Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  ダンガンロンパ >  苗木「セックス?なにそれ」

苗木「セックス?なにそれ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 14:26:26 ID:fgEqgeoC0

葉隠「げげっ!苗木っち、知らねえのか!?」

苗木「?」

葉隠(道理で誰とセックスしたいか話題になった時にキョトンとしていたわけだべ……)

苗木「それで、セックスっていうのは一体何の事なの?」

葉隠「えぇ?あ、あー……」

苗木「『あ』……?」

葉隠「あ…あ、あー……朝日奈っちが詳しいべ!!」

苗木「朝日奈さんが?ということは水泳と何か関係性があるのか……」

葉隠「その通りだべ!セックスはスポーツだべ!」

葉隠(……まぁ体を動かすから、一応スポーツだべ)

苗木「そうなんだ……わかった、朝日奈さんに聞いてみるよ」

朝比奈(すまねえ朝日奈っち!!)

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 14:37:37 ID:fgEqgeoC0



※未完結SSです

苗木「セックスか……一体どんなスポーツなんだろう」

朝日奈「……お、苗木じゃん!」

苗木「この声は…朝日奈さん!」

朝日奈「やっほー、なにしてんの?」

苗木「丁度良かった、朝日奈さんを捜してたんだよ」

朝日奈「え?私を?」

苗木「うん、聞きたいことがあったんだ」

朝日奈「私に聞きたいこと?水泳のことかな?」

苗木「セックスってスポーツについて教えて欲しいんだ」

朝日奈「そっかー!セッ……」

朝日奈「……」

苗木「……?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 14:44:29 ID:fgEqgeoC0

朝日奈「な、ななななななな苗木!アンタなに言ってんの!?」

苗木「ど、どうしたの!?朝日奈さん!?」

朝日奈「セ、セ……セックスってあのセックスでしょ?」

苗木「ごめん、僕もよくわからないんだ……でも葉隠くんが朝日奈さんならセックスに詳しいって言っててさ」

朝日奈「どうして私が詳しいのよ!?」

苗木「し、知らないよ……葉隠くんから聞いただけだし……」

苗木「それよりさ、早くセックスについて教えてくれないかな?後でドーナツ奢るから」

朝日奈「わ、私はそんな軽い女じゃありません!」

苗木「軽い?朝日奈さんは膨よかな方でしょ」

朝日奈「と、とにかく!!ダメ!!絶対ダメだから!!」

苗木「そんな!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 14:49:47 ID:fgEqgeoC0

苗木「教えてよ朝日奈さん!そんなこと言われたら余計気になるじゃないか!」

朝日奈「自分で調べ……ッ!」

朝日奈「……」

朝日奈「……ふ、ふーん」

朝日奈「な、苗木……そ、そんなに気になるんだ?」

苗木「うん……僕だけ知らないからさ、皆がそういう話をするといつも置いてきぼりなんだ」

朝日奈「そ……そうなんだ」

朝日奈「じゃ、じゃあさ……今日の夜、私の部屋に来れる?」

苗木「え!?教えてくれるの!?」

朝日奈「わっ!急に大きな声出さないでよ!」

苗木「ご、ごめんね……でも、嬉しくてさ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 14:56:39 ID:fgEqgeoC0

朝日奈「そっか……うん、なら私も覚悟を決めるよ!」

苗木「覚悟……セックスって、もしかしてとっても危ない遊びとか?」

朝日奈「う、うーん?どうだろう……でも、少し危ないかな……」

苗木「危ない遊びなのか……ごめん朝日奈さん、危ないなら無理に教えてくれなくても……」

朝日奈「え、ええ!?せっかく私が覚悟を決めたのに!?」

苗木「じょ、冗談だよ冗談!朝日奈さん、ありがとう」

朝日奈「苗木ならいいよ別に!」

朝日奈「……じゃ、じゃー夜の適当な時間に私の部屋に来て、ね?」

苗木「わかった、食べ終わったら朝日奈さんの部屋に行くよ」

朝日奈「じゃあね!」

苗木「……朝日奈さん、走って行っちゃったなぁ……僕も気合い入れないと」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 15:01:29 ID:fgEqgeoC0

