Loading...

高速読み込みは下をクリック

ページへ移動

アニメSSまとめ速報

2chのSSまとめブログの記事を集め掲載しています。
アニメSSまとめ速報 TOP  >  進撃の巨人 >  ペトラ「小さな恋の物語」

ペトラ「小さな恋の物語」

~旧調査兵団本部~


ペトラ「ウッ!!痛っ!!」


エルド「どうしたんだ?」


ペトラ「馬から降りる時に、足を捻挫したかも…」


エルド「捻挫?ちょっと見せてみろ?」


ペトラ「ウン」


エルド「結構腫れてるな、どんな降り方したんだよ」

ペトラ「ムーン、ドジしてしまった…」
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/02(金) 21:15:47 ID:bt/mQHps

グンタ「捻挫はクセになったら困るから、冷やした方がいいな」


オルオ「ホラヨッ」


ペトラ「何それ?」


オルオ「階段昇りにくいだろうが、背中に乗れよ」


ペトラ「遠慮します」 フイッ


ペトラ「オルオの背中にオンブされたら、結婚できない!!」 アリエナイ


ペトラ「足が折れてもいいから、自分で歩く」
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/02(金) 21:19:33 ID:bt/mQHps

リヴァイ「捻挫か?…」


ペトラ「あっスミマセン、迷惑かけないように、すぐ冷やしてきます!!」


リヴァイ「…」 スッ


エルド(へっ兵長がオンブを!?)


グンタ(屈んだって事はオンブだよな?)


ペトラ(兵長のオンブ!?ダメダメ鼻血が出そう!!)
4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/02(金) 21:24:48 ID:bt/mQHps

ペトラ「(兵長のオンブ、この機会を逃してはいけない!)…ありがとうございます」


ペトラ「ヨイショ」


リヴァイ「ウッ!!!!」ビターンッ

エルド「兵長!大丈夫ですか!?」 アセアセ


グンタ(兵長がペトラを支えきれずに倒れた!?)


エレン(スミマセン言わせて貰えば…格好悪いです!)
5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/02(金) 22:54:09 ID:bt/mQHps

ペトラ「ウッ!…(私そんなに重くない…はず)」 バタンッ

オルオ「ペトラ!!」



……………………
6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/02(金) 23:06:26 ID:bt/mQHps

―ペトラ自室―


ペトラ「…ンッ、痛いっ」


ペトラ「…あれ?確か オンブで」


オルオ「オンブのまま、後ろに倒れたんだ」


ペトラ「!?…オルオ?」


ペトラ「どうして部屋にいるの?ハッ!もしやストーカー!?」


オルオ「んなわけねぇだろうが!」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 03:25:14 ID:QqS3tpvg

オルオ「もういいから休んどけよ!」


オルオ「頭打ったからな、動くなよ!」


ペトラ(捻挫の上に、倒れて頭打つなんて) ハア


ペトラ「確かに痛い…横になろっ」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 08:00:59 ID:QqS3tpvg

コンコンッ


ペトラ「…?、どうぞ」


ハンジ「大丈夫~?」 ヒョコッ

ペトラ「あれ?ハンジ分隊長、どうしたんですか!?」

ハンジ「エレンについての報告書貰いに来たんだけどね~」


ハンジ「偶然、ペトラが倒れるとこ見ちゃったんだよ(笑)」


ハンジ「いやぁ、笑っちゃいけないんだけど!」 クスクス
11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 08:10:47 ID:QqS3tpvg

ハンジ「リヴァイがオンブをできなくて、後ろに倒れるとこを…プー!クスクスクス」 アハハハ!

ハンジ「人類最強、小っちぇから!」 クスクス


ペトラ(やっぱりオンブで倒れたのか…)


ハンジ「結構な音したから、明日にでも病院行こう!」


ペトラ「えっ!?大丈夫ですよ!?」


ハンジ「まあまあ責任感じてる人が、ゆっくりするようにって♪」


ハンジ「久しぶりに町に出るんだし♪診てもらった後ゆっくりしておいで!!」


ペトラ「はあ」


ペトラ「あの!ここまで誰が運んだんですか?(兵長は無理だろうし)」
12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 08:16:03 ID:QqS3tpvg

