ID:5O0f26Cr0

陽乃「ぁぁ……いっぱいでたね……」 

八幡「それで……由比ヶ浜のことですけど」 

陽乃「まあ比企谷くんが別れたなら……いいよ、許可してあげる」 

陽乃「でも雪乃ちゃんは?」 

八幡「雪ノ下は……セフレとしておいておこうかと……いろいろ便利ですし」 

陽乃「比企谷くん黒いねー。そこがいいんだけど」 

八幡「ありがとうございます……あと」 

陽乃「わおっ……もう復活?若いねぇ」 

八幡「陽乃さんが魅力的だからですよ」 

陽乃「じゃあ朝まで楽しもうね、比企谷くん」


238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:27:40 ID:5O0f26Cr0

部室 

八幡「なぁ雪乃」パンパン 

雪乃「な、なに……んぁ……かしら……」 

八幡「俺由比ヶ浜と別れようかと思うんだ……いいか?」 

雪乃「あ、あなたが……別れたいなら……止めは……しない……んっぁ」 

八幡「でもお前と由比ヶ浜の仲が……」 

雪乃「私は……あなたさえいれば……別に由比ヶ浜さんなんて……ど、どうでもいいわ……」 

八幡「そうか……ありがとう、雪乃」パンパン 

雪乃「あぁ!そこ!そこは………だめ……あぁぁぁ」 

八幡「そろそろか……」 

結衣「やっはろー!ヒッキーゆきのん元気……って……」 

結衣「……え?」


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:28:41 ID:Lc6H99Rc0

あっ…


253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:32:49 ID:564yX4ny0

てか部室でヤったらそらバレるだろwww


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:35:10 ID:5O0f26Cr0

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん!?ど、どうして!!今日はお休みじゃ!」 

結衣「ヒッキーが……部室に来てくれって……大事な話があるからって……」 

八幡「雪ノ下……いくぞ……」パンパンパンパン 

雪乃「あ、だめ……やめ……由比ヶ浜さんが……い、いるのにぃ……ら、らめ」 

結衣「二人で何してるの?……いつもの二人に戻ってよ……ねぇ」 

八幡「し、締りが……もうだめだ!出る!」 

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さんの前でイッちゃうぅぅぅぅぅ」 

ビュルルルルルルルル 

八幡「……ふぅ」 

雪乃「はぁ……はぁ……」 

結衣「……ねぇ……ねぇ……なにこれ……どういうこと……?」 

八幡「何って、見りゃ分かるだろ。俺雪乃と付き合ってんだよ」


266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:40:39 ID:5O0f26Cr0

結衣「……嘘……そんなはず……あんなに毎日デートして……あたしたちうまくいって……」 

結衣「いろんなとこ行ったし……料理だってたくさん……作ってあげたのに……」 

八幡「なぁ由比ヶ浜……土曜の夜、お前に会ったことあったか?」 

結衣「それは……ない……けど」 

結衣「じゃあそのときゆきのんと……」 

八幡「あぁ、二人で愛し合っていたんだよ」 

結衣「本当なのゆきのん?」 

雪乃「……」 

結衣「……そう……なんだ」 

結衣「じゃああたしとデートしてたときも……お弁当作ってあげた時も」 

結衣「ヒッキーの頭の中はゆきのんで一杯だったんだ……」 

結衣「付き合い始めの頃しか結衣って呼んでくれなかったってことは……」 

結衣「あの頃からゆきのんと付き合ってて……そういうことで……」


281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:47:31 ID:5O0f26Cr0

八幡「そういうわけだから。別れてくれ由比ヶ浜」 

結衣「……あはは……うん、いいよ」 

結衣「もともとあたしみたいなのがゆきのんに勝てるわけ無いし」 

結衣「二人共……おめでとう……あたし応援するね」 

雪乃「由比ヶ浜さん……その……」 

結衣「何も聞きたくない!何も聞きたくないよ!」 

結衣「……ヒッキー……ゆきのん……」 

結衣「さよなら」 

タッタッタッ


290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:53:33 ID:5O0f26Cr0

結衣(ヒッキーにはもう……ゆきのんがいるんだね……ならあたしはいらない……よね) 

結衣(でも……もう少し……付き合っていたかったかな……夢見すぎって笑われそうだけど……はは) 

結衣(……) 



雪乃「これで……良かったのかしら」 

八幡「ああ……これで……お前と一緒に入られる時間も増える」 

雪乃「……そうね……そうよね」 

八幡「……俺は雪乃と一緒にいる時が一番幸せだから」 

雪乃「……嬉しい……わたしもよ……」 

八幡(これで……陽乃さんに会える日が増えるな……)


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 16:59:01 ID:5O0f26Cr0

夜 ホテル 

八幡「由比ヶ浜と別れました……これで……平日も会えますね」 

陽乃「へぇ……そう」 

陽乃「でも大学があるからなぁ……比企谷くんが会いに来る?」 

八幡「陽乃さんが望むなら……いつでも」 

陽乃「あはは、すっかりわたしに夢中だね比企谷くん」 

八幡「だって好きですから……誰よりも」 

陽乃「そう……そうか……嬉しいなぁ」 

陽乃(完堕ち……かな?)