苗木「さて、と……僕も部屋に戻ろうかな」

苗木「セックスか……一体どんな事をするんだろう……」

苗木「想像出来ないな……そもそも危ない遊びでスポーツ……わけが分からないや」

霧切「……」

苗木「あ、霧切さん」

霧切「……こんにちは、苗木君」

苗木「どうしたの?こんなところで」

霧切「どうもこうもしないわよ……ただ立ってるだけ」

苗木「そ、そっか……」

苗木(な、なにか話題を探さないと……)

苗木「そうだ!聞いてよ霧切さん!」

霧切「……?」

苗木「僕、今日の夜に朝日奈さんからセックス教えてもらうんだ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 15:05:28 ID:7huQVyxF0

とりあえずこれ貼っときますね

no title



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 15:06:26 ID:fgEqgeoC0

霧切「セッ……」

苗木「うん、セックス」

霧切「……」

苗木「……?どうしたの?霧切さん」

霧切「……」

霧切「……苗木君、あなた最低ね」

苗木「え?」

霧切「見損なったわよ……じゃあね、さようなら」

苗木「ちょ、ちょっと待ってよ!霧切さん!」

霧切「近寄らないで、この変態」

苗木「へ、変態!?僕がなんで変態なんだよ!?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 15:09:26 ID:sbkbk3Cki

http://i.imgur.com/nXuZ8UR.jpg
http://i.imgur.com/OZA5GrY.jpg
この二つを貼るべきと神からの暗示が届いた


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 15:16:12 ID:fgEqgeoC0

霧切「……苗木君、あなたは自分がどんな発言をしたかわかってるの?」

苗木「どんな発言って……何か怒らせるような事を言ったかな?なら謝るよ」

霧切「……」

霧切「……苗木君、さっきセッ…クスを教えてもらうとか言ってたわね?」

苗木「うん……」

霧切「……あなた、本当になにも知らないの?」

苗木「なにも知らないって……セックスのこと?霧切さんはセックスについて知ってるの?」

霧切「せ、セックスセックス連呼しないで!」

苗木「ご、ごめん……」

霧切「苗木君は保健体育の授業は受けたことあるの?」

苗木「ちょっとだけ……保健体育の授業の時にちょうどインフルエンザに掛かっちゃって出てないんだよね」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 15:21:12 ID:fgEqgeoC0

霧切「テストは?」

苗木「休んでいたとこ以外はまぁまぁかな」

霧切「……はぁ」

霧切「どうして勉強しなかったのよ」

苗木「それがわけわからなくて……僕の苦手分野だったみたい、ははは」

霧切「笑い事じゃないわよ!」

苗木「ご、ごめん……」

霧切「……とにかく、朝日奈さんから教えてもらうのは断りなさい」

苗木「え?でもそれだと朝日奈さんに悪いよ……」

霧切「どうして?」

苗木「……朝日奈さん、僕にセックスを教えてくれるために覚悟を決めるって言ってくれたんだ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 15:28:29 ID:fgEqgeoC0

霧切「……」

霧切「……私、もう行くわ」

苗木「あ、霧切さん……」

霧切「……苗木君、私も朝日奈さんの部屋に同行させてもらうことにするわ」

苗木「え…ほんとに!?霧切さんも一緒にセックスしてくれるんだ!」

霧切「し、しないわよ……あなた達が間違いを起こさないか見るだけよ」

苗木「でも嬉しいよ……霧切さんも一緒なら心強いし」

苗木(少し危ないらしいし……2人より3人でやったほうがいいよね)

霧切「……本当にあなたって人は……今度こそじゃあね、苗木君」

苗木「うん、夜にね」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 15:38:52 ID:fgEqgeoC0

苗木「楽しみだなぁ、霧切さんと朝日奈さんと3人でセックスなんて」

苗木「あ、いけないいけない……セックスは危険なスポーツだ、浮かれてる場合じゃない」

セレス「……あら?苗木君ではありませんか」

苗木「あ、セレスさん」

セレス「ふふ……ワインがおいしいわ」

苗木「ワイン?葡萄ジュースでしょ」

セレス「お黙りなさい」

苗木「は、はい……」

セレス「それはそうと、苗木君……随分嬉しそうな顔をしていますが」

セレス「何か良い事でもありましたか?」

苗木「あ、わかる?実は今日の夜に朝日奈さんと霧切さんからセックスを教えてもらうんだ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 15:44:39 ID:fgEqgeoC0