ハンジ「ああ、オルオだよ?さっきまで心配で部屋に居たでしょ!?」


ペトラ「ええ~!?オルオですか!?」


ハンジ「頭打って意識のないペトラを、お姫様抱っこで運んだんだよ」


ペトラ(憧れのお姫様抱っこが!…オルオとは!) ウウ~


ハンジ(泣くなんて、そんなに痛かったのか…)


ハンジ「じゃあ、今日はもう休みな!」


ペトラ「はい…オヤスミナサイ」
13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 08:44:20 ID:QqS3tpvg

― ―食堂― ―


ハンジ「ん?リヴァイ、1人で何してるの?」


ハンジ「私もお茶飲もうっと♪」 コポコポ


ハンジ「ああ、ペトラさ~泣くほど痛いみたいだよ」 グビッ


リヴァイ「!!」


リヴァイ「(オンブできなくて倒れたなんて) 会わす顔ねえな…」 クライカオ…


ハンジ「珍しいね、リヴァイが落ち込むなんて」 クスクス

ハンジ「心配なら明日ついていけばいいのに」


リヴァイ「俺は行けねえだろ」

リヴァイ「(お姫様抱っこで助けた)オルオがついていく…」
14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 08:54:00 ID:QqS3tpvg

ハンジ「いやぁ、オルオ格好よかったね!!誰かさんと違って!」


リヴァイ「!!」 グサッ


ハンジ「まあ!リヴァイがついて行って、またケガしてもね!!」


リヴァイ「…」 グサッ


ハンジ「オルオの格好いいとこ見て、ペトラもフラフラっと惚れるかもよ?」


リヴァイ「…惚れる…だと!?…ペトラにはまだ早い!!」

ハンジ「お父さんみたいだね」


リヴァイ「…2人で行かせて、何かあったらいけねぇだろうが!!」


ハンジ「(リヴァイが2人で行くようにって)心配なら、リヴァイが行けば?」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 08:57:19 ID:QqS3tpvg

リヴァイ「明日、体空いてるか…?」


ハンジ「まあ、明日は珍しく空いてますが」


リヴァイ「…カワレ、エレンノミハリ」

ハンジ「はは~ん?リヴァイが連れていくの?」


リヴァイ「…俺は(今恥ずかしくて)会わす顔がねぇ!」

リヴァイ「尾行だ」


ハンジ「尾行!? いい響きだ!!」 ハアハア


リヴァイ「クソメガネ…変態だな…」


ハンジ(あなたも変わってますがね)
17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 14:14:05 ID:QqS3tpvg

――翌日――


ペトラ「え~~なんでオルオも行くの?」アリエナイ


オルオ「今日は、もともと俺は休みだ…」


オルオ「兵長に付き添うように言われてるしな」


ペトラ「兵長に!?」 ヘイチョウトイキタイ


オルオ「それに心配だしな」
18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:10:24 ID:QqS3tpvg

ペトラ「オルオに心配なんてされたくないなぁ」


オルオ「照れるなよ、さあ、後ろに乗れ」


ペトラ「なんで馬が一頭よ!」


オルオ「なんでって、頭打ったし、足は捻挫してるだろうが」


オルオ「有り難く、後ろに乗れ」


ペトラ「ええ~!」 イヤダケドサ
19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:14:23 ID:QqS3tpvg

――――


ハンジ「…ねえ、リヴァイ」

リヴァイ「…なんだ?」


ハンジ「30過ぎの人類最強が、物陰から様子を伺うって」


ハンジ「すっげえ恥ずかしいと思う」


リヴァイ「…うるせえぞ」 チッ


リヴァイ「お前は、今日はエレンの見張りだろうが、あっち行け」 シッ シッ
20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:17:46 ID:QqS3tpvg

ハンジ「うん、それさ、ミケに代わって貰ったから」 シレッ


リヴァイ「!?」


ハンジ「尾行なんて面白い事、私が見過ごすわけないね!」


リヴァイ「帰れ」


ハンジ「この状態、皆に言っちゃおうかな~♪」


リヴァイ「…」 チッ
21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:19:33 ID:QqS3tpvg

ハンジ「あっ!馬に乗るよ!!」


リヴァイ「追うぞ!!」 タッ


ハンジ「よしきたっ!!尾行なんてゾクゾクするね~」
22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:25:27 ID:QqS3tpvg