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:01:41 ID:5O0f26Cr0

陽乃「じゃあ明日は……お祝いしよっか」 

八幡「お祝い?」 

陽乃「そう。二人の心が通じあった記念ってことで」 

八幡「いいですね……それ」 

陽乃「でしょ?じゃあ場所は……駅前のファミレスでいいかな?」 

八幡「はい、大丈夫ですよ」 

陽乃「じゃあ明日、遅れないようにね」 

八幡「分かってますって……それより」 

陽乃「はいはい……もう一回ね」


308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:06:01 ID:5O0f26Cr0

ゆきのんマンション 

雪乃「テレビ電話……姉さんからだわ」 

雪乃「珍しいわね……何かしら」 

八幡『分かってますって……それより』 

陽乃『はいはい……もう一回ね』 

雪乃「えっ……な、何なの……これは」 

八幡『陽乃さん……やっぱり俺陽乃さんが一番です』パンパン 

陽乃『そ、そうなんだ……んっ……ゆ、雪乃ちゃんよりも?』 

八幡『雪ノ下?あんなの……陽乃さんに比べたら………んっ……全然……』パンパン 

陽乃『そ、そうなんだ……ぁっ……ゆ、雪乃ちゃんかわいそー』 

八幡『俺には陽乃さんさえいれば……それだけで……うぅ……出ます』ビュルルルルル 

陽乃『い、いっぱい出して…んぁ………こ、後悔しないようにね……』 


雪乃「……そう……そうなのね……今までのは全部……あの時の言葉も……」 

雪乃「そして……由比ヶ浜さんも……」



317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:08:18 ID:Vs1gFMEA0

完全にnice boat展開だな



321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:11:33 ID:5O0f26Cr0

次の日 

いらっしゃいませー 

八幡「あっ、待ち合わせなんで」 

八幡(陽乃さんは……あ、いた) 