セレス「は……?」

苗木「?」

セレス「苗木君、今なんと仰りました?」

苗木「え?」

セレス「早く言いなさい」

苗木「セックスだよ」

セレス「サックスですか?楽器の」

苗木「だからセックスだって言ってるじゃないか」

苗木「2人が教えてくれるっていうから教えてもらうことにしたんだ」

セレス「……」

セレス「……?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 15:54:27 ID:fgEqgeoC0

セレス「……やはり下衆の考えは理解不能ですわね」

苗木「あ、セレスさんもセックスがわからないの?なら一緒に…」

セレス「ちょっと黙ってろ!!この性犯罪苗床野郎ぉぉぉ!!」

苗木「は、はい!」

セレス(あの霧切響子が苗木誠にセックスを教える……?)

セレス(朝日奈葵はともかく……あの霧切響子が教えるとは思えませんわ)

セレス「……あの、失礼ですが苗木君」

苗木「は、はい……」

セレス「あなたって、童貞でしょう?」

苗木「……童貞?童貞ってどういう意味?」

セレス(なるほど……そういうことですか)


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:00:37 ID:fgEqgeoC0

セレス「ふふ、うふ……なるほど、理解しました」

苗木「?」

セレス「苗木君」

セレス「あなた、子供がどうやって作られるのかは御存知で?」

苗木「ははは、そんなの簡単だよ」

苗木「キスをして、手をつないで一緒に寝ればコウノドリが運んできてくれるんでしょ?」

苗木「やだなぁセレスさん……あまり恥ずかしいこと言わせないでよ///」

セレス「……」

セレス(この男……性知識が小学生以下ですわ)


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:10:24 ID:2thh98la0

罪木さんに超高校級の保健の授業して欲しいな


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:12:21 ID:7huQVyxF0

>>65
これか?

no title



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:11:27 ID:fgEqgeoC0

セレス「……今時セックスを知らない高校生が居るなんて、思いませんでしたわ」

苗木「セレスさんは知ってるの?」

セレス「ええ、それなりには……」

苗木「そうなんだ……危険な遊びっていうのは僕も知ってるんだ」

セレス「まぁ、社会的に殺される例も無いとは言えませんね」

苗木「ええ!?そんなに危ないスポーツなんだ……」

セレス「そうですわ……苗木君」

苗木「?」

セレス「霧切さんと朝日奈さんからセックスを教えてもらうのを断りなさい」

苗木「そんな……!せっかくわかると思ったのに……」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:20:52 ID:fgEqgeoC0

セレス(まぁ、霧切響子が居る時点で間違いは起きないとは思いますが……)

セレス(念には念に、ですわ)

苗木「……セレスさん、やっぱり僕は朝日奈さんと霧切さんに教えてもらうよ」

苗木「じゃないと、朝日奈さんの覚悟が無駄になっちゃうからね」

セレス(あの女……苗木誠に一体何を……)

セレス「苗木君は、セックスがどういうものかを知りたいのでしょう?」

セレス「なら、私がイバラの鞭を使って教えて差し上げますわ……光栄に思いなさい」

苗木「鞭を使うスポーツなの!?ならセレスさんも朝日奈さんの部屋に来ればいいじゃないか!」

セレス「あら?私だけでは不服でしょうか?」

苗木「そういうわけじゃないけど……でも、やっぱり朝日奈さんと霧切さんに悪いよ」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:22:32 ID:7huQVyxF0