――町中心地――


オルオ「良かったな、なんでもなくて」


ペトラ「わざわざお医者さんなんて、大した事なかったのに」


オルオ「兵長の優しさだろうが」


ペトラ「そうだね!」


オルオ「せっかく、ここまで来たんだ、茶でもするか?」


ペトラ「ええ~?オルオとか」


オルオ「そんなに喜ぶなよ、奢るぞ」


ペトラ「奢りなら、行く」 テクテク

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:30:25 ID:QqS3tpvg

― リヴァイ、ハンジ ―

ハンジ「ねえ、リヴァイ?」

リヴァイ「なんだ、クソメガネ」


ハンジ「マント脱ぎなよ、というかジャケットも、調査兵団って分かりやすいし、目立つよ?」


リヴァイ「…一理あるな」 ヌギヌギ


リヴァイ「って、おい!?」


リヴァイ「なんだ、そのヒゲと着け鼻はっ!!」


ハンジ「尾行には、変装が必要じゃないか!!さあ!リヴァイも!!」 ジリジリ


リヴァイ「断固として拒否する」
25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:35:32 ID:QqS3tpvg

― ペトラ オルオ ―


ペトラ「ん?あれは、もしかして!!」


オルオ「誰だ、知り合いか?」


ペトラ「…お父さん」 イヤナカオ

オルオ「良かったじゃねえか!?親父さんに会えるなんて!!」


ペトラ「オルオと居たら、変な勘違いされるでしょ!!」


オルオ「結婚の挨拶でもしようじゃねえか、ペトラ」

ペトラ「ねえ?本当に止めてくれない?…それにお父さんは…」
26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:41:08 ID:QqS3tpvg

ペトラ父「ペトラか!!!?」


ペトラ「どうして、こんな所に!?」


ペトラ父「ああ、子牛を買いにな、ってお前はどうしたんだ!?」


ペトラ「まあ…色々あって、今日は休みなの」


ペトラ父「休みに男と一緒だと!?」


ペトラ父「まだ早いだろ!!」

ペトラ「男って…オルオの事?違うに決まってるじゃない!」


ペトラ「オルオは同じ班よ!! 班の事 手紙に書いたでしょ!!」
27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:46:15 ID:QqS3tpvg

ペトラ父「手紙!?」


ペトラ「ああ…まだ着いてないのかな、まあいいや!!とにかく違うんだって!」

オルオ「本当に違いますよ?」


オルオ「彼女が足をケガしたんで、ここまで送っただけですから」


オルオ「ケガの具合は大丈夫でしたから、ご心配なく」


ペトラ(オルオが普通にしゃべってる!?)


ペトラ(しかも兵長とこけた話は臥せてくれてる…)

ペトラ(お父さん心配性だから助かった)
28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:50:23 ID:QqS3tpvg

― リヴァイ、ハンジ ―

ハンジ「ペトラのお父さんかぁ」


ハンジ「オルオとの事を心配したり、まだ早い!!とか言ってる所」


ハンジ「リヴァイに似てるね~」ハハッ


リヴァイ(オルオ、呑気に茶誘うとは!いい度胸じゃねえか!?)

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:53:33 ID:QqS3tpvg

ペトラ父「勘違いして悪かったな」


ペトラ父「あっ!お詫びに一杯どうだ?」


ペトラ「もう!お父さん!」

オルオ「いいじゃないか久しぶりにお父さんに会えたんだろ?」


オルオ「ペトラのお父さんだって、嬉しいんじゃないか」


ペトラ「…」
32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 16:58:45 ID:QqS3tpvg

― 店 ―


ペトラ父「お前さんもどうだ?一杯」


オルオ「嬉しいんですが、酔ってしまっては、帰りが心配ですから」


ペトラ「今日はオルオに乗せてもらってるから」


ペトラ父「娘の事で、何から何まで面倒かけてすまんな」


ペトラ「お父さんも昼間から飲み過ぎないで!」


オルオ「まあまあ」


ペトラ父「娘は母親に似て気が強くてね」 ハハッ
33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 17:05:28 ID:QqS3tpvg

―店 個室―


ハンジ「店までつけてきて…」 アキレガオ


リヴァイ「うるせぇぞ、聞こえねぇだろうが」 チッ


ハンジ「リヴァイはさ~、ペトラが好きなの?」


リヴァイ「ああ!?」


リヴァイ「…よく頑張ってついてきてくれる、大事だと思うが」


リヴァイ「妹みてぇなもんだ…」


ハンジ「それで頑張ってオンブしようとしたんだ」 フーン


ハンジ「無様に失敗したけどね!!」ハハッ


リヴァイ「…」 グサッ
34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 17:14:18 ID:QqS3tpvg