八幡「陽乃さん、すいません遅れて」 

雪乃「…………」 

八幡「陽乃……どうしたんで……あれ?何かが違」 

雪乃「……姉さんじゃなくてごめんなさい。比企谷くん」 

八幡「ゆ、雪ノ下!?」 

雪乃「こんにちは比企谷くん」 

八幡「ど、どうしたんだよ……陽乃さんみたいな髪型して……お前もここで昼飯か?」 

雪乃「いいえ。……あなたを待っていたのよ」 

八幡「な、なにか用事か?」


327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:14:53 ID:5O0f26Cr0

雪乃「……別れてもらおうと思って」 

八幡「と、突然何を……どうしたんだよ雪乃」 

雪乃「名前で呼ばないで、虫酸が走るわ」 

雪乃「そもそもとっさに出た言葉が雪ノ下!?……の時点で……自白しているようなものよね」 

雪乃「比企谷くん、今のあなたは最低よ」 

八幡「最低……?」 

雪乃「今のあなたは姉さんに騙されているのよ」 

八幡「騙す?陽乃さんが?……ないない。だって俺達は愛し合ってるんだから」 

雪乃「そう……そこまで……ならいいわ。もう私には関係ないものね」 

雪乃「あなたに少しでも良心の欠片が残っていたなら……三人でやり直せる……そう思ったけど」 

雪乃「見込み違いだったようだわ……」


330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:18:01 ID:5O0f26Cr0

雪乃「とにかく、今後一切私には近づかないで……あと由比ヶ浜さんにもよ」 

八幡「由比ヶ浜?なんであいつが出てくるんだよ?」 

雪乃「……彼女も私と同じ、被害者だからよ」 

雪乃「由比ヶ浜さんには本当に悪いことをしたわ……本当に」 

雪乃「さてと、それじゃあ失礼するわね。私はこれから由比ヶ浜さんに土下座して謝りに行かなければならないの」 

雪乃「許してもらえるとは……思わないけれど」 

八幡「謝る?なんで?」 

雪乃「……はぁ」 

雪乃「…………さようなら比企谷くん……好きだったわ」 

ガタッ タッタッタッ 

八幡「ゆ、雪ノ下!……おい!」 

八幡……まあ……いいか」 

八幡「俺が悪いわけでもないし……陽乃さんも許してくれるだろう」 

八幡「そういや遅いな……何してるんだろう」 

八幡「電話してみるか」


337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:22:23 ID:5O0f26Cr0

プルルルル 

八幡「陽乃さん?今ファミレスにいるんですけど、まだ来れそうにないですか?」 

陽乃「あぁ……うん、まだ行けそうにない……というか行くつもりもないんだけど」 

八幡「えっ?でも陽乃さんが」 

陽乃「あれれ?まだ理解してないの?今そこに雪乃ちゃんいない?」 

八幡「何かよくわからないですけど怒って帰りました」 

陽乃「あぁそう……比企谷くんそこまで最低人間になっちゃってたかーお姉さん失敗。やりすぎちゃったかも」 

八幡「……?」 

陽乃「そうだ、言い忘れてたけどわたし今日から大学忙しくなるの。だから比企谷くんとは別れるね」 

陽乃「所詮遊びの関係だし……でも面白かったよー比企谷くんは。体使った甲斐があったかも」


348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:25:35 ID:5O0f26Cr0

八幡「え?ちょ、ちょっと!俺陽乃さんがいないともう!」 

陽乃「あはははは!!!ま、まさかここまでとは……お姉さん笑い死にそうだよ……本当に」 

陽乃「ま、まぁ比企谷くんもいっぱい楽しんだからいいよね?それじゃあねーばーい」 

陽乃(さすがの雪乃ちゃんも比企谷くんを許せなかったかー、まあ当然だよね) 

陽乃(あんな映像見せられちゃ仕方ないよ。あっあと由比ヶ浜ちゃんと学校にも送っとかないとねー) 

プツッ 

八幡(……嘘だろ……おい) 

八幡(…………あぁ) 

八幡(……そうか……そういうことだったのか) 

八幡(……遊ばれてたのか……俺は) 

八幡(俺……何してたんだろう……最低のクズ野郎じゃねぇか……本物の) 

八幡(女に大金貢ぐ人って……こういう感じなんだろうな) 

八幡(客観的、冷静でいるつもりがいつの間にか現実が見えなくなってる、人に相談しない、ぼっち思考が裏目に出たか) 

八幡(今ならすべて理解できる……何故もっと早く気づかなかった)


357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:29:33 ID:5O0f26Cr0

次の日 

八幡(やはり学校でも俺の噂は広まっていたらしく……とてもじゃないが通える状態じゃ無かった) 

八幡(由比ヶ浜は人気者だったからな……特に三浦たち……には殺されるかと思った) 

八幡(その場は葉山が抑えてくれたが……後で葉山に殴られた……当然のことだから何も反論はしないが) 

八幡(おまけに数々の行為の映像が学校に送られてきた。誰から来たのかは知らない) 

八幡(俺は退学になりそうになった……当然だ、だが) 

八幡(そんな学校中の冷たい視線の中、平塚先生だけは必死に庇ってくれようとした……良い先生だ) 

八幡(だが……俺は退学を受け入れることにした。当然だ、こんなクズ生徒、庇ったら先生の評価に響くからな) 

八幡(そして小町はその件には一切触れない……その優しさが痛い) 

八幡(…………あと……あいつら) 

八幡(……由比ヶ浜……雪ノ下……には……謝ることすら……できなかった)


363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:32:23 ID:5O0f26Cr0

八幡(雪ノ下はこの事件で転校しちまったからな) 

八幡(由比ヶ浜は……あの日から数日後……) 

八幡(俺に振られたけど……でも俺のことは忘れられないから……そう言い残して……自分で命を) 

八幡(そこまで俺を好きでいてくれた人を俺は……最低だ、クズ野郎だ……) 

八幡(まあ……いまさら反省して謝っても笑い話だがな……失ったものは取り戻せない) 

八幡(もう……学校にも家にも居場所は無くなっちまったしな……) 

八幡(……現実見たら首吊るしかない……か。まさにその通りになったな) 

八幡(ロープ……ホームセンターでも寄って帰るか) 

八幡(ぼっちがリア充で美人なお姉さんの甘い誘いに乗ると……ろくな事にならない……)


373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:35:49 ID:5O0f26Cr0

陽乃「雪乃ちゃんとくっつけるはずだったんだけど……失敗しちゃったかー」 

陽乃「雪乃ちゃんならよっぽどのことがなきゃ比企谷くんを見捨てないと思ったんだけどなぁ」 

陽乃「まさかそれ以上の屑になっちゃうなんて……」 

陽乃「予想以上に比企谷くんの扱いがねぇ……難しいんだよね。まあ楽しかったしいいかな」 


某所 墓地 



雪乃「私よ……由比ヶ浜さん」 

雪乃「あなたを……ずっと探していたのよ」 

雪乃「……謝りたかった」 

雪乃「由比ヶ浜さん……本当にごめんなさい」 


エンド





378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:36:43 ID:U3jZy2Gs0

怖い


379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:36:52 ID:kmKT2aCP0



386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:38:21 ID:e+hkMWRa0

 

一番悪いのは奉仕部に放り込んだ先生だったか


397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:43:15 ID:xmVl7pDM0

小町は!!?!!??!??!??


403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 17:48:43 ID:cjXR3+Cw0

はるのんマジ悪魔


416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 18:23:27 ID:Aknk7nTmO

ヒッキーさいてー


417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 18:26:58 ID:pc6heNMf0

つーか姉のん自分がヒッキーとヤってる映像学校に送ったのな、頭おかしい


423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 18:46:37 ID:j8oagoQY0

あねのんが八幡とゆきのん付き合わせる話かと思ったら予想の斜め上抜けてった
関連記事


損切り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。