no title



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:24:58 ID:hUnSy0i00

>>80
みえた


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:29:06 ID:fgEqgeoC0

セレス「……そうですか、あなたがそこまで言うのなら止めません」

苗木「セレスさん……」

セレス「私も同行しても勿論よろしいですわよね?」ギョロ

苗木「も、勿論だよ……人数が多いほうが楽しそうだろうし」

セレス「人数が多いほうが楽しい……」

セレス「まったく、意味を知ったら苗木君がどんなリアクションをするか楽しみですわ」

苗木「それじゃーセレスさん、僕はご飯を食べた後に朝日奈さんの部屋に行く予定だけど…」

セレス「わかりましたわ、なら私と一緒に朝日奈さんの部屋へと向かいましょう」

苗木「わかった、それじゃーまた夜に」

セレス「ええ、また夜に」ニコッ


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:38:26 ID:fgEqgeoC0

苗木「……それにしても、聞けば聞くほどわからないな」

苗木「少し危なくて鞭を使用する保健体育が関わっているスポーツ……?」

苗木「……ダメだ、想像が付かないよ」

舞園「……あ!苗木君!」

苗木「舞園さん!」

舞園「ふふ、なにか考え事をしていましたか?」

苗木「正解、舞園さんは本当にエスパーの力があるんじゃないかな?」

舞園「ありませんよ、そんなの!冗談です」

舞園「それで、なにを考えていたんですか?」

苗木「あはは、セックスについてだよ」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:43:19 ID:fgEqgeoC0

舞園「……」

苗木「?」

舞園「セッ……え?」

苗木「……どうしたの?」

舞園「苗木、君……?」

苗木「……?あ、もしかしてエスパーだからわかったとか?舞園さんには敵わないなぁ」

舞園「…潔です」

苗木「ケツ……?」

舞園「不潔です!!苗木君!!」

苗木「ええ!?どうして!!」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:48:45 ID:fgEqgeoC0

舞園「ど、どうして……?どうしてって……」

苗木「あ、もしかして舞園さんはセックスを知ってるの?」

舞園「……」

苗木「僕は全然わからなくてさ、今日教えてもらうんだ」

舞園「……教えてもらう?」

舞園「……」

苗木「……あの、舞園さん?」

舞園「……苗木君」

苗木「?」

舞園「……そのお話、詳しく聞かせてもらえますか?」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 16:58:34 ID:fgEqgeoC0

舞園「絶っ対っっダメですっ!!」

苗木「そんな!!」

舞園「そんなもこんなもありません!!ダメです!!」

苗木「ひどいよ舞園さん!もう少しでセックスがわかったのに!!」

舞園「わかった!?苗木君は自分が何を言っているかわからないんですか!?」

苗木「わからないから皆に教えてもらうんじゃないか!」

舞園「……ッ!」

苗木「大丈夫だよ、僕は」

苗木「たしかに少し危ないとか鞭を使うとか聞くけど……」

苗木「多分、僕以外皆知ってるんだ……なら僕だって知りたいよ」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 17:08:44 ID:fgEqgeoC0

舞園「……わかりました、苗木君がそこまで言うのなら私は止めません」

舞園「私、自分の部屋に戻りますね……」

苗木「あ、舞園さん……」

舞園「……」ブツブツ

苗木「……舞園さんに悪いことしちゃったかな」

苗木「後で、舞園さんに謝っておこう」

苗木「それにしても、セックス……僕は軽視してたようだ」

苗木「舞園さんがあんな風になるほど危ないスポーツなのかな……」

苗木「……はぁ、僕も頑張らなくちゃ」

苗木「絶対成功させるぞ……セックス!」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 17:21:37 ID:fgEqgeoC0

― 朝日奈の部屋 ―

霧切「えー、こほん……では、これより第1回苗木君セックス講座を行います」

朝日奈「なーえーぎー?どういう事よこれっ!!」

苗木「どういう事って……皆でやったほうが面白いかなと思って」

セレス「静かにしてくださいませんか?胸ドーナツさん」

朝日奈「なっ、意味わからないよ!胸ドーナツって!!」

霧切「静かに……苗木君、あなたは今から保健体育の授業を受けてもらいます」

苗木「保健体育?」

霧切「ええ、あなたが保健体育を休んでいた期間の知識を私達で補うのよ」

苗木「なるほど、たしかに霧切さん言ってたよね」

セレス「まったく、この男は……」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 17:29:18 ID:fgEqgeoC0

朝日奈「苗木!ちゃんと私にわかるように説明してよね!」

セレス「……私があなたに説明をして差し上げますわ」

― 説明中 ―

朝日奈「……気合い入れてシャワーまで浴びたのに……なんか損した気分」

苗木「ごめんね……なんか勘違いさせちゃったらしくて」

朝日奈「いいよ別にー……」

セレス「さて、司会進行どうぞ」

霧切「……ねえ、本当に私がやらなきゃダメなの?」

セレス「あら?私は霧切さんが一番適役だと思いますが」

霧切「……」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 17:34:48 ID:fgEqgeoC0