ペトラ父「こいつの母親は、調査兵団にいてね」


オルオ(知らなかったぜ)

ペトラ父「その先は言わなくても、あんたなら分かるだろ?…以来、男手一つで育ててきた」


ペトラ父「俺は、こいつが調査兵団になるのは反対したんだ…」


ペトラ父「今でも心配だ…」

ペトラ「お父さん」
35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 17:17:03 ID:QqS3tpvg

― リヴァイ、ハンジ ―

ハンジ「…そうだったんだ」

ハンジ「ん?」


ハンジ「ええ!!リヴァイ泣いてるの?」


リヴァイ「…ナイテナイ」


ハンジ「泣いてるじゃん!滝のようにジャバジャバとっ!!」
36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 17:20:42 ID:QqS3tpvg

ペトラ「もう!お父さんやめなよ!」


ペトラ父「母親に似て、運動神経もよく、強くて、口も立つ」


オルオ「男手一つで大変でしたね?でも心の優しい素直な娘さんです」


オルオ「約束しますよ、壁外では私がペトラを守りますから」


ペトラ「…」
37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 17:23:45 ID:QqS3tpvg

ペトラ父「娘を誉められたら、父親として、これ以上嬉しい事はないな」


ペトラ父「今日はすまなかったな、これからも娘を宜しく頼むよ」


オルオ「はい!」


ペトラ「…」 グスッ


オルオ ハンカチを渡す
38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 17:27:31 ID:QqS3tpvg

― 店外 町中 ―


ペトラ「今日はなんだか、ゴメン」


オルオ「何がだ?」


オルオ「俺は何もしてねぇよ、俺は休暇を楽しんだだけだ」


ペトラ「…」


オルオ「毒を吐かねぇんだな?」


ペトラ「もう!私だって感謝する時はしますから」
39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 17:30:36 ID:QqS3tpvg

オルオ「あっ!ちょっと待ってな」


ペトラ「?」

― ― ―

オルオ「ほらよっ」 ポスッ


ペトラ「何?この花束?」


オルオ「見舞だな」


ペトラ「キレイ!!」


ペトラ「…アリガトウ」 テレッ
40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 17:37:03 ID:QqS3tpvg

― リヴァイ、ハンジ ―

ハンジ「うわぁ!!オルオ意外だなぁ~」


リヴァイ「…あいつっ」 ギリッ

ハンジ「まあまあ、ペトラのお父さんが認めたようなものなんだから!」


ハンジ「リヴァイも認めなよ~」 ドウドウ


ハンジ「にしても、花束かぁ、いいなぁ」


リヴァイ「…花束がいいのか?」


ハンジ「そりゃあ、欲しいとは思う!ただ…ソニーもビーンも私にはくれないよね~」
41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 17:40:26 ID:QqS3tpvg

ハンジ「おっ!ペトラ真っ赤だよ!?」


ハンジ「そりゃあ、あんなに男らしい所を見たら」


ハンジ「女の子なら恋に落ちちゃうよね~」


ハンジ「ん?…リヴァイ?」 バシュッ


リヴァイ「…やるよ!!」


ハンジ「花束…?」
42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 17:46:31 ID:QqS3tpvg

ハンジ「ええ~!?なんで!!」

ハンジ「今日は1日2人でいたけど、リヴァイが読めないよ」


リヴァイ「…読めない位がいいんじゃねえのか?」


ハンジ「オルオに苛立つリヴァイ、話に感動するリヴァイ、花束をくれるリヴァイと…」


ハンジ「普段と違うリヴァイに、ビックリしたけど…」

ハンジ「なかなか刺激があって、いい1日だよ」


リヴァイ「…刺激だと?」
43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/03(土) 17:51:30 ID:QqS3tpvg

リヴァイ「お前は刺激が好きなのか?」


ハンジ「まあ調査兵団にいる変人だからね!!」


リヴァイ「…」 グイッ


リヴァイ「じゃあ…もっと刺激を与えてやるよ」


ハンジ「この流れは…またですか?」


リヴァイ「ゆっくり体に調教してやろうか?」 グイッ


ハンジ「ペトラとオルオの可愛い恋を覗き見した後に!?…この流れ!?」


リヴァイ「…こっからは大人の時間だからな…」


オテヤワラカニ…
関連記事


損切り