霧切「では……このホワイトボードで勉強しましょう」

苗木「待って、葉隠君からはスポーツって聞いたんだけど……」

「「「……アイツが元凶か」」」

霧切「……スポーツでは、ないわ…多分」

苗木「そうなんだ……体を動かすのかと思ってたよ」

セレス「実際は体を動かしますけどね」

朝日奈「ちょ、ちょっと!苗木にそれはまだ早いよ!」

セレス「そうでしょうか?早かれ遅かれ知るのなら、今すぐにでも…」

霧切「待ちなさい……キチンと、順序良く教えないと苗木君が混乱してしまうわ」

― 葉隠の部屋 ―

葉隠「ヘクシュッ!風邪引いたべ……」

ピンポーン

「葉隠君……少しお話があるんですけど」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 17:39:22 ID:fgEqgeoC0

霧切「さて、なにから話せばいいのやら……」

苗木「?」

霧切「……あなた、本当に知らないのね?」

苗木「やだなぁ霧切さん、知らないからここに居るんじゃないか」

セレス「まったく、高校生にもなってセックスを知らないとは……」

朝日奈「苗木、妙なとこで抜けてるからね……」

霧切「……」

霧切「まずは……セックスというのは、とても恥ずかしいことなの」

苗木「恥ずかしいこと……?」

霧切「ええ……だからあまり人前でセックスセックス言ってると、恥をかくのはあなたよ」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 17:49:58 ID:fgEqgeoC0

苗木「そうだったんだ……なんか、恥ずかしいな」

セレス「今更ですわ」

苗木「でも、そんなに恥ずかしいことなら言ってくれればよかったじゃないか」

朝日奈「そ、それは……苗木と2人きりになれる口実が……」ゴニョゴニョ

霧切「……苗木君、女の子がそんな恥ずかしいことを言えると思ってるの?」

セレス「デリカシーが無いのですね」

苗木「そっか……そうだよね」

霧切「……ねえ、この先はもうやらなくても良いと思うのだけれど」

朝日奈「え?どうして?」

霧切「だって、恥ずかしいことだって苗木君はもうわかったじゃない」

霧切「無理に私が保健体育の授業をする必要もないと思うのだけれど」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 17:56:59 ID:fgEqgeoC0

朝日奈「それは違うよ!」

霧切「……!」

苗木(僕の台詞が……)

朝日奈「だってさ、苗木をこのままにしておいたら一生子供が作れないよ?」

苗木「え?子供?」

霧切「でも、こんなでも彼だって立派な大人のなりかけじゃない……」

霧切「自然に知識が頭に入ると私は思うわ」

セレス「コウノドリが子供を運んでくる…などと言ってるような男ですわ」

霧切「コウノドリ……?」

セレス「そんな男が……この先セックスについての知識が本当に頭に入るのでしょうか」

苗木「ちょっとまって、子供ってどういうこと?」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 18:10:27 ID:fgEqgeoC0

霧切「……セックスっていうのは、本来子供を作る子孫繁栄のための行為なのよ」

苗木「それは違うy」

セレス「違いませんわ、コウノドリが運ぶ…これは間違いです」

苗木「そんな……じゃーセックスっていうのは子供を作るためのスポーツだったの?」

朝日奈「そ、そうよ!それなのに苗木が教えてくれなんていうから勘違いしちゃったんじゃん!」

セレス「スポーツから少し離れたらどうでしょう」

苗木「そうだったんだ……ごめん、朝日奈さん」

霧切「謝るのは後にして貰える?」

霧切「ここから先はセレスさん……あなたに任せたいのだけど」

セレス「嫌ですわ、どうして私が性教育をしなければなりませんの?」

セレス「私は悪魔で傍観者……教えるのは霧切響子さんですわよ」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 18:19:44 ID:fgEqgeoC0

霧切「……朝日奈さんは?」

朝日奈「わ、私!?無理無理!無理だって!」

苗木「あの……なんか色々大変なことだってわかったから」

苗木「無理して僕に教えなくても僕は平気だよ」

霧切「……ほら、苗木君もこう言ってるじゃない」

セレス「……まぁ、そこまで言うのなら」

苗木「……今日は本当にごめん、なんだか皆に迷惑掛けちゃったね」

朝日奈「良いって良いって!苗木はわからなかったんだし、仕方ないよ!」

霧切「これに懲りたら、セックスなんて言葉をペラペラ連呼しないようにね」

苗木「わ、わかってるって……反省してるよ」


200: 江ノ島の人格はうろ覚えだ 2013/07/25 18:54:54 ID:fgEqgeoC0

霧切「……これにて解散ね」

朝日奈「また明日ねー」

セレン「……では、失礼しますわ」

ガチャッ

苗木「はぁ……それにしても、セックスがあんな事だったなんてなぁ……」

苗木「……あ」

苗木「あんまり外で言っちゃいけないんだった……いけないいけない」

江ノ島「待てい!そこの愚民よ!」

苗木「ん?」

江ノ島「妾は止まれと申しておる」

苗木「ああ、江ノ島さんか」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 18:59:39 ID:fgEqgeoC0

江ノ島「な、苗木君……こんにちは……」

苗木「江ノ島さん……相変わらずよく喋り方が変わるね」

江ノ島「――――私、絶望的に飽きやすい性格なのでこれは仕方ないのです」

苗木「そっか……そういえばそうだったね」

江ノ島「シィィィット!!こんな所でテメェはなにしてんだよ!?」

苗木「ああ、色々あってね……少し皆に迷惑掛けちゃったんだ」

江ノ島「そ、その話詳しくお願い……もしかしたら私、絶望するかも……」

苗木「いや、そういう話ではないんだけど……」

江ノ島「――――なるほど、つまり人には言えないピンクな事情があったのですね?最低です」

苗木「いやいやいやいや!そんなことないって!!」


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 19:04:19 ID:fgEqgeoC0

江ノ島「あ、あの……とりあえず、食堂に行きませんか……?」

江ノ島「わ、私……お腹が空いちゃって……ご、ごめんなさい……」

苗木「あれ?まだ食べてなかったの?」

江ノ島「はい、実は私昨日夜更かしをしていて寝坊をしたのです……情けないですね、まったく」

苗木「ははは、僕もよくするから大丈夫だよ」

江ノ島「何が大丈夫かわからんが、妾は腹ペコなのじゃ」

苗木「食堂に行くかい?僕で良ければ付き合うよ」

江ノ島「うむ、では出発じゃ!」


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 19:13:24 ID:fgEqgeoC0

江ノ島「ヒャッハー!絶望的に辛いじゃねえか!!」

苗木(そりゃそんなにタバスコ入れたら辛くなるよ……)

江ノ島「それはそうと苗木君……あなたは一体どこへ行ってたのですか?」

苗木「あー、えっと……」

江ノ島「シィィット!!私には言えねえってか!?」

苗木「そうじゃないけど、ちょっと恥ずかしいというか……」

江ノ島「貴様!もしや残姉様が居るのにも関わらず他の女とイチャコラしたな!?」

苗木「ええ!?どうして戦場さんが出てくるのさ」

江ノ島「あぁ……やっぱ苗木君って……絶望的に鈍感……でも振られる残姉ちゃんも……」

江ノ島「早く隠さず教えてください、さもないと残姉ちゃんに苗木君に襲われたと言い付けますよ?」

苗木「そ、そんな!」


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/25 19:26:26 ID:fgEqgeoC0

江ノ島「――――なるほど、私が寝ている間に愉快なことがありましたね」

苗木「愉快な事って……僕は恥をかいたんだから」

江ノ島「うぷぷぷぷ……」

苗木「まぁ、でも良かったよ 早く気付けて」

江ノ島「妾は満腹であ~る」

苗木「食べ終わったんだね、それじゃー部屋に戻ろうか」

江ノ島「な、苗木君……ちょっと私の部屋に酔っていかない……?」

苗木「え?江ノ島さんの?」

江ノ島(ヒャッハアア!!面白い事考えちまったぜ!!)

苗木「うーん……まぁ、いいか」
関連記事


損